FC2ブログ

ファイナンシャルプランナーの資格について、一言

ファイナンシャルプランナーの資格について、一言です。

この資格は、国家資格と民間資格からありますが、どちらの資格についても、1級から3級まであります。1級であれば、保険の契約が沢山取れるのか、税金対策の話が上手いのか?といえば、それは比例しません。2、3級のFP資格をもっている人のほうが、保険の商品や提案、税金対策などについて、上手い場合も沢山あります。

何がここで一言、言いたいかですが、資格に一般消費者はとらわれてはいけないということです。資格はあくまで自分には一定の能力があるかという、ほんの小さなこと。今この資格をもってぃる保険や銀行、証券会社などの金融機関に勤めていない人たち、一会社員や学生、主婦でも1級資格を持つ人も増えてきました。

資格をもっているからといって、保険の提案が上手いのか、あるいは保険の品質の甲乙の見方の飲み込み出来るのかといえば、これも違います。このファイナンシャルプランナー、いわゆるFP資格を持っていない保険を販売している人のほうが、より消費者よりの保険提案をしてくれると私は、一つ感じます。

自分の勤める保険会社で保険を販売し、説明し、それは自社の保険を勧めることであり、1級資格をもっていても、何も価値ありません。消費者側から見れば、資格なんで関係ないのです。いかに消費者よりの保険提案をしてくれるかなのです。

今このFP資格というのは、資格商売事業として、マスコミや資格発行機関などの宣伝が先行しすぎであり、儲かるのは、資格保有者でもなく、消費者でもなく、その資格を取るための教室や学校、試験を実施するのと一緒にこの資格団体。

この団体はFP資格を持ち続けるために一生涯、毎年数万円の会費を含む単位講習料金を支払う先、その資格発行団体先だけといえるでしょう。資格を保有したい年齢まで、言ってみれば亡くなるまで支払わないといけないということです。上手い資格事業そのものです。



筆者/国際消費生活コンサルタント 野中幸市
http://www.seihokakuzuke.com/



当サイトに掲載の記事、写真の無断転載・無断コピーを禁じます。
スポンサーサイト



内外価格差を勉強する。日本で一番の海外保険情報サイトです。

イメージ 1

保険を販売している人も、ファイナンシャルプランナーさんも、勿論、一般投資者の人も、ここで勉強してください。特に保険を販売している人、ファイナンシャルプランナーさんたちは、保険の知識は、一般消費者と変わりません。

どこが一般消費者との違いかといえば、唯一、各保険商品の保険設計書を自社の勤務するパソコンから引き出せるということ、そこになにがあるかといえば、掛け金や契約途中の解約返戻金などの明細がわかるということだけ。

あとは、一般消費者の何ら変わらないといってもよいでしょう。コンプライアンスは、どこの保険会社も表向き堂々としていますが、しかし何かトラブルが保険契約者との間であったとき、それは外部(金融庁や格付協会、マスコミなど)に漏れないように、処理するというのが、公然としてあります。

保険を販売している人たち、提案する人たちは、何を勉強するべきか、まず一番大切なのが、一番良い商品を勧めること、提案することです。ただ、一番良い商品という定義や概念が、各人間の感性や思いやり、会社の方針等の社会教員で違います。

ここを人間として、まず心を綺麗にすることです。その次に、保険の国内の勉強、次に海外の勉強です。下記に紹介する情報サイトは、最後の勉強にされてみると良いです。どれだけ国内外の保険料の格差、運用の格差、信頼性の格差ということが分かってくると思います。保険も含め、それは金融です。

金融に携わる人たちは、日々金融の情報と、またその相談先も、保険を販売している人たちも含め、持っておくべき時代なのです。自分の会社の殻だけでは不十分、上司だけになく、別の視点で保険を考えている人たちの勉強をすることが、あなたの能力、営業にも向上していくものなのです。分かりますか?これまでと違った勉強をしていくべきなのです。


筆者/国際消費生活コンサルタント、IFP 野中幸市




当サイトに掲載の記事、写真の無断転載・無断コピーを禁じます。

お金を貯める秘訣。毎月2万円を10年間続けなさい。

お金を貯めるこつ、ここで勉強しなさい。一番効率よく、貯めれるはずです。
また、資産は日本円だけなく、外貨でもひとつもっておき、リスク分散しておくべきでしょう。
http://offshore.blogzine.jp/diamondpen/
http://www.seihokakuzuke.com/

野中幸市


当サイトに掲載の記事、写真の無断転載・無断コピーを禁じます。