FC2ブログ

皆さん、お元気ですか?

保険くらい、家計で一番見直すべきものです。しかし、掛け金を安くしてしまうと保障の質も悪くなってしまいます。商品の質だけでなく、切り変える新たな保険会社の信頼という質も大きな問題があります。
そして、それら保険を販売する外交員や代理店の売るだけ売って、あとのアフターフォローはしないということの実態。ここにも気を付けないといけません。

保険の見直しは保険商品だけの見直しではありません。保険全体で考えないといけません。そういう大事なことだから、私に相談してくる全国各地の相談者たちは、保険会社の外交員や代理店や保険会社の保険を実質販売しているとか提携しているファイナンシャルプランナー、そして保険会社の下請けの税理士にも頼らず(信頼せず)して、相談してきます。

保険の見直し相談は、しっかりしなければなりません。消費者側同士でが、最も的確な相談と言えるでしょう。


*保険の無料相談には注意が必要です。間違いなく裏で保険を販売しているファイナンシャルプランナーです。言いくるめられないように気を付けてください。





NPO生命保険格付協会 エコノミスト
野中幸市
http://www.seihokakuzuke.com/
スポンサーサイト



格付け協会への入会について

全国各地、皆さまからの格付け協会へのご賛同ありがとうございます。

消費者のみならず、保険業界人の方からの格付け協会への入会問い合わせも多いところです。

ただ、保険業界人としては、それを職業にしているために、格付け協会で得られる保険会社格付けや保険商品格付けの評価、どこが的確な保険なのかが、分かるものとなり、今後の保険を提案、販売する人たちにとっては、価値ある情報と言うことが分かります。

また、保険業界人へのこれからのアドバイスも私との間で出来ることになりますから、更に価値あるはずです。これらのことから、消費者側の入会金とは別に保険業界人専用として設けた入会金と年会費があります。この保険業界人の入会金に限っては、分割も認めることとします。

消費者側のために真に保険提案、保険契約、アフターフォローをしていって、消費者に喜ばれる一生涯の仕事としていき、格付け協会で様々教えてもらい、やっていきたいという強い意志と誠実な人であれば、分割でも構いませんので、保険業界人の皆様、ご入会をお待ちしております。

一緒に、健全な消費者のために、もっとも良質の保険を提案していき、契約後も信頼してもらえる保険業界人になっていくよう、頑張っていきましょう。


無論、消費者側の入会もお待ちしております。


生命保険格付協会
代表 野中幸市

アリコが何故、保険金支払に厳しいのか?

アリコが何故、保険金支払に厳しいのか?

分析してよくわかること。これらの分析能力は、保険販売員や代理店FPには、当然ない分析力ともお伝えしておきましょう。

アリコは、外資系ということから、まず
①ここに保険金支払いに厳しいということがわかる。分かりやすく言えばシビアに契約者をみているということ。

②保険金支払いについて、他社と比べて必要書類にしても、支払い規定にしても、その約款が厳しすぎる。これは、アリコが他の外資系保険会社に先駆けて日本に進出してきたのだが、その進出した当時から、未だに古い約款ということもいえる。ちなみに他社は、古い契約者の場合でも良いところは支払の約款面を適用しますとしているが、アリコはその考え方もなければ、行けいけどんどんの売るだけで、アフターケア能力が、本社社員、長崎のカスタマー派遣社員と本社派遣社員にもないことが、今月の調査で明らかになった。

③アリコと言うよりも、本社のAIGグループの考え方は、損害保険会社型の考え方で生命保険、医療保険を販売しているということが、分析してみてわかる。損保系の保険会社が生命保険商品を販売しているが、国内の損保も含め、その支払審査は、生保会社主体の保険会社よりも、かなり厳しい対応を取るということがいえる。

④アリコは外資系で、損保型の生命保険を販売しているといったが、例えば、アリコの主力保険が生命保険、医療保険、がん保険、誰でも入れます商品にしても、多くが掛け捨ての保険ということがいえる。これは、掛け捨ての保険を主体に販売していくことにより、契約者側には儲けさせない保険商品を売っているということがわかる。途中解約しても損は保険会社にはないのだ。ただ掛け捨てでない保険であっても、他社も含めて劣悪な貯蓄性保険も多数存在する。

⑤日本経営陣、社員含め、契約者とともに生きて成長するという姿勢が薄いということが、これまでのテレビコマーシャルやその他広告での、公正取引委員会や金融庁からの何度もも行政命令や指導が多いということからも、日本の監督官庁や契約者をなめきっていることからも良くわかる。

⑥考え方が古い保険会社ということが言える。外資系にも関わらずだ。




契約者である消費者側は、より消費者寄りの保険を販売し、保険金支払審査や約款の緩和された保険会社と取引していくことが最も良い。それら保険会社にしても、保険商品の質にしても、消費者自身が自分の大切な保険=将来のための保障=本人または遺族への資産というこの保険と言う金融商品をしっかり勉強していかなくてはいけない。

その勉強を保険会社の外交員や代理店のファイナンシャルプランナーに教わるとかは本末転倒でもある。自分の視点、消費者の視点の姿勢を崩さず、最も良質な保険商品、そして紳士的な保険会社を見つけ長く取引していくべきだろう。

自分が、しっかり勉強しなさいということだ。
もう一度言いますが、ファイナンシャルプランナーと言う資格は、何の価値もない資格の一つです。そういう資格を名刺に記載している保険会社の外交員や代理店の保険提案は、100パーセント信用もしてはいけません。FPの資格を持っていても、名刺に記載しないという謙虚な姿勢の人間は評価できるが。

保険金支払いの規定のやわらかい保険会社と長くお付き合いしていきましょう。そういう保険会社は、数多くある保険会社の中で、二社くらいしかないと、現時点で私は見ています。


エコノミスト
野中幸市

保険を真に語れるのは、保険金・給付金請求した人が的確に言えるもの

保険のことを、それらしく言っても、所詮は保険のセールスのためといえる。

保険のことを不特定多数の人たちに真に語れるのは、私は保険金や入院給付金を請求した経験のある人だと思う。

保険金や給付金を請求することなど、よほど若いころからの病気がちとか出ない限り、一生涯にそうないこととも言える。

いつか、保険会社や共済団体は、保険金や給付金を支払ってくれるだろうと信じて、それまで真面目に毎月、保険料を支払い続けているわけだが、実際そういう事由になったとき、支払ってくれるのか、あーだこーだといい、予想よりも特約の保険金は支払われずなどとなることも十分にあり得る。

十分あり得るというのは、明治安田生命の社長が先頭に立って保険金支払を厳しくしろという号令から、全国各地でかなりの契約者や遺族は、保険金、給付金の支払いがされず、泣き寝入りしたのだった。

本来なら支払われるはずの保険金、給付金、明治安田生命は、ふざけた会社としかいいようがない。そうしたこともあり、金融庁は、この保険会社の全国支社を営業停止処分になったことは、皆さんもご存じのところだと思う。

この明治安田生命が発端となり、各社同じ保険金不払いをしていたのだから、公にならなかったら、更に契約者や遺族は泣き寝入りしていたのだ。

そういうことの泣き寝入りがないように、やはり消費者である契約者は、しっかりはじめの保険の選択から保険契約途中、そして保険金等支払までに至るまで、信頼できる保険を販売していない側の相談先にて、日頃から勉強を少しずつしていくことこそが、保険のリスク回避につながっていくと思う。

私は、生命保険会社の保険給付金や自動車保険の給付金請求もあれば、相談者の保険金支払いの相談にも対応することも当然ある。

この経験がなければ、単なる表向きの保険の批判のマネごとしかできないと思う。
保険金や給付金を支払ってもらうとき、どうして各社によってこんなにも対応や支払期日が違うのか、その審査も事務手続きも、請求書の届く日数も、ある会社とでは一週間も違うことがわかる。

支払いの審査項目が今でも厳しすぎる保険会社もあることも承知しています。皆さんがよく知っている保険会社の一つです。そういう保険会社のに保険には、極力契約すべきでせはありませんが、そういう情報も皆さんも知りませんし、保険の外交員や代理店のファイナンシャルプランナーも分からないのが実情です。

これも請求をした人しか分からない。消費者は保険会社の外交員や代理店のファイナンシャルプランナーの言われるがままに、いいこと契約時に言われ、保険金などは5日間で支払ってくれると、それを鵜呑みしてはあとの祭り、トラブルです。

保険を販売する人、特に保険会社の外交員でなく、保険代理店と言うのは、全部とは言えないが、多くはいい加減な保険の説明で、契約させるために、上手いことをいう。

その話を鵜呑みしてはいけません。

契約者自身、また受取人も、しっかり日頃から保険のことを勉強していくことだ。
保険金を請求して、その保険会社に本当に契約してよかったと、そのときに初めて分かるもの。
保険会社は、最後の保険金支払時に、本当の質が問われるものなのです。

それを私は、保険会社の外交員や代理店のファイナンシャルプランナーの何倍も各保険会社の姿勢が分かっていますから、ここまで語れます。

保険は、金融商品の一つです。社会保険ではありません。そこには騙されるということが、日常茶飯事にあるのが、この保険契約なのです。

自分の保険は、しっかりした保険だとか、人のよさそうな外交員に言われて最も良い保険と言われたとかそれを信じていたりしないでください。

他の人に評価、診断してもらうことです。信頼できる消費者機関や相談者に見てもらいましょう。


エコノミスト
野中幸市

私は、保険外交員、代理店でもありません

こんばんは。
ここを訪れている人の中で、保険業界人の方がおよそ半数だと推測しています。ですので、100人は保険業界人に属するということになります。

そこでですが、私が保険会社の外交員とか、元外交員とか、保険会社内勤の元内勤社員とか、はたまた保険会社の下請けである保険代理店のファイナンシャルプランナーと思っている人もいるようですが、私は保険外交員でも、元でも、保険代理店も経営していません。

まるきり消費者側の人間であります。保険外交員、カタカナ生保の保険会社の支社長や代理店、これは大型の保険代理店の社長でもありません。

しかしながら、それ以上の各社保険会社の情報も実情も持っています。また業界団体や大学の金融論や保険学を教えている教授より知識も論文の質も私のほうが上でしょう。

また、保険会社や共済団体を監督する立場の省庁との連携も持っています。これは、私が与党の複数国会議員の秘書をしていたということからも、つながりがあるのです。

また保険契約者である消費者との連携組織も持っており、各視点での対応ができることになります。

また論文や保険や年金、雑誌、テレビでの保険の解説もしておりますから、ここまで詳しくなるのです。おそらくここまで幅広く保険の各面での知識や対応能力、分析力がある人はいないと確信します。

私は、各保険会社の姿勢や戦略、保険外交員や代理店、ファイナンシャルプランナーの視点、消費者の視点があるように見えますから、だからおそらく、現在、あるいは過去保険会社で働いていたという経験があるのではないかと、私にコンタクトを取られてくるのかも知れません。

しかし、繰り返しになりますが、私は保険の売り手の気持も考え方も分かりますが、私は消費者側の視点にいる人間です。

どうすれば、幅広い消費者に支持されて、この保険で飯を食べていけるのか、そういう相談は、多数相談があります。

私は、皆さんが感じる以上に、この保険業界を研究も対応もしてきました。これは国内だけではなく、世界各地もその領域にあります。

私は、保険業界人の人間ではありませんが、保険業界人に属する誠実な人のみに言いたい。

消費者に真に支持される保険外交員、代理店とは、どうすればなれるのか、これを相談してきてもらいたいと思います。無論、無料では対応は致しません。保険は金融商品であり、損得もあるものです。そこらにあるノウハウではありません。

しっかりと、消費者のためになる保険業界人になってもらいたいと願っています。


まず、私が代表を務めるNPO生命保険格付協会の門を叩いて勉強してもらいたいと思います。いま、もやもやしていることが、クリアされてくると思います。


エコノミスト
野中幸市

がんを甘く見てはいけません。

以下は、皆さんにがんについての勉強のためにお伝えしておきます。
脾臓がんになられた患者さんからです。切実さは、身にしみてきます。

消費者は、どこまで保険外交員、代理店、そして保険会社を信用するかです。いざとなったときには、事務的な対応をするのが、売り手の対応ともいえます。


////////////////



そして最後に、自分が脾臓がん保険の給付対象となっていることが確認できたら、それを相手に通知することです。黙っていては、何も始まりません。
自分からコンタクトを取り、経済的な負担を減らしましょう。

いくらこちらが困っていても、彼らには対岸の火事なのです。
もちろん、中には善良な社員もいるでしょうが、CMならともかく、企業が本気で赤の他人のために尽くそうなどということをしないのは、自然な道理なのです。
それは脾臓がんの保険会社でも同じ事です。
企業は利潤を追求していくものである以上、自分達の利益を最大化するための方策に走るのは責められません。

それでも、一度は契約書に目を通しておいた方がよいと思います。
完全に理解することはできなくても、自分の加入している保険が脾臓がんを給付対象としているかどうか、関係のありそうな項目のみ拾い読みしておくだけでも、自力で努力していることにはなります。
その上で、会社に連絡を取りましょう。

そして、自分の病状や契約内容を相手に伝え、給付対象に該当するかどうかを相談するのです。
電話する時には、契約書を手元においておくと、話がスムーズに進むでしょう。
脾臓がんを保険会社が限定で扱っているわけではなく、いくつもの商品を取り揃えているので、契約内容がはっきりしなくては、正確な返答は期待できません。

この時、連絡するのは正式な窓口にするべきです。
保険のセールスマンやセールスレディではなく、本社やお客様窓口に連絡をしたほうが、相手の会社に責任を持った対応をしてもらえる可能性は高くなります。
なぜなら、セールスマンやセールスレディーといった外交員は、雇用形態も様々で、強引に売りつけて稼ぐだけ稼いだら退職してしまい、責任の所在がうやむやになってしまうということもあるからです。
脾臓がんで保険給付を受けられるかどうかということを問い合わせても、いい加減な返答をされる可能性も十分にあることを考えれば、外交員よりも会社の用意した正式な窓口の方が適切ではないでしょうか。

また、脾臓がんが保険の保障対象となっている場合でも安心はできません。
どこまでが給付内容となっているかを確認する必要があります。
手術や入院の場合に限定されているのか、それとも発症すればそれだけで条件を満たしているのかは、契約内容次第です。



/////////////




保険会社の外交員、代理店のファイナンシャルプランナー、そして保険の下請けでもある税理士他、安易に勧めてくるがん保険や医療保険、生命保険を信用してはいけません。売り手と買い手との考え方の違い、そして、その時になったとき、いったい何を売り手側はしてくれるでしょうか。被保険者である消費者側は、はじめからしっかりしないといけないのです。

どこの保険会社、どういう外交員、代理店のFPたちが良いのか、これを真剣に考えてください。決して、上手いこというテレビや新聞のCM、そして外交員、代理店FPたちの、契約してもらいたいがために、何でもうまいことを言います。その言葉をそのまま信用もしてはいけません。

皆さんの周りの身近な人が、がんになった人がいれば、その患者の心境はどうでしょう。保険契約を甘く見てはいけません。しっかり保険に詳しい消費者側の相談先などに相談して、的確な保険を選んでいくべきです。



エコノミスト
野中幸市