FC2ブログ

一般(通常)的な、がん保険には、契約すべきではない。

がんになったとして、入院もするでしょうし、通院もすることでしょう。
 
どこのがん保険に契約することが、最も契約者側にとって、的確なのかと考えた時、私はある保険会社の○○保険にします。
 
これは、テレビコマーシャルや新聞、雑誌、また保険のプロという金融雑誌の企画で登場する保険外交員やFPさんたちの選んだ保険ランキングにも出てこない保険商品です。
 
そもそも、雑誌の中でランキングされている保険商品何か、契約しても、私は価値性は高くないと判断しています。
 
がんに罹ったとして、そのがんを治す道を選択するか、それとも、治さないでやりたいことして亡くなるか、治したくても治せないのか、そのどちらを選択したとしても、今皆さんの契約するがん保険は、より柔軟性のあるがん保険ですか。
 
がんは、その人ががんにならないと実感出来ないかと思います。あるいは、家族ががんになって亡くなった経験を持っているかでないと、真剣に考えないのかも知れません。私の両親は、様々な病名もありましたが、その中にはがんにもなっていると診断され、亡くなっていきました。
 
人は、長生きすればするほど、がんになる確率は高くなります。人間というのは、機械ではなく、植物と同じですから、最後は腐敗して行きます。これは仕方ないと思っています。
 
ただ、私が将来、がんらなったとして、そのがん治療にしても、治療する間もなく亡くなったとしても、いずれにしても、家族には迷惑をかけたくないと強く思います。亡くなることの迷惑は、どうにも消せません。あとは、一家の大黒柱が生き延びて治療するに当たっての生活費、あるいは亡くなったあとの家族の生活費には、心配は賭けたくありません。
 
がんで、治療する道が選択出来たとして、会社員の入る健康保険や自営業者の入る国民健康保険の自己負担三割には当てはまらない病院の自由診療費用、これを考えた時、それ相当のお金が罹ってしまいます。
 
このお金がないからこそ、自己負担三割の範囲内のがん治療をするという人たちが、ほとんどで、亡くなって行くのです。最新技術の治療をするには、やはりお金がない家庭でしかできません。
 
察するところに、野球の王さんは、がんになって当時かなり痩せていましたが、今ではがんに罹った人とは感じません顔をしています。
 
私は、がんになっても良いです。他の亡くなり方でも良いです。どちらにしても、仕事を辞めて治療に専念する時の生活時、または治療は出来ず亡くなっても、家族には迷惑はかけたくないです。
 
そのための、保険をどう考えるか、本当に真剣に考えて行かなくてはなりません。
 
 
保険評論家
野中幸市
スポンサーサイト



私の友達も私と同じ医療保険に入っていた

私の友達も、私と同じ終身医療保険に契約していました。これは驚きです。どこで、この保険を手に入れたのと聞くと、やはりある○○カードが当時、提供していたということから、入ったということです。
 
彼の終身医療保険は、私の高額な入院日額保障までの契約ではありません。入院日額5000円にしていました。
 
 
終身医療保険、入院日額5000円
730日型
保険料月払いの60歳までの支払い
60歳までに支払う保険料総額、129万円
契約して、20年後の解約返戻金、64万円
30年後の解約返戻金、119万円
40年後の解約返戻金、139万円
40年後の死亡保険金、139万円
 
この保険、仮に80歳で死亡した場合、160万円くらいの解約返戻金=死亡保険金が貰えるという内容です。
 
この保険は、現在は販売されていません。
 
私は、この終身医療保険+現在でも申し込み出来るある保険会社の終身医療保険などにも契約しています。
 
 
保険評論家
野中幸市

よい医療保険は、1社の保険会社のみである

医療保険、その中でも、終身保障の医療保険を契約すべきです。
 
消費者側から見て、契約すべき、的確な終身医療保険商品は、ある一社の保険会社が提供しているもののみと、私は判断しました。これより、良質な保険商品があれば、別ですが、出ていません。
 
保険評論家が、適当というある保険会社の終身医療保険、どこになるでしょう。
医療保険は、生きて行くために必要なものです。もっといえば、医療保険といえども毎月保険会社にお金を投資していることにんります。大切な毎月支払うお金です。
 
しっかり、価値ある医療保険を選択しましょう。なお、医療保険を複数の保険会社の商品を取り扱っている保険代理店で求めても、その多くの保険代理店は、私の評価する医療保険を目の前の消費者に一押しで提示しません。
 
相手は保険代理店であり、一番利益率の高い保険会社の医療保険を強く勧めてくるといえるでしょう。ここが、保険代理店の相談する消費者側の大きなリスク点でもあります。*保険会社といえども、保険会社の人けれ゛んには変わりありません。
 
その医療保険に、特約を二つ付加することも、お話しておきたいと思います。
 
追伸、
昨日も100人近い皆さんからアクセスいただきました。
ご支持、ありがとうございます。
 
 写真は、昨日のニューヨークシティを襲ったハリケーン、サンディです。まるで映画のようです。しかし、現実。
人間は、自然には勝てません。けが人も大勢出たという事です。ひういうときも、信頼性高い保険会社の医療保険に契約していないと、あとあと大変です。
 
 
 
保険評論家
野中幸市

保険契約で儲かるのは、最後、保険屋さんが多い

保険に契約して大勢の消費者が、損して保険が終了します。
その反対に、保険業を長く勤めた人、あるいは今も長く勤めた人たちの多くは、保険に契約して得してその保険は終了しています。
 
この現実をどう皆さんは感じますか?
 
私は、これまでいろんな保険会社の男女の外交員や代理店の経営者や従業員、また保険会社の経営者たちとも会ってきました。
 
その会ってきた人たちの多くは、保険業として働くだけでなく、保険に契約する立場からの保険でも、儲けているのです。つまり保険の裏側を巧妙に知っているからです。どうして?こんな学歴もない全国各地の一、元生保レディの人間が、何千万、何億円もお金が保険で残るの?と思います。そう言う人と多く会ってきたから、それがわかります。
 
そこの心理を知らないで保険に契約する健全な消費者たちだからこそ、ほとんどの保険契約者=保険消費者は、最後その保険の終了時、大損して終わるのです。
 
無論、そのとき、こんな保険に契約しなければ良かったと後悔します。そう、後悔しないために、今、どういう保険に頭を使って、効率的内容の保険に契約するべきなのです。
 
保険の契約とは、いくら掛け捨ての保険でも、貯蓄性の保険であっても、そのどちらとも、お金の投資、賭けをしている行為、すなわち契約をしているのです。
 
保険は、安心を買うためのものとは、保険の売り手側は美化して言いますが、その多くの現実は違います。保険で大損する契約はしないことです。
 
だからといって、貯蓄性の保険を主にして契約しなさいという事ではありません。ここが頭の使いどころなのです。
 
保険は、お金の投資ということ、頭にしっかり入れて、保険に契約して行きましょう。
ただし、大手生保や簡保、農協、アヒルの会社の医療保険やがん保険、そして通販やネット保険など、そういった保険に契約しているほとんどの人たちは、そのことが理解できていません。義理人情のもと保険に契約してしまう馬鹿たちです。はっきり言っておきましょう。保険は義理人情、付き合いで入るものではありません。
 
 
保険会社の印象の良いテレビコマーシャルや外交員や代理店FPさんたちの好印象のセールストークに、丸めこまれてはなりません。
 
保険で儲かるのは、保険の売り手側である。だから、売り手側の能力以上の保険情報を得る必要が、賢い消費者には求められます。
 
保険に契約する側の消費者は、いくら掛け捨て保険に契約でも、お金を毎月捨て続けてはいけません。しっかり、目的を持って、定期的に見直ししつつ、契約して行かなくてはなりません。
 
保険評論家
野中幸市
 

NPO生命保険格付協会に入会する属性

こんばんは。
毎日、900人、1000人と多くのアクセス、ご支持、ありがとうございます。
 
今日、東京は木枯らし一号が吹いたと思います。しかし、気象庁は大阪には吹いたが、東京に吹いたとは発表していません。
 
でも、私はいつもの風の音とは違う事がわかりました。木枯らしが吹くと、これからどんどん寒くなりのすから、着る服も冬物をタンスの奥から引き出さないといけません。風邪を引かないよう、気をつけてお過ごしください。
 
さて、私が理事を務めるNPO格付協会に入会する属性は、会社員、主婦層がいちばん多いです。次にOL、公務員の順です。この会社員や主婦、OLの入会者層には、入会の時に届け出る職業欄を偽って会社員、主婦としている人たちが多く含まれていると思います。本当の職業層は、保険業界関係者だと思います。
 
その入会する目的は、保険見直し相談ではなく、NPO生命保険格付協会が評価した保険会社格付け結果と保険商品格付け結果が知りたいだけだと思います。
 
その一つの根拠として、正会員に入会して格付け情報のみ取り出して、見直し相談はしないということの多さです。
格付協会としては、保険の見直し相談するのは、会員本人の自由ですが、消費者側の入会者は、保険会社及び保険商品の格付けだけが得られても、その保険商品をどう効率よく活用するか、ここが重要だと言えますので、そこのところを相談してもらいたいと思います。ただし、見直し相談されるご希望者のみですが。
 
消費者側の保険専門機関が保険格付けした内容は、正しい評価だと言えるでしょう。何故なら、保険の主役は、消費者側だからです。
 
これが良くわかっているのが、松下幸之助であり、稲盛和夫氏でしょう。
 
消費者側というのは、保険の売り手側と違い、無理難題なことを言う気が皆さんするでしょう。しかし、それは無理難題ではないのです。企業が消費者側の真の思いに耳を傾けず、ただ営利目的のために走りまくっているそこが間違っていると思います。
 
 
消費者側は無理難題は言わない。当然のことと考えます。消費者側の評価や言う発言は、すべて正解です。
企業側は、しっかり、消費者側の考え、ここでいう保険の評価にしても、真摯に受け止めるべきでしょう。
特に、NPO生命保険格付協会の保険会社格付けと保険商品格付けは、信頼性が高いと、私は確信します。
 
 
一つの参考として、
保険を見極める消費者側専門機関を紹介しておきます。
NPO生命保険格付協会 
 
 
 
保険評論家
消費生活コンサルタント
野中幸市

最も賢い保険契約の仕方は、保険の達人に直接相談すべき

こんにちは。
今日、東京は雨です。
 
さて、保険契約の仕方で、最も効率よく、そして保険の最後、大損もしないような保険の組み方をしないといけません。また大きな損を最後しないという事は、全部貯蓄性の保険に契約するということでもありません。貯蓄性の保険を中心に考えて契約したら毎月支払うお金はいくらあっても足りません。あったとしても、無駄、無価値とも言える保険での投資になるだけです。これらが上手く組み合わせて、上手く契約内容になっていなかったら、賢い消費者とはいえません。
 
そこで、九割の保険契約者さんたちといってよいのですが、賢く=効率的な保険に契約できていない人は、この九割の人たちに該当します。ですから、賢い消費者とは言えず、無価値的=非効率的な保険に、毎月、何十年と保険料を湯水のように支払い続けいているということがよくわかります。
 
九割といったその根拠は、大手生保や簡保、農協の契約者さんたちが、それに該当します。これら大手生保や簡保に契約する人たちの割合は、大多数であり、これに外資系医療保険中心に販売しているアヒルの保険会社やアメリカの親会社が破たんしてしまったアリコの貯蓄性含む保険や全国一の共済団体の全商品に契約する人たち、これらの保険契約者だけで、全体の8割りといってもよいでしょう。
 
これら契約している人たちのの中で、更に絞ってその九割の契約者さんたちは、賢い保険とも言えません。それ以外の一割に属する賢いそれら大手生保に契約している人というのは、今から20年以上前に高い貯蓄性保険に契約した人たちだけです。20年前の保険を今も契約していたんらですが。
 
賢い保険の内容で契約するには、どうすればよいのか、それは、かしこい保険に契約している人のアドバイスを聞くことです。すなわち、相談してみることです。賢い保険契約者といいのは、保険を販売している外交員や代理店のFPさんではありません。
 
それは、家だけでなく、家を購入する時も同じです。その道の消費者に聞いて見ることです。
ちなみに、私は、今住む不動産を購入あしました。中古物件ですが、しかし、購入した時よりも価格は上がっています。本当に価値ある保険、本当に価値ある住宅の求め方、どちらも最終的に支払うお金は大きなものになります。賢く消費契約して行かなくてはなりません。消費者側からの消費情報は、かなりよりよい話が聞けると思います。
 
野中幸市
 
 
 
 
 

物価が安い、昨日は、東京板橋区の大山商店街

 こんにちは。
昨日は、私が小中高と生活していた東京都板橋区に行ってきました。生活していたのは、板橋区赤塚ですが、下記の写真は、大山です。赤塚も大山も東武東上線にあります。赤塚の商店街は今はシャッター商店街となっていますが、大山の商店街は、30年以上経っても人が大勢集まる繁華街となっています。どうしてこんなに違うのか?大学で都市政策を研究するものとしては、興味深いところでもります。
 
下記の写真にも写してありますが、食料品がとにかく安いです。私が今住む東京の中心地とは大違いです。
例えば、熊本、愛媛産のみんか、一ネット198円です。青森の大きいリンゴ一個100円、パイナップル一個180円、バナナ一袋四本入り50円です。野菜もなんでこんなに安いの?私の住む近くのスーパー価格の半値近く安いです。(例えば、今住む近くのスーパーでは、みかん一袋398円です。)
 
物価の安い板橋区に引越したら、生活費は半分で済むなと、思ってしまいます。近くの不動産屋さんの一戸建て、中古マンションにしても、こんなに安いのか!毎日の生活が楽しそうに感じます。 でも、私は物価が半分近く安くても板橋区には住みません。何故なのでしょう。それは小、中、高と16年間、下町板橋区に住んでいたことに理由があるといえます。その答えが、ここにずっと住んでいたら、私は何も変わらない、そう強く考えたからこそ、行動に移して新たな新天地で一から努力してきたのです。
 
 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
それに関連させてしまうのか、ここで言う保険です。今契約している保険のことを考え直した時はありませんか。見つめ直すという事です。冷静になって見つめ直すと、今のままではいけない。価値もないだろう保険に、毎月、何十年と保険料を払い続けて良いはずもないということです。私は保険評論家になる前、30歳前半の時に、そう気づいていました。皆さんは保険は、たかが保険と思っているかもしれません。しかし、家に次ぐ大きな買い物、すなわち消費にもなっていることをもっと考えるべきです。
 
ここで頭を使わないと、生活上、将来の資産の行方についても、上手く成長出来ないと私は思います。例えば、一部の人たちは、保険会社の医療保険は、要らないという消費者も保険屋、FPさんもいるでしょう。しかし、それは間違いと思います。何故人は要らないと考えるか?それは、公的社会保障には、入院して治療代が三割自己負担額が100万円かかって支払ったとしても、およそ9万円を差し引いて残り91万円のお金は、二ヶ月後くらいには返金されてくると考えているからでしょう。
 
しかし、それは今だけです。20年後、30年後も同じ厚い社会保障か、日本で続けいているでしょうか。日本の財政は、良くなることはありません。はっきり言えば、治療する金がなければ、国や親に迷惑かけないで早く死んでくれといわんばかりの日本社会になっていると、私は思います。今もそうですが、人は関係ないという冷たい世の中です。それは、今以上に、冷たい社会になると考えたほうが必然的です。今から20年、30年後、例え消費税が社会保障目的税に変わっても、医療費の支払い額は、今のように厚く提供できない日本財政になっていることでしょう。今ある厚い高額療養(医療)制度は、20年後、無くなっている、あるいは薄い還元とみるべきです。
 
そうなっているとき、皆さんは、20年後、その分歳とっています。そのときは、高齢者年齢になっているわけですから、当然病気もする確率は高くなるでしょう。お金に余裕がある人はよいですが、入院して治療の自己負担額が今の三割から五割になっていることも想像してください。高額療養制度は、廃止されていることも想像してください。そう言った世の中になっていいる可能性は、私はかなり高いと思います。そのとき、民間の医療保険に入っていなかったら、どこから入院、治療代を支払って行くのでしょう。保険とは、将来のためのリスクを考えるために入る金融商品なのです。そこをしっかり考えてもらいたいものです。価値ある医療保険や生命保険は本当に少ないです。保険会社は何十、保険商品は何百もあるのにです。
 
しっかり、保険を考えましょう。
 
保険評論家
消費生活コンサルタント
大学教授
野中幸市
 
 
 

あなたの保険は、本当に価値(効率)ある保険ですか?

皆さんが、保険契約している商品は、本当に価値ある掛け捨て定期保険、終身医療保険、がん保険、終身保険、個人年金保険、学資保険、介護保険ですか?
 
保険契約者全体から見れば、九割以上の保険契約者の契約している保険商品は、私は価値ある保険ではないと確信しています。
 
本当に価値ある保険に契約しているならば、大手生保にしても、日本に進出する外資系保険会社にしても、ここまで保険事業で成長していません。保険会社や外交員、代理店がここまで儲かるから、テレビコマーシャルや販売人たちが多いのです。つまり、売り手側にとって、利益率の高い保険に契約している保険契約者が九割、ほとんどだからこそ、保険会社は成長し続けているのです。
 
私は、その九割の保険契約しには、当然ながら入っていません。
保険で、掛け捨て死亡保険にしても、大きな損する契約など、しません。
 
終身医療保険にしてもそうです。
 
がん保険にしても、がんに本当になって亡くなるか、がんにならいで亡くなっていくか、その確率は50%です。つまり50%の人は、がんにならずして亡くなります。ならなかったら、そのがん保険で、大損するわけです。
 
また、がんになっても、そのがん保険で、儲けて保険は終わるものでしょうか。私はそうは思いません。それはその保険商品の品質でわかります。がんになって治療しても、そのがん保険で毎月、何十年と支払った、またがんになった後でも支払い続けて行く保険料総額からみれば、かなり損して終わるがん保険契約が、本当に多いことです。そこに多くのがん保険契約者たちは、分かっていません。外交員や代理店のFPさんの勧めるがままのがん保険や終身医療保険に契約しているだけ、最後は保険会社自体とその保険を獲得した外交員、代理店のFPさんだけが儲かって保険終了することでしょう。
 
掛け捨て保険にしても、そうです。いくら大損すればよいのですか?
 
保険とは、社会保険ではありません。完全営利目的の保険会社、共済団体が販売している民間保険商品なのです。そこには、当然、売り手側は儲けて行かなくてはなりません。その保険で、損する人が大半だからこそ、保険会社は成り立っているのです。契約している皆さんの多くが儲けて保険終了してしまえば、保険会社は破綻しています。
 
わたしが言った9割の保険契約者は、大損して保険契約は、いつか終わると話しました。私はその9割には属しません。
 
保険とは、一つの賭け商品、金融商品です。掛け捨ての商品も、貯蓄性の保険も含めてです。そこには、損得が当然あります。貯蓄性の保険は、結果損することは少ないですが、しかし、少しばかりの得でその貯蓄性保険に契約する意味、価値が本当にあるのでしょうか。例えば、毎月、何十年も保険料を支払って、百、二百、三百万円ばかりの得で終わってどうするのでしょう。30年、40年、50年保険契約し続け、たった三百万円の得ですか?そんな長い期間では、得とは言いません。損です。
 
 
30歳で積立利率変動型の終身保険に契約したとします。おそらく85歳前後で亡くなることでしょう。それまでの保険期間、55年です。55年後、その保険会社から支払った保険料総額に+して300万、400万円しかもらわないで、それで得な貯蓄性のある終身保険と言えるのですか?目の前の外交員、代理店のFPさんに丸めこまれないでください。55年後、大手生保といえども、その保険会社は破綻してるか、またはどこかの保険会社に買収されているかしているでしょう。何十年と、高い保険料を毎月、何十年と支払って行くその働いたお金、もっと賢く保険契約するべきではないでしょうか。
 
保険契約して、九割の人たちは、保険で大損していつか終わります。その九割に入らないよう、効率的な保険に契約して行くべきだと思います。保険で、大損してはダメです。
 
義理人情の付き合いで、保険に契約してはダメです。
 
価値ある保険を求めて行くなら、自分の手で頭で勉強して行くべきです。
無料の保険相談(無料には、確実に裏がある)とか、代理店の窓口に行って複数の保険会社から保険選択してもダメです。代理店の窓口では、また保険のことを良く知らないなカモが来たと、招いているだけです。
 
保険とは、お金の投資、賭け商品なのです。
しっかり、勉強(消費者側の保険情報を求める)してください。
 
 
イメージ 1
保険評論家
消費生活コンサルタント
NPO生命保険格付協会理事http://www.seihokakuzuke.com/
野中幸市
 

子供に食べさせたくない、埼玉でも高濃度のセシウム発見

こんにちは。
昨日も、1000人以上の皆さんからアクセス、ありがとうございます。
今回は、保険の話ではありません。
 
放射能、セシウムの話です。
昨日の報道で、埼玉県秩父市に生息する鹿から高濃度のセシウムが検出されたということです。一昨日は、栃木県の出荷前の米からも検出されたということ。私は思うに、福島県の米や肉、野菜は勿論、いくらセシウム検査しても、信用しません。
 
それはすべて検査されていず、別ルートで格安の野菜や肉、米なども産地を別の県に替えて市場に出ていると見るからです。私は、これは絶対にあると思います。またセシウムの数値にしても、国は一定の基準以下のセシウム数値なら、食べても問題ないとは、国や風評?被害地の福島県とその近隣県は言うものの、それも本当に健康被害が、低い数値であれば問題ないというその根拠も信用しません。
 
何故なら、体内に入ってから数十年してから、その結果が判明するからです。福島に住む子供を持つ家庭の一部は、子どもの健康が心配という事で、県外に引っ越す人も少なくありません。またこれから結婚して子供を産みたいという若い人たちも、福島に住み続けていたら、生れてくる子供の健康も心配になります。当然のことですが、国の数値も信用できません。
 
すなわち、疑わしきものは、福島県とその近隣県の産地物は、食べないでいるということになるでしょう。近隣県ではない昨日の埼玉県の鹿の報道、埼玉県秩父と言えば、山越えれば長野県、群馬県です。そこまで放射能の高い数値が実際あるのですから、埼玉県産の野菜や肉でも疑わしいです。しかし、先ほど述べた直接農家から仕入れた野菜やコメ、野菜は、市場に出回っています。当然、セシウム検査などしていないでしょう。
 
政治家や政府、また地方自治体関係者は、福島県産や近隣県の野菜、肉、魚はセシウムの数値は、基準以下だから職しても安心だといい、テレビカメラの前で食べるパフォーマンスをしますが、そのパフォーマンスする政治家や知事さんは、自分の子供がまだ二歳で、その子供に福島県産や近隣県の食べ物を食べさせますか?
 
テレビカメラの前ではそう食べるパフォーマンスをしますが、実際は、その産地のものは、特に可愛い子供がいる場合、そしてこれから結婚して子供を作る世代たちは、買って食べないと思います。しかし、サラリーマンや学生たちは、昼飯を食堂やファストフードでも食べていますから、そこからセシウムが少なからず入っていると思います。
 
もう、子供は作らない、また小さい子供がいるなら、近隣県含む食料品は、やはり控えたいと思います。風評被害とはいうものの、風評被害ではなく、実際にセシウムが検出されているままなのですから、事態は深刻です。本当に残念なことです。
 
 
消費生活コンサルタント
野中幸市
 
 
 

ニホンジカで高濃度セシウム検出 埼玉県が出荷自粛要請

2012.10.23 20:16

 福島第1原発事故を受けて実施している放射性物質検査で埼玉県は23日、秩父市で捕獲された野生のニホンジカの肉から基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える820ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。県は、県内全域で野生ニホンジカの出荷自粛を要請する。
 県によると基準値を超えたのは21日に秩父市浦山で捕獲された野生のニホンジカ。県は23日までに秩父市周辺の野生のイノシシとニホンジカ計11検体を検査した。県内で捕獲されるニホンジカは年間約1500頭で、一部は市場に流通する可能性もあるという。
 文部科学省が昨年11月に行った航空機によるモニタリング調査で、秩父市浦山周辺は1平方メートル当たり300キロベクレルの比較的高い値を計測。県は、落ち葉や草に沈着した放射性物質をニホンジカが継続的に食べた結果、体内に蓄積されて高濃度になった可能性があるとみている。