FC2ブログ

昨日は、50歳代のアクセスが一番多かったです。


こんばんは。
今夜は、神奈川湘南からです。


昨日の木曜日のアクセス内容です。
50歳代が、一番多かったです。いつもは、40歳代と30歳代が一番多いアクセスなのですが・・・・。 


訪れた数、同一人物が1日に何回も訪れた数含み、1489人
な訪問者数、661人

男女別
男性、57.7%
女性、42.3%


 年代別
30歳代、24.1%
40歳代、26.9%
50歳代34.1%
20歳代、 9 1%
60歳代   5.4% です。


相談、お待ちしております。
見ているだけでは、何の利益にも、成長にもなりませんよ。


保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/  国内相談先です。
野中幸市
スポンサーサイト



こんにちは。

今日も、暑いですね。

今、赤坂見附で保険相談しております。

仕事終えて、夕方からは、神奈川湘南の自宅に行きます。


ネットでの保険相談、どこにいても出来ます。
土日、夜問わず、保険の見直し相談、お待ちしております。

なお、面談での保険相談も対応しております。
全国、どこにでも出張いたします。

一般消費者の皆さん、保険外交員、保険代理店経営者さん等、お待ちしております。
実りある話ができるかと思います。


保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
消費生活コンサルタント/国際FP
野中幸市



保険外交員、保険代理店FPというのは、口先上手い保険販売員なのです。

この保険に契約して、本当に保険金や約束した解約金、個人年金、死亡保険金、入院給付金支払ってくれるの?と質問されれば、払いますと、必ず言います。必ずです。

いわなければ、客は契約しません。金を払いませんから。

しかし、保険屋の支払うというのは、口先だけです。保険会社の外交員、保険代理店の経営者や社員FPたちは、契約してくれたその保険契約期間40年も、勤務していません。

勤務していない、途中で辞めてしまうのに、払いますとか、いい加減なこと言って、契約させるのです。
それが、外交員、保険代理店のファイナンシャルプランナーなのです。

これを絶対頭にいれてください。
相手は、代理店といえども、その場限りの、販売員、営業マンなのです。車屋、不動産屋、証券屋の営業マンと同じです。

契約させるための、販売員。契約して数十年後、客に保険金、満期金、個人年金なんて、保険販売員たちは、そんなこと、知ったことか?!と腹の底は、それです。

1万人の保険外交員、1万店の保険代理店FPたち、全員が、その考え方です。

だから、保険は自己責任の契約なのです。

自分で、自分でどこの保険が一番効率的でよく、価値あるのか、勉強して行かなくてはなりません。

その情報、相談を消費者の視点でアドバイスできるのが、私なのです。

相談、お待ちしております。

保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
オフショア連絡会主宰
大学教員(商法)
野中幸市

近い将来に、預金封鎖、保険封鎖、間違いなくあるでしょう。

間違いなくあるでしょうね。日本でです。

銀行の預金封鎖だけでなく、それ以上に、保険の解約返戻金引き出しや個人年金や貯蓄性保険の満期金、死亡保険の請求、たった数十万円の入院給付金支払いまでも、支払い封鎖になるでしょう。間違いなくです。金融機関、金融商品である保険商品なのですから、掛け捨て保険といえども、保険金支払いもストップされるでしょう。

日本の財政は、首の皮で繋がっている状態ということは、皆さん知っているはずです。
日本国民、1億人いますが、一人ずつ日本の借金額1000万円ずつ、背負っているのです。

これは、皆さんが持っている銀行預金、保険契約の解約金、満期金、死亡保険金でも、凍結されて、皆さんが支払うのです。

冗談な話ではありませんよ。
本当に、これは日本で起こります。

保険商品というのは、銀行預金商品と違い、何十年先を目的とした損得金融商品に、保険料名の下の金を毎月、何十年と先払いする商品なのです。先に払うのです。その紙切れ一枚の約束商品にです。その約束の紙切れ商品は、その保険会社自身が約束しているだけで、保険協会、保護機構や政府は、絶対という言葉を使えば、それはない。つまり保証はしません契約ですよということの商品なのです。

だから、それを踏まえて、どうするか考えるのです。

私や私の仲間たちを見習ってください。
あとは、勉強していくことです。

ただ、ここのブログをいつまでも、閲覧しているだけでは、何の役にもなりませんよ。ただ羨ましいと思うだけです。人のこと、羨ましいというのでなく、自分が成長して行くのです。そりための、勉強をここでしなさいということなのです。

一流企業、国家公務員、医師、大学経済学部教授、非正規・派遣社員、大手メーカー工場勤務、零細企業勤務の皆さん、職業とを問わずです。自分の能力を過信することなく、勉強して吸収するのです。

わかったふり、いけません。一番危険な保険投資してしまうだけです。


相談、お待ちしております。


保険評論家
野中幸市




保険評論家
野中幸市

保険外交員、代理店FPたちは、保険の情報能力は、低いそのもの。

これは、国内の男女の外交員、保険代理店CFP、AFPたちだけではありません。
海外の保険外交員、代理店、FA(ファイナンシャルアドバイザー)、プライベートバンクマンとたちも同じです。

保険を求める消費者の前では、どこの生保のことも知っているような立派な好印象ですが、私には簡単に見破れます。

国内外の外交員、代理店、FA事務所、富裕層のためのプライベートバンクマンとなど、お付き合いや、接してきましたが、やはり共通しているところは、売り手側の一番都合のよい金融商品を他の商品よりも、お勧め、一番利益ありますと、セールスしているところです。しかし、金融商品の細かなことを知らない保険投資者たちは、それに丸めこまれるわけです。

私のところで、勉強してください。
保険の資産を効率よく、防衛して行くためにもです。
会員に入会されて、勉強です。


保険評論家
野中幸市

夫の死亡保険契約は、5000万円以上にすること。

一家の大黒柱(家計主)には、死亡保険きんは、5000万円以上かけましょう。

最悪、掛け捨て死亡保険5000万円を65才までの期間。低減定期、収入保険でも可。

理想は、米ドル建てと中国元建ての終身死亡保険5000万円ら1億円の契約がベストです。

今時、5000万円以上の死亡保険は、当たり前です。地方生活者だから、我が家はそんなに必要ないというのは、社会が分かっていません。

相談、お待ちしております。


野中幸市

早く貯めておけばよかった!「老後までに貯金できる額」の理想と現実…

[nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム)]


これから超高齢社会を迎える現代日本。年金問題に不景気などもあいまって、将来への不安はどんどん増すばかりではないでしょうか。

中でも、お金に関する不安がやはり一番大きいと思います。世の中のみなさんは、老後までに一体どのくらいの貯蓄をしておきたいと考えているのか?

◎◎◎◎◎生命保険株式会社が全国の20~50代の男女1,000名を対象に行ったアンケートによってわかった、「老後までに用意しておきたい貯金額」をご紹介します。


 ■94%の人が老後は「年金だけでは不安」だと感じているまず、「老後の生活は年金だけでは不安」という意見に対し、

「非常にあてはまる」が71.4%、
「ややあてはまる」が22.8%と、
合わせて94.2%の人が「年金だけでは不安」であると回答しました。

これからどうなっていくのか先が見えない年金問題ですので、自分でしっかりと貯蓄をしておかなければいけないと誰もが感じているのでしょう。 


■「老後への貯金額」は理想と現実で差額1,855万円では、どのくらいの蓄えが必要なのか? 「老後に備え、いくらくらいの貯金があれば安心か?」と聞いたところ、

「1,000万円台」が28.9%、
「2,000万円台」が15.9%、
「5,000万円台」が14.8%、
「3,000万円台」が14.0%、
「1億円以上」が8.8%となり、
平均額は3,162万円でした。

一方で、「老後までに、実際にいくらくらいの貯金ができると想定しているか?」と尋ねたところ、
「500万円未満」が31.8%、
「500万円以上~1,000万円未満」が25.5%、
「1,000万円台」が20.7%となり、
平均額は1,307万円でした。「老後までに貯金しておきたい額」と「実際に老後までに貯金できる額」では、その差が平均で1,855万円。

これでは心の底から安心した老後を迎えられる人は少なくなってしまうのでしょうね。


 ■老後の夢TOP3は「家族仲良く暮らす」「温泉めぐり」「田舎暮らし」ちなみに、「リタイア後(老後)の夢」に関しては、
「家族仲良く暮らす(32.9%)」、
「温泉めぐり(30.0%)」、
「田舎暮らし(12.7%)」がTOP3となりました。

そのほか、
「世界一周クルーズ(11.5%)」、
「世界遺産めぐり(11.4%)」、
「鉄道での日本一周(11.1%)」、
「キャンピングカーで旅に出る(7.8%)」などの壮大な旅のプランも上位にランクインしました。

心身ともにゆっくり休めながら、家族と旅行などをして老後を思う存分楽しむためにも、若いうちからしっかりとライフプランニングを行っておくことが重要ですね。 

安心できる老後を送るためには、平均で3,000万円の貯金が必要。これはなかなか高いハードルであると思います。

「老後なんてまだ先のこと」などと思わずに、若いうちからしっかりと少しずつでも貯蓄しておくことが一番大事なことなのではないでしょうか。

生命保険商品(保険会社)には、ちゃんと裏側があるのです!

それを、私から学ぶべきですね♪
しかし、裏側の価値ある契約にあっての情報、ノウハウ、ハウツーなのですから、これだけは、メールでの、相談は致しません。面談相談だけにおいてです。かつ、面談でも、話してもよい人と、しない人に、ちゃんと私は、分けます。

この国内と海外保険含め、相談する価値は、大でしょう。

そこらにいる謙虚性がない男女の保険外交員や保険代理店FPたちに、保険見直し相談する価値なんて、私の話と比較したならば、ないです。

ないから、今でも賢い保険選択、保険消費=保険投資が、構築出来ていないのです。

勉強代を出して、教わるべきです。時間、効率性をお金で、買うのです。


大学の勉強もそうですね。例えば、一流大学で勉強するために、入学金、授業料、寄付金支払うのと、三流大学に入学してお金を払うのと、どちらか、実りある学習と情報とネットワークが得られるでしょう?前者ですよね!

後者の大学に行き、入学金、授業料など支払うのは、無駄遣いです。まだ、通信制大学で、保育士含み教員免許なり、取得した方が、賢いのです。

ここでいうところの価値ある保険情報、ノウハウ、教えと、謙虚に、教えてもらうのです。教えてもらった、情報、ノウハウは、自分の利益に繋がるのです。分かりますか?

勉強代を出さないで、独学で勉強しても、無理の確率高いです。効率性を考えましょう!

お金を出して、勉強すること。学習代に、ケチったら、いけません!

また、教えてもらう?ノウハウは、分かったと、あるいは早とちり、結論を早く自分の中で、出してはいけません!

私が、もう、いいですよと苦笑いする?まで、求めて見てください。


この社会、高い学歴や高い職業に就いている人以上、はるかにノウハウと行動力を持つ人の方が、最後は、人生の勝者になるのです。この経済社会に、生きているのです。よく考えて下さい。


この土日も、保険相談含め、全国各地からお待ちしております。どこにでも行かせていただきます。

時間を有効に、効率的に、お金を使い、自己投資しましょう!保険には、ちゃんと裏側があるのです。それを勉強させてもらうのです!


追伸、
保険屋さんたちも、私から教わりましょう!得るもの、ヒントなどあるはずです!


保険評論家
野中幸市

もう一度、保険含み金融投資商品の賢い求め方学習法です。

お金持ちは「カネで時間を買って、その時間でさらに稼ぐ」
週刊SPA! 7月27日 


◆ 大金を払って時間を買う。その時間でさらに大金を稼ぐ!<資産13億円・Mayuhimeさん> 

借金取りが家に押し掛けるような極貧子供時代をバネに、地道なデータ入力バイトやホステスでお金を貯め、起業。事業を中心に資産を13億円まで増やし、今は年間1億円超をコンスタントに稼ぐネオ富裕層の申し子になった。

そんなMayuhimeさんは、その時間を費やしてどれだけのリターンがあるかという「時間対効果」を常に意識してきたという。「皿洗いなどの家事は時間を奪われるだけでお金を生まないですよね。

節約する時間があるなら、稼ぐために時間を使ったほうがリターンが大きい。その時間の使い方も、自分にしかできないことしかしないという信念で生活してきました。

例えば私が17歳の頃、夫と0歳の子の3人で県営住宅に住んでいたのですが、夫の手取りは月17万円で私は無職。そんな経済状況でしたが、『稼ぐためには勉強しなければいけない。

そのためには時間が必要』と考え、26年前には珍しい業務用食洗機を30万円で購入。200Vの電気を使うために県に申請し、工事まで施工しました。

皿洗いは道具がしてくれるけど、自分にしかできない技術を磨くための勉強は自分にしかできないですから」 親戚からは「そこまでして横着したいのか」と非難されたが、一日2~3時間の仮眠以外は家族の相手と勉強だけに費やし続けた結果、事業は大成功。

30万円の出費は十分に回収できた。 Mayuhimeさんは時間と同様、お金は1円でも無駄にしない。資産10億円超のネオ富裕層となった今でも、その徹底した意識は変わらない。

一例がポイントカードの活用だ。「時間対効果を考えると、ポイントカードは効率がいい。だって、持ち歩いてケースから出すだけですから。

この数秒の積み重ねで500円分、1000円分の何かで返ってくるのに、ポイントカードを出さないなんて、お金を捨てているのと同じです。

出すだけで年間何万円分もの商品券がもらえるクレジットカードも、お金を稼いでくれている立派な道具です。

『いいじゃん、それくらい』と言ってお金を捨てる人は一事が万事そうだから、お金が貯まらないんです」【Mayuhimeさん】主婦業の傍ら、各種事業とFXで年間1億円を稼いでいる。

『「稼ぐ力」を養うお金の教え60』(扶桑社刊)で述べているマネーリテラシーは必読― 資産1億円超・ネオ富裕層の[お金が増える]生活習慣 ―






以上、
数日前にも、書きました内容です。保険評論家、野中幸市

生命保険会社設立準備会社創るか?

機会、タイミングさえあれば、設立したいと考えています。真に消費者に、支持される保険会社をです。

そのときは、格付け協会の業界会員の一部の人たちを招き入れるかも、知れません。

格付け協会業界会員以外の保険会社内勤職員、外交員、保険代理店経営者と従業員FPさんの現職、元職員の人たちは、一人と言えども、準備会社、また正式開業した時も、雇うことは、しません。そういう、むしのよい人間は、会社を成長させる能力のない役に立たない人間なのです。つまり、少しもリスクを負いたくなく、人並みに給料が稼げれば、それでよし!その会社で、頑張るという人間は、ダメ人間なのです。

つまり、会員入会のために、勉強代を出さない人間は、ダメ人間なのです。特に、ここでいうところの、保険業界人たちは、です。


保険評論家
大学教員(財政学、商法、起業学)
NPO法人生命保険格付協会理事長
http://www.seihokakuzuke.com/
野中幸市

保険のブログ。昨日のアクセス、分析公開です。

こんにちは。
今日も、東京は暑いです。しかし、空気が・・・・多分、ゆうだちだがあると思います。洗濯物わ取り込んでいたほうがよいでしょう。


昨日の水曜日のアクセス内容です。


訪れた数、同一人物が1日に何回も訪れた数含み、1725人
な訪問者数、776人

男女別
男性、57.2%
女性、42.8%


 年代別
30歳代、31.2%
40歳代、31.2%
50歳代、21.6%
20歳代、12 6%
60歳代  2.9% です。



保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
野中幸市

保険のブログ、昨日のアクセス分析、公開です。

こんばんは。

昨日の火曜日のアクセス内容です。


訪れた数、同一人物が1日に何回も訪れた数含み、1460人
な訪問者数、713人

男女別
男性、67.9%
女性、32.1%


 年代別
30歳代、36.6%
40歳代、26.2%
50歳代、22.1%
20歳代、12 3%
60歳代  2.6% です。



保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
野中幸市

こんばんは。

今日、午前中は、横浜で保険見直し相談。
午後からは、移動して東京六本木で保険相談でした。

住む世界が格段に違う相談者でしたが、人の良さそうな40歳代でした。
凄い!


保険評論家
野中幸市

私は、単行本や雑誌記事を書かなくなりました。

単行本は、これまでに4冊出しました。雑誌記事は、数えきれません。

何故、書かなくなったのか?保険会社等の不祥事のみ、報道番組解説や新聞記事コメントのみに抑えているのか?

理由は、簡単です。

保険屋さんや、またマスコミに登場するFP、保険コンサルタントと、持つ保険知識、情報の価値能力が違うのです。

1500円の単行本や1000円しない金融雑誌に、私の金融情報能力を提供するのは、あまりにももったいないということです。

価値ある保険を真に求めたい保険消費者なら、勉強代を出して教わるべきなのです。

それが社会性だと思います。

それをしないから、いつまでも価値ない保険に、お金を捨てているのです。


保険評論家
野中幸市

湘南マンション玄関前の生け花

家を出る前に通る玄関に、生け花があります。二週間に一度花は変わります。ここだけは、涼しく感じます。管理費が高いと、こういう差がつくんですね。来年あたり、マンション組合理事長になって、管理費の使い道精査して、もう少し安くして行きたいと思います。今の管理会社は、SECOMです。

イメージ 1

イメージ 2



保険評論家
野中幸市

保険blog、(月)のアクセス数を分析公開です。


さて、(月)曜日のアクセス内容です。



訪れた数、同一人物が1日に何回も訪れた数含み、1510人
男女別
男性、67.3%
女性、32.7%


 年代別
30歳代、24.7%
40歳代、19.5%
50歳代、43.8%
20歳代、 8.9%
60歳代  2.9% です。


(月)曜日は、飛びぬけて50歳代のアクセス者が多かったです。
普段は、30歳代、40歳代トントンなのですが・・・。



保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
野中幸市

私へ保険相談者する人たちの資産状況

こんにちは。
毎日、多くのアクセス、ありがとうございます。
Yahoo!保険ブログ部門、毎日のアクセス数、累計アクセス数、第一位の支持をいただいています。感謝です。


一息、休憩タイムです。

さて、
手短に、私への保険相談を求めてくる方々の職業層は、様々と話しました。一流大学経済学部の教授もそうですし、会社員、主婦、国家上級・地方公務員のほか、病院経営者、大学病院勤務医師、公認会計士、税理士もそうですし、大手銀行シンクタンクの研究員もそうですし、もちろん、保険会社本社、支社部長職や男女の外交員(エグゼクティブプランナーから新人外交職員)、大手保険代理店役員、中小保険代理店経営者、CFP事務所経営者、新聞社勤務者、若手銭湯経営者、議員、宝塚歌劇団出身者、年金生活者、障害者など・・・・。

年収に至っては、年収100万円台から資産50億円以上の方までいました。

ほんと、様々です。

これだけ様々な環境下の人たちに、対応するのは、大変です。
しかし、私のこれまでの積み上げ、苦労してきた社会・人生経験から、幅広い層に対応できています。


生命保険商品は、保障だけでなく、資産にもなり得る金融商品ということを忘れてはいけません。
保険会社は、皆さんの保険料を徴収して、それを国内外金融商品に投資して成り立っている金融機関なのです。

金融機関に保険投資するのですから、当然、とぜこの保険会社の金融商品、掛け捨て保険、貯蓄性保険に契約するにしても、大小、お金の損得差が開いてくるものなのです。

保険をバカにしてはなりません。

今、この日本の金融業界で動かすお金をもっているのは、銀行でもなく、証券会社でもなく、生命保険会社なのです。

生命保険というのは、一枚の紙切れ証券を信用して、毎月、何十年、あるいは保険料一括払いして、投資(託して)いるのです。その紙きれ商品、人が死ぬなり、100日以上入院するなりしない限り、生命保険会社には、お金がどんどんた蓄積していきます。

つまり、今客である投資者に、保険金や満期金を支払う必要はないのです。支払い時は、入院、個人年金、障害金、死亡保険金を支払うであろう投資して数十年後のことなのです。

一番お金をすぐに出せるのが、生命保険会社なのですね。

しかし、保険料がどこも高いです。
高いと、契約する価値がありません。高くても、それだけの見返りのメリットが高くないとなりませんるしかし、そういう上手い商品は、販売されているでしょうか?

一部の保険会社の商品を除き、ないです。
ないシェアー率は、99パーセントです。

この99パーセントのシェアに入っているのが、このブログを閲覧している人たちに絞っても、99.99パーセントに上るでしょう。

そういう保険に契約してはなりません。

はっきり、公人の保険評論家としての発言ですが、大手生保各社、アフラック生命保険、メットライフ生命、革新的なというネット生保のライフネット生命、マルチ商法共済出身生保の現楽天生命、かんぽ、農協、プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、三井みらい生命、大同生命、チューリッヒ保険などに、現在販売されている商品に限っては、一つして契約する価値商品ありますか?ないですよ。

しかし、皆、契約していますよね。
バカ高い保険料を支払っています皆さんたちです。

疑問を持つことです。


スーパーマーケットの話をします。
私がよく行くスーパーは、東京の自宅では、東京ミッドタウン内にある24時間スーパー、六本木4丁目にある中堅スーパー、赤坂TBS前にある中堅スーパー、あと吉池です。

湘南の自宅では、隣の駅まで行き、駅ビル地下にある紀伊国屋スーパーです。この紀伊国屋スーパーでは、一番搾りやアサヒスーパードライなどの缶ビールは、絶対買いません。なぜなら、245円だからです。コンビニでは210円です。スーパーのほうが高いのです。

紀伊国屋は高級スーパーですが、同じ一番搾りの缶ビールですよ。同じ商品が、コンビニ、あるいはディスカウントスーパー手は、185円で販売されているのです。一番搾り、中国大都市にある日本のスーパー、イオンで一缶、日本円に換算して80円です。

これを聞いて、皆さん、どう思いますか?


ここで問いたいのは、例えば皆さんが、年収450万円としましょう。年収450万円の家族四人、新宿から一時間かけて通勤する県内に住宅ローン持ちです。
この家庭では、これから子供の教育費もかかってきます。先行き、つらいのが、一家の大黒柱の会社員です。
そういう状況に置かれている家庭が、一番搾り245円出して買いますか?まとめ買いして5本でも。しませんよね。コンビニに一缶210円であれば、Tポイントも使ってそこで買いますよね。

それと、同じなんですよ。保険商品≒投資も。
なんで、世界一バカ高い大手生保の掛け捨て保険、貯蓄性保険にも契約するのですか?何故、かんぽの保険、農協の共済に契約すのですか?そんなにお金持ちなのですか?金持ち家庭ではないはずです。年収450万円の郊外に住宅ローンもちで、これから子供の教育費も、相当かかる家庭というのに。

保険は、信頼している上司や友人からの紹介とか、親戚、兄妹の保険屋さんからとか、近所に郵便局や営業所があって、何かあった時安心するかとか、あるいは私の保険担当者は、どこにでもいる男女の外交員でなく、営業所長、支社長直々の担当者という見栄?または、印象のよい保険会社広告、例えばがん保険の宣伝するジャニーズの櫻井君のアフラックがん保険に感動して契約してしまう?

そういうことで、保険に決して契約してはなりません。

仲のよい友人から、金を貸してと言われたら、断るのが真の友人です。金は貸せないけど、他の手段で相談に乗るなりすることです。保険も同じ、知り合いからセールスがあっても、入ってはなりません。

他人の保険屋に利益が行くくらいなら、友人の保険屋に利益が入ったほうがよいからと、そこで保険に入ってしまうなんて、本末転倒です。特に、大手生保やプルデンシャル生命の営業スタイルは、それなのです。義理人情、友人紹介、紹介というマルチ商法、ネズミ講に似た販売スタイルなのです。

友人が、よい保険に契約させてくれるならともかく、そんな保険商品なんて、現時点で販売されている保険商品には、一つとして、契約するつ価値商品は、大手生保、プルデンシャル生命にはありません。

中小企業の経営者さん、役員さん、大同生命の女性外交員に、おでたてられて、経営者保険、退職金扱いの長期定期保険に入ってはなりません。いくら損金扱いできるからといっても、契約したら駄目です。金が捨てるくらい余って大儲けしている企業ならともかく。

よーく、考えてください。
保険会社は、貧乏人からも、保険に入る数をまとめれば、相当の資金が保険会社に集まるのです。
一番、保険会社が騙しやすい、丸めこめるのは、年収150から700万円くらいまでの、特に年収300万円台家庭からの保険契約です。

この層の客が見込めるターゲットを絞って、大手生保は、片手間の保険外交員を今でも、ハローワーク(職業安定所)前で外交員に就職しませんか?と勧誘しています。あるいはヘッドハンティングと名乗って営業所長が男性会社員を外交員にしようと企んでいます。

一番、馬鹿を観る客層は、20歳代から50歳まで。特に低所得者層です。ここの層の人たちが、もっと保険の勉強をすれば、家計の支出は、賢くなるはずなのです。

しかし、その層の人たちに、勉強代を出して保険の勉強して下さいと話しても、なかなか理解難しいですね。しかし、話し続けていかなくては、私の活動する社会教育になりません。

保険は、真剣に考えてください。そして、勉強代を出して勉強してください。無料の保険代理店で見直し相談しても、都合のよい保険会社5社どまりの中から、この保険に、皆さん契約しています、人気ですと、丸めこまれて、結果、大損に60歳になって気付くのです。60歳からは、もう99パーセント、修正できません。

今、真剣に考えていってください。
年収の低い層は、特にです。働いたお金、効率よくです。
私は、この様々な形の効率よくという、ここを皆さんに、訴えています。


保険の相談、お待ちしております。


保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/  
野中幸市



これ、現実です。保険屋さんが契約する保険を見直し相談

男女の保険外交員、保険代理店CFP、AFP、生保協会認定FPさん達の一部は、私に相談して保険見直し相談されています。

保険に携わって、3年未満の保険屋さん、代理店経営FPさんたちだけではありません。20年以上、30年ベテラン保険屋さんも、そうですね。

保険屋さんの95%以上の人たちは、メンツが高い、強情、個性が強い人たちなので、私に相談は、してきません。

そういうところが、保険屋さんの、最大の欠点なのですね。人間の個性、性格的なところは、治せませんが、しかし、修正は出来るんですね。

人間、謙虚な人が、好かれます。特に、保険屋さんに、その謙虚せいが、心の芯から備えられれば、これは、どの保険屋さんよりも、素晴らしい人間性、素晴らしい消費者の利益に向かう保険提案が、出来るでしょう。

そういう、保険屋さん、応援していきたいですが、中々、居ません。


保険屋さん自身の契約する保険の見直し相談も、お待ちしております。既に、全国各地の保険屋さんFPからの保険相談しております。


保険評論家
野中幸市

保険全般のご相談、お待ちしております。

主要な国内の保険販売生保は、外資系、共済系含み、およそ50社前後もあります。

保険商品の数は、一社20から30商品もあります。特約保険商品は、別にです。

合わせて1000商品以上、存在するわけです。

その中で、私がその人、その家族に最も合った、一番効率性高い保険商品、一番紳士せいある生保から、提案します。

話の内容、相談によっては、世界の保険会社から、その人に合った、保険提案していきます。貯蓄せい保険含めてです。


一度、日本一辛口評論家に、相談されてみて下さい。私以上に、国内外の保険情報、そして保険消費者側にそった効率性、保険の利益に向かう提案は、出来る保険外交員、代理店CFP、マスコミにて活躍する保険コンサルタントは、いない、出来ないと言って良いでしょう。また、保険契約者が泣き寝入りしないために、保険会社と闘う存在は、他に居ないでしょうというより、居ません。

一番合った、保険提案していきます。


保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタント
日本消費者協会認定消費生活コンサルタント
大学教員(財政学、商法、起業学)
野中幸市

会員入会、ありがとうございます。

おはようございます。
朝から、暑いです。

さて、全国各地から、私の務める生命保険格付協会会員への入会、ありがとうございます。

一般サラリーマン・OLから、公務員、教員、医療関係者、主婦、また保険業界人の皆さんが、格付け協会の保険会社格付け情報、保険商品格付け情報入手したり、保険見直し相談されています。

保険業界人の会員は、業界人と名乗らないで会社員として保険見直し相談しないで、格付け情報のみ、入手するために入会される人も、少なくないようです。

それも勉強のためよいかも知れません。様々な方たちが入会されています。一緒に、価値ある、効率性の一番よい保険に投資して、自分と家族のために、保障と資産形成防衛して行きましょう!


保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタント
http://www.seihokakuzuke.com/
野中幸市

ダイアモンド・ZAI(ザイ)という雑誌に保険特集記事。入って良い保険・・・

今、本屋、コンビニに並んでいるダイアモンド社から出版されている金融雑誌の一種。ダイアモンド・ザイがありました。

入ってもよい死亡保険、がん保険という特集です。

中身をコンビニで立ち読み1分。とんでもないバカ編集者ですね。

保険専門家でもない、単なる雑誌編集の人間が書いていました。

入って良い保険会社の死亡保険、がん保険の示す保険会社の保険商品、これが、6社くらいです。

共済、オリックス、チューリッヒ、三井みらい、楽天、メットライフ生命など、とんでも保険会社の死亡保険商品、がん保険商品が、ベスト4以内というです。

馬鹿か?!このザイという雑誌は?!

信じられません。ここは、アフリカになってしまったのかと、何にもたとえられない表現しか思いつきません。

私の推測の域ですが、おそらくダイアモンド社のザイという雑誌は、紹介されているベスト4までの保険会社から、広告料を裏で貰って記事を書いているのでしょう。それしか、考えられません。

あと、考えられるのは、ザイという雑誌を読む≒購入する読者は、馬鹿な人間≒保険の無知、社会を知らない人間たち≒読者層は、20歳代と30歳代でしょうと考えられるということになるでしょう。

信じられません。
こういう雑誌は、この世の中から、なくなるべきです。
あまりにも酷過ぎる記事(保険ベスト4商品)内容でした。

ザイという雑誌は、ここまでバカになったのか?それとも、初めからその程度だったのか?おそらく後者でしょう。


酷過ぎて、びっくりです。

【増配&株価上昇!Wチャンス高配当株】
別冊付録・株主優待目的別ベスト100
配当利回り&最低購入額ランキング
個人投資家の高配当株での儲けワザ
・武田やドコモなど人気高配当株診断
・配当狙いのNISAの正しい使い方
外食株の株主優待ベストバイ
配当優待利回りランキング
桐谷さんの外食優待のオトクワザ
・高級店・ランチ・多業態のベスト優待
・株主総会おみやげ図鑑2015
・今が狙い目の出遅れ10万円株
桐谷さんが参戦!自腹50万円デイトレ
日経平均を2万円で買うETF
ラップ型など売れ筋投信は買いなのか
死亡保障&医療・がん!入っていい保険
・マンガ「日本に介護難民が溢れる日」


保険評論家
野中幸市


夕方から、湘南です。

こんにちは?

まだ、この時間、明るいです。

今日も、東京は暑かったです。

今日は、仕事を夕方までに終わらせて、神奈川湘南の自宅に、移動しました。

風が出て、少しだけ涼しくなりました。

イメージ 1




野中幸市

お金持ちは「カネで時間を買って、その時間でさらに稼ぐ」

週刊SPA! 7月27日 9時21分配信


今回、1億円以上の資産リッチな人&年収3000万円超の高額所得者のネオ富裕層の方々に取材を実施。ネオ富裕層の時間とお金の使い方には一定の傾向と共通点があることが判明した!

⇒常に携帯する厚さ8cmにもなるポイントカードを入れるケース◆大金を払って時間を買う。その時間でさらに大金を稼ぐ!<資産13億円

・Mayuhimeさん> 借金取りが家に押し掛けるような極貧子供時代をバネに、地道なデータ入力バイトやホステスでお金を貯め、起業。事業を中心に資産を13億円まで増やし、今は年間1億円超をコンスタントに稼ぐネオ富裕層の申し子になった。

そんなMayuhimeさんは、その時間を費やしてどれだけのリターンがあるかという「時間対効果」を常に意識してきたという。「皿洗いなどの家事は時間を奪われるだけでお金を生まないですよね。

節約する時間があるなら、稼ぐために時間を使ったほうがリターンが大きい。その時間の使い方も、自分にしかできないことしかしないという信念で生活してきました。

例えば私が17歳の頃、夫と0歳の子の3人で県営住宅に住んでいたのですが、夫の手取りは月17万円で私は無職。そんな経済状況でしたが、『稼ぐためには勉強しなければいけない。

そのためには時間が必要』と考え、26年前には珍しい業務用食洗機を30万円で購入。200Vの電気を使うために県に申請し、工事まで施工しました。

皿洗いは道具がしてくれるけど、自分にしかできない技術を磨くための勉強は自分にしかできないですから」 

親戚からは「そこまでして横着したいのか」と非難されたが、一日2~3時間の仮眠以外は家族の相手と勉強だけに費やし続けた結果、事業は大成功。30万円の出費は十分に回収できた。 

Mayuhimeさんは時間と同様、お金は1円でも無駄にしない。資産10億円超のネオ富裕層となった今でも、その徹底した意識は変わらない。一例がポイントカードの活用だ。

「時間対効果を考えると、ポイントカードは効率がいい。だって、持ち歩いてケースから出すだけですから。この数秒の積み重ねで500円分、1000円分の何かで返ってくるのに、ポイントカードを出さないなんて、お金を捨てているのと同じです。

出すだけで年間何万円分もの商品券がもらえるクレジットカードも、お金を稼いでくれている立派な道具です。『いいじゃん、それくらい』と言ってお金を捨てる人は一事が万事そうだから、お金が貯まらないんです」

【Mayuhimeさん】主婦業の傍ら、各種事業とFXで年間1億円を稼いでいる。『「稼ぐ力」を養うお金の教え60』(扶桑社刊)で述べているマネーリテラシーは必読― 資産1億円超・ネオ富裕層の[お金が増える]生活習慣 ―

保険金支払い審査の厳しくない生保と契約すること。

このblogでは、教えられませんが、死亡保険金、入院給付金、がん診断金、障害保険金、特約金等、支払い審査の厳しい生保と契約したら、ダメです。

支払い審査の他に、保険金等請求したら、すかさず、保険調査員を自宅に来させたり、勤務先に来たり、自宅周辺近所を聞きまわったり、病院、社会保険事務所に調べに来たりと、そういう生保は、少なくないです。

大手生保、外資系生保のどことは、教えられませんが、ここでひとつ教えることが出来るのは、格安やコスパを強調する、あるネット生保は、そうですね。

テレビCMでは、保険金請求したら、2日、3日で支払いますと、大きなパフォーマンスをするネット生保です。年寄り会長、何の苦労も知らないまま若手社長になった生保です。




別の話、
保険会社改革を表向き強調するネット生保、好印象に、気を付けることです。また、人や企業を批判、評論するのは、誰でも自由に出来ます。ネットにも、発信し残すことも出来ます。

しかし、ネットに書いた発言は、責任を持たないとなりません。また、発信した人の氏名や連絡先の所在を公開しないとなりません。

例えば、私のことで検索して、一般消費者を装う保険業界人や悪意持つ人が、Yahoo!質問コーナーで、この人どうですか?この人の話、どうですか?等、その質問の答えまでも、装ったりしていることが、たまに見受けられます。

しかし、発信したからには、責任があります。軽い気持ちで発信してしまったでは、済まされませんことに、注意しましょう。私は、曲がったことが嫌いな行動する人です。

発信した人の氏名や連絡先等のない話の内容は、信用できませんことは、言うまでもありません。しかし、この保険業界は、マルチ商法好きな人達の集まりが働く場所としてあります。批判されるだけ、評価ある価値ある人であると、私は、受け取っています。

これからも、しっかりと、この腐りきった保険業界を辛口評論家として、斬って行きたいと思います。

毎日、多くのアクセス、ありがとうございます!
Yahoo!保険blog部門、断トツ第一位のアクセス数を戴いています!

感謝(^人^)


保険評論家
野中幸市

お金の投資で、勉強代はケチってはなりません。

ケチるか、いつまでも、クズ的な保険しか契約出来ないのです。

あるいは、来店型の保険代理店のFPに丸めこまれて、保険各社比較して一番よい保険に契約していると、思いこんでいる始末の保険契約者も少なくありません。相手は、代理店、独立系なんて、大ウソですよ。保険会社の手先であり、来店型の保険代理店で、取引する保険会社が多ければ多いほど、各保険会社の一番っ媚うのよい保険商品の販売ノルマが、来店型保険代理店に課せられるのです。ノルマを達成できなければ、保険代理店委託販売契約を一方的に解除されてしまうのです。

特に、旧アリコジャパン、現メットライフ生命の保険を取り扱う保険代理店は、販売ノルマ厳しいですよ。保険会社指定された商品に、一定数契約獲得出来なければ、他の保険代理店に、自分の代理店で契約してくれた契約客を移されてしまうのですから、保険代理店も営業に必死です。

アリコジャパンの保険に、医療、死亡保険、外貨建て保険ともに、ひとつ良質な保険はなかったのに、トリプルAAAAの保険会社ですよのCMに騙され、実際は粉飾決算してAAAの財務力がない金融機関アリコの親会社AIGだったんですね。だからアリコジャパンは、ライバル保険会社に身売りされ、今ではメットライフ保険に変わってしまいました。しかし、そのメットライフの保険には、良質な保険は、一つもないまま。アリコ型の経営そのものです。

本屋さんの保険特集の雑誌や単行本を10冊読んでも、男女の保険外交員、保険代理店で保険比較したとしても、良い保険なんて見つかりません。そんな、勉強する知識を無料的環境の場で、探求しても、時間の無駄。お金の無駄。価値ない保険料をドブに毎月、何十年と支払い続けるだけです。

勉強代、ケチってはなりません。
勉強代を出して、価値ある保険情報、知識向上していきましょう。

保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
大学教員(財政学、商法)
野中幸市

どこの保険に投資するかで、60歳以降の人生計画決まってしまう!

30歳過ぎると、すぐに40歳になってしまいます。
そして、人生の山場を乗り越え、50歳もすぐ到達してしまいます。

60歳以降、定年した後も臨時やアルバイトなどで働く人も多いでしょう。

しかし、それ以上に、若い時から契約してきた?保険契約、60歳以降も継続しています。そこで、もうある程度、その契約した保険の価値が、表れているでしょう。

良い保険に契約していたか?
それりとも、若かっ分、どこの保険が良いかわからず、今60歳契約になり価値ない保険に継続したままになっているのどちらかです。

60歳からは、もう出直しの保険に契約することは出来ませんよ。
保険の裏を知り尽くすプロでない限り。

30歳代、40歳代の皆さん、今真剣に考えることです。
そして、60歳代の皆さん、もう最後の狭い中の選択肢です。

今、真剣に考えることです。

保険会社の男女の外交員の好印象のよさ、また保険代理店の各保険会社比較したかに見せ掛けて契約してしまった人、自分でしっかり、知識を積まないで契約してしまうと、保険会社、保険外交員、保険代理店FPたち、保険の売り手側の都合のよい保険内容で、60歳以降、馬鹿を観るのは、皆さんですよ。

保険を、たかが保険とは考えないこと。
厳しくいえば、保険会社というのは、やくざの胴元、マルチ、ネズミ講、博打商売の一つです。

もらえる保険、貰えない保険、
大手生保であっても、社長自ら陣頭指揮をとり、組織的に保険金支払い審査を厳しくし、入院給付金、死亡保険金、特約等支払わないということが、何百万件とありました。

そのうち、明治安田生命は、他社に魅せしめるために、まだ10年経過していませんが、全国支社、営業所、同じ年に二回も営業停止の行政処分を受けましたことは、皆さんも新聞報道で良く知っているはずです。しかし、テレビでは報道しません。テレビ局の経営の源は、保険会社含む企業のスポンサー料で成り立っていますから。

消費者自身が、勉強代を出して、勉強です。
がん保険も、心筋梗塞保険も、死亡保険、貯蓄保険もです。


相談、お待ちしております。


保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/  有料の会員制度となります。
野中幸市


私の保険ブログ。土曜日のアクセス内容公開!

おはようございます。
朝から、暑いです。どうしようもない。

さて、土曜日のアクセス内容です。


男女別
男性、52.3%
女性、47.7%


 年代別
30歳代、42.9%
40歳代、25.8%
50歳代、17.6%
20歳代、 8.7%
60歳代  4.8% です。


土曜日は、飛びぬけて30歳代のアクセス者が多かったです。
普段は、30歳代、40歳代トントンなのですが・・・。



保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
野中幸市