FC2ブログ

保険のブログ、火曜日のアクセス内容です。

こんにちは。
多くのアクセス、ありがとうございます。750人あまりの皆さんからアクセスでした。


さて、
昨日の火曜日アクセス分析 公開です。


男女別
男性  56.0.%
女性 44.0%

昨日の土曜日、男性からが多かったです。金曜日は女性が多かったですが。


年代別
20歳代    9.0%
30歳代 29.7%
40歳代  29.5%
50歳代 23.2% 
60歳代    7.2%
其の他年代


保険の見直し相談、お待ちしております。



保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
オフショア連絡会主宰
野中幸市     
スポンサーサイト



50歳になったら、誰もが自分の死を考える。

まだ、50歳なのに・・・・・・。と若い皆さんは思うかもしれません。
しかし、自分が50歳になったら、分かって来ると思います。

50歳前の40歳代でも、親が亡くなった時、それを感じるかと思います。
だから、親から与えられた命を大切に、今一生懸命ね生きるのです。

そして、親が託してきた自分たちでもあります。亡くなった親は、もう声をかけてはくれません。
しかし、どこかで応援してくれていると思います。そう思って生きています。

亡くなった親でも喜ぶよう、成長している今の姿を見せてあげましょう。
それには、何事も恐れず、前に向かって行動して行くことです。

下ばかり向く人生ではいけません。
脳がなくても、上を向いて、自分に足りないものがあれば、その脳のないところを、脳のある人を見つけ、素直な気持ちで教えてもらうのです。

素直に教えてもらう気持ちがあれば、人は自分に足りなかった点を吸収できます。それが自分を成長させてきます。
今、自分にない点、それを教えてもらうのです。

自分の成長のため、家族のためにもです。
今、40歳の人、50歳の人たち、今から学べること。行動してみてください。残された人生、数十年?プラスに動くと思います。


保険評論家
野中幸市

欧米大手保険グループの海外事業展開とその収益状況について

欧米大手保険グループの海外事業展開とその収益状況について

ZUU online 2015/9/29

■欧米大手保険グループの海外における生命保険事業展開はどのような状況(規模・収益)にあるのか

 欧米の大手保険グループは海外での生命保険事業展開を積極的に進めている。このレターでは、各社の地域別の保険料や営業利益等の実態がどのような状況にあるのかを2014年度末のAnnual Report等に基づいて報告する。

 以下の報告においては、例えば保険料の地域別内訳のベースが各社毎に異なっていたり、地域区分の考え方も各社独自の方式によっている等、各社の公表データのベースが必ずしも統一されていないため、厳密な意味での各社間の比較等を行うことはできないが、筆者の判断で一定の前提をおいて、比較可能な数値を作成して分析を行っている。

■欧州大手保険グループの海外進出状況-各社間比較-

 ここでは、欧州の大手保険グループ各社の海外進出状況の比較を行うために、保険料と営業利益の地域別分布状況を見てみる(*1)。まずは、保険料の状況を見てみる。ここでの保険料の数値には、ユニット・リンク等の投資型保険からの収入が反映されていないが、会社間の規模や地域間の分布状況を見るための1つの基準として採用している。

 これによれば、各社毎に状況は異なっているが、各社とも自国以外からの保険料が一定の規模を有してきている。AXAは米国とアジア・太平洋での保険料の構成比が10%を超えている。Allianzは自国のドイツでのウェイトが高いが、ドイツ以外の欧州が25%の構成比を占めている。Generaliはイタリアに加えて、イタリア以外の欧州での構成比が高い。Prudentialは米国とアジアの構成比が高く、自国の構成比は22%でしかない。

 次に、営業利益の地域別内訳を見てみる。大きくは、保険料と傾向は変わらないが、営業利益ベースでは、AXAにおいては米国とアジアの構成比がさらに高くなっており、これら2つの地域で45%を占めている。Allianzにおいても、米国の構成比が20%と高くなっている。

 このように営業利益ベースでみると、米国とアジア・太平洋の位置付けがさらに高まる傾向が見られる。なお、Prudential以外の3社においては、自国以外の欧州の営業利益がほぼ自国と同程度かそれ以上となっている。

■欧州大手保険グループの海外進出状況-各社別-

 ここでは、欧州の大手保険グループについて、保険料や資産に加えて、営業利益やEV(Embedded Value)(*2)の状況を地域別に見てみる。地域別の収益配分等も各社毎の考え方に基づいているが、各国における子会社毎や各社間の収益状況の差異等を一定程度見てとれるものと考えられる。

 なお、ここでは、上記の4社の他に、データ制約上の理由等から比較表には加えられなかった、Zurich(スイス)とAegon(オランダ)の2社についても、欧州の他の保険先進国を代表する保険グループとして含めている。

◆AXA

 AXAの営業利益は、自国のフランスと自国以外の欧州、米国、日本を含むアジアでそれぞれほぼ1/4を占めている。AnnualReportによれば、自国のフランスでのシェアは第3位であるものの、最大の米国市場でトップ20に名を連ねている他、スイスやベルギーに加えてインドネシアやタイ等で10%を超えるシェアを有して、トップ3の会社となっている。

 なお、新契約価値ベースでみると、日本を含むアジアが4割を超える構成比となっている。因みに、AXAはEVレポートの中で資本収益率(ROE)を開示しているが、その地域別の状況は以下の通りである。これによれば、アジアや中南米等の新興地域での資本収益率が相対的に高くなっている。

◆Allianz

 営業利益では自国のドイツが4割弱を占めているが、フランスやスペイン、イタリア等の主要国からも高い収益を上げており、欧州全体で3/4の構成比となっている。米国の子会社もトップ20に入る等有意なプレゼンスを有しており、その構成比は20%となっている。さらに新契約価値ではアジア・太平洋が12%を占める等、最近はアジアの位置付けが高まってきている。

◆Generali

 Generaliは欧州中心に事業展開をしている。自国のイタリアに加えて、ドイツとフランスで高い構成比を有しているが、さらにその他の欧州における構成比も高いものとなっている。他の欧州大手保険グループ3社に比べて、欧州域外でのプレゼンスは今のところ高くない。なお、Generaliは、過去に保有していた米国の生命保険事業等を売却している。

◆Prudentialplc

 Prudentialは自国の英国に加えて、米国のJackson National Group及びアジアにおいて積極的に事業展開している。収入保険料や営業利益は米国でのウェイトが最も高いが、将来の利益に基づくEEVや新契約価値ベースではアジアの位置付けが最も高いものとなっている。なお、新契約の年換算保険料では、アジアがほぼ5割を占め、主要各国で有意な水準を計上している。

◆Zurich

 ZurichもAXA同様に幅広く海外展開を進めている。欧州では、自国のスイス以外に、ドイツや英国から高い営業利益を上げている他、スペイン、イタリア、アイルランド等からの営業利益も有意なものとなっている。ただし、こうした欧州からの構成比は全体の2/3であり、残りの1/3は米国、中南米、アジア等が占めている。特に中南米の位置付けが高いのが特徴的である。

◆Aegon

Aegonも保険料、基礎利益及び資産で見ると、自国のオランダの構成比が3割弱で、英国も2割程度を占めているが、米国を中心とした北米・中南米の構成比が5割程度と高くなっている。

■北米大手保険グループの海外進出状況-各社別-

 北米の大手保険グループもアジアや中南米等を中心に海外展開を積極化させている。欧州の大手保険グループと比較して、公表されているデータが限定されているが、各社のAnnual Report等によれば、以下の通りとなっている。

◆MetLife

 保険料及び営業利益(税引後)で見ると、北米の構成比が7割程度と圧倒的に高いが、北米以外のアジア、中南米、EMEA(欧州・中東・アフリカ)も約1/3(アジアで2割弱、中南米で1割弱)を占めている。

◆PrudentialFinancial

 Prudential(米国)は、地域別ではなく、事業種類別のセグメントに基づいた数値を開示している。これによれば、国際保険セグメントが保険料及び営業利益ともに約5割程度と高い構成比になっている。

■まとめ

 以上、欧米の大手保険グループの海外事業展開の状況を見てきた。各社の海外事業展開の方針等は必ずしも一律ではなく、各社毎に重点を置く事業種類等も考慮した上で、地域選定等に特徴を有した形になっている。その中には、積極的に海外進出するだけでなく、一旦進出した地域からの事業撤退等を行うケースも含まれている。

 ただし、各社とも、米国・日本・欧州の自国以外の保険先進国への進出を通じて、自国以外でも一定規模の収益を確保してきている。特に、ここで取り上げた保険グループでは、Generaliを除いては、各社とも米国での一定のプレゼンスを有し、高い収益を上げてきている。

 さらには、これらの地域に加えて、アジアや中南米等での展開を積極的に進めることで、収益機会を拡げてきている。今後の欧米大手保険グループの海外事業展開の動向については引き続き注視していくこととしたい。

(*1)地域区分は基本的に引受会社の所属国に基づいている。
(*2)欧州大手保険グループは、EEV(ヨーロピアンEV)とMCEV(市場整合的EV)のいずれかに基づくEV(Embedded Value:エンベデッド・バリュー)を公表している。

中村亮一
ニッセイ基礎研究所 保険研究部

余分な金がないから、頭振り絞り、あとは行動するのみ。

今日も、多くのアクセス、ありがとうございます。
ヤフーの保険ブログ部門、断トツ第一位のアクセス数を頂いています。


さて、
金持ちなら、ともかく、貧乏な私もそうですが、金に余裕のない人は、ない頭でも振り絞れば、知恵も、ノウハウも、チャンスも、少なからず絞り出てきます。努力して、振り絞ってみてください。

そして、駄目かもしれないけど、それをやってみることです。行動するのみです。

たとえ、それで失敗しても、それはそれで良い。それがよい肥やし、経験、実績にもなります。

私は、あたって砕けろという考え方。高い勉強代というお金を出して、それが上手くいかなくても、それで良いという前向きな考え方なのです。

この精神、思考がなければ、私の人生は、上手く行きませんでした。途中、辛いこと、苦しみ、長い期間だと思うこともたくさんありました。しかし、それを乗り切ってこそ、その先に自分の拓けた人生があると思います。

その考え方です。

それを私は、今も実践しています。

人生、一回限り。人はいつ死んでいくか?誰にもわかりません。自分が気をつけて生活していても、死は突然、向こうからやっても来ます。

だから、今悔いないように、今何が出来るか?妻子に何を貢献?して行けるか?

また、自分の人生、高い目標持ち続けて、生きて行くことです。私はそうです。

人に笑われようが、関係ありません。意識する必要もありません。

人生一回限り、今から、すぐ構築出来ること。それを今すぐ、今から考えて、そしてすぐ行動してみてください。
頭、振り絞ってみてください。保険では、最後、ここにたどり着くと思います。


相談、お待ちしております。


野中幸市

50歳代女性。価値ある終身死亡保険があります。

50歳男性よりも保険料が、もっと割安です。
これだけ、安い終身保険、他にはありません。

全国各地にある大手フランチャイズ方式(ほっかほっか弁当と同じフランチャイズ形式)の来店型保険代理店では、販売していません。


50歳、   1ドル100円換算しています。分かりやすい表示のため。

保険料、年払い、およそ7800ドル78万円
保険料支払い期間、5年
保険料支払総額、およそ3万9000ドル390万円

65歳時の解約返戻金、およそ6万1000ドル=610万円
70歳時の解約返戻金、8万8000ドル
80歳時の解約返戻金、17万ドル

70歳時の死亡保険金、およそ14万5000ドル
80歳時の死亡保険金、20万9000ドル≒2090万円
90歳時の死亡保険金、32万6000ドル

保険料、10年払いもあります。
この終身保険なら、40歳を超えた子供さんにも、高い死亡保険金を遺してあげれます。
遺してあげれますから、今貯めている預貯金や家は、夫婦の遺された人生で使い切って良いと思います。

50歳代の皆さん、私はまだまだ30歳代、40歳代半ばくらいの精神を持っているという人、相談お待ちしております。もう、私は叔母さんと思っている精神人、相談お断りします。明るく生きましょう!


勉強代出して、お金の損得、効率性の保険を求めた勉強です。この視点、思考は、保険外交員、保険代理店にはありません。


保険評論家
野中幸市

死亡保険編。50歳代男性、人生諦めてはいけません。

50歳でも、今から妻子に出来ること、あります。

それは、貯金は遺してあげれないが、生命保険金なら、妻子に遺してあげれるはずです。

その機会、チャンスが、ここの終身保険にあります。

いつまでもは、ありません。

考えるなら、元気なうちです。保険は元気でないと、申し込みできません。


50歳、男性   1ドル100円換算しています。分かりやすい表示のため。

保険料、年払い、およそ1万ドル100万円
保険料支払い期間、5年
保険料支払総額、およそ5万ドル500万円

65歳時の解約返戻金、およそ8万4000ドル=840万円
70歳時の解約返戻金、12万1500ドル
80歳時の解約返戻金、23万4000ドル

70歳時の死亡保険金、およそ17万2000ドル
80歳時の死亡保険金、26万8000ドル≒2680万円
90歳時の死亡保険金、43万6000ドル


50歳代の皆さん、私はまだまだ30歳代、40歳代半ばくらいの精神を持っているという人、相談お待ちしております。

保険評論家
野中幸市

月曜日のアクセス分析です。50歳代がトップ。

こんばんは。
多くのアクセス、ありがとうございます。ヤフー保険のブログ部門、断トツナンバーワンのアクセス数です。

さて、
昨日の月曜日アクセス分析 公開です。


男女別
男性  69.5%
女性 30.5%

昨日の土曜日、男性からが多かったです。金曜日は女性が多かったですが。



年代別
20歳代    6.8%
30歳代 27.9%
40歳代  24.9%
50歳代 32.2% 
60歳代    6.8%


男性のアクセスが、月曜日にしてトップでした。これは一体何?
また、50歳代のアクセスが一番多かったです。いつもは、30歳代、40歳代がトップなのに・・・・。



保険の見直し相談、お待ちしております。


NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
オフショア連絡会主宰
保険評論家
野中幸市     

50歳からの終身死亡保険を考えましょう。

50歳から契約しても、損しない終身保険があります。損どころか、ちょっと数百万円得するとかの保険金利益ではありません。

もっと、利益ある死亡保険金になることでしょう。

そういう保険目指して、保険探ししましょう。
しかし、50歳、50歳代、もう脳は壊死に近い、すなわちリスクは一切負いたくない、ただ得したい≒少しの利益だけでも出したいという思考になってきています。

そういう50歳代のオヤジは、もう駄目です。

それに該当しないほんの一部の50歳代おじさん、お兄さんたち、私のいうところの価値ある終身保険、契約しておきましょう。

この保険契約してお5万ドルくと、妻子が安心します。安い保険料と支払い総額で、高い死亡保険金が獲れるからです。


50歳、男性   1ドル100円換算しています。分かりやすい表示のため。

保険料、年払い、およそ1万ドル100万円
保険料支払い期間、5年
保険料支払総額、およそ5万ドル500万円

65歳時の解約返戻金、およそ8万4000ドル=840万円
70歳時の解約返戻金、12万1500ドル
80歳時の解約返戻金、23万4000ドル

70歳時の死亡保険金、およそ17万2000ドル
80歳時の死亡保険金、26万8000ドル≒2680万円
90歳時の死亡保険金、43万6000ドル

保険料支払い期間、10年払いあります。さらに長い支払い期間もあります。しかし、5年払いは、効率的です。


この終身保険、米ドル建て。保険代理店に売っていません。ほけんの窓口にもありません。
勉強して下さい。遺されていく妻子のその後の生活のために。妻の遺された老後の生活資金のため。また40歳を超える子供たちのその後の生活費、孫の教育費、子孫繁栄のために。出来ること。ここの終身保険で、叶うかも?しれません。



保険評論家
野中幸市

保険代理店の勧めるがん保険なんて、契約してはいけません。

男女の保険会社外交員、保険代理店FPさんたちの勧めるがん保険、契約してはなりません。
各保険会社のがん保険を比較したかに見せ掛けるのが、来店型保険代理店の手口です

テレビCMしている来店型の保険代理店なんて、絶対信用してはなりません。
立ち食いそば屋や、ローソン、セブンイレブンと同じように、加盟金を本部代理店に1300万円支払いさえすれば、全国どこでも、フランチャイズ保険代理店として保険販売できるのです。

そんな脳のない保険屋の保険提案を真に受けて、保険契約したら、保険消費者さん、本末転倒です。
フランチャイズの脳のない保険代理店のCFPごときに、一階の大切な保険を託してはいけません。

保険消費者自身が、真剣に勉強するのです。
勉強代出して、価値ある保険情報を入手し、そして最後、自分で判断するのです。契約する大事な保険を。


保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
大学教授(商法)
日本消費者協会認定 消費生活コンサルタント
野中幸市

保険評論家、私の持論。がんに、完治はない。

一度、がんにかかったら、完治はないというのが、私の持論です。よく医師が、がん細胞、完璧に撮り切りましたよとは言いますが、医師というのは、完全な医者ではありません。がんを治す完全な医師や病院なんてありません。誰でも、遅かれ早かれ、人間、生物ですから、がんになります。

今がんになっていない人たちも、小さながん細胞は、全員持っているともいえます。それが大きくなって発症しないだけです。それが私たちです。そういう間がう方、気の持ち方で、がんのこと。また保険のこと。しっかり考えて行かなくてはなりません。

私は、アフラックのがん保険も、富士生命のがん保険も、オリックスのがん保険も契約していません。契約しているのは、ある生保の●●保険です。これが、的確、効率、●●得面に、一番かなっていると思います。
                                               保険評論家  野中幸市

        

仁科亜季子 3度目のがんで大腸手術 38歳で子宮頸がん、46歳で胃がん
スポーツニッポン

女優の仁科亜季子(62)が29日、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、昨秋に大腸がんの手術を受け、約20センチ切り取ったことを明かした。仁科にとって3度目のがん。仁科は読売テレビの独占インタビューに応じ、がん体験を告白した。

【写真】元夫の松方、長女・仁美の子供に会えない「問題があって…」

 番組では先週末に行われた「終活イベント」で仁科が、がん体験を語る様子を放映。「昨年の大腸がん、もうダメかなと思いました。あのようなつらい経験を一度のみならず何度も…死を意識しなければならないとは思いもよらなかった」と語った。

 仁科は1991年、38歳の時に子宮頸がんを発症。抗がん剤の副作用で、「3日間で頭がつるつるになった。鏡をみるたびにパニックになった」という。手術では子宮全摘出、リンパ節などを摘出した。それから8年後の99年に胃がんを発症。46歳だった。「胃の3分の1の上部と食道の一部」などを切り取ったという。仁科は当時を振り返り、「何が何でも生きてやるという思いがあった」と述べた。

 しかし、3度目のがん。昨年10月に大腸がんの手術を受けた。仁科は「子供とか10歳離れた妹、友人に遺書のような手紙を書いて手術にのぞんだ」と振り返った。

 3月までは抗がん剤の治療を受けていたが、「つらい」ということえ現在は中断しているという。

保険、見直し相談、お待ちしております。

こんにちは。

今日も、見直し相談、お待ちしております。

なお今日は、18時まで大学講義中です。

見直し相談メールの回答は、午後19時から返信して行きます。


保険評論家
野中幸市

被害者続出、「がん保険」がんになってもカネは出ない

被害者続出、いったいどういうことだ!「がん保険」がんになってもカネは出ない

——2人に1人が「がん」になる時代に、保険会社が儲かるカラクリがわかった

なりたくてがんになったわけじゃない。だからこそ、「いざ」というときのために備えてきた。それなのに「保険金は支払えません」なんて、あまりに理不尽じゃないか—そんなトラブルが頻発している。

「お客様のがんは対象外です」

「先生からは、確かに『がん』だと告知されました。まだ初期だから心配ないと言われましたが、まさか自分ががんに罹るとは思ってもいなかったのでショックでした。不幸中の幸いだったのは、がん保険に入っているから治療費の心配はしなくていいということ。

ところが、保険会社に申請すると、『お客様のがんは、保険の対象外です』と突き返されたんです。がんだと診断されたのにがん保険が下りないなんて、どういうことですか?
これまで20年以上、万が一のためにと思って、保険料を払い続けてきたんです。いざというときの備えだったのに、肝心なときにカネが出ないなんて、保険ではなく詐欺じゃないか」

東京都在住の68歳の男性は、こう憤る。昨年、健康診断で大腸に異常が見つかり、内視鏡手術で切除した。医師からは、「早期の大腸がんです」と告げられた。

男性は、45歳からがん保険に入っていた。会社の上司が肺がんを患い、長期入院の末、退職せざるを得なくなったことがきっかけだ。加入したのは、がんと診断されたら一時金として200万円、入院1日につき1万円がもらえる保険。月に8000円弱の出費となったが、「収入が無くなり、治療費で貯金が取り崩されることを考えれば必要経費。安心をカネで買ったようなもの」だった。

それから23年。ついに「その日」が訪れた——と思ったら、自分のがんは「対象外」と冷たく見放されたのである。がんを患ったという事実に加え、保険金が支払われないという二重の衝撃に、当初、絶望するしかなかったという。

「保険会社に抗議の電話をすると、『お客様のがんは、ごく早期のがんで、ご加入のがん保険では対象外となります』と取り付く島もない。約款にはきちんと書いてあるというんです。でも、そんなこと加入当初に説明された覚えはありません。これじゃ保険会社にこれまで支払い続けてきたカネは、ドブに捨てたも同然です」

早期がんには払いません

がん保険に入っていたのに、がんになってもカネは出ない。そんなこと、あり得ないと思うだろう。
だが、この男性が経験したような事態は珍しくない。病気になっていざ保険金を請求したら、保険会社からさまざまな理由を並べたてられて支払いを拒否されるケースが、いま増加しているのだ。

とくに顕著なのはがん保険。これまで知られていなかった問題が、徐々に表面化している。
昨年度、国民生活センターに寄せられた医療保険に関するトラブルは1035件にも上っている。

「実際に相談を受けている現場の感覚としては、がん保険に関するトラブルはとくに目立っています。具体的には、保険勧誘時の説明不足から生じるものが多い」(国民生活センター相談情報部担当者)

保険金の支払い条件などは約款に細かに記されているが、契約時にすべての内容を担当者から直接説明されることはほとんどない。説明を受けたとしても、到底一度で把握しきれる情報量ではないため、がんと診断され保険金を請求してはじめて、自分が保障の対象外であることを知るのだ。
がんの保険金が出ないケースは、大きく次の5つに分けられる。

(1)保険金が支払われない種類のがんがある
冒頭で紹介した男性は、発見されたがんが、そもそも保障の対象外だった。
「新しいがん保険では、どんながんもカバーする商品がほとんどですが、『上皮内新生物』には保険金が出ない、もしくは一時給付金が減額される商品があります」(アイリックコーポレーション・山本裕氏)

上皮内新生物とは、「上皮内がん」と呼ばれることもあるが、粘膜のような上皮内に留まっているごく初期のがんのこと。胃や子宮頸部、皮膚など、どの部位にもできる可能性はある。
さらに問題なのは、この判断があいまいだということだ。

「上皮内新生物かどうかは、最終的に病理医が区別しますが、じつは、その判断は医師によってまちまちなんです。診断する病理医によって、保険金が出るか出ないか異なる可能性もある」(医療コーディネーター・石橋大氏)
そもそも我々は、健康で長生きしたいという思いから健康診断や人間ドックを受けている。定期的に検査をしていれば、がんになってもごく初期で見つかるのは当然。そうした早期発見のがんにはカネが払われず、進行がんになってようやく保険金が出る。そんなバカバカしい話はない。

(2)加入後、すぐにがんになったらアウト
もしあなたが、初期のがん(上皮内新生物)でも保険金が下りるタイプのがん保険に加入していたとしても、「責任開始日」の存在があることを忘れてはならない。
多くの場合、加入後90日以内にがんが発覚したときは、保険金が出ない。がんの初期では自覚症状がないため、健康だと思って保険に入った翌月に、会社の健康診断で異常が発覚。すでに保険料の払い込みは始まっているのに、責任開始日前だからカネがもらえない、という事態に陥る。

再発がんにも払いません

(3)入院しないと保険金が出ない
他には、こんなケースもある。埼玉県に住む会社員の男性(55歳)の話。
「今年、人間ドックを受けて前立腺がんが見つかったんです。主治医の先生に相談したところ、手術か放射線治療を提案された。仕事もあまり休みたくなかったので、通院治療が可能で、比較的体に負担が少ない放射線治療を受けることにしました。手術をすると男性機能障害のリスクもあると聞いたので、放射線のほうがいいだろう、と。

私は、10年前にがん保険に入りました。友人ががんになったとき、がん保険があって助かったと言っていたのを聞いて、入っておこうと思ったんです。
ところが、いざ申請してみたら、私の入った保険は、入院しないと診断給付金が出ないものだと言われた。ちゃんと医師の診断書もあるのに、納得できないですよ。かといって、カネをもらうために入院が必要な手術に変える決断もできない。向こうの都合のいいように、これまで騙されていたんです」

このように、「がんの治療を目的とする入院をしたこと」が保険金支払いの条件になっている商品もある。治療法が進歩し、多様化したいま、必ずしも「がん=入院」というわけではなくなっている。
保険の商品は、保障内容も条件もさまざまで、あまりにもわかりにくく、一律に比べられない。こうしたところに思わぬ落とし穴が潜んでいるのだ。

(4)病歴告知をミスすると保険金が出ない
がん保険に入る前には、過去の病歴や現在の健康状態を申告しなければならないが、後に申告漏れが発覚すると、「告知義務違反」とされてしまう。

「胃がんになって保険金を請求したら、過去に胃潰瘍でクスリを処方されていたことを指摘され、契約が解除されたんです。手術をしたわけでもなく、胃潰瘍ぐらい大丈夫だと思っていました。加入時にそんな注意も受けなかった」(54歳男性)

加入前の申告はごく簡単な質問項目しかないため、こうしたことはよく起こる。
「保険会社にもよりますが、項目はたとえば、3ヵ月以内に通院したことがあったか、2年以内に健診で何らかの指摘があったか、5ヵ月以内に7日分以上のクスリを処方してもらったことがあったか、など。問われていることだけに答えればいい。でも、加入してから2年以内に保険金を請求した場合は、必ず保険会社の調査が入ります。健康保険の情報から、その人の通院歴などを調べるのです」(医療コンサルタント・吉川佳秀氏)

些細なことであっても、調査で告知義務違反が発覚すれば、その時点で契約は解除される。保険金が出ないだけでなく、これまで払い続けてきたカネも戻ってこない。加入するのは簡単で、保険金を出すときに審査を厳しくすれば、得をするのは加入者ではなく保険会社。保険のシステムそのものが、加入者の都合をまったく無視して作られているのだ。

(5)再発したらアウト
今年3月、国民生活センターに相談が来たケースに、こんなものもあった。
「60代の男性でした。6年前にがんと診断されて、そのときに、がん診断給付金と手術給付金を受け取ったそうです。この方が最近、別の部位にがんが見つかった。そこでまた保険金が受け取れると思ったら、『診断給付金と手術給付金は一度限りという条件なので、支払えません』と保険会社から言われたそうです。

でもこの方は、同じがんの再発でなければ保険金をもらえるものだと思っていた。だからこそ、1度目のがんを患ったあとも、保険を辞めずに掛け金を支払い続けていたのにと困ってらっしゃいました」(前出・国民生活センター担当者)

がんが再発したときにこそ、治療費が重くのしかかってくる。それを頼りに保険を継続していたのに、いざというときに出ないとなれば、もはや入っている意味はない。再発したときの支払い条件も、商品によってさまざまだ。
「診断給付金については、2年に1度を上限とする商品も多いですが、ある外資系大手生保のがん保険では、初回の診断から5年以上経過した場合という条件となっている。すぐに再発転移した場合、再び保険金が出る5年後までに亡くなる方のほうが多いでしょうし、現実的ではない」(前出・吉川氏)

このように、とにかく保険会社は、あの手この手でカネを支払わずに済まそうとする。当然、そうすればするほど儲かるからだが、じつは、保険会社ががん保険で儲かるカラクリにはまだ裏がある。

「2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死ぬ」時代だと言われる。さらに言えば、国立がん研究センターの最新データでは、男性の場合、生涯でがんを患う人は5人に3人。そもそも保険とは、保険金を受給する人より、掛け金を支払う人が多いことで成り立っているはず。それなのに、がん保険の場合は、がんになって保険金を受け取る確率が50%以上になるはずだ。いくらカネを出し渋っているとはいえ、なぜ儲けられるのか。
ある保険会社で商品開発を担当する男性が、その裏事情を明かす。

「保険商品を発売するには金融庁の許可が必要です。ただし、金融庁が認可する保険料が、契約者にとって妥当かどうかは別問題。金融庁としては、契約者が損するかどうかよりも、保険会社を破綻させないことのほうが重要なんです。金融庁のお墨付きをもらって、確実に儲かる保険商品を作っているということです」

たとえば、2人に1人ががんになるという中で、保険会社は実際には「4人に3人」ががんになる前提で保険を設計する。加入者たちは最初から、そのぶん相当に割高な保険料を毎月支払っているのだ。保険会社のほうは、どこまで行っても損をすることはない。

「数字のトリック」に注意

加えて、前述のように「極力、保険が下りない」ように約款を作っているので、ますます保険会社は儲かる。これが、「2人に1人ががん」の時代なのに、がん保険で保険会社がボロ儲けできるカラクリなのだ。
一般社団法人バトン「保険相談室」代表理事・後田亨氏は、こう言う。

「そもそも契約前に、健診の結果などから加入者をふるいにかけているわけですから、がん保険が役に立つ確率は、一般的ながんの罹患率データとは異なるはず。保険会社の健全な運営のために、リスクを高めに見込むのは構わないとしても、情報開示は不可欠でしょう。

代理店の手数料、保険会社の利益もわからなければ、商品ごとの支払い実績もわからない。まさにブラックボックス。それを明らかにせずに、がんの不安を煽る情報ばかり流しているのでは、怪しい壺を売る商法と大差ありません」

それでも「2人に1人ががん」が事実なら、万が一のための保険として、がん保険に入っておきたい。そう思う人も多いだろう。
ただし、この数字自体が、保険を売る側の都合のいい数字、一種の「数字のトリック」だということにも注意する必要がある。

「国立がん研究センターが出しているがん罹患リスクを年代別に見てみると、たとえば50歳の男性が10年後までにがんにかかる確率は5%。60歳の男性でも、10年後までにがんになる確率は15%。つまり、現役世代だと、がん保険は90%ほどの確率で出番がないと思われます」(前出・後田氏)

がんは老化現象だ。加齢とともに発生率は上昇していく。高齢化に伴って患者数も増加してはいるものの、がん罹患率がとくに高まるのは高齢になってからの話。80歳になってからのリスクを恐れて40歳からがん保険に加入していても、がんになるまでの40年間に払い続ける掛け金は、ほぼすべてが保険会社の儲けになっていると言っても過言ではない。

また、「2人に1人ががんになる」という数字が独り歩きすることが、テレビCMを打つことよりも大きな宣伝効果を上げているという側面もある。前出の保険会社の商品開発担当者はこう本音をこぼす。

「がんへの不安が広まると同時に、実際にがん患者は増えているのですから、『がんになったけど、保険に入っていたから助かった』という人は、探せば周囲に一人くらいいるはずです。それは加入を検討している人にとって、広告なんかよりずっと説得力がある。自然に販売促進活動につながっている。保険会社にとってはおいしいですね」

別の保険代理店関係者は、こう言う。
「がん保険への加入を検討する人は、その時点で健康への意識が高い人です。これまで保険を売ってきた感覚から言うと、がん保険に入っている人ががんになる確率は、普通の人の5分の1くらいでしょうか。むしろ、代理店としても『がんになりそうにない、健康な顧客を積極的に集める』というのは暗黙の了解になっています」

健康に意識が高い人ほど、保険でカネを無駄にしてしまうという何とも矛盾した仕組みが作り上げられているのだ。

60歳すぎたら必要ナシ

ちなみに、加入者にとって本当に役に立つ良い商品は、市場にはほとんど出回らないことを顕著に表すこんな話もある。

「国内の中堅生保が'10年に発売を開始したある商品は、当初、給付金の合計が最高3000万円まで出るという好条件の商品でした。人気が非常に高かったのですが、徐々に給付金の額が下げられて、現在は300万円。それでもがんと診断されたら回数に制限なく給付金が下りる点など魅力的な部分は残っていたのに、これでも厳しくなってきたのか、7月以降、新契約については保険料がかなり上がるようです」(保険代理店関係者)

あまりの人気で売れすぎ、採算が取れなくなると、保険会社は儲けを優先させて商品をどんどん「改悪」していく。結果、加入者がより損する商品しか残らない。
前述したように、がんを発症するリスクは歳を取るほど上がっていく。であれば、高齢になってからがん保険に入れば得をするのかというと、そういうわけではない。

たとえば、ある保険会社のがん保険で計算してみよう。がんと診断されたら100万円、手術をしたら1回につき20万円、入院・通院には1日1万円の保障が受けられる商品だ。男性が、30歳から加入した場合、毎月の払込額は約4000円。80歳でがんを発症すると考えると、50年間で計240万円の負担となる。

一方、この保険に60歳から入ったときは月の払込額は1万5000円。80歳までの20年間で計360万円を負担することになる。リスクが高い年代で入ると、その分、加入者の負担は大きくなる。何度も言うが、どうやっても、保険会社が儲かるようになっているのだから当然の結果だ。

では、いったいどうすればいいのか。ファイナンシャルプランナーの内藤眞弓氏はこうアドバイスする。
「現役世代なら、万が一がんで仕事ができなくなったときのことを考えてがん保険に入る価値もあるのですが、年金生活者の場合、がんになっても年金はもらえますから関係ない。60歳以上の人が新たにがん保険に入る必要はないと思います。

高齢者の場合、体に負担のかかる治療はできなくなる可能性もありますし、70歳以降は医療費負担も下がります。預貯金が少ない場合は、定期付き終身保険を解約して返戻金を受け取り、それを治療費に充ててもいい。
つまり、高齢者はがんになる確率は高まるけれど、がん保険の必要性は低くなっているわけです。保険料を支払うくらいなら、そのぶんを貯金したほうがいいのではないでしょうか」

アフラックが2010年に行ったアンケートでは、入院、食事、交通費などを含むがん治療全般にかかった費用が「50万円程度」という回答が37・5%と最も多く、「100万円程度」が31・5%。7割の人が100万円あればなんとかなったという結果だ。

ある程度の貯金があれば、わざわざがん保険に入る必要はない。「いざ」というときに裏切られることもあるのだから、がん保険に入っている人は、一度、自分の契約内容を確認してみたほうがいい。



/////////////// 以下、野中幸市のコメント

いかがでしたか?
がん保険は、必要ないと思いましたか?
私は、ないより、あったほうがよいという考え方です。

その中で、前述の記事のような環境下にならないためには、それなりのがん保険に契約するということです。
ある生保の●●保険です。

これでねがん等の保険に対応できます。これ以外、他社のがん保険などは、駄目ですね。記事のとおりです。ただ、がんになって治療費ですが、記事には誤解があります。

それは費用です。かかる人はやはりかかります。200万、500万<1000万円もかかります。公的な健康保険のきかない治療をする場合、全額自腹払いです。どこまで治療費をかけるかです。それは、そのときの年齢で考えて行くことだと思います。保険評論家、野中幸市



保険のブログ、アクセス分析公開

こんばんは。
多くのアクセス、ありがとうございます。ヤフー保険のブログ部門、断トツナンバーワンのアクセス数です。

さて、
昨日の日曜日アクセス分析公開です。


男女別
男性  47.1%
女性 52.9%

昨日の土曜日、男性からが多かったです。金曜日は女性が多かったですが。



年代別
20歳代  23.5%
30歳代 24.3%
40歳代  24.5%
50歳代 24.0% 
60歳代    3.2%

男女とも、良い比率ですね。
年代別も良い比率、この年代別比率は、珍しくそろっています。
特に、20歳代のアクセス上昇、いいですね。勉強して賢い投資者、消費者になってもらいたいと思います。


保険の見直し相談、お待ちしております。


NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
オフショア連絡会主宰
保険評論家
野中幸市     

終身医療保険よりも、終身死亡保険のほうが、もっと大事ですよ。

終身保障の医療保険に契約していても、入院しなければ、大損です。それも、支払った保険料総額以上の入院をしはないと大損です。

一方、終身死亡保険という商品は、いつ亡くなっても、いつか亡くなるわけですから、死亡保険金が遺族にわたります。

生き抜いていくための医療保険も大事だという考え方も分かりますが、それに見合う終身医療保険、ありますか?
300ある医療保険商品のうち、一つあるか?ないか?です。その一つは、ここではお教えしません。オリックス生命のキュアという商品でないことは、伝えておきましょう。

格安の保険料で契約できる価値ある終身死亡保険があるのです。
契約するべきです。

40歳代、いつまでも元気ではありません。生命保険は、元気でないと申し込みできません。元気なうち、今のうちです。


メールでの保険相談、お待ちしております。


保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/ 国内系、外資系全般の勉強先、相談先です。
オフショア連絡会主宰  外資系の保険専門の、勉強先です。
大学教員(財政学、商法)
野中幸市

45歳、真剣に生命保険のこと、考えましょう。

45歳、もう最後の保険選択年齢時期です。
45歳という年齢は、もう人生の半分以上生きたということです。もう元気な年齢は、せいぜい75歳までです。そこからの76歳以降は、どう楽しんで生きていけるというのでしょう。たいして、ないと思います

。あとは、子供の世話、迷惑かけないように死んでいくことを考えるのかもしれません。しかし、そういう人生、つまらないです。人生、最後も金の世の中だと思います。亡くなっても金が要ります。40歳を超えているだろう子供たちに何が残せるか?何が子供たちは、ありがたいと思うか?思い出もそうでしょう。

そしてやはり、お金だと思います。現金という資産は遺してあげることは出来ませんが、生命保険で遺してあげれば、良いと思います。45歳から、終身死亡保険を考えると、保険料が高すぎて、諦めてしまいます。しかし、こういう終身保険があります。まだ、契約できるチャンスがあるということです。

今45歳の人、また40歳代の人たち。これまで貯めてきた金や住まいは、自分たちの老後の生活資金のために、全部使い切って良いと思います。使い切っても、子供たちに遺してあげれる、また子孫繁栄にもつながる、この終身保険、契約しておくべきです。


例、今でも申し込みできます商品です。
 
45歳、女性会社員の契約例です。 *分かりやすいように、1米ドル100円換算とします。
保険料支払い総額、凡そ(3万1000ドル)=円換算にして310万円で、
10万ドル=1000万円の終身保険が買えます!
 
年払い保険料は、日本円に換算62万円=6200ドルです。保険料支払い期間は、5年払いです
10年払いですと、保険料支払総額が、350万円=3万5000ドルです。これでも、とんでもなく安すぎますね。年払い保険料3500ドル×10年払い=3万5000ドル支払い完了です。

そこらに売っている米ドル建ての終身保険の保険料と、大違いですね。

しかも、契約して20年後の65歳時の解約返戻金の予定額が、支払い保険料総額金+凡そ450万円が支払われます。#あくまで予定ですから保証ではありません。
契約して30年後の解約返戻金は、何と1310万円となります。

70歳時の死亡保険金は、1700万円を越えます。
85歳時の死亡保険金予定額は、28万ドル(2800万円の予定です。凄すぎます。
90歳死亡の時は、3500万円を越えます。

すごい運用利率です。

以上の外資系生保の米ドル建て終身保険と、わかりやすく比較するために、格安?と保険業界と保険広告の下われている格安通販販売生保会社のオリックス生命の円建て1000円終身保険と比べてみましょう。
 

 
以下、さほど、よくもない契約例です。
 
45歳、女性
オリックス生命
1000万円 終身保険(円建て)
毎月の保険料、5万7210円×12か月=68万6520円(年間保険料) とんでもなく高いですね。
68万6520円×保険料10年払い保険料支払総額686万円です。ふざけた保険料支払総額です!
契約して20年後の65歳時の解約返戻金は、保険料支払総額は少しだけ上回るものの、雀の涙くらいの微々たる金額です。45歳の人が、なくなる確率の高くなる平均寿命の85歳時に亡くなっても保険会社からもらえる死亡保険金予定額は、たった1000万円だけです

686万円の保険料を支払って1000万円だけなのです。おかしくないですか?45歳の人が40年後、1000万円の死亡保険金をもらったとして、40年後の1000万円のお金の価値はいくらになっているでしょう。貨幣価値は、300万円くらいと見てよいでしょう。



見直し相談、お待ちしております。


 保険評論家
野中幸市

この人、あまりにも馬鹿。

この人、保険のこと、何にも分かっていない。あまりにも馬鹿すぎます。米ドル建て保険のこと、何にも分かっていません。こういうおばちゃんが、テレビに出て、あーだこうだと、わけの分からないこと言うんですね。使うマスコミもマスコミで分かっていません。そこが、悪い社会の流れにもなっているんですね。保険用語も何も変わっていないおばさんの主張を聴きましょう。そして、雑誌、プレジデントさん、編集者の能力がよくわかります。廃刊間もなくかもしれません。

参考、評論家ランキング(生保会社、共済団体が保険評論家陣を逆格付け)http://www.seihokakuzuke.com/hyouron.htm

それでも生命保険を外貨建てにしますか?

  


■外貨建て商品は、為替ヘッジのないものが多い? ! 

 日本人は、生命保険好き。でも、ほんとうに生命保険のことをすべて理解して加入している人は、少ないと感じています。ところが、ただでさえ理解できない生命保険を、さらにややこしい外貨建てにする方がいらっしゃいます。金融機関に、二重三重に儲けさせ、加入者がリスクをかぶるなんて、ほんとうにナンセンス! 

 金融機関にだまされてそんな事態に陥らないよう、みなさんの常識を180度変えるために『ちょい投資』(中央公論新社)を出版しました。

 まず、外貨建て生命保険の説明をしましょう。外貨建て生命保険とは、保険の支払いや保険金・年金・解約返戻金などの受け取りを外国の通貨でもらう(円でもらえるものもあります)保険のことを指します。支払った保険料の運用も、外貨で行います。売り文句は、「保険としての保障を得ながら、外貨にも分散できるので、投資としても一石二鳥」。グローバル時代には必要な保険だと言います。

 具体的に見てみましょう。

 たとえば、35歳の男性が、死亡時の保険金額10万ドルのアメリカ・ドル建ての終身保険に、月々150ドルの保険料を払って加入したとします。すると、死亡したら10万ドルもらえる保障が一生涯続き、途中で解約しても規定の金額をドルでもらえることになります(保険によっては、円でもドルでもらえます)。

 確かに説明を聞いていると、グローバル時代ならではの保険であり、「これからの時代、やはり資産は円だけでなく、ドルでも持っていなくては! 」と思うかもしれません。

 でも、本当にそうなのでしょうか? 

 そもそもみなさんは、どのような人生を送ろうと思っていらっしゃるでしょうか。これをお読みの方がアメリカ人で、将来はアメリカに戻ろうとお考えなら分かります。しかし、あなたが日本に住んでいる日本人で、たぶん生涯を日本で過ごすことが予想される人にとっては、円ではなくドルで保障することに、どんな意味があるのでしょう。

 ちなみに、外貨建ての保険や年金には、為替のヘッジがついていないものが多い。そうなれば、為替の影響をモロに受けやすいということも覚えておきましょう。

■生命保険は健康と命をかけた「クジ」! 

 こんなことを言うと保険関係者からお叱りを受けるかもしれませんが、そもそも、生命保険というのは、自分の健康や命をかけた賭けです。具体的に死亡保険金を例にすると、100人から1人1万円ずつお金を集め、その中で、1年間に1人の人が死亡したら、集めた100万円はその人がもらって終わる、いわゆる「クジ」のようなものなのです。

 当たらなかった人は、死ななかったということで幸いですが、保険料は死んだ方のものになるので、当然支払ったお金は戻ってきません。実際には、支払った保険料から保険会社の経費が引かれ、また、死亡率が予想より低かったら配当が出ます(死差配当)が、ここでは話をシンプルにするために1人1万円、100人でお金を出し合い、その年に1人死んだら、その人が―100万円をもらって終わるとします。

 ちなみに生命保険には、後からお金が戻ってくるものもありますが、それは、そのぶんを自分で払っているだけにすぎません。死亡保障と病気保障の基本的な2つの保障は掛け捨てで、仕組みはやはり「クジ」と同じなのです。

 つまり、生命保険そのものが、命をかけたギャンブルのようなもの。なのに、さらにそこへ為替のリスクまでつければ、これは二重のリスクがあるギャンブルというほかにありません。

 しかも、これらのリスクを負うのはすべて保険の加入者。一方で保険と外貨預金を一度にしてくれるような商品なので、保険会社にとっては保険と外貨の両方の手数料が入る、二重にオイシイ金融商品なのです。だとしたら、保険は掛け捨てで必要な額だけ日本円でカバーし、外貨預金をするならば別にする。そのほうが投資としてはわかりやすいし、保険とセットでなければ、外貨預金が不利な状況になったらすぐに売却することもできるでしょう。

 とにかく、自分で理解できないような複雑な保険には入ってはいけません! 

 繰り返しますが、大切なのは、自ら学び、自分の頭で考え、しっかり理解すること。そのために書いた『ちょい投資』(中央公論新社)、ぜひ読んでみてくださいね。

----------
荻原博子(おぎわら・ひろこ)
1954年生まれ。経済ジャーナリスト。経済事務所勤務後、82年からフリーの経済ジャーナリストとして、新聞・経済誌などに連載。88年より、女性誌『Hanako』(マガジンハウス)の創刊と同時に同誌に女性向けの経済・マネー記事を連載。家計経済のパイオニアとして、難しい経済やお金の仕組みを生活に根ざしてわかりやすく解説。バブル崩壊直後から、地価の下落やデフレの長期化を予想し、現金に徹した資産防衛を提唱し続けている。『貯め込むな!  お金は死ぬ前に使え。』(マガジンハウス)『荻原博子のどんと来い!  老後』(毎日新聞出版)『ちょい投資』(中央公論新社)など、著書多数。


お金の使い方、そこを考え直さないと・・・・。

ケチな人生、消費は良くないです。

価値あるものには、使う。それが高くてもです。

価値ないモノに、いくら安いからと言っても、一円たりとも出すべきではありません。

そこの見極め、考えてもらいたいですね。

ここでいう、保険の見直しの勉強を本屋さんある一過性のものでしかない保険ランキング雑誌、どこの誰が投稿したかもわからないネットでのこの保険がよいとか、FPが、無料で保険相談とか、この手の金を使わないで、良い保険を手に入れたいという思考は、そもそもだめですね。

無料という言葉に、飛びつくべきではありません。無料ほど、高いモノはありません。良いモノも掴めません。相手に上手くやられるだけです。つまり、保険外交員、保険代理店勧誘トークや、オリックス生命のような医療保険ランキング一位評価の広告など、騙されてはいけません。

お金を出して勉強するというその姿勢、そこの姿勢なんです。思考なんです。
金持ちは、いつでまでも金持ち。何代、代が代わっても、金持ちです。

田舎者は、いつまでも田舎者ではありませんよね。
自分の子供は、都会の大学に行かせたいというその思考、それが分かっているなら、保険選びの行動もそうですよ。

今のままでは駄目だから、成長したいんです。だったら、行動することなんです。行動には、お金がかかります。それをケチってはいけません。

社会勉強しようとする姿勢、もっと幸せになろうという考え、だったら、動くことです。
お金がかかっても、そんなこと、惜しんではいけません。そんな勉強代、いつでも稼げます。

ここでいう、保険の勉強、有料で求めてください。相談してきて下さい。


保険評論家
野中幸市



参考にして下さい。こういう保険に契約しているから、他にお金が使えるんですね。

以下、こういう保険に30歳から契約していたからこそ、残ったお金を他に、有効投資が出来るんですね。
すなわち、この保険契約で、老後の生活資金一部と、妻子に遺してあげる多額の死亡保険金の両方が構築しています。

例えば、最も価値ある保険に契約できると、家も一つ上のクラスの家に手が届きます。馬鹿高い保険料の終身保険、そこらの円建てやドル建て終身保険に、契約してはいけません。そんな屑な終身保険に契約したら、一つ上のクラスの家も手に入れること出来ません。


以下、参考にしてください。価値ある情報入手と相談と行動力さえあれば、中小企業勤務の平均年収クラスでも、これくらいは出来ます。30歳代の皆さん。30歳代だからこそ、最も有利なんです。あとは、行動して勉強するだけです。

イメージ 1

今、住宅ローン金利は超安いです。今、買い時、ローン借りる最善の時だと思います。機会を逃してはいけません!

イメージ 2


① 30歳時契約、男性、米ドル建て終身保険、基本死亡保障10万ドル=1000万円(現在の為替換算)

保険料、一括払い、1万541ドル=105万円4100円
50歳時の解約返戻金、5万3920ドル=539万円
66歳時の解約返戻金、18万3747ドル=1837万円・・・・保険料元金の17.4倍の解約返戻金です。
71歳時の解約返戻金、25万7881ドル=2578万円
81歳時の解約返戻金、44万1203ドル
81歳時の死亡保険金、48万3469ドル=4834万円86歳時の死亡保険金、58万1172ドル=5811万円  
次に、女性会員が契約した終身保険です。
 
② 28歳、女性
保険料、一括払い、8775ドル=87万7500円
56歳時の解約返戻金、8万8052ドル=880万円
66歳時の解約返戻金、18万7940ドル=1879万円
71歳時の解約返戻金、26万1275ドル
81歳時の解約返戻金、45万6100ドル
81歳時の死亡保険金、52万422ドル
86歳時の死亡保険金、62万5589ドル
 
 
③ 34歳 女性
保険料、一括払い、1万938ドル=100万9380円
56歳時の解約返戻金、6万5530ドル=655万円
66歳時の解約返戻金、14万1331ドル
71歳時の解約返戻金、20万1538ドル
81歳時の解約返戻金、36万4662ドル
81歳時の死亡保険金、41万7265ドル=41721万円  
86歳時の死亡保険金、50万1593ドル  
 
男性会員が契約した終身保険です。
    
39歳 男性
保険料、一括払い、1万4661ドル=146万6100円
56歳時の解約返戻金、5万4448ドル=544万円
66歳時の解約返戻金、11万9232ドル=1192万円
71歳時の解約返戻金、23万4582ドル
81歳時の解約返戻金、31万5244ドル
86歳時の死亡保険金、41万7266ドル  
 
44歳 女性
保険料、一括払い、1万5745ドル=157万4500円
66歳時の解約返戻金、8万6706ドル=867万円
71歳時の解約返戻金、12万4739ドル
81歳時の解約返戻金、24万2223ドル
81歳時の死亡保険金、27万9135ドル=2791万円  
86歳時の死亡保険金、34万7119ドル  
 
45歳 男性
保険料、一括払い、1万8092ドル=180万円4100円
66歳時の解約返戻金、8万8621ドル=886万円
71歳時の解約返戻金、12万6351ドル
81歳時の解約返戻金、24万787ドル
81歳時の死亡保険金、26万6520ドル=2665万円  
86歳時の死亡保険金、33万4575ドル  
 

社会に、上手く流されて生きてはいけません。

企業が作った保険社会もそう。今の政権が作った社会もそう。

上手く社会に流されてはいけません。

目的もって、生きててきましょう。

お金の使い方は、スマートに、謙虚に、賢くです。

一緒に、勉強して行きましょう。

有料相談にて、相談してきて下さい。お金の損得、効率性の勉強です。


保険評論家
生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
オフショア連絡会主宰
野中幸市

自分年金にも出来る!超超超格安の米ドル建て終身保険、運用利率7%以上のしかも複利

男女の保険外交員、保険代理店FP、また保険会社内勤総合職の皆さんたちも、喉から手が出るくらい、生唾飲み込むくらいの、私も欲しーいという終身保険が、これです。

保険代理店には、売っていません。
今も、この商品自体、同じ商品名で販売されていますが、それ以上の情報は、公開しません。



私と、私たちの仲間が契約した価値ある米ドル建て終身保険です。世界一の生保です。


公開です。

運用利率、7%以上、しかも、複利運用!


まず、私が契約した終身保険の一つから。


① 30歳時契約、男性、米ドル建て終身保険、基本死亡保障10万ドル=1000万円(現在の為替換算)

保険料、一括払い、1万541ドル=105万円4100円
50歳時の解約返戻金、5万3920ドル=539万円
66歳時の解約返戻金、18万3747ドル=1837万円・・・・保険料元金の17.4倍の解約返戻金です。
71歳時の解約返戻金、25万7881ドル=2578万円
81歳時の解約返戻金、44万1203ドル
81歳時の死亡保険金、48万3469ドル=4834万円86歳時の死亡保険金、58万1172ドル=5811万円  
次に、女性会員が契約した終身保険です。
 
② 28歳、女性
保険料、一括払い、8775ドル=87万7500円
56歳時の解約返戻金、8万8052ドル=880万円
66歳時の解約返戻金、18万7940ドル=1879万円
71歳時の解約返戻金、26万1275ドル
81歳時の解約返戻金、45万6100ドル
81歳時の死亡保険金、52万422ドル
86歳時の死亡保険金、62万5589ドル
 
 
③ 34歳 女性
保険料、一括払い、1万938ドル=100万9380円
56歳時の解約返戻金、6万5530ドル=655万円
66歳時の解約返戻金、14万1331ドル
71歳時の解約返戻金、20万1538ドル
81歳時の解約返戻金、36万4662ドル
81歳時の死亡保険金、41万7265ドル=41721万円  
86歳時の死亡保険金、50万1593ドル  
 
男性会員が契約した終身保険です。
    
39歳 男性
保険料、一括払い、1万4661ドル=146万6100円
56歳時の解約返戻金、5万4448ドル=544万円
66歳時の解約返戻金、11万9232ドル=1192万円
71歳時の解約返戻金、23万4582ドル
81歳時の解約返戻金、31万5244ドル
86歳時の死亡保険金、41万7266ドル  
 
44歳 女性
保険料、一括払い、1万5745ドル=157万4500円
66歳時の解約返戻金、8万6706ドル=867万円
71歳時の解約返戻金、12万4739ドル
81歳時の解約返戻金、24万2223ドル
81歳時の死亡保険金、27万9135ドル=2791万円  
86歳時の死亡保険金、34万7119ドル  
 
45歳 男性
保険料、一括払い、1万8092ドル=180万円4100円
66歳時の解約返戻金、8万8621ドル=886万円
71歳時の解約返戻金、12万6351ドル
81歳時の解約返戻金、24万787ドル
81歳時の死亡保険金、26万6520ドル=2665万円  
86歳時の死亡保険金、33万4575ドル  
 
以上、皆さん、基本死亡保障20万ドルから70万ドルの申し込みをされました。
20万ドルという契約は、一括払いの保険料の2倍の保険料ということになります。
70万ドルの申し込みした人は、7倍の保険料ということになります。
 
それだけ、安い保険料なんですね。
中には、20万ドル分は、保険料一括払いして、10万ドル分を保険料5年払いや10年払いも契約しました。
そうしたい気持ちは、よくわかります。

いつまでも申し込み出来る保険とは、皆さん思っていなかったですから。
これに契約できた人は、ラッキーですね。
 
 
この保険についての情報やご相談、お待ちしております。
無料では、相談に乗りません。あしからず。
 
 
 
保険評論家
野中幸市

10月3日から10日まで、全国出張して行きます。

おはようございます。
期間限定で、保険の見直し含む、面談にての相談を受け付けています。

ご相談、お待ちしております。


NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/  相談と受付先です。
野中幸市

外貨建て定期預金5年5%あります。

あるところには、あるんですね。

ある銀行の外貨建て定期預金、5年定期で5%です。 信用力のない豪ドル(オーストラリア)建てではないですよ。

5年で。すごい利息になります。

500万、1000万円相当だと、その利息は?




土曜日のアクセス分析、公開です。

こんばんは。
昨日の土曜日アクセス者分析公開です。


男女別
男性  56.7%
女性 43.3%

昨日の土曜日、男性からが多かったです。金曜日は女性が多かったですが。



年代別
20歳代  16.1%
30歳代 27.7%
40歳代  23.1%
50歳代 27.5% 
60歳代    5.5%

50歳代からのアクセス、多いですね。これは、珍しい。いつもは、30歳代、40歳代の入り代わりで多かったのですが。また、いつも一桁だった20歳代が、今回16%もありました。やっと20歳代も、保険に目覚めたか?目覚めて賢くなってもらいたいですね。あと、相談は無料と言う思考でなく、有料で保険と言う投資の相談をするという思考力を学んでもらいたいですね。


相談、お待ちしております。


NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
オフショア連絡会主宰
保険評論家
野中幸市     

価値ある終身保険に契約しましょう。

私の評価する米ドル建て終身保険。

全国各地の皆さんが、申し込みされています。

サラリーマン、OL、主婦、自営業者、税理士、会計士、会社経営者及び役員、小中高大の教員、医師、看護師、社会保険労務士、男女の保険外交員、保険代理店経営者及び従業員AFP・CFP、保険会社内勤職員、銀行・証券会社社員、芸能人、財閥、国家及び地方公務員、銭湯経営者、若いお寺住職、整骨院経営者、私及び家族などなど。


何を言おうと、契約した者勝ちです。


野中幸市

凄すぎ!31歳OL、この終身貯蓄保険の保険料、もうあり得ません。

この米ドル建て終身保険、今週でも申し込みできます。あとは、皆さんの行動次第です。



ある●●生保の終身保険(米ドル建て) 現在、運用利率5パーセント以上

例、
31歳、主婦(および会社員)  *分かりやすいように、1ドル100円計算とします。

基本死亡保障、10万ドル
保険料年払い、およそ3900ドル≒39万円
保険料支払い期間、5年(5年ですから、45歳で保険料支払い完了です。)
保険料支払総額、およそ1万9500ドル(元金)≒195万円
*このほか、保険料支払いは、10年払いなどもあります。その場合、保険料は5年払いの二倍くらいになります。

61歳時の解約返戻金予定額、およそ8万8000ドル
65歳時の解約返戻金予定額、11万2000ドル≒1120万円
70歳時の解約金、14万7000ドル・・・・・・保険料元金の7.5倍

65歳時の死亡保険金予定額、およそ17万5000ドル
80歳時の解約返戻金、29万2000ドル・・・・・・・・・保険料元金の14.9倍
90歳時の解約返戻金、45万6000≒4560万円


この31歳という年齢で、これだけ格安の米ドル建て終身保険、凄すぎます。
何だかんだ言っても、入った者、契約した者、勝ちです。


保険代理店では、売っていませんよー。


この終身死亡保険商品、保険屋さんたちも、どうぞ。

相談、お待ちしております。
無料相談はしていません。
 お金の儲け方を教えているのですから。


保険評論家
野中幸市

今夜は中秋の名月です。

日曜日にも関わらず、多くのアクセス、ありがとうございます。今日は、650人くらいの皆さんからでしょうか。

夕陽がとてもきれいでした。
そして、とても、明るい月です。
写真、撮りそこねました。

中秋の名月、テレビでお祝いしています。歌番組。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4




今日は、夜23時まで相談の回答しています。

こんばんは。

全国各地から、相談ありがとうございます。

今日は、会員に対して、23時まで相談の回答をしています。


保険評論家
日本消費者協会認定消費生活コンサルタント
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/  会員制度です。
大学教員(財政学、商法)
国際FP
野中幸市

医療保険契約、健康告知義務違反で支払いませんよ。

一番たちの悪い保険契約者と言うのが、

毎月2000円の医療・入院共済に契約している人。その中の健康告知義務違反して契約した人です。

健康告知義務違反して加入し、契約して15年経過しても、共済団体は、入院共済金は、基本的に支払いませんよ。
20年しても無理。

それでは、それに該当する人、閲覧されている人の中にもいるかと思います。
そういう契約者さんは、早期に、対処しておかないといけません。

すなわち、入院給付金が出るように、考え方、対処の仕方しておかないといけません。
不払いになりました。という結果から相談は、難しくなります。本末転倒です。
ですから、一日も早く相談です。お待ちしております。


追伸、
健康告知義務違反の話とは別に、
芸能人の皆さんからも、保険の相談、お待ちしております。
結構、芸能人さんからの相談も多いです。歌手、タレント、俳優、宝塚出身者などなど。
また、年収200万円未満の人、反対に資産100億以上ある人からの相談もあります。
どちらも、相談どうぞ。


保険評論家
野中幸市

10月3日から10日まで、面談にての保険相談受け付けます。

こんばんは。
22時50分時点、718人の皆さんからアクセス、ありがとうございます。
イメージ 2
イメージ 1
                     万里の長城にて

さて、
全国各地から、面談にての保険相談、お待ちしております。
10月3日から10日まで、面談にての保険相談受け付けます。全国出張します。


このほか、基本的に、毎日対応していますが、メールにての保険相談もお待ちしております。
メールでのやり取りの相談は、ある意味、冷静になってメールにて話しかけることが出来るので、私は良いと思います。



保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/
オフショア連絡会主宰
野中幸市


47歳女性、格安保険料!貯蓄性終身保険、運用利率現在5%です。

この終身保険、来週にでも申し込みできます。行動次第です。


男性の保険料は、相談されてください。とにかく、こんな安い終身死亡保険ありません。この年齢で!
無料相談はしません。


ある●●生保の終身保険(米ドル建て) 現在、運用利率5パーセント以上

例、
47歳、主婦(および会社員)  分かりやすいように、1ドル100円換算しています。

基本死亡保障、10万ドル
保険料年払い、およそ6800ドル≒68万円
保険料支払い期間、5年(5年ですから、45歳で保険料支払い完了です。)
保険料支払総額、およそ3万4000ドル(元金)≒340万円
*このほか、保険料支払いは、10年払いなどもあります。その場合、保険料は5年払いの二倍くらいになります。

67歳時の解約返戻金予定額、およそ7万7000ドル≒770万円
77歳時の解約金、14万5000ドル・・・・・・保険料元金の4.2倍

67歳時の死亡保険金予定額、およそ13万8000ドル
77歳時の解約返戻金、19万4000ドル・・・・・・・・・保険料元金の5.7倍
90歳時の解約返戻金、33万5000ドル・・・・・・・9.8倍≒3350万円


この47歳という年齢で、これだけ格安の米ドル建て終身保険、凄すぎます。
何だかんだ言っても、入った者、契約した者、勝ちです。


保険代理店では、売っていませんよー。
価値ある商品というのは、駅前に売っているはずもありません。駅前の保険会社(皆さんの馬鹿高い≒世界一高い保険料支払いの下、その保険料で大きな駅前生保ビルが建てられています≒保険会社本社支社内勤職員35歳福利厚生費含め年収1000万円らくらく超えてます)や来店型の保険代理店に売っている保険商品というのは、クズ保険ばかりです。これ現実です。終身医療保険、がん保険、終身保険、個人年金保険、変額保険など。

よーく保険のこと、考えましょう。皆さんの一生懸命働いた給料、保険会社に何十年と吸い取られ続けて良いのでしょうか!?あるいは高い一括払い保険料、どこが得なのでしょう。そんな馬鹿な保険投資者にならないでください。保険会社≒胴元→大儲け企業なのです。(マルチ商法大企業といってもよいです)


この終身死亡保険商品、保険屋さんたちも、どうぞ。
面談の後、申し込みさせるか、判断いたします。


保険評論家
野中幸市




32歳の例。この現5%運用終身貯蓄保険、契約した者勝ちです。


何を言っても、関係ない。
契約した者勝ちです。


ある●●生保の終身保険(米ドル建て) 現在、運用利率5パーセント以上

例、
32歳、OL(会社員)

基本死亡保障、10万ドル
保険料年払い、およそ4000ドル
保険料支払い期間、5年(5年ですから、45歳で保険料支払い完了です。)
保険料支払総額、およそ2万ドル(元金)
*保険料支払いは、10年払いなどもあります。

62歳時の解約返戻金予定額、およそ9万1000ドル
65歳時の解約金、10万8000ドル・・・・・・保険料元金の5.4倍
70歳時の解約金、14万3000ドル

70歳時の死亡保険金予定額、およそ20万ドル
80歳時の解約返戻金、28万6000ドル・・・・・・・・・保険料元金の14.3倍
90歳時の解約返戻金、44万7000ドル

保険代理店では、売っていませんよー。



保険評論家
野中幸市






昨日のアクセス分析公開です。

こんばんは。
見直し相談中の合間をぬって、昨日のアクセス者分析公開です。

男女別
男性  36.5%
女性 63.5%

昨日の金曜日、女性が突出していますね。
いつもは、男性が多いのですが・・・・。


年代別
20歳代  10.1%
30歳代 24.0%
40歳代  49.3%
50歳代 12.8% 
60歳代    3.7%

40歳代が、突出しています。これは、女性からかもしれません。


保険の相談、お待ちしております。
無料相談は、意味、価値ありまのせん。時間と労力、精神力の無駄です。つまり、保険代理店、男性外交員に保険提案してもらっても、無駄。都合のよい方向の保険に契約させられるだけということです。あるいは、時間の無駄のどちらかです。


保険評論家
野中幸市     メールの相談でも、私の場合、有料です。

首相!携帯電話だけでなく生命保険料も値下げ指示するべき!

そこまで権限あるんだったら、保険料も下げるべき。今でも談合状態です。生命保険協会も大手生保順番に回っているだけ。小生保の社長にも生保会長やらせ行くべきです。いつまでも殿様商売し続けてはいけません。大手生保さん。


ニッセイや、明治安田、大同生命、全労済、かんぽ生命など、世界先進国の生命保険利用と比べたら、二倍~三倍保険料が高いのです。安く強制的に下げさせるべきです。そうしないと、若者は、保険に入らなくなります。

参考、
私の発信した世界保険料比較の記事。私の氏名記載されています。読まれてください。


保険評論家
大学教授(国際商法、財政学)
NPO法人生命保険格付協会 コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/

首相発言に戸惑う携帯3社 「びっくり」「料金認可制ではない」「日本は安い」

SankeiBiz 2015/9/26 08:15


安倍晋三首相が政府の経済財政諮問会議で、携帯電話の料金が高すぎると発言したことを受け、総務省が年内に対策をまとめることになった。首相発言は市場を揺さぶり、携帯大手3社の株価は急落。米アップルのスマートフォン発売イベントに集まった携帯大手3社の社長からは25日、戸惑いの声が上がった。

ただ各社とも、「あまりデータを使わない利用者に配慮した料金」(高市早苗総務相)の設定には前向きの姿勢を見せた。
      
 NTTドコモの加藤薫社長は「(発言には)びっくりした。長く使っている人や若い人を応援する工夫をしてきたが、客が何を望んでいるか、じっくり考えたい」と述べ、新たな料金プランの設定を示唆した。
      
 KDDIの田中孝司社長は「われわれとしてももう少し料金が安い方が良いのではと思っている」と述べ、料金体系に手を加える考えを示した。その上で、「料金は認可制ではないので、自分たちで考えるべきものだ」と指摘し、自主的な競争を唱えた。
      
 一方、ソフトバンクの宮内謙社長は「政府や総務省の意見があれば真摯(しんし)に受け止める」としながらも、「世界でみても日本(の携帯料金)は安い。価格戦略は競争環境の中で、自由にやるべきだ」と政府による携帯料金への言及を批判した。
      
 ソフトバンクは、買収したイー・アクセスを母体とした低価格ブランド「ワイモバイル」で、容量1ギガバイトで通話もできて月2980円の料金プランを設定した。宮内氏は「高いと思う人はワイモバイルのプランを使ってもらえばいい」と述べた。 
     
 安倍首相は11日、済財政諮問会議で「携帯料金などの家計負担の軽減は大きな課題だ」と述べ、通信料引き下げなど負担軽減の方策を検討するよう高市氏に指示した。

首相発言をめぐっては、「ヘビーユーザー偏重の料金体系に問題がある」(総務省幹部)との肯定的な意見がある一方、「消費拡大としては筋が悪いし、効果は微々たるもの」(証券アナリスト)など、批判的な見方もある。

老後の生活資金一部を。41歳会社員、この終身保険活用して貯蓄です。

ある●●生保の終身保険(米ドル建て) 現在、運用利率5パーセント以上

例、
41歳、OL(会社員)

基本死亡保障、10万ドル
保険料年払い、およそ5500ドル
保険料支払い期間、5年(5年ですから、45歳で保険料支払い完了です。)
保険料支払総額、およそ2万7500ドル(元金)
*保険料支払いは、10年払いなどもあります。

61歳時の解約返戻金予定額、およそ6万2000ドル
71歳時の解約金、12万ドル・・・・・・保険料元金の4.3倍
80歳時の解約金、19万9000ドル

71歳時の死亡保険金予定額、およそ17万5000ドル
80歳時の解約返戻金、24万ドル・・・・・・・・・保険料元金の8.7倍
90歳時の解約返戻金、36万9000ドル


価値ある情報は、限られた先しかありません。
保険代理店には、販売されていません。
これだけ安い理由は、保険外交員や保険代理店に支払う高すぎる販売手数料を差し引いてありますから、その分ねまたコストカットして、ここまで保険料が安いんですね。今時、こんな安いドル建て終身保険、ありません。


基本的に、誰でも申し込みできます。
来週でもです。しかし、誰でも申し込みできますが、申し込み規制をひいています。
私がです。申し込みさせるか、私の判断です。

そんな保険、あるなんて。あるんですね。



保険評論家
野中幸市


35歳、終身保険投資で大儲けしましょう。

こんばんは。
土曜日にも関わらず、多くのアクセス、ありがとうございます。

この貯蓄性高い終身保険で、大儲けしましょう。
保険は、結果、儲かるか、損するかという株投資と同じです。金融商品ですから、損得、リスクが必ずあります。

保険会社、保険外交員、保険代理店FPたちに、丸めこまれて保険の最後、大損するか?
それとも、保険会社、保険外交員、保険代理店FPをこき使って、最後大儲けして終わるか?
そのどちらかです。

保険をきれいとか、かっこつけて、保険とは万が一の保障をするもので、相互扶助の精神の下にあるのが、
保険なのです。保険で得するということの考え方が間違っていますというカッコつけ保険屋さんも何百万人といます。

しかし、それは現実的に、嘘。
保険屋が都合のよい医療保険、がん保険、個人年金保険、収入保険、終身保険、学資保険などに契約させいるのが現実です。

儲かるか、損するか。騙されるか?騙す方か?そのどちらかです。
当然、保険投資者側が、保険の最後≒契約終了時には、勝って、大儲けしないとなりません。

保険は、金融商品であり、保険会社は金融機関です。金融機関と言うのは、客に金払ってもらい、営利目的に活動する集団なのです。

当然、保険会社と言う胴元は、最後、大儲けするのです。
しかし、大半の大損する保険投資者側であってはいけません。しっかり保険を勉強し、保険会社を上手く利用するのです。

そこなんです。そこの思考なんです。保険屋を上手く利用するのです。
なお、以下の米ドル建て終身保険は、駅前とかショッピングモールにある脳のない来店型保険代理店(のれん代1000万円支払って営業するフランチャイズ展開する代理店)には、販売していません。



ある●●生保の終身保険(米ドル建て) 現在、運用利率5パーセント以上

例、
35歳、OL(会社員)  分かりやすいように、1ドル100円換算しています。

基本死亡保障、10万ドル
保険料年払い、およそ4500ドル≒45万円
保険料支払い期間、5年(5年ですから、39歳で保険料支払い完了です。)
保険料支払総額、およそ2万2500ドル≒225万円

65歳時の解約返戻金予定額、およそ10万ドル
70歳時の解約金、13万3000ドル≒1330万円・・・・・・保険料元金の5.9倍
80の解約金、23万1000ドル

70歳時の死亡保険金予定額、およそ19万ドル
80歳時の解約返戻金、27万1000ドル・・・・・・・・・保険料元金の12倍
90歳時の解約返戻金、42万ドル≒4200万円



この商品、私の紹介がなければ、申し込みできません。そういう保険もあるんですね。
簡単に例にとれば、世の中、金持ちはいつまでも金持ち、貧乏人は兄弟そろって貧乏。当てはまるかは知りませんが、やはり耳の大きい人、つまり価値ある情報というのは、そういうところに行くもんです。

そういうところを、しっかり学ばなければなりません。無論、貧乏人である私もそれを社会で学んだ一人です。
あとは、行動力とリスクを怖がらない、前向きな人であることです。
人生一回限り、この先の人生が見えている人、今、変えて行くべきです。30歳、40歳代さんたち。

相談、お待ちしております。無料で相談に乗る馬鹿はいません。真剣に勉強されることです。働いたお金を効率的に、有効的に使っていくことです。それが、保険と言う金融商品です。保険屋に丸めこまれて、この終身保険、この個人年金保険、この医療保険がよいと、丸めこまれてはいけません。


保険評論家
野中幸市

南京大虐殺。書店に行ってきました。

紀伊国屋書店のような大手書店で、実際に高校で教えている必修歴史教科書と先生用の指導書も手に入れました。やはり30万人超の大虐殺と記載。中学生用の教科書では大虐殺とまでも人数までは記載されておらず、南京で悲惨なことが繰り返されたという表現でした。これは中学生ということを考慮してのことでしょう。
イメージ 1

イメージ 2

今日も、見直し相談、お待ちしております。

メールにて、回答しています。
見直しの回答は、夕方以降順にしていきます。

10月3日からは、面談にての見直し保険相談も、復活します。


保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/会員制度となります。有料相談です。
野中幸市

今日は、中国の大手書店に行き、南京大虐殺などについて調べてきたいと思います。

こちらの中高生の教科書や参考書には、実際、南京大虐殺について30万人などと記載されているのか?大手書店に行き、購入してきたいと思います。また旅順、満州についても、どう記述されているのか?

中学、高校の社会科教員免許を持つ私としては、とても興味があります。比較分析して研究していと思います。
また、学生たちからも聞き取りして、どこかの機会で、発表して行きたいと思います。


大学教員(財政学)
野中幸市

昨日は、中国伊勢丹で野菜炒めとご飯の夕食

一週間に一回は、日本食です。
その毎週の日、金曜日です。週末で講義もおわり、リラックス(精神的)できる金曜日でもあります。

先週は、伊勢丹内にあるとんかつ和光でとんかつ定食でしたが、今週は、同じ伊勢丹内にある寿司屋さん内で、野菜炒めとご飯とアサヒビールです。お寿司は食べません。日本よりはるかに高いですから。しかし、寿司は新鮮です。伊勢丹内でのレストランですから。

イメージ 1

その帰り道、季節到来!
本当の甘栗です。やっぱり本場は安いですね。
横浜中華街の甘栗は、ちょっとだけで800円。たかい。
イメージ 2

混雑する行動を幼稚園児が自動車運転 話題です。

幼稚園児が車の産んでんしています。
昨日と今日は、この動画のニュースが話題になっています。
さすが、中国。こういう親もいるんですね。

イメージ 1

左折するときも、自信満々にハンドルを回します。

イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4