FC2ブログ

海外では常識?生命保険を活用した相続税対策

イメージ 1


海外では常識?生命保険を活用した相続税対策

JBpress 9月15日(木)6時0分配信



日本の富裕層は投資にも寄付にも消極的だとよく言われる。消費に関しても、諸外国の富裕層と比較すると決して積極的とは言えない。

その根底には、「いつお金がなくなるか分からない」「子どもや孫に資産を残せなくなるかもしれない」という漠然とした不安感があるようだ。

■ 相続税を払っても資産が増える? 

そんな不安をカバーするための手段の1つに「金融商品としての保険」がある。日本の富裕層も多数の保険に入っている。それにもかかわらず、なぜ資産消滅の不安感が常にアタマをよぎるのか。日本の保険は、富裕層が望む保険の仕組みに行き着いていないのではないか・・・? 

そうした問題意識から、筆者はアジアを中心とする海外富裕層の資産保護の方法を調べるようになった。その結果、判明したのが、日本と海外の富裕層は相続税対策の考え方、手法が大きく異なっているということだ。

シンガポールのように相続税がゼロという国もあるが、そうした国は例外として、海外の富裕層は一体どのように相続税対策を行っているのか。
.

実は海外では、生命保険を活用した相続税対策が半ば常識となっている。相続資産が減らない、いや、むしろ相続税を支払った後に資産が増えてしまうような保険の枠組みを持っているのだ。

端的に言うと、1億円の保険金で、被保険者の死亡時に10億円の保険金が支払われるような保険である。そんな保険なら、どんなに高い相続税を支払わなければならない国でも、納税後に1億円以上は残る。実際には4~5億円程度は残るだろう。一方、日本では死亡保険金の最高額はせいぜい数億円である。1億円を超える保険商品はほとんどないと言ってよい。

アジアをはじめとする海外では、相続人(子ども)が相続税を支払っても、それ以上の資産が残るような保険を購入できる。だから、富裕層は安心して寄付もどんどんできるし、お金を消費にまわすことができるというわけだ。日本と海外で富裕層の行動に差が出るのは当たり前なのである。

最高税率が上昇している日本の相続税。軽減特例や2次相続、非課税枠の活用などの対応策もあるが、「3代でお金がなくなる」システムとは言い得て妙だ。なぜそうなってしまうのか。大きな要因の1つとして、海外では当たり前の、富裕層が享受できる保険商品を日本では販売していないことが挙げられるのではないか。

■ 日本人富裕層の消費を喚起する2つの方法

シンガポールのように相続税ゼロというのは確かにどうかと思うが、アジア富裕層消費に対抗するような、日本人富裕層の消費を喚起するための抜本的な対策はないだろうか。

ここでは、筆者が考える解決策のヒントを2つ提示したい。

【解決策1】

1つ目は、資産の一部を国の政策の推進に投資(配分)してくれた人に対しては、その投資を相続税とみなして課税しない措置だ。


様々な政策を推進する各省庁に国家予算を配分する財務省の主計局主計官のような役割を、富裕層に担ってもらう。

たとえば外国人観光客を2030年までに4000万人までに増加させるといった国家政策があるとすれば、その政策を推進するための事業に自分の資産を投資してくれた人には、その分を相続税とみなして 相続税を徴収しない。

富裕層は「死後に相続税として徴収されるよりも、自分のカネは生きているうちに自分で使い道を決めたい」と考えている人が多い。そうした富裕層の心情に応える施策であり、間違いなく大きなカネが動き出し、消費を喚起することだろう。

【解決策2】 

海外には「タックスアムネスティ」(租税特赦)を導入している国がある。タックスアムネスティとは、「資産や所得を正しく申告していなかった納税者が自主的に開示・申告を行った場合に、これに本来ならば課される加算税等を減免したり刑事告発を免除したりする制度のこと」(国税庁)だ。これを日本でも導入する。

まず、金融当局が把握できていないような資産を持っている人や会社は、事前に自ら申告すればタックスアムネスティを受けられるようにする。

さらに、生前に相続税を申告して納付する者には、税率を大幅に下げる。例えば、現在の純資産が5億円の富裕層がいたとする。その人の相続税や生前贈与税は、生前納付するのであれば1億円のみとする。そうすれば残りの4億円は投資や消費に動き出すはずだ。

要するに、富裕層の投資・消費・寄付の拡大を目指すなら、「自分で決めたい」という富裕層欲求を国家施策と照らし合わせて刺激することが近道だと私は考える。
スポンサーサイト



台風10号の保険金、47億円=損保協

台風10号の保険金、47億円=損保協

時事通信 9月15日(木)19時0分配信

日本損害保険協会の北沢利文会長(東京海上日動火災保険社長)は15日の記者会見で、岩手県や北海道などで大きな被害が出た台風10号による保険金の支払額(見込みを含む)が5日時点で約47億円に上ったことを明らかにした。受付件数は約9100件。 

突然の解雇通知(雇いと止め含み)された場合の対処の仕方

突然、会社や自治体から解雇されることが、皆さんにも降りかかってくる可能性があるわけです。
労働者なら、皆その可能性があるわけです。

突然の解雇された場合、契約社員や臨時雇用であっても、その雇用期間が丸3か月を過ぎていれば、企業や自治体は、突然の解雇は出来ません。

少なくとも一か月前に労働者に予告通知しなければなりません。
あるいは、明日解雇してもらうと通達された場合は、この先一カ月分の給料をもらう権利があります。

労働基準法があります。
これは企業や自治体管轄管理者は、労働者が刑事事件などの犯罪行為、あるいは誰が見ても重い倫理規定違反で、すなわち懲戒解雇処分相当の労働者の行動がない限り、労働基準法に則り、一カ月分の解雇予告手当を辞めさせようとする労働者に支払わなければなりません。

企業や自治体は、ある意味、密室な、外に漏れない事案も少なからずあります。
しかし、税を支払っている国民、市民には、それが公の場合には、知る権利もあります。

全国各地の突然解雇されてしまった、あるいはそうされようとしている人がいましたなせ、ハローワーク、県労政事務所、企業であれば企業労働組合、公務員であれば、各労働組合に相談して行くと、良いと思います。


これからの社会、日本社会はというよりも、既に多くの突然の解雇がされています。公務員としても、安心出来ません。緊張感を持って、仕事していきましょう。

もし、落ち度が労働者にあったとしても、犯罪行為、懲戒処分という重い倫理違反にならない限り、解雇は、法律に則り、一か月前に通知される、あるいは突然の解雇であっても、この先の一か月分の給料を支払っての即日解雇のどちらかが、労働者には保障されていることを忘れてはいけません。

労働者には、妻も居れば幼い子供も抱え、突然の解雇は、決して許されません。
労働基準法は、ハローワーク、県労政事務所、各県にある人事院(公務員の場合は、例えば教育関係従事者には都道府県教育委員会委員長及び民間委員への訴え、民間企業であれば、労働基準監督署(一部公務員も適用可)、など各仕事に関係する労働組合の委員会に差う段して行くことです。そこに、しっかり、法律に沿った倫理があります。

ハローワーク記載の募集内容と、実際の勤務内容、規定等が違っていれば、労働基準法のいくつかの条項違反することが考えられます。確認されてください。

会社や自治体の倫理内規規定よりも、法律のほうが上です。
各方面、相談されてみてください。


大学で、商法や社会学を教え、かつ国会で政策秘書として働いた経験、また大学院では地方自治、労働組合法など、勉強した知識、職歴があり、マスコミにもネットワーク力があるので、ここまでの身になる話しが出来ます。



私でよければ、全国各地の会社員、公務員、非正規社員の皆さん、相談お待ちしております。
泣き寝入りは、いけません。

最後は、裁判と言う手もあります。


野中幸市


いつも、日記投稿閲覧ありがとうございます。

こんにちは。
今日は、肌寒い気がします。

もう夏という気分はしませんね。
秋です。

いつも、私の保険を中心に贈る、言いたい放題の雑学日記、閲覧ありがとうございます。
これからの、個人ブログに関して、閲覧は今、誰でも出来ますが、友達登録をしている人たちのみに、変更するかもしれません。

もう少ししてから、考えます。

保険についての辛口雑学、ヤフーNo-1のアクセス数の支持です。
保険は本音を語らなければ、いつまでも保険消費者は、保険企業や販売員や代理店たちに、売り手の都合のよい保険商品を一番お勧め(≒保険消費者側にとってはよくない保険商品契約)と誘導?丸めこまれてしまいます。

しかし、保険会社、外交員、代理店FPは、その保険会社の企業戦士ですから、売り手側の一番利益率の高い保険≒保険成績が上がる≒上司から褒められる≒歩合給やボーナスが高くもらえるための保険売りに徹するのは、当然のことです。それでご飯を食べているのですすから。

一方、保険消費者側は、全く反対ですね。
保険屋さんの保険セールスの話しを信じて、その保険商品が一番良いのかも分からず、契約してしまいます。これは、消費者側の保険の不勉強差がありますが、しかし、保険の勉強って、出来ませんね。

何故なら、保険会社が保険情報をガラス張りにしていませんから、分からないことだらけです。これでは、いったい、どこを信用?勉強方法をしていけばよいのか?分からなくなるのは当然です。

もう10年ちょっと前の社会問題となつた保険会社が、何社も破たんや吸収合併されて行きました。
一番ひどかった保険被害は、公立学校の教職員と防衛庁≒全国の自衛隊職員たち中心に保険勧誘していた協栄生命がありました。

学校の先生たち公務員は、固い仕事?ということもあり、貯蓄性保険、つまり貯蓄性の終身保険や個人年金保険によく入っていました。予定利率4から5%の貯蓄保険ですね。

先生たちは、学校にて入りする協栄生命の個人年金保険、貯蓄性の終身保険だから、信用しているとして、保険料支払い続けて、60歳時の個人年金保険金受け取り総額は、支払った保険料支払総額の2倍から3倍もらえるという約束の貯蓄保険契約でしたね。

しかし、協栄生命の会社の粉飾決算、バブル崩壊、また他の生保も破たんなどの影響があり、協栄生命は、破たんの方向に向かいました。そして、破たんさせないと一番初めに救いの手を挙げたのが、アメリカから日本に来たプルデンシャル保険会社でした。破たんしないということを学校の先生たちは信用して、そのまま高い利回りの貯蓄保険を継続していました。

しかし、プルデンシャル保険会社は、学校の先生たちの信頼を裏切り、協栄生命が保険契約者≒学校の先生や自衛隊員たちに約束した利回り、例えば5パーセントを利率2パーセント以下に強引に引き下げ、学校の先生たちは、もらえる個人年金額の半分以下しかもらえないという保険契約にさせられましたね。

養老保険の満期金もそうでしたね。60歳時満期の500万円もらえるはずが、250万円以下しかもらえないという保険契約に切り替えさせられたのです。
個人年金保険も同様に、毎月個人年金を10万円、60歳からもらえる約束で協栄生命に契約したのに、強制的に5割減額されて5万円しか、もらうない契約になった学校の先生、何十万契約者どころではないです。


そう切り替えさせた張本人が、協栄生命の経営危機を救うとして一番に手を挙げたプルデンシャル保険会社でしたね。しかし、プルデンシャル保険は、最初から計画的で、破たんすれすれの状態に協栄生命を買収≒救おうと狙っていたんですね。

満期金が半分にさせられた保険契約者なら、私たちプルデンシャル保険は、協栄生命を救おう!協栄生命の社員も解雇しない、保険契約者も利回りを大幅に引き裂けさせた上で引き受けようとしてしていたんですね。

このことで、どれだけ全国各地の教職員、自衛隊員が泣き寝入りしたことでしょう。少なくとも100万人以上は、大幅に契約利率を引き下げられました。

これが、保険会社の本当の姿なんですね。
プルデンシャル保険は、協栄生命を超安く買い取り、協栄生命が持っていた千代田区永田町に建っていたホテルニュージャパン(火災で燃えて、大勢の宿泊客が亡くなりました。社長がケチで客室にスプリンクラー設置をしていなかった)

プルデンシャル保険は、協栄生命の利率を引き下げた学校の保険客や自衛隊の保険客を安く買い受け、そして一番にプルデンシャル保険が狙っていた本命、火災で消滅したホテルニュージャパンの超一等地の土地の獲得が、協栄生命を買い取った狙いだったんですね。

今では、永田町、すなわち赤坂見附駅の目の前に、50階建て以上の高層金融オフィスビルのプルデンシャルタワーを建てましたね。
イメージ 1

協栄生命は、一度プルデンシャル保険となったものの、その後社名をジブラルタ生命に変更して今日に至っています。

保険消費者は、いったい、どういう視点で、保険を選べばよいのか?ここが問題でいす。破たんしてしまったは、元もこもありません。働いたなけなしのお金が、保険会社に吸い取られ、保険金は減額され、泣き寝入りです。

てすから、そうならないためにも、消費者自身が、保険の勉強をして、自分の保険は、自分で守って行かなくてはなりません。

そこで、保険契約者同士、交流≒コミュニティ≒情報交換出来る非営利の組織、ネットワークがあれば、保険の売り手側にいる保険会社、外交員、保険代理店はせさんたちの反対側の保険契約者側の保険情報が、よりよい保険選択、保険契約後の保険防衛や保険トラブルまでもが、リスク軽減できてくるものだと確信します。

そこで、私が現在顧問職にうる非営利組織のNPO法人、特定非営利活動法人生命保険格付協会http://www.seihokakuzuke.com/の会員組織があるわけです。

皆さん、一つの参考情報、消費者側の視点として、のぞいてみてください。保険を通して消費者保護、社会教育活動をしているNPO法人生命保険格付協会http://www.seihokakuzuke.com/が、そこにあります。私は、ここを応援していきます。

自分の身、自分の資産は、自分で守って行く時代、そして行動して行く時代です。守りだけでは、何も成長しません。


保険評論家
野中幸市

明治安田も販売停止=貯蓄性保険、運用難で

時事通信 9月15日 

明治安田生命保険が貯蓄性の高い保険商品の販売を一部停止することが14日、分かった。日銀のマイナス金利政策の影響で市場金利が大幅に下がり、資産運用が困難なため。

営業職員が販売する一時払い終身保険の一部と、提携する銀行窓口で取り扱う一時払い変額個人年金の販売をいずれも10月初めに休止する。 

生保業界では、保険料を一括して納めるタイプの貯蓄性商品について、販売停止や保険料の引き上げが相次いでいる。

第一生命保険は営業職員を通じた一時払い終身保険などの販売を9月上旬に停止。日本生命保険は一時払い終身保険の保険料を10月から引き上げることを決めた。

今、自宅帰って来ました。

疲れました。

国内保険商品の凡そ9割は、騙し商品です?

未だに、鎖国、護送船団方式の保険会社だらけ!


医療保険、ガン保険、掛け捨てと貯蓄性保険の定期保険、終身保険は、騙し保険商品ということが、保険を研究すれば、よく分かってきます。

それが、皆さんわかっていません。保険屋さんFPさんも、理解、わかっていません。

そんな中で、皆さんは保険外交員、保険代理店のフィナンシャルプランナーたちに、最もらしく、あなたにはとか、家族には、これだけの保険が必要で、この保険会社のこの保険商品が、お勧めですと、表向き各保険会社商品を比較したかに見せかけて、契約させているわけです。

当の外交員、代理店のフィナンシャルプランナーたちも、保険の9割は、騙し保険商品ということ、理解していないのです。

そう中、保険選びを、保険屋のフィナンシャルプランナーに、相談してはなりません!


保険各社、江戸時代のままです!談合法式ですね。ネット系生保も、安い保険料と見せかけて、他の生保と、結論変わりありません!



保険評論家
野中幸市

価値ある貯蓄終身保険、いつまでも、紹介はしません!

価値ある貯蓄終身保険の紹介ですが、躊躇っている人は、向いていません。

行動するなら、今です。
来年考える思考の人は、お断りですね。

これ、正しい判断です。
向いていない人は、そこらの屑終身保険(円建て及び外貨建ての利率変動型、変額型、固定型、あるいは低解約返戻型の終身保険)に契約して、保険契約の敗者で終わればよいわけです。

行動する人は、保険契約の勝者です。


これからの人生において、考え直しましょう。今考えないで、先でなんて、その時、都合のよい良質な貯蓄性終身保険なんて、ありません。

今なら、現運用利率5%の米ドル建て貯蓄終身保険、申し込み出来ます!私の紹介のみで。代理店や外交員からは、申し込み出来ません!


保険評論家
野中幸市

30歳、たった190万円で、1000万円以上の貯蓄性終身保険が、契約出来る!今、申し込みです!

総額190万円の保険料というのは、普通の生保では考えられませんね。
 
 
米ドル建て貯蓄性終身保険です。現在、利率5%です。

会社員女性 30歳   
基本死亡保障額、10万ドル(1000万円)
保険料、年払い 3800ドル(25万9500円)
保険料支払い期間、5年払い、払込完了です。  5年払いで終えます。!!!!!!
保険料総支払額(元金)、およそ1万9000ドル(190万円) 
 
50歳時の解約返戻金予定、4万4100ドル(441万円) 契約して20年後で元金の2倍以上の解約返戻金です。
65歳時の解約返戻金、11万3100ドル(1131万円)
70歳時の解約返戻金、15万ドル(1500万円)
 
50歳時の死亡保険金予定、12万6900ドル
80歳時の死亡保険金、29万6900ドル(2969万円)・・・・・・・保険料元金の10倍以上の死亡保険金
90歳時の死亡保険金、46万4500ドル(4645万円


*ちなみに、35歳、世界一高いニッセイの終身保険死亡保障1000万の契約で、総支払い保険料額は、680万円以上の保険料になります。 これら保険会社の契約で、契約50年後、85歳で亡くなっても契約した当初と同じ1000万円の保険金しか貰えません。これで、契約する価値ありますか?明治安田生命など、大手生保の保険料総額は、簡保より更に高いです。


来店型保険代理店では、販売していません。
 
勉強です。
保険会社男女の外交員さん、保険代理店CFPさんたちも、私の下、勉強してみることです。
良い保険商品情報は、ここしかありません。ネットで他のサイト検索しても、5%終身保険情報なんて、でてきません。出てくるなら、契約する価値はないのです。

つまり、普通に販売されている、どこでも申し込みできる貯蓄性保険商品というのは、それなりの低い利率で、猫も杓子ものくず貯蓄性保険商品なのです。そこに気が付くことです。保険外交員や保険代理店FPたちは、保険契約が欲しいがために、必死になって、貯蓄性の高い?変額終身保険とか、変額個人年金保険とか、利率変動型終身保険とか、米ドル建て終身保険とか、豪ドル建て終身保険とか、低解約返戻金型の90歳定期保険とか、低解約返戻金型の終身保険をひっしに保険提案して、契約させてきています。そんな屑貯蓄性保険、契約したらダメです。将来の貨幣価値に見合いませんし、保険料が馬鹿高すぎます。比較する対照商品に引っかからないことです。


相談、お待ちしております。
保険契約とは、お金の損得契約なのです。

勉強、しっかりしてください。
それには、信頼できる人に相談する、価値ある保険情報を教えてもらうことです。

貯蓄性商品を販売停止=マイナス金利で運用難―第一生命

時事通信 9月12日 

第一生命保険が貯蓄性の高い保険商品の販売を停止したことが12日、わかった。日銀のマイナス金利政策の影響で、資産運用の中心に据えていた日本国債の利回りが大幅に低下し、契約者に約束する利回り(予定利率)の確保が困難になったため。販売をやめることでリスクを抑える。 


///////////
益々、私の評価する5%米ドル建て終身保険支持がまわりますね。5%終身保険、もちろん貯蓄性高いですし、死亡保険金は、第一生命の終身保険額より、4倍はよいでしょう!そこら辺の米ドル建て終身保険の運用利率は、よくても3、75%以下ですね。3.75%では、契約する価値は、将来の物価、貨幣価値からして、よい利率とは、いけませんね。私の紹介で、5%終身保険、申し込み今、出来ます。そういう特別な米ドル建て終身保険に、申し込みできる頭のきれる人は、進んで申し込みしましょう!
保険評論家
野中幸市

保険ショップ「販売手数料100%」の怪

保険ショップ「販売手数料100%」の怪

2016/9/12

生損保経営 波乱の予兆 フォローする 販売手数料100%――。いろんな保険会社の商品を取り扱う保険ショップが、商品を売るごとに生命保険会社から受け取る販売手数料が高騰している。契約者が年間支払う保険料の合計額に対する手数料の比率は60~90%はざらで、なかには100%に達する実例も見つかった。

一概に比べられないが、投資信託の場合で2%程度、自動車保険や火災保険でも15~20%なのと比べると破格の高さ。何でこんなことが起きているのか。 

ある保険会社が保険ショップに示した書類には、年間の保険料に対してどれだけの手数料を支払うかの取り決めが記されている。50歳未満の来店客に保険料の払込期間が30年以上の医療保険を売ってもらった場合は100%。

月々の保険料が3000円なら年3万6000円を販売店に支払う計算だ。契約者が50~59歳なら92%、60歳以上だと66%に下がるが、それでも他の金融・保険商品の手数料とは比べものにならない。 

ただ実はこの取り決めは初年度に限ったもの。保険ショップが得る手数料は、次年度からは保険料年額の2~5%程度に落ち着く。

生保は契約時の高い手数料で保険ショップの"売る気"を引き出し、翌年度から長期にわたって受け取れる契約者からの保険料で初年度の持ち出し分を回収する戦略だ。

契約期間が十数年にのぼり、安定した収入が見込める生保ビジネスならではのしくみといえる。 ある業界関係者は「手数料100%は破格だが、60~90%に設定している保険会社は少なくない」と明かす。

ほかにも保険会社が販売に力を入れる11月や年度末の3月になると「キャンペーン」と称した手数料の上乗せもあり、その実態はかなり複雑だ。 手数料競争が過熱している背景にあるのは保険ショップの普及だ。

今や国内2000店舗を超え、生保販売の1割強を占める有力な販売チャネルに育っており、生保にとって無視できない存在になっている。様々な保険会社の商品を取りそろえる保険ショップで自社商品を販売員に勧めてもらうには特徴が必要だ。

とは言え、商品でなかなか違いを打ち出すのは難しい。手数料を他社より高めに設定するのが販売員の目を引く早道というわけだ。 「高額の手数料を受け取れる保険商品ばかり勧められているのではないか」。

保険加入のために来店した顧客の意向をくみ、必要な情報を提供するよう義務づけた改正保険業法が5月末に施行された背景には、消費者側のこんな不信感があった。

別の関係者は「もちろん販売側に原因はあるが、手数料漬けにした保険会社にだって非はある」と批判する。 外貨建て保険や変額年金など運用型商品については、保険会社が銀行側に支払う手数料を10月から開示する動きが広がりつつある。

不透明な手数料を明らかにしようとする流れは、がん保険や医療保険を取り扱う保険ショップにおよぶのではないか。そう身構える関係者が増えている。

私の湘南の自宅

湘南の自宅です。
昨日は、自宅でゆっくり出来ました!

イメージ 1


イメージ 3


イメージ 2



年収400万円であれば、この家さえ住宅ローンで買えます。
住宅選び(資産になり得る)と、保険選びは、同じです。どちらも資産になって行きます。

あとは、価値ある物件、商品に契約出来るかです。
見抜く能力と行動力です。
そのために、勉強だいを賭けて、探究していくのです。

羨ましいとかでは、何も始まりません。
動くのです。後でなく、今動き、探究していくのです!
ある外資系生保の米ドル建て終身保険 *この保険商品、保険代理店では販売されていません。申し込みするには、私の紹介が必ず必要です。
 
33歳、男性
基本死亡保障、10万ドル(1000万円)
年払い保険料、およそ2750ドル(27万5000円)
保険料、10年払い
保険料支払総額、およそ2万7500ドル(275万円) 
*ちなみに5年払い契約の保険料支払総額は、2万4000ドルあまりです。安すぎます。
65歳時の解約返戻金予定額、11万8327ドル(1183万円)・・・・・・保険料総額の4.3倍の予定です。
70歳時の解約返戻金、15万7561ドル・・・・・・保険料総額の5.8倍の予定です。・・・少しずつ、取り崩します。
80歳時の解約返戻金、27万2900㌦・・・・少しずつ、この解約返戻金を取り崩し生活資金に充当します。
85歳時の解約返戻金、36万8200㌦(3682万円)
80歳時の死亡保険金予定額、30万6074ドル(3060万円)・・・・保険料総額の11.3倍の予定です。
90歳時の死亡保険金、48万6450ドル
 
 
一方、格安と言われる通販のオリックス生命http://www.orixlife.jp/product/rise/終身保険)の保険料支払総額は、640万円前後です。高いですね。つまり、契約する価値なしです。仮に、85歳で亡くなっても、オリックスの終身保険は、33歳のときに契約したときの基本死亡保険金1000万円だけしか、支払われません。
 
83歳で亡くなったとして、33歳の50年後の貨幣価値、物価はどうなっていることでしょう。50年後の1000万円なんて、現在の200万円くらいの価値しかないことでしょう。つまり、支払った保険料総額以下の死亡保険金となります。それを多くの人たちは、これらを考えず目先の終身保険金1000万円に若い時、今契約するわけです。大損する終身保険契約と、気がつくべきです。
 
 
保険評論家
野中幸市




社会勉強は、怠けてはいけません!

勉強、相談、お待ちしております。

今日は、一日湘南でした。

イメージ 1


イメージ 2

3階屋上ベランダからの写真。
今、湘南から電車にて、東京の自宅に帰る途中です。

/////
海見て、明日から仕事、頑張ります。辛いですが、頑張ります。

皆さんも、明るい将来構築に向けて、頑張って下さい。
保険に関しては、私が手助けできます!  相談、お待ちしております。日本一価値ある保険提案をしていきます。


保険評論家
野中幸市

私が、亡くなる時1億円以上の保険金・・・・・自分で賢く構築して行くこと。

私が亡くなる時、家、保険金、其の他合わせて、総額1億円以上の資産が家族にわたります。
富裕層の職業、家庭から見れば、1億円では足りないでしょう。最低でも3億円以上でしょう。

私の家庭からすれば、本来は、家を除いて5000万円以上の死亡保険金が、80歳、85歳で亡くなってもらえれば、大丈夫です。ですから、1億円は必要ありませんが、しかし、子供が医学部に行くとか、海外大学院に行くとなると、やはり1億円くらいの資産が保険金として契約していないとダメです。

さて、問題は、
何歳までに、死亡保障が幾らくらい必要かのその年齢です。

例えば、定年退職する前までの65歳時まで、子供の教育資金など、様々かかります。その65歳までに亡くなったら、これこそ大変ですから、この間の死亡保険金は、家庭によりますが、3000万円くらいは契約しておいたほうがよいでしょう。掛け捨て死亡保険でも。あるいは5000万円範囲内まで。家庭によります。

私の家庭は、この間の死亡保険金は、2000万円くらいでしょうか。
残りというか、1億円以上の死亡保険金は、60歳とはいわず、90歳でも、いつ亡くなっても必ず家族がもらえる終身死亡保険≒貯蓄性に契約しています。

1億円以上の終身保険? 保険料支払いだけでも相当高いからに、普通のサラリーマンでは毎月ないし年払いでも支払えないでしょう、私たちと暮らす生活が違うと思うことでしょう。

しかし、違うんですね。皆さんは、保険の無知に近い保険知識しか持ち合わせていませんから、自分の住む町の保険会社の外交員やショッピングモール内や駅前の保険代理店にて、あるいは通販で保険を見せ掛けの比較で保険を決めて、契約していると思います。それって、よい保険商品ありますか? ほとんどないですよね。

あったとしても、保険外交員や保険代理店FPさんたちは、そういう保険勧めたりね比較対照の保険商品に提案すらしてくれませんから、保険屋さんたちFPの都合のよい保険会社5社くらいに絞り、その5社の中から、医療保険やがん保険、収入保険、学資保険、終身保険、外貨建て保険、個人年金保険を表向き比較したかに見せ掛けた中から、選んで契約していますよね。だから、バカなんです!

そんな、保険、契約して、どこに契約する価値があるのでしょう。今の時代です。
もっと、価値ある保険と言うのは、別のところに販売されているのです。そういうことを皆さん、知りません。

例えば、終身保険3000万円の保険料は、相当高いですよね。会社員平均年収の35歳お父さんなら、給料の中から支払い続けることは不可能です。保険料毎月10万円くらいになってしまいますから、。それを60歳まで支払うことなんて、出来るはずもないのです。

しし、私は、30歳の時から、また二年前までにかけ、終身保険を契約し続けてきました。総額1億円以上です。
保険料はというと、皆さんが支払う保険料の三分の一以下です。それでいて、同じ保障額、それ以上の高品質の保障で、契約しているのです。三分の一と半分の保険料なら、普通の会社員の月給からも支払い可能ですよね

ですから、その違いは大きく離れています。
そこに、皆さんは、分かっていません。何でも館でもね保険屋さんFPのコンサルティングを信用しきって、また雑誌や単行本の話しを真に受け、保険とは、これこれこういうモノなんですと、都合よく脳に埋め込まれてしまっているのです。

それを変えないと、行けないと思います。
保険に、正解なんでありません。

あなたは、今33歳、妻あり、子供3歳だから、これだけの死亡保険金と医療保険5000円が、65歳まで最低限必要だとか、そんな決まりはありません。すべて、保険屋さんたちの都合のよい保険提案でしかないのです。

そういう他人の保険をいくら必要だとか、この商品にいくら必要とか、それで保険を決めないことです。
自分が欲しい額を決めればよいのです。欲しい額にならないのは、それは保険料を支払っていける給料を貰っていないからと言えます。ならば、その給料の支払える範囲内で死亡保障や医療保障額を妥協できる範囲な手で、客自身が決めればよいのです。

これに、保険外交員、保険代理店FPが、パソコンでデーターを出して、いくら必要ですなんて、そんなこと、聞く必要ないのです。他人につべこべ言えるだけの家庭事情も個性もしらない保険屋FPが、家庭内に入り込んで、保障額を決めるなんて、とんでもないことなんです。

いいですか! 皆さん。社会の流されないことです。

そして、価値ある、安い保険、特に皆さんに話したいのが、一生涯の死亡保険≒終身保険を出来るだけ高い額で構築して行くことです。医療保険商品よりもです。終身保険にです。

そういう、価値ある終身保険、私や私たち仲間が契約しているのです。安く高い保障額の終身保険、あるのですから、謙虚な姿勢で、教えてもらうのです。

勉強代はかかります。これまで勉強してこなかった分、またこれから保険金で儲けるための策を勉強して行くのですから、勉強代当然かかります。

それが理解できるなら、あとは行動して求めていくことです。勉強して行くものたちだけが、保険契約の賢者≒勝者として行くことでしょう。家族に幾ら保険金を遺してあげれるか、それは、その人の価値とも一つ言えます。

今、まだ結婚していないから必要ないではありません。今から構築して行くのです。事がうってから構築ではありません。そういう価値ある保険商品があるなら、今のうちです。いつ売り止めになるか分かりません。


皆さんの保険知識が向上しないのは、すなわち保険外交員、保険代理店CFPさんたちの保険能力が、ないからです。あるようで、本当は無いんですね。保険外交員、保険代理店FPさんにある保険能力?は、保険料が即座に分かる保険会社から与えられたパソコンがあるから、保険料や設計書がすぐ見れるという差が、実質、保険消費者との保険知識の差だけなんです。

つまり、その差を埋めることができたなら、当然、男女の保険外交員、保険代理店CFPさん以上の能力のある保険消費者になることは、間違いありません。

しかし、皆さん、価値ある保険は、そこらにはありません。
だから、私のところで、勉強させてもらうのです。

勉強代は、決して、ケチってはいけません。ケチる、ケチらない、その違いは、これからの大切な保険契約、保障にも、大きく影響して行く、自分と家族の人生の分かれ目にもなってくると思います。

何故なら、保険です。何千万、1億円以上のお金がかかっている保険契約なのですから。これは、軽視できませんる勉強です。一緒に、ここで、価値ある保険と言う社会勉強をして行きましょう。他では出来ず、ここでしか出来ません。


保険評論家
NPO法人生命保険格付協会顧問http://www.seihokakuzuke.com/
オフショア連絡会主宰  勉強先二つ目です。
野中幸市