FC2ブログ

損保代理店勤務の女、400万円横領で逮捕

損保代理店勤務の女、400万円横領で逮捕

日本テレビ系(NNN) 11/29(火)

 都内の損害保険代理店で経理を担当していた女が、400万円以上を横領したとして逮捕された。

  業務上横領の疑いで逮捕されたのは、東京・足立区にある損害保険代理店の経理担当・田丸弘美容疑者(48)。

警視庁によると、田丸容疑者は去年から今年にかけて、勤務する代理店の銀行口座から約30回にわたり、合わせて現金427万円を横領した疑いが持たれている。

会社の経理を一手に担っていた田丸容疑者は、金庫から会社のキャッシュカードなどをたびたび勝手に持ち出し、金を引き出していたという。
  調べに対し、田丸容疑者は「借金の返済にあてた」などと容疑を認めているという。
スポンサーサイト



人は、いつかは死んでいくのだから、終身保険を選択する賢さをもつ。ある先の終身保険のみに。

人は、病気して入院保険にお世話にならなくとも、人は、必ずいつかは死んでいくことは、わかっているわくです。

ならば、確実にもらえる終身保険に契約何千万円と契約してもよいかと思います。
私は、その考え方です。

自分より、家族のことを考えると、家族に必ず遺せるものを考えます。

そこで、どこの視点で、終身保険を求めるかです。
その答えは、途中の解約返戻金の額でなくて、保険料支払い総額の何倍の死亡保険金、高度障害保険金が、もらえるかです。

私は、今も安い保険料で申し込み出来るある生保の終身保険を選びます。年齢にもよりますが、支払い保険料総額の最低5倍以上の死亡保険金がもらえる商品にです。


そうした終身保険があるのですから、契約しない手は、ありません。そこらの終身保険とは、大違いです。

申し込み出来る今のうちです。いつまでも申し込み出来ません!


情報収集先
生命保険格付協会
http://www.seihokakuzuke.com/
勉強先
オフショア連絡会

全国各地から、保険見直し相談、ありがとうございます。


こんばんは。

生命保険格付協会です。

全国から、保険相談、保険格付け情報依頼、ありがとうございます。

昼間働いている会員の皆さんからは、夜からゆっくりの保険相談がメインではありますが、その環境がここにあります。

全国各地にある保険代理店、FP事務所、保険外交員等に、保険見直し相談するより、何十倍も消費者寄りの保険提案、信頼性も高いと言えるでしょう。

その背景には、保険を販売も、保険販売の代理業である保険代理店やFP独立系事務所経営していませんから、そこに信頼性があります。


全国から、会社員、会社経営者など、相談、格付け情報依頼、お待ちしております。


当会は、無料相談は、行っていません。
無料相談で、大切な保険相談、保険契約は、絶対してはなりません。

セイメイホケンとは、人の命、病気、怪我となる大切な金融商品の投資、契約なわけです。それを無料で、保険相談で、自分の人生の保険契約を決めてしまうことは、おかしいのです。ここを理解していないで、義理人情や、表向き安く見せつけているネット保険会社の保険販売、通販、ショッピングモール内の保険代理店に、皆さん、引っかかっていると言えます。

もっと、保険は、消費者側の立場で、保険探しするべきです。保険探しは、保険代理店の無料相談では出来ません。


無料ほど無価値な保険に契約させられることは、分かり切っています。テレビそもの無料相談する保険代理店チェーンにも、相談は禁物です。


NPO法人 生命保険格付協会

高額がん治療薬いきなり半額、薬価ルール崩壊の内幕

 結局、来年2月1日から、オプジーボ点滴静注100ミリグラムの薬価は72万9849円から36万4925円に下がる。同じ100ミリグラムで「米国約30万円、英国約14万円、ドイツ約20万円」(塩崎恭久厚労相の参院予算委員会での答弁)であり、欧米と比べるとまだ高い。

///////
貯蓄せい生命保険も同じです。


NPO生命保険格付協会
http://www.seihokakuzuke.com/

40才、格安の終身保険料、値上げが来る前に

今、申し込み出来ます。

運用利率、現在5%です。
5%ですから、そのぶん、保険料も超割安なんですね。ここ、重要なポイントです!!!
10年前から変わっていません。凄いですね!


保険例、
40歳、女性

保険料年払い、3010ドル=30万1000円 (月払いに換算して2万5000円)

保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、3万100ドル=301万円・・・・

・参考までに保険料5年払いは、保険料支払総額およそ2万6000ドル(260万円)あまりです。

260万円の保険料総額なんて、信じられませんよね!40歳で、この安さです。ジブラルタ生命、メットライフ生命、SONY生命、プルデンシャル生命の保険料とは、何百万円も支払い総額がちがいます。


10年払いより4000ドル、つまり40万円も安くなります。

50歳時の解約返戻金予定額、およそ2万8000ドル (払戻率* 92%)

20年後の60歳時の解約返戻金、6万100ドル・・・・保険料元金の2倍の予定

70歳時の解約返戻金、11万6000ドル・・・・・・・保険料元金の3倍位以上の予定

60歳時の死亡保険金予定額、およそ13万2000ドル=1320万円

70歳、およそ17万2000ドル

80歳、24万5000ドル90歳、37万6000ドル・・・・死亡保険金額が凄い。家族に遺せます。



以上、情報です。



生命保険格付協会
http://www.seihokakuzuke.com/

品質高い貯蓄性死亡保険の相談、お待ちしております。

総額190万円の保険料というのは、普通の生保では考えられませんね。
 
 
米ドル建て貯蓄性終身保険です。現在、利率5%です。

会社員女性 30歳   
基本死亡保障額、10万ドル(1000万円)
保険料、年払い 3800ドル(25万9500円)
保険料支払い期間、5年払い、払込完了です。  5年払いで終えます。!!!!!!
保険料総支払額(元金)、およそ1万9000ドル(190万円) 
 
50歳時の解約返戻金予定、4万4100ドル(441万円) 契約して20年後で元金の2倍以上の解約返戻金です。
65歳時の解約返戻金、11万3100ドル(1131万円)
70歳時の解約返戻金、15万ドル(1500万円)
 
50歳時の死亡保険金予定、12万6900ドル
80歳時の死亡保険金、29万6900ドル(2969万円)・・・・・・・保険料元金の10倍以上の死亡保険金
90歳時の死亡保険金、46万4500ドル(4645万円


*ちなみに、35歳、世界一高いニッセイの終身保険死亡保障1000万の契約で、総支払い保険料額は、680万円以上の保険料になります。 これら保険会社の契約で、契約50年後、85歳で亡くなっても契約した当初と同じ1000万円の保険金しか貰えません。これで、契約する価値ありますか?明治安田生命など、大手生保の保険料総額は、簡保より更に高いです。


来店型保険代理店では、販売していません。
 
勉強です。
保険会社男女の外交員さん、保険代理店CFPさんたちも、私の下、勉強してみることです。
良い保険商品情報は、ここしかありません。ネットで他のサイト検索しても、5%終身保険情報なんて、でてきません。出てくるなら、契約する価値はないのです。

つまり、普通に販売されている、どこでも申し込みできる貯蓄性保険商品というのは、それなりの低い利率で、猫も杓子ものくず貯蓄性保険商品なのです。そこに気が付くことです。保険外交員や保険代理店FPたちは、保険契約が欲しいがために、必死になって、貯蓄性の高い?変額終身保険とか、変額個人年金保険とか、利率変動型終身保険とか、米ドル建て終身保険とか、豪ドル建て終身保険とか、低解約返戻金型の90歳定期保険とか、低解約返戻金型の終身保険をひっしに保険提案して、契約させてきています。そんな屑貯蓄性保険、契約したらダメです。将来の貨幣価値に見合いませんし、保険料が馬鹿高すぎます。比較する対照商品に引っかからないことです。


相談、お待ちしております。
保険契約とは、お金の損得契約なのです。

勉強、しっかりしてください。
それには、信頼できる人に相談する、価値ある保険情報を教えてもらうことです。



50才、格安保険料総額で、しかも高利率米ドル建て貯蓄保険です!

これほど安いのは、他にありません。目から鱗でしょう。50歳で、トータル、この保険料支払総額です。他の米ドル建て終身保険なら、保険料支払総額、2倍弱はするでしょう。

これだけ、安い終身保険、他にはありません。

全国各地にある大手フランチャイズ方式(ほっかほっか弁当と同じフランチャイズ形式)の来店型保険代理店では、販売していません。


現、運用利率5%だから、この安い保険料になっています。
凄すぎます。


50歳、   1ドル100円換算しています。分かりやすい表示のため。

保険料、年払い、およそ7800ドル78万円
保険料支払い期間、5年
保険料支払総額、およそ3万9000ドル390万円

65歳時の解約返戻金、およそ6万1000ドル=610万円
70歳時の解約返戻金、8万8000ドル
80歳時の解約返戻金、17万ドル

70歳時の死亡保険金、およそ14万5000ドル
80歳時の死亡保険金、20万9000ドル≒2090万円
90歳時の死亡保険金、32万6000ドル

保険料、10年払いもあります。
この終身保険なら、40歳を超えた子供さんにも、高い死亡保険金を遺してあげれます。
遺してあげれますから、今貯めている預貯金や家は、夫婦の遺された人生で使い切って良いと思います。

50歳代の皆さん、私はまだまだ30歳代、40歳代半ばくらいの精神を持っているという人、相談お待ちしております。もう、私は叔母さんと思っている精神人、相談お断りします。明るく生きましょう!


勉強代出して、お金の損得、効率性の保険を求めた勉強です。この視点、思考は、保険外交員、保険代理店にはありません。


この保険、20歳代から、50歳代まで、保険消費者のみならず、保険会社本社支社内勤社員、外交員、保険代理店経営者CFPたちも申し込みしています。申し込みに至っては、私の面談がなされないと、前述の米ドル建て終身保険は、申し込みすら出来ません。

そういう特別扱いされる貯蓄性米ドル建て終身保険があるんですね。これは、格差保険社会ともいえるのです。私の前では、保険外交員、保険代理店CFP、楯突く人間は誰も居ません。ここまで言うか?

言ってやらないと、この保険業界人たちには、分からないんですね。客を舐めて保険売っていますから、つまり、顧客第一の保険提案でなく、トンでも保険をお勧め商品として売り続けているらです。

謙虚な姿勢の人なら、保険業界人も、私が評価した質の高い貯蓄性終身保険、申し込み出来るチャンスを提供します。



<保険は、お金の損得の契約であります。お金の損得の勉強、無料で相談に乗るはずもありません。

無料相談する先は、保険外交員、保険代理店のファイナンシャルプランナーさんたちであり、客側の利益に沿った保険相談なんてしませんし、その高い金融提案能力もありません。

どこでも駅前、スーパー内で売られている貯蓄せい終身保険、個人年金保険に、今契約するなんて、馬鹿なものが、することです。怠けないで、真剣に保険の勉強を今までと違う角度からしていかなくてはなりません。