FC2ブログ

生命保険の無料相談所(保険代理店、FP事務所)で“いいカモ”になるケース

保険の無料相談所で“いいカモ”になるケース

プレジデント 8月7日

世にまかり通る保険の常識の数々。しかし、それを信じると思わぬ落とし穴に入り込むことに……。そんな実は「非常識」なことを保険のプロたちがつまびらかにする。

■無料相談所 TVなどで保険の「無料相談所」の宣伝をよく見かける。しつこい生命保険会社のセールスレディーと違って、「相談所なら自分に合った保険を勧めてくれる」と考えてはいないだろうか。

だとしたら、あなたは相談所にとって“いいカモ”になってしまう。 保険業界にくわしいコンサルタントのAさんは、こう警鐘を鳴らす。 

「保険の相談が無料なだけで、ボランティアではありません。あくまでも、複数の保険会社の商品を扱う乗り合い保険代理店で“商売”なのです。

保険代理店の経営は、成約した保険の手数料で成り立っています。お客さんさえ納得すれば、なるべく手数料が多く取れる保険を売り込もうとしてきます」 

そんな相談所の典型例が「学資保険」に入ろうとして、「低解約(返戻金)型終身保険」を売り込むパターンだ。

学資保険は、若い世代が主対象で、子供の教育資金を貯めるための積み立て型保険。一方、低解約型は保険料が安い代わりに、中途解約すると通常の終身保険の返戻金よりも減額される。 

ある生保のプランで30歳の男性が60歳の払い込み満了で毎月1万9490円を支払ったときの累計保険料は701万6400円。

その満了直後の解約返戻金は792万円なのだが、それ以前であると返戻金は3割減にダウン。満了のわずか1カ月前に解約せざるをえなくなった場合も同じであることを考えたら、空恐ろしくなる。 

「学資保険は、若い人を引きつけるための目玉商品。手数料が少ないので、うまみがありません。

そこで、巧みに低解約型へと誘導するのです」とAさんはいう。その手口を、相談所関係者であるBさんが明かしてくれた。 

「たとえば、パンフレットの上のほうに一般の積み立て型保険、真ん中に低解約型、下のほうに学資保険の説明を載せます。

名目上の利回りは、低解約型が最も高いので目を引くし、真ん中に載っている情報が、心理的に一番頭の中に残りやすいからなのです」 

なかには保険を比較検討するため、懸命に“相談所巡り”をする人もいる。しかし、驚くなかれ、そこにも落とし穴が待ち構えているのだ。 

「駅前に“看板”の違う相談所が並んでいても、実は、経営している会社が同じだったりします。

どこの相談所に行っても同じ保険を勧められるので、かえって『この保険がベストに違いない』と、信じ込んでしまう人も少なくありません」(Bさん) もし学資保険に入りたいのなら、相談所は“鬼門”と考えよう。
スポンサーサイト



50歳前に、この米ドル終身貯蓄性保険に入っておくこと。

そこらの男女保険外交員や、全国各地の保険代理店ファイナンシャルプランナーが、そこら都市、地方銀行内で販売されている米ドル建て終身保険とは、月とすっぽんです。そのそこらで売られている米ドル建て終身保険は、保険料だけけでも何百万円の支払い総額の格差、運用利率、契約利率も、2%以上の格差、解約返戻金も500万円以上の格差、死亡保険金に至っては最低でも1000万円以上の格差があります。

以下、50歳前の49歳の米ドル建て終身保険の簡易内容です。
信じられますか?

運用利率、現在も5%です。この5%、10年以上前から継続されています!
 

この年払い保険料と保険料支払い総額、
普通の終身保険の半分近い保険料支払総額です。例えば、かんぽ生命や通販のオリックス生命の円建て終身保険と比べて半値近い保険料の大差です。つまり保険料支払い総額350万円以上の損得格差があるという現実です。終身保険1000万円相当の死亡保険契約です。

当然、通販の安いと考えているオリックス生命の終身保険や大手生保ニッセイの終身保険に契約している人たちは、350万円以上無駄な保険料を支払っているということになります。 

以下、情報です。

なお、この外貨建て保険は、保険代理店では販売されていません。特別な入り方をします。ご縁のある方、どうぞ。

効率的な貯蓄性終身保険の公開です。

この商品、無料相談はしていません。
申し込み出来るか、出来ないか、面談にて、判断させていただきます。判断の後、諸手続きにそって、申し込みすることが可能となります。

前もって、この商品、死亡保険ということを忘れてはいけません。 その上で、紹介です。

49歳 女性

1ドル、100円換算で例えています。
米ドル建て終身保険
基本保障、10万ドル
保険料、10年払い
年払い保険料、4100ドルあまり、保険料支払総額、4万1000ドルあまり

険料5年払いすると、さらに割安で、総額 3万6000ドルあまり 5年払いは、より得ですね。

69歳時の解約返戻金予定額、およそ8万5000ドル(850万円)・・・・保険料元金の2倍近くの予定。
71歳時の解約返戻金、9万9100ドル(991万円)
71歳と2ヶ月後、10万ドル(1000万円)
79歳時の解約返戻金額、16万3000ドル

69歳時の死亡保険金予定額、14万3000ドル
80歳時の死亡保険金額21万2000ドルあまり(2120万円)・・・・・・これだけ子供たちに遺せたら・・・・・・・
90歳時の死亡保険金額、32万9000ドル


あとは、勉強次第ですが、勉強する前に面談等があります。
大手の生保の一つです。きっと、この生保なら信頼できることでしょう。


保険業界人の申し込みも、出来ます。


謙虚な業界人しか、申し込みさせません。そういう業界人は、この業界少ないですが・・・・。
保険屋さんという職業は、悪く言えば、一発大儲けする仕事の一つでもあります。だから、出入りが多いのですね。

大手生保に至っては、片手間で大手生保は雇い、中途半端な社員教育で、地縁血縁、同級を保険に契約させた後、クビニして行きますね。ほんと、汚い商売だと思います。また、世界一高い大手生保と簡保の保険料、これは非常識そのものです。これら改善して行かないと、この業界、消費者から信用されません。

勉強代は、かかります。
決して安くない勉強代ではありますが、安い勉強代だして保険相談しても、それは無料保険相談の保険代理店と、同じ結果、無価値な終身保険しか手に入らないこと100%です。
勉強代は、ケチってはなりません。そこにこそ、お金をかけて価値ある商品を手に入れることです。これが富裕層、あるいは一般会社員の賢い一部人たちと、皆さんとの考え方の違いになるかと思います。


以上、オフ連絡会からの情報を抜粋しました。




格付け協会事務局   年末年始も、メールにて、また一部の会員に対しては、面談での相談をしています。面談相談は、全国各地に参ります。



学歴ではない!人間、賢さが重要。

学歴がないと、賢くないのか?
違いますよね。

高い学歴あっても、年収200万に満たない人も、たくさんいます。

人の幸せは、学歴ではないことが、50歳を越えた頃から、分かってきます。

ようは、どう人と付き合っていくか?鋭い価値あり情報から自分の身にして行けるか?

そこのつかみ方、だと思います。

これができず、社会にうまく流されて行くと、ダメな生活結果となる、蓄え、資産運用にも、繋がって行くのだと思います。

特に、マスコミの情報からは、あまり得るものがないと思います。

ここでいう、保険特集の書籍や、雑誌の保険ランキング本など、実になる情報にはなりませんことが、わかります。


社会にうまく流されないで、生き抜く力。
自分への投資、身になる、実に繋がる勉強をしていってもらいたいです。

今日は、北風が強いですが、暖かい日ですね♪


会員入会、相談は、年末年始関係なく出来ます。
お待ちしております。

私も、謙虚に勉強。


格付け協会
http://www.seihokakuzuke.com/

30歳会社員、100万円の保険料で、1000万円以上の貯蓄終身保険が買えた。

こう言う貯蓄終身保険に、契約できたのは、野中幸市氏からの他では手に入らない価値ある情報からでした。それがFPファイナンシャルプランナーとの差の一つかもしれません。


30歳時契約、男性、米ドル建て終身保険、基本死亡保障10万ドル=1000万円(現在の為替換算)

保険料、一括払い、1万541ドル=105万円4100円
50歳時の解約返戻金、5万3920ドル=539万円
66歳時の解約返戻金、18万3747ドル=1837万円・・・・保険料元金の17.4倍の解約返戻金です。
71歳時の解約返戻金、25万7881ドル=2578万円
81歳時の解約返戻金、44万1203ドル
81歳時の死亡保険金、48万3469ドル=4834万円86歳時の死亡保険金、58万1172ドル=5811万円  


格付け協会事務局
http://www.seihokakuzuke.com/

騙す商売が、保険屋と言える。

数ある保険商品。
a外交員、b保険代理店のファイナンシャルプランナーは、この終身医療保険、ガン保険が一番お勧めという。

c外交員、d保険代理店ファイナンシャルプランナーは、別の終身医療保険、ガン保険が一番お勧めという。

また、こう言うケースある。
コンビニのように、土素人にちょっと毛が生えたくらいの保険知識の人材がほとんどの全国各地にフランチャイズチェーンする同じ代理店姉妹店a.b店、沿線の隣同士の駅前にある代理店に無料相談して、違う保険商品を提案します。同じ客なのにです。

こう言う経験して、何がなんだか?誰を信用すればよいかわからなくなりましたと、当会に最後頼って相談する人も、少なくありません。

保険外交員、独立系保険代理店のファイナンシャルプランナー、銀行内のファイナンシャルプランナーも、保険会社の手先には、かわりありません。

保険会社は、外交員、保険代理店のファイナンシャルプランナーに、この医療保険、ガン保険を売れ、ボーナスを上乗せするとして、販売ノルマを課しているのです。当然です。外交員、保険代理店も、企業戦士なのですから。

それを忘れる保険相談客。
これに、業界が作ったFP資格を客に信用させて、勧める商品に、落とし込むわけです。

だから、そうならないためにも、消費者側は、保険の勉強をしないといけません。

その勉強を格付け協会でしてください。
消費者側が、厳しく評価した保険会社、保険商品がわかると思います。参考にして、勉強してみて下さい。

無料範囲内の勉強は、しないことです。意味、価値がありません。

年末年始関係なく、夜もメールにて、相談出来ます。会員入会、お待ちしております。お金の勉強です。




格付け協会
http://www.seihokakuzuke.com/

勉強代をケチって、無料の保険相談なんて頼るな!!



以下、格付け協会の顧問である野中幸市氏のブログより、抜粋です。


お金の儲け方、保険含む金融商品の賢い求め方、契約の仕方のために、自分の能力向上しないと駄目です。
つまり、勉強することです。その勉強は、無料範囲内での勉強、無料相談範囲内の勉強とか、1万円くらいの勉強代で、お金の運用、賢い商品に契約できるような賢くなるなんて、できるはずもありません。

そういう人は、社会を分かっていません。社会に上手く流されるだけの人です。
社会に何がされてしまう典型的な例として、FP≒ファイナンシャルプランナーに保険相談するとか、相続税相談するとか、資産運用相談するとか、ここに頼っているからこそ、馬鹿な消費者、投資者なんです。

FP≒ファイナンシャルプランナーなんて、くず資格であり、クズ資格をアメリカの資格会社が、日本にフランチャイズ化して、儲けている資格商売に、保険会社中心にして、客から大儲け≒騙しコンサルタント商売目的に出来た資格なんです。

そこが、皆さん、分かっていないまま、FPにお金の相談と、出版社、新聞記者までも、引っかかってマスコミ登場させているんですね。

業界よりの資格者の保険外交員、全国各地の保険代理店経営者、勝手にいう中立公平な、かつ独立系FP事務所だとか、独立系保険代理店と名乗り、保険販売している連中、騙されないこと。

騙されない、今販売されている商品の中で一番品質の高い保険商品を探し求める、また家族にしっかり高く遺せる高い保険金額を求めるためにも、自分自身が能力向上しないと駄目です。

FPなんて、頼っては駄目。保険会社の手先なんですから!!

自分の能力向上のために、自分にお金を投資すること、つまりしっかりケチらず、勉強代出して、価値ある先の勉強会などに参加なり、会員になるなりして、自分が成長して行くことです。

それをしなければ、いつまで経っても、保険会社外交員、全国各地の義理人情の付き合いの下の?保険代理店経営者、FP事務所の連中に、死ぬまで丸めこまれてしまうだけです。

勉強代、ケチってはいけません。
自分のため、自己投資、それが先決。それを学んでから、ここでいう保険探しと言う順番です。


勉強、お待ちしております。
保険評論家
野中幸市


以上、
野中幸市氏のブログより、転記しました。


NPO法人生命保険格付協会事務局  
保険トラブル、保険見直し相談先及び保険会社・保険商品格付け情報入手先です。

31歳女性、とんでもない格安、5%以上の高利率終身保険、契約できる!

以下、保険評論家、野中幸市氏からの情報です。
以下、文面、そのまま転記しています。


この米ドル建て終身保険、今週でも申し込みできます。あとは、皆さんの行動次第です。


ある●●生保の終身保険(米ドル建て) 現在、運用利率5パーセント以上

例、
31歳、主婦(および会社員)  *分かりやすいように、1ドル100円計算とします。

最低基本死亡保障、10万ドル
保険料年払い、およそ3900ドル≒39万円
保険料支払い期間、5年(5年ですから、45歳で保険料支払い完了です。)
保険料支払総額、およそ1万9500ドル(元金)≒195万円・・・195万円で1000万円の終身保険が買えるわけです。安すぎますね。

*このほか、保険料支払いは、10年払いなどもあります。その場合、保険料は5年払いの二倍くらいになります。

61歳時の解約返戻金予定額、およそ8万8000ドル
65歳時の解約返戻金予定額、11万2000ドル≒1120万円
70歳時の解約金、14万7000ドル・・・・・・保険料元金の7.5倍

65歳時の死亡保険金予定額、およそ17万5000ドル
80歳時の解約返戻金、29万2000ドル・・・・・・・・・保険料元金の14.9倍
90歳時の解約返戻金、45万6000≒4560万円


この31歳という年齢で、これだけ格安の米ドル建て終身保険、凄すぎます。
何だかんだ言っても、入った者、契約した者、勝ちです。


保険代理店では、売っていませんよー。
ほけんの窓口でも、みつばち保険でも、販売していませんよー。そんなところに売っていたら、価値なくなります。

この終身死亡保険商品、保険屋さんたちも、どうぞ。


相談、お待ちしております。
無料相談はしていません。
 お金の儲け方を教えているのですから。


私も、私の仲間の一部保険業界人、一部保険消費者さんたちも、申し込み済みです。保険会社名、申し込み方など、ここでお教えしません。申し込みは、私の紹介がなければ、保険業界人でも申し込みすることは、出来ません。だから、価値ある保険なのです。そこらで(テレビCMする大手保険代理店含み)販売されている米ドル建て終身保険とは、大違いです。

保険料支払い総額だけでも、そこらで販売されている(≒そこらの男女保険外交員やそこらの保険代理店CFP)米ドル建て終身保険と比べれば、
保険料支払総額で、150万円から200万円くらい安いですね。
途中の70歳時の解約返戻金額で、500万円以上の格差ですね。
80歳時の死亡保険金に至っては、1000万円以上の大差ですね。


/////////////////

以上、情報でした。
NPO法人 生命保険格付協会

ファイナンシャルプランナー=保険業者=注意

ファイナンシャルプランナーは、以下の保険資格等を持っています!中立なふりして、中立の立場ではなく、100%保険会社側に立つ人間たちです。保険会社から、販売報酬を貰ったりするのは、そもそも消費者側は、信頼出来ません!

ファイナンシャルプランナー=保険業者=保険代理店です。

ファイナンシャルプランナーがよく持つ資格一覧
証券外務員、生命保険、損害保険、変額保険、少額短期保険募集人。