FC2ブログ

勉強代も出さずに、どうしてよい保険契約ができるものか!

よく、考えてください。
勉強代も出さず、無料範囲内の保険探しの勉強や相談を保険屋にして、何が得になるのでしょう。
特になるどころか、最後は、大損間違いないでしょう。

保険外交員、保険代理店、また保険屋という名前を隠したFPファイナンシャルプランナーというのは、保険会社、保険企業の手先なわけです。

その手先は、利益率が高いある複数社の終身医療保険、がん保険、収入保険、終身保険、個人年金保険、利率変動型終身保険及び個人年金保険、低い利率のドル建て終身及び個人年金保険、変額終身保険、変額個人年金保険に契約させてくるわけです。

複数の保険会社商品を比較したかに見せ掛けるのが、来店型保険代理店の典型的販売手法≒保険無料相談なわけです。

独立系と言うファイナンシャルプランナーも、裏で保険会社や保険代理店と繋がり、都合のよい保険会社の保険に契約させるためのFP事業なわけです。

無料の範囲内の保険見直し相談など、相談する時間がもったいわけですが、しかし、無知な家庭は、土日や平日夕方以降に、夫婦そろって、ショッピングモール内、駅前店舗、老舗デパート内にある来店型保険代理店に、事前予約して来店相談です。これって、馬鹿な保険相談でしかない、そこに気がつかず、都合のよい保険会社数社から比較、その中から契約させること、何故、わからないのでしょう。

無料には、ちゃんと、理由があるわけです。無料ほど、高い買い物、無価値な保険ショッピングはないものです。
契約する価値がある保険なんて、保険屋さん、FPさんたちは、絶対しません。利益率高い保険を売って行かないと、商売していけません。

これが分かるなら、保険代理店、FPファイナンシャルプランナー事務所に、大切な保険を託さないことてす。

昨年テレビ報道された来店型保険代理店の本社社長も売り手側有利な保険の提案、売り方を認めました。
イメージ 1


勉強です。無料の保険の勉強、相談は、やめましょう。時間の無駄です。


格付け協会
スポンサーサイト



ソニー損保、勧めませんでした。

テレビコマーシャルでは、わからないこと、たくさんあります。
保険会社は、都合のよい保険宣伝をするものです。当たり前ですね。
高いテレビコマーシャル代を支払って、デメリットのことなど強調することは、どこの社もありません。

通販、ソニー損保の自動車保険よりも、上の評価の通販の自動車保険会社は、どこか。
それを求めていく勉強です。

自動車保険は、事故があったとき、その時不安になります。
そこで、印象の良いテレビコマーシャルのような、満足な事故対応度、そして満足いく満額の保険金を支払ってくれるものでしょうか?

そこなんです。
保険選びは、テレビCMの印象に飲まれてはいけません。

真剣に、自動車保険も、セイメイホケン、医療保険、がん保険も、考えていきましょう。すべて、人の命にかかわる大切なものです。

無料範囲内の勉強は、価値ありません。無料保険相談こそ、あとで高いものとなるのです。高いものあるいは、リスク、失敗、後悔になるのです。それが事起きてからでは、遅すぎます!


NPO法人生命保険格付協会 http://www.seihokakuzuke.com/
有料の会員制度となります。メールにて入会可能です。


超格安保険料! 30歳女性、1000万円以上の終身保険が、総額190万円前後で申し込み出来る!

総額190万円の保険料というのは、普通の生保では考えられません。
 
 
米ドル建て貯蓄性終身保険です。現在、利率5%です。

会社員女性 30歳   
基本死亡保障額、10万ドル(1000万円)
保険料、年払い 3800ドル(25万9500円)
保険料支払い期間、5年払い、払込完了です。  5年払いで終えます。!!!!!!
保険料総支払額(元金)、およそ1万9000ドル(190万円) 前後。為替変動等ありのためその日によって掛け金総額は異なります。
 
50歳時の解約返戻金予定、4万4100ドル(441万円) 契約して20年後で元金の2倍以上の解約返戻金です。
65歳時の解約返戻金、11万3100ドル(1131万円)
70歳時の解約返戻金、15万ドル(1500万円)
 
50歳時の死亡保険金予定、12万6900ドル
80歳時の死亡保険金、29万6900ドル(2969万円)・・・・・・・保険料元金の10倍以上の死亡保険金
90歳時の死亡保険金、46万4500ドル(4645万円


*ちなみに、35歳、世界一高いニッセイの終身保険死亡保障1000万の契約で、総支払い保険料額は、680万円以上の保険料になります。 これら保険会社の契約で、契約50年後、85歳で亡くなっても契約した当初と同じ1000万円の保険金しか貰えません。これで、契約する価値ありますか?明治安田生命など、大手生保の保険料総額は、簡保より更に高いです。


来店型保険代理店では、販売していません。
 
勉強です。
保険会社男女の外交員さん、保険代理店CFPさんたちも、格付け協会ではなく、情報先のオフ・・・・連絡会で勉強してみることです。


保険契約とは、お金の損得契約です。

勉強≒情報を入手する、そのノウハウが重要! しっかり身につけてください。その情報の差が、老後生活資金にも、また家族に遺す死亡保険金の額にも、大きな格差が付きます。


今、申し込み出来ます。

42歳女性、この貯蓄性の米ドル建て終身保険(5%利率契約)に先行投資だ!

良質貯蓄性商品です。

保険料、年払い、3050ドル
保険料支払期間、10年払い
保険料支払い総額、3万500ドル 
*保険料5年払いにすると、10年払いより、およそ3000ドルあまり割安になります。つまり2万8000ドル前後となります。

56歳時解約返戻金、およそ4万5000ドル
66歳時解約返戻金、9万1000ドル
71歳時解約返戻金、12万8000ドル・・・・・保険料元金の6倍です! すごいです。老後の生活資金一部にですね。

71歳時死亡保険金、17万9500ドル
81歳時死亡保険金、28万7000ドル・・・・・・保険料元金の何倍の死亡保険金受け取りでしょう。凄い保険金です。
91歳時死亡保険金、46万8500ドル・・・・・・すごい額ですね。


以上、私も契約している終身保険の一つです。

大手保険代理店や中小代理店のCFP、保険会社男女の外交員さんに聞いても、わかりませんし。
どこにでもあるような、クズ終身保険、契約してはなりません。


頭をひねって、勉強です。
契約した者勝ち。絶対に。これだけ超格安な終身死亡保険ありません。


以上、オフ会の情報でした。この情報、保険代理店、ファイナンシャルプランナー等、持ち合わせていません!ここにも、価値ありです。


この商品の勉強先、格付け協会では出来ません。
別勉強する会があります。

38歳契約! 5%利率の米ドル建て終身貯蓄生命保険、申し込み出来る。


今も、申し込み出来ます情報です。

これだけ安い保険料支払総額、ほかにありません。申し込み、本日時点でも、出来ます。38歳、女性、OL米ドル建て終身保険基本死亡保障額、10万ドル   

1ドル100円換算でわかりやすく計算します。

保険料年払い、およそ5000ドル(50万円)

保険料支払期間、5年払い5000ドル×5年間=2万5000ドル(250万円)保険料総額です。
超安いですね。

*ちなみに、保険料を10年払いにした場合の、
年払い保険料は、およそ2800ドル(28万)×10年払い=2万8000ドル(280万円)です。

これでも、とんでもなく安いですね!

契約して20年後の58歳時、解約返戻金予定額、5万7000ドル(570万円)

68歳時の解約返戻金、11万ドル・・・・・・保険料元金の4倍以上の利益になる・・・・これを老後の生活資金一部に!

70歳時の解約返戻金、12万3000ドル(1230万円)70歳時の死亡保険金予定額、17万9000ドル

 80歳時の死亡保険金、25万6000ドル(2560万円)・・・・・・・保険料元金の10倍の利益になる。

90歳時の死亡保険金、39万4000ドル娘に入ってもらいたい。


ちなみに、19歳の女子大生では、10万ドルの終身保険、保険料支払総額は、1万5040ドルくらいです。

つまり150万円あまりで、1000万円以上の終身保険が申し込みできるわけです。ほけんの窓口では、販売されていません。

ジブラルタ生命、プルデンシャル生命にも販売されていません。あとは、私のところで勉強するかです。

この保険、はっきり言えばお金儲け、優しく言えば、将来に向けて資産構築ないし遺族への高い保険金贈ることに繋がると思います。

そのためのお金の勉強を私のところで、どうぞ。無料でお金儲けの話しは出来ません。無料ほど、怪しい、騙されるものありません。

無料保険相談、そこがそもそもおかしいのですが、テレビなどでは無料相談などと、保険代理店が宣伝していますね。

以上の情報は、野中幸市氏nonaka@v7.comのオフショア勉強会からです。

http://blogs.yahoo.co.jp/a16311631jp/42977516.htmlhttp://

www.seihokakuzuke.com/offrenraku.htm

33歳OL、毎月2万円で始められる生命保険での高利率資産運用法

それも、保険料支払い期間は、10年間で支払い完了ですから、あとは、寝て待つ、仕事して、60歳を待つだけです。

現時点、5%の運用利率です!
契約年齢
33歳  女性

ある先の外資系米ドル建て貯蓄終身保険
基本死亡保障、10万ドル
保険料、年払い、2400ドルあまり≒24万円
保険料支払い期間、10年
保険料支払い総額、2万4000ドルあまり
もし、保険料を5年払いにすると、10年払いの保険料総額よりも3000ドル前後も、割安になります。
65歳時の解約返戻金予定額、およそ10万5000ドル≒1050万円・・・・保険料元金の4倍
70歳時の解約返戻金、14万ドル
70歳時の死亡保険金予定額、19万6000ドル
80歳時の死亡保険金、28万2000ドル
90歳時の死亡保険金、43万8000ドル・・・・・保険料元金の10倍以上です。


OLの皆さん、この米ドル建て保険を5年払いないし、10年払いで支払い終えてしまいますが、この保険を2本から3本契約します。つまり、基本死亡保障、20万ドル、30万ドル契約します。

20歳代OLから50歳代OL、主婦までもです。


この保険、大手代理店でも、販売されていません。


一般会社員のほか、保険外交員、保険代理店FPさんの申し込みもあります。
相談、お待ちしております。相談、勉強方法は、以下の通りです。


なお、保険商品の勉強は、格付け協会では出来ません。http://www.seihokakuzuke.com/
別の勉強策となります。勉強代等、かかります。
価値ある貯蓄性高い保険通して、老後の生活資金一部代用と家族に遺す終身死亡保険金を構築しましょう。
駅前やショッピングモール内の保険代理店ては、販売されていません。


30歳時から契約する先の保険会社と保険商品選択は、重要

どこの医療保険、ガン保険、死亡保険、貯蓄せい保険を選ぶことが、最も投資する側の客にとって、効率的、よりリスク低く、そして安心出きる先なのか?

これを、街中にある来店型の保険代理店ファイナンシャルプランナーに、託してはダメです。代理店ファイナンシャルプランナーは、中立の立場の人ではありません。

保険会社の手先に属して、保険会社と取引契約しています。比較して保険選びというトリックに丸め込まれることは、いうまでもありません。

はじめから、契約させる先の保険会社、保険商品を決めていて、それに都合よく比較出きる5社前後の保険を提示しているわけです。

保険選び、30歳代、効率よく、価値ある保険情報のある先にて、勉強させてもらうことです。

全国各地から、相談、会員入会をお待ちしております。



格付け協会
http://www.seihokakuzuke.com/

通販の自動車保険、ソニー損保より、他のあるb社通販損保の方が、良いです。

専門家から見て、頻繁にコマーシャルし過ぎるソニー損保の自動車保険より、他のb通販損保会社の方が、事故対応力、事務手続き力、保険金支払い満足度も、上です。保険料鑑みても。

私も、検証済みです。
この検証済み話は、保険会社の勝手都合のよい顧客満足度調査結果よりも、信頼性あります。

また、各通販自動車通販保険会社が公開した第三者機関が事故対応度を調査してNo.1というのは、全く信用できません。

保険会社のコマーシャルというのは、一方的な宣伝トークと冷ややかに見ることです。


評論家

出産費は高額!公的な補助制度と保険でここまで負担が減る

出産にはお金がかかります。しかし、どのような出産費用がかかるのか、公的な補助制度にはどのようなものがあるのか、知らない人も多いのではないでしょうか。

 費用としては、出産のほかに入院などがありますが、住んでいる場所、病院、出産方法などによって費用は変わってきます。多くは自己負担ですが、公的な補助制度を利用したり、民間の保険会社の生命保険や医療保険などに加入したりすることで出産の出費に備えることができます。

 今回は、出産費用を確認しながら、公的な補助制度や生命保険・医療保険でどのような出産費用がカバーできるのか紹介します。

■出産費用だけじゃない。妊婦健診にもお金はかかる?
これまでは、出産のためにまとまったお金を準備する必要がありました。しかし最近は、国や自治体などの助成が充実してきています。

 妊娠が分かったら、妊婦健診を受けます。初期の妊娠から出産まで何回健診を受けるかというと、厚生労働省の妊婦健診Q&A によると、妊娠から出産まで14回の妊婦健診が望ましいとのことです。

 妊婦健診の費用は個人差があります。自治体によっては妊婦健康診査費用助成をしているところもありますので、どのような助成を受けられるのか、お住まいの自治体の窓口で聞いてみるとよいでしょう。助成を受けられれば、自己負担金額は軽くなります。

■自然分娩と帝王切開での費用の違い
出産にかかる費用は、病院や部屋のタイプ、自然分娩か帝王切開かによって大きく異なります。

 自然分娩は自然の流れに沿った分娩のことです。ただし、陣痛促進剤やバルーンを使っても自然分娩という考え方もあり、明確な定義はありません。帝王切開は、自然分娩が難しいときに選択する出産方法で、外科的手術によって出産します。事前に医師の診断によって行う「予定帝王切開」と、出産の途中でトラブルが発生して行う「緊急帝王切開」があります。

どちらの出産方法にも「分娩費用」「入院費用」「新生児管理保育料」「検査・薬剤料」「処置・手当料」などがかかりますが、帝王切開の場合、別途「手術・処置料」などが加算されます。帝王切開の手術の費用は地域や医療機関に関わらず、22万2,000円(32週未満の早産の場合などは20万1,400円)です。

 自然分娩と違い、帝王切開にかかる手術費などは医療行為になるため、保険が適応されます。また、自然分娩に比べて帝王切開の方が入院日数は長くなる傾向があるようです。

■出産時に利用できる公的な補助制度
 出産には、まとまったお金が必要なことはイメージできたと思いますが、日本では誰でも安心して出産できるように公的な補助制度が充実しています。その一例を紹介します。

● 出産育児一時金
 公的な健康保険に加入している人は、42万円(産科医療補償制度対象出産以外は40万4,000円)の出産育児一時金が給付されます。このお金は、健康保険から病院などに直接支払われることが原則となっています。しかし、病院などによっては直接支払制度を導入していないところもあるので、早めに確認しましょう。

● 医療費控除 
 医療費控除とは、1年間で1世帯の医療費の支払いが10万円以上になった場合、確定申告で税務署に申請するとお金が戻ってくるものです。

● 高額療養費制度 
 高額療養費制度とは、1ヵ月に医療機関や薬局の窓口で支払った金額が一定額を超えた時、加入している健康保険組合に申請すると超えた金額が支給されます。

 最近では、各自治体が妊娠から出産まで助成する制度もあるので、妊娠がわかったら早めに窓口に聞いてみましょう。

■出産に備えて入るべきは生命保険?医療保険?
 公的な補助制度があっても、万一に備えて保険に加入したい人もいるでしょう。出産に備えて加入するなら、生命保険よりも医療保険がおすすめです。

 生命保険は、被保険者が死亡または高度障害になった時、死亡保険金または高度障害保険金が支払われるものです。生命保険自体には入院に対する保障はありませんので、自分で特約を付ける必要があります。

医療保険は、主に病気やけがの治療、入院時にかかる費用を準備するためのものです。公的な医療保険と、民間の保険会社が販売する医療保険があります。

 出産の場合、自然分娩は公的な医療保険では対象外ですが、帝王切開の手術は医療行為にあたるため、公的な医療保険が使えます。

■事前に保険の見直しを
 ・ 出産には、出産や入院以外にも妊婦健診などの費用がかかる
 ・ 出産には自然分娩と帝王切開があり、帝王切開には手術費用がかかる
 ・ 出産時に利用できる公的な補助制度は出産育児一時金、高額医療費控除、高額療養費制度などがある
 ・ 出産に備えて加入するなら、民間の医療保険がお勧め
病気やケガに備えて民間の医療保険に入っている人も多いのではないでしょうか。出産でも帝王切開など外科手術を受けた時の入院に備えられるということを覚えていると、万一の時に安心です。家族が増える前に、保険を見直してみてはいかがでしょうか。


//////////

出産育児一時金
東京都港区の出産一時金は、55万円と日本一の支給額です。
生命保険格付協会 事務局 
http://www.seihokakuzuke.com/

保険偏。50歳代は、決めつけ思考

保険選びでは、すべての50歳代の人たちとは、いけませんが、ほとんどの50歳代の人たちは、保険選び方もそうですし、今、契約している保険も、問題ない、どこも同じと、決めつけ保険契約しています。

この思考は、すでに70歳代の高齢者と同じで、亡くなるまで、何も保険契約では、成長性もありません。

50歳代のごく一部の人たちは、まだ保険を学ぶ姿勢があります。その人たちは、まだ保険選びや契約で救えますね。

さぁ、皆さん、これから勉強し直す決断と、行動力ありますか?

人生、亡くなる直前まで、社会勉強です。


評論家

保険会社、保険商品選び方、間違ってます。

外交員、代理店、ファイナンシャルプランナーに、保険相談して、保険選びの後、そこで保険契約する手段は、そもそも間違っています。

上手く業界が作った営業過程、手段に、乗らないことです。

自分から、勉強する、そして価値ある保険探しのための勉強先等をすることです。

無料範囲の勉強で、終わってはいけません!
保険は、掛け捨て保険含み、金融投資商品です。当然、損得、メリット性も違ってきます。

保険料は、一回だけではありません。何十年支払うこと、よく考えて下さい。

バカに出来ない金融商品です。

http://www.seihokakuzuke.com/

5%から6%の米ドル建て終身保険、販売されてます。

5%を越える米ドル建て貯蓄終身保険が、販売されてます。知らないのは、一般の保険外交員、一般の保険外代理店ファイナンシャルプランナー、そして保険投資者だけです。

価値ある保険というのは、一般客相手には、提供されていません。

同くして、一般外交員、代理店ファイナンシャルプランナーにも販売されてませんから、情報すらわかりません。

そんな中で、低い利率の米ドル建て終身保険に契約され人は、将来の利益を失っています。

だから、表面になかなか出てこない保険勉強を、どこでするかだと、思います。

保険は、極論、損得の割合で選択していく金融商品です。

保険会社も、金融商品会社ということ、忘れてはいけません!


http://www.seihokakuzuke.com/

米ドル建て定期預金年利率3.2%5年から6年間商品あります。

情報でした。探されても、一般客には、販売されてません。しかし、頭使えば、入れます。
3月末まで限定です。

ここだけしか分からない保険選びの仕方が、ある。

男女の外交員、保険代理店ファイナンシャルプランナーの保険提案に、飽き飽きしていませんか?

相手は、保険会社の下請けの手先ですから、同じことが来る返されるトークです。

それで、契約する方が、途中も人生最期も、バカを見ます。

ここで、自己責任の判断で、勉強、相談することです。

賢い保険選びは、学歴、高い属性も、貧乏人、金持ちも、関係ありません!

本当の金持ちは、価値あるものしか、入りません。

参考
http://www.seihokakuzuke.com/
評論家

頭のいい保険の選び方、保険消費者団体

こんにちは。

保険各社、また保険外交員、保険代理店のFPさんなど、保険料が安くなりますとか、一方的な保険広告、保険セールストークが流れています。

保険代理店に至っては、保険会社比較して保険商品選びが出来るとして広告されていますが、実際は、保険代理店の都合のよい保険会社の医療保険、がん保険、収入保険、終身保険、外貨建て保険、個人年金商品が一番として、保険に無知に近い来店する保険相談者トークし、契約に誘導しているのが実態です。それが、ショッピングモールや駅前の店舗が宣伝活動しているのですから、容易に保険投資者がは、引っかかってしまっています。

保険は、保険を販売する側の保険外交員、保険代理店、FPファイナンシャルプランナーに相談、また契約していくものではありません。もちろん、ネット生保の保険商品も安いことばかり強調して、その裏のリスク部分を保険投資者には知らされていません。

保険消費者≒投資者側は、保険販売する側の人たちに相談するのではなく、保険投資者側≒保険消費者側の専門機関に相談、あるいは格付け情報を得て、勉強、判断、大いに参考にして行くべきだと思います。

それが賢い保険投資者に繋がって行くと思います。

保険相談、保険格付け情報依頼など、お待ちしております。保険トラブルもお待ちしております。
平日、土日、夜ともに、メールでの入会も可能です。


NPO生命保険格付け協会 事務局   http://www.seihokakuzuke.com/


保険消費者団体の生命保険格付協会  全国各地より、会員入会ありがとうございます。

全国各地より、会員入会ありがとうございます。
入会者の皆さんの属性は、会社員、主婦、公務員、教員、医療関係者、会社経営者、財団経営者、
財閥、主婦、無職など、幅広い層の方々です。
保険の見直し相談、お待ちしております。

http://www.seihokakuzuke.com/
 NPO法人生命保険格付協会 事務局
 

SONY生命、ジブラルタ生命等の米ドル建て保険に、魅力あるか?

騙される保険屋さんのトーク。
円建ての貯蓄保険よりも、利率がよいですということ。

それで、SONY生命等の米ドル建て保険で、終身保険、利率変動型の保険に、投資することが、正しいでしょうか?

勉強して下さい。


http://www.seihokakuzuke.com/

明治安田、住友生命と、次々保険料値上げ。

朝日新聞

生命保険料の値上げが相次いでいる。明治安田生命保険と住友生命保険は23日、毎月支払い型について、4月以降の契約分から値上げすると発表した。個人年金や学資、終身など貯蓄性の保険が対象。日本銀行のマイナス金利政策の影響で運用利回りが下がっており、保険金を払うために必要な原資を確保するためだ。すでに契約している保険料は変わらない。 例えば明治安田の学資保険を30歳で契約すると、毎月の保険料が9・7%上がる。計300万円を受け取る場合、保険料は約1万6千円となり月1500円ほど負担が増す。終身保険も50歳男性が契約すれば9・8%、女性は13・8%値上がりする。住友生命の個人年金保険を30歳で契約する場合は、男性なら17%、女性なら16・5%増える。 生保各社は、長期金利をもとに計算する「標準利率」に上乗せして契約者に約束する「予定利率」を決めている。会計上、予定利率から標準利率を引いた一定割合を積み立てなければならない。標準利率が4月に1・00%から0・25%へ下がるため、各社は予定利率も下げて財務負担が増えないようにしている。


///////////
値上げで、今、明治や住友生命等の貯蓄性含め生命保険に、契約してはなりません。外交員、保険代理店のFPの思う壺に入ります。価値ある保険のみを契約していくことです。その勉強を、格付け協会で、してください。外交員、保険代理店ファイナンシャルプランナーたちでは得られない勉強する価値は、あると思います。


無料の保険相談、価値ありません。保険とは、金融商品であり、損得等ありますから、失敗は出来ません。だから、外交員、保険代理店ファイナンシャルプランナーに、保険見直し相談してはならないのです。

生命保険格付け協会

http://www.seihokakuzuke.com/

生命保険格付協会の会員入会、ありがとうございます!

こんにちは。

全国各地から、会員入会、ありがとうございます。

男女の保険外交員、中立や独立系保険代理店や独立系FPをうたった、実質保険会社側につく保険屋さんたちの勧めてくる保険会社、保険商品は、出来るだけ契約しないことです。売り手側に都合のよい保険で、契約者側が最大のメリットがある保険提案ではありません!

つまり、保険屋さん、独立系保険代理店や独立系ファイナンシャルプランナーたちは、保険会社下部組織の企業戦士です。利益にならない保険提案、契約商品なんて、決してしません!

保険屋さんは、義理人情、誰々の紹介とか、各社比較して一番よい保険選び出来ると、嘘を付きます。

代理店や独立系ファイナンシャルプランナーたちが、取引する保険会社が多ければ多いぶん、その保険会社の都合のよいおすすめ利益率高い販売ノルマ商品に、客を契約させないといけません!

そこに、消費者は、丸め込まれてしまいます。

だから、消費者が、自ら保険の勉強をしていかないと、失敗をする保険に、保険料を支払っていくことになります。

勉強、相談、お待ちしております。
有料の会員組織です。

全国各地から、会員入会、ありがとうございます。

http://www.seihokakuzuke.com/