FC2ブログ

保険相談、お待ちしております。

会員の皆様、
メールを通しての見直し相談等、お待ちしております。
保険トラブルも、お待ちしております。

会員入会は、夜でもメールにて可能です。

スポンサーサイト



3月31日から、格付け協会顧問の野中も投稿復活します。

今日も、全国各地500人以上の皆さんからアクセス、ありがとうございます。
 


3月31日、生命保険格付協会に、野中が戻ってきます。
手厳しい、本音の語り、お待ちください。
イメージ 1

その野中幸市氏が、契約している貯蓄性高い米ドル建て終身保険の一部を公開しておきましょう。
以前、投稿した内容のもの、転載しています。



契約時33歳、35歳、38歳、40歳、45歳、51歳等と、数年ごとに契約増やして、申し込みしたものということです。その一部のみ公開です。

33歳 契約
契約利率7%以上のもの、分かりやすくするため一㌦100円換算しています。
基本死亡保障、10万ドル≒1000万円
保険料一括払い、1万1776ドル≒117万円あまり

56歳時の解約返戻金予定額、7万5338ドル≒753万円・・・・・保険料元金の7倍以上
66歳時の解約返戻金、15万9305ドル≒1593万円・・・・・保険料元金の15倍あまり、老後の生活資金一部に代用
76歳時の解約返戻金、30万4113ドル≒3041万円・・・・・・・保険料元金の28倍前後、老後の生活資金一部に!

76歳時の死亡保険金予定額、36万131ドル≒3601万円・・・・・家族に一部残す死亡保険金に
86歳時の死亡保険金、52万422ドル≒5204万円


40歳 契約
契約利率7%以上のもの、分かりやすくするため一㌦100円換算しています。
基本死亡保障、10万ドル≒1000万円
保険料一括払い、1万5196ドル≒151万円あまり

56歳時の解約返戻金予定額、5万1421ドル≒
66歳時の解約返戻金、11万3534ドル≒1135万円
76歳時の解約返戻金、22万3753ドル≒2237万円

76歳時の死亡保険金予定額、26万6520ドル≒2665万円
86歳時の死亡保険金、40万2197ドル≒4021万円

このほか、保険料5年や10年払い、65歳払いの契約も、年齢に応じて契約していると言うことです。
すごい契約利率で、保険料が一括払いでも安すぎます。

巷、皆さんの生活するお近くの銀行や保険外交員、保険代理店等で申し込みされている貯蓄性の米ドル建て終身保険や米ドル建ての利率変動型終身保険、変額終身保険、変額個人年金保険、米ドル建て個人年金保険、いずれも今3%を切っています。3%近くでも今申し込み出来、貯蓄出来ると勘違いしないでください。銀行の定期預金と違い、終身保険や個人年金保険の貯蓄性保険は、支払う保険料が、全額運用に回るものではありません。

保険料の中には、運用に回る保険料部分、死亡保険金等に回る部分、保険会社の事務利益部分、保険外交員や保険代理店等の契約獲得させた販売員≒ファイナンシャルプランナーたちの契約歩合報酬部分とすべて入っているのが、皆さんが毎月?年払い?一括払いする保険料内訳に入っています。それを鑑みると、円建て、米ドル建て等の外貨建てでの、貯蓄性保険の契約利率は、少なくとも4.5%以上の申し込み時の保険契約でないと、契約する価値性は、ありませんといっても過言ではありません。

理由は、数十年後の解約返戻金、死亡保険金をもらうとして、そのときの物価、貨幣価値、インフレ、其の他リスク等を鑑みれば、4.5%以下で、契約する保険契約は、数十年後、得した解約返戻金、死亡保険金受取額にはなっていないと判断できるわけです。これに為替損のリスクを鑑みれば、尚更です。

ですから為替損をも鑑みれば、やはり申し込み時の契約利率が4.6%以上の貯蓄性の保険契約でなければ、契約する価値がないということが分かってきます。こういうことを考えて契約するか、判断しなければなりません。保険外交員や銀行員、保険代理店等のファイナンシャルプランナー、各保険会社比較してこの保険会社のこの貯蓄性の終身保険、個人年金保険が一番良いと言うセールストークを安易に信用してはなりません。

相手は、保険会社側から契約の報酬をもらう売り手側の立場であり、中立的や投資者側の立場の人間ではありません。保険代理店やFPさんは、よく中立的な立場ですと、広告、セールストークされていますが、これは騙しです。100%、保険会社側の人たちです。いくら30社の保険商品を販売している以上、売り手側の企業戦士なのです。騙されないことです。特に、無料保険相談の来店型保険代理店にはですね。契約利率3%の保険料一括払いといえども、契約する価値はありません。


野中幸市氏によると、今、5%利率の米ドル建て貯蓄性終身死亡保険に、申し込み出来ると言うことです。ただし、誰でもは申し込み出来る訳ではなく、一部の人に、申し込み出来ると言うことです。
 事務局の私も、契約済みですが。皆さんは、どうかは分かりません。機会を与えてもらえるか?トライしてみる価値あるかもしれません。





見直し相談、お待ちしております。

こんばんは。

毎日、500人前後の皆さんからアクセス、ありがとうございます。

夜も、全国各地から、保険見直し相談、お待ちしております。

会員入会は、夜でも可能です。


格付け事務局http://www.seihokakuzuke.com/  評論家

保険代理店は、顧客本位の保険提案していない事が、明らかになった!

経済ニュースの保険代理店特集番組の中で、明らかになった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


NPO生命保険格付協会
http://www.seihokakuzuke.com/

千葉の三越百貨店、閉店してしまったね。その背景は、価格と合併した伊勢丹との相性。

やはり、価格でしょう。
百貨店は、価格が高いです。

今は昔、百貨店で買えば、品はよい、信用出来るという具合でした。
しかし、それはアジア人的変な思考なんです。

百貨店の品は、すべてよいか?といえば、違いますね。

今は、百貨店で販売している品や金融商品含め、他の販売先、メーカーのほうが遥かに安いですね。
それが、年配者たちにも、分かってきたのでしょう。

変な?見栄を張る時代は、終わりました。
そこに気が付きましょう。

保険選び、すなわち保険会社、保険商品選びも、同じです。

よーく考えましょう。
ここで、勉強です。


私と一緒に勉強です。


相談、お待ちしております。

評論家

40歳、50歳になって、欲しくなってくるもの。終身生命保険と言う家族への超す確実な資産残し策

40歳になって、あるいは50歳になって、家族に遺してあげたい資産の一つが、というよりも、一番効率よい資産残し策が、この年齢では、終身死亡保険です。

しかし、40歳、50歳で、終身保険を申し込みしようとしても、保険料の高さと、その保険料払込総額からして、これくらいしか死亡保険金がもらえないの?とほとんどの人たちが、諦めてしまいます。特に40歳過ぎたら、諦めます。

しかし、こういう保険料支払い総額安いものがあります。保険会社も信頼性高いです。

以下、情報紹介しましょう。なお、この情報は、他のサイトや保険屋さんたちに聞いても、分かりません。ここだけの価値ある一部情報の一つでもあります。


一部だけですが、価値ある利率の高い貯蓄性の終身保険情報です。5%です。

かなり、信用できる生命保険会社です。皆さんも、その信用力があるならと、申し込みしたくなります。
消費者のみならず、保険外交員、保険代理店も、喉から手が出るくらい、私も契約したいでしょう。
それが、これです。


こんばんは。
 
この保険料、通常、終身保険で有り得ません。それを皆さんに公開していますが、この終身保険10万ドル=1000万円の貯蓄性高い商品、誰でも申し込み出来ます。だけど、私の気に入った消費者と一部の保険屋さんのみです。ここの価値に該当されるかは、皆さんの謙虚な勉強しだい、方法(過程)です。
 
今時、こんなのない! 素晴らしいと言って良い米ドル建て終身保険の繰り返し情報公開しています。
米ドル建ての終身保険です。申込者、消費者と保険屋さんたち続々・・・・です。
 
 
45歳、女性会社員の契約例です。 *分かりやすいように、1米ドル100円換算とします。
保険料支払い総額、凡そ(3万1000ドル)=円換算にして310万円で、
10万ドル=1000万円の終身保険が買えます!
 
年払い保険料は、日本円に換算62万円=6200ドルです。保険料支払い期間は、5年払いです
10年払いですと、保険料支払総額が、350万円=3万5000ドルです。これでも、とんでもなく安すぎます。年払い保険料3500ドル×10年払い=3万5000ドル支払い完了です。

そこらに売っている米ドル建ての終身保険の保険料と、大違いですね。

しかも、契約して20年後の65歳時の解約返戻金の予定額が、支払い保険料総額金+凡そ450万円が支払われます。#あくまで予定ですから保証ではありません。
契約して30年後の解約返戻金は、何と1310万円となります。

70歳時の死亡保険金は、1700万円を越えます。
85歳時の死亡保険金予定額は、28万ドル(2800万円の予定です。凄すぎます。
90歳死亡の時は、3500万円を越えます。

すごい運用利率です。

以上の外資系生保の米ドル建て終身保険と、わかりやすく比較するために、格安?と保険業界と保険広告の下われている格安通販販売生保会社のオリックス生命の円建て1000円終身保険と比べてみましょう。
 
 
以下、さほど、よくもない契約例です。
 
45歳、女性
オリックス生命
1000万円 終身保険(円建て)
毎月の保険料、5万7210円×12か月=68万6520円(年間保険料) とんでもなく高いですね。
68万6520円×保険料10年払い保険料支払総額686万円です。ふざけた保険料支払総額です!
契約して20年後の65歳時の解約返戻金は、保険料支払総額は少しだけ上回るものの、雀の涙くらいの微々たる金額です。45歳の人が、なくなる確率の高くなる平均寿命の85歳時に亡くなっても保険会社からもらえる死亡保険金予定額は、たった1000万円だけです
686万円の保険料を支払って1000万円だけなのです。おかしくないですか?45歳の人が40年後、1000万円の死亡保険金をもらったとして、40年後の1000万円のお金の価値はいくらになっているでしょう。貨幣価値は、300万円くらいと見てよいでしょう。

すると、支払っていく保険料総額686万円よりも、はるかに小さな価値となった死亡保険金や途中の解約返戻金は、価値ない金額ということがわかります。ここを皆さんは、頭にしっかり入れておかなくてはなりませんが、それを保険会社の外交員や保険代理店の殆どは言いません。そんなこと客に話したら、終身保険や個人年金保険に契約してくれず、商売上がったです。

格安の通販生保でさえ、686万円の保険料も支払うのです。であれば大手生保や簡保生命では、もっと保険料は高いということがわかります。それだけ、格安通販生保といわれるオリックス生命でさえ、まだまだ大儲けしている終身保険ということが、ここで分かるはずです。


ご相談、お待ちしております。
勉強代は、当然、かかります。
保険は、ひとつの損得のある金融商品ということを忘れてはいけません。

そう金融商品を無料で相談に乗るということは、有り得ません。当たり前、社会のの常識です。
無料保険相談くらい、価値のない終身保険を高く買わさるだけです。

なお、ここで情報公開したある外資系生保の米ドル建て終身保険は、どこにでも範囲されている通常の米ドル建て終身保険とは違います。また、どこにでも、容易には皆さん買えません。てすから全国展開するフランチャイズチェーンのテレビコマーシャルする保険代理店どでは、申し込みできません。

申し込み、ちょっと面倒で、勉強代はそれなりにかかりますか、それでも申し込みする価値大と言えます。だから、一時期、借金してでも入れる内にもし込するべきと話しています。


この5%の貯蓄性終身保険の勉強先は、NPO生命保険格付け協会ではありません。別に研究会が、あります。

5%の貯蓄性保険保険外交員、保険代理店FPさんも、申し込みされりている。

利率5%以上の米ドル建て終身保険が、今も申し込み出来ると言うことで、全国各地の男女の外交員、保険代理店経営者FP、保険会社総合職内勤者など、保険業界時までもが、入られているということです。

保険外交員さん、保険代理店FPさんたちは、来店してくる保険相談客に対して、利率3%以下の米ドル建て終身保険や低い利率変動型終身保険、低い変額終身保険に契約させて、保険屋さんたちは、客には黙って5%以上の米ドル終身保険に申し込みしていると言う、これ現実です。

しかし、申し込み先や細かな5%以上の貯蓄性保険の情報を知りませんから、ある人に?、問い合わせ相談、勉強させてもらい、申し込みしているのが、現状です。

勉強は、大切です。
保険商品は、金融商品の一つ、医療、がん保険、掛け捨ての定期死亡保険も、金融商品です。もちろん貯蓄性保険もです。これすべて、損得や利率が大きく違います。

保険屋さんの保険提案、保険各社の商品比較したかに見せ掛けてのお勧め保険契約させる保険外交員、保険代理店FPさんたち。セールストーク、安易に信じてはいけません。

本当に価値ある商品というのは、表には、登場してこないものです。
これが、ある意味金持ち?とか、一般会社員たちの中でも、価値ある金融情報を持つ一部の者の、一人勝ちになるわけです。

つまり、何も知らない社会に上手く流されて広告にあるお勧め医療保険や貯蓄性保険、生命保険に契約してしまう人たちというのは、人生の最後、また医療保険や終身生命保険の契約途中の30歳、40歳、50歳代、60歳代のうちに途中解約して、大損する保険結果になっているのが、現実です。これには、保険を金融商品と捉えないで、目の前の保険屋≒FPさんの話しを信じて、一番良い保険に契約していると信じて契約し続けた保険投資者がはの、責任と言えるでしょう。


だから、そうならないためにも、自ら勉強なのです。
価値ある先での勉強していくことです。


勉強先、二つあります。

医療保険、がん保険、収入保険、一般の終身保険などの勉強先としては、格付け協会http://www.seihokakuzuke.com/です。有料の会員制度となります。無料の相談は、必ず裏があり無料相談の保険代理店では相談すべきではありません。都合のよい保険比較され契約させられてしまいます。

もう一つの勉強先は、5%米ドル建て貯蓄性保険の勉強先であるオフ連絡会です。



5%貯蓄保険商品、賢く30歳代、40歳代、こういう高利率の貯蓄終身保険で、資産構築すべき

契約されている皆さんから、報告続々です。

特別な申し込み方をする、ある生保の米ドル建て終身保険です。み●ば●保険とか、ほ●●の窓口などの来店型保険代理店では、無論販売されていませんということです。来店型保険代理店で販売されている米ドル建て終身保険の契約の利率は、現在3%以下の終身保険です。

実質3%の米ドル建て終身保険の契約する価値は、将来の貨幣価値、インフレ考えても、価値ありませんことはいうまでもありませんが、契約する保険の無知さんが、ほとんどで、FPさんという肩書を持つ全国各地の保険代理店に、丸めこまれて契約している環境下です。

良い貯蓄性米ドル建て保険に契約したものと思い込んでいるのでしょう。、下記の価値ある5%以上の米ドル建て終身保険との価値性は、保険料支払総額や途中の解約返戻金、運用金含み、およそ2倍ちかく違うことになります。そこに、気がつかず、男女の保険外交員や保険代理店のFP、ファイナンシャルプランナーさんたちの保険屋さんたちに、丸めこまれたセールスで契約していることに、何故気がつかないのでしょう。



そのすごい5%以上の米ドル建て終身保険です。


36歳女性

米ドル建て終身保険   *1ドル換算100円でわかりやすく計算しています。

基本死亡保障、10万ドル≒1000万円
保険料年払い、およそ2600ドル≒26万円
保険料支払い期間、10年の10回払い
*保険料を5年払いにすると、10年払いよりも保険料総額3000ドル前後安くなります
10年間の保険料支払総額、およそ2万6000ドル≒260万円

30年後の66歳時の解約返戻金予定額、およそ10万3000ドル≒1030万円
契約して7年目の解約返戻金、すごい額です。
9年目の解約返戻金、すごい額です。
10年目の解約返戻金、すごい額です。格付け協会では公開しません。オフ連絡会の会員情報ということです。
働くのを辞めた第二の人生70歳時の解約返戻金、13万ドル≒1300万円・・・・・元金保険料の何倍?凄いです。
70歳時の死亡保険金予定額、18万6000ドル
80歳時の死亡保険金、26万6000ドル
90歳時の死亡保険金、41万2000ドル≒4120万円

契約、運用利率ともに、5%以上です。
だから、保険料格安なんですね。
しかも、解約返戻金、運用がすごいです。

信頼できる保険会社ならではです。


以上、
オフ連絡会からの抜粋です。


事務局http://www.seihokakuzuke.com/ 医療保険、がん保険、定期保険などの保険相談、格付け情報先です。会員制度となり、有料です。土日、夜の入会、相談も可能です。


5%以上の米ドル建て終身保険商品情報や問い合わせ先、また世界一の保険会社と評されるところの7%利率で継続されている米ドル建て終身保険情報の勉強は、別勉強先のオフ連絡会となります。 まず、オフ連絡会の勉強先は、格付け協会の正会員資格がなければ、勉強する機会は提供されていません。ここが重要です。つまり誰でもは、勉強指せてもらえないと言う一定の厳しい?規定を設けていると言うことです。

保険見直し相談、お待ちしております。

毎日、400人を越えるアクセス、ありがとうございます。Yahooの保険プログ、アクセス数1位のご支持も、ありがとうございます。


会員入会は、土日祝日、夜もメールにて、可能です。

会員になられてから、見直し相談、保険会社格付け情報、保険商品格付け情報依頼、お待ちしております。


会員入会は、有料です。
無料の保険代理店見直し相談、FPによる見直し相談、いずれも保険会社比較したかに見せて、実際は最終的に、保険売り手の都合のよい保険契約されるだけです。

FPは、保険会社の下請け代理店であり、中立の立場にはおりません!間違わないで下さい。



事務局
http://www.seihokakuzuke.com/