FC2ブログ

40歳、これだけ安い終身保険、これだけの貯蓄活用です! これです。

こういう価値ある保険を求める一定以上の所得者層が、この米ドル建て終身保険に契約されてます。契約利率5%商品です。

保険料が、これだけ安いのは、家族に遺す生命保険としては、もってこいの保険商品、投資商品でしょう。
中、高所得者層には、より理解が出来ると思います。


保険例、
40歳、女性  信頼できる保険会社です。

保険料年払い、3010ドル=30万1000円 (月払いに換算して2万5000円)

保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、3万100ドル=301万円・・・・

・参考までに保険料5年払いは、保険料支払総額およそ2万6000ドル(260万円)あまりです。

260万円の保険料総額なんて、信じられませんよね!40歳で、この安さです。ジブラルタ生命、メットライフ生命、SONY生命、プルデンシャル生命の保険料とは、何百万円も支払い総額がちがいます。


10年払いより4000ドル、つまり40万円も安くなります。

50歳時の解約返戻金予定額、およそ2万8000ドル (払戻率* 92%)

20年後の60歳時の解約返戻金、6万100ドル・・・・保険料元金の2倍の予定

70歳時の解約返戻金、11万6000ドル・・・・・・・保険料元金の3倍位以上の予定

60歳時の死亡保険金予定額、およそ13万2000ドル=1320万円

70歳、およそ17万2000ドル

80歳、24万5000ドル90歳、37万6000ドル・・・・死亡保険金額が凄い。家族に遺せます。

以上、情報です。
40歳以外の年齢の、30歳代、40歳代等の米ドル建て保険情報は、過去ブログ記事をご覧ください。参考になると思います。


勉強先は、格付け協会ではありません。
野中幸市氏が、勉強会(勉強クラブ)をメールやその他面談にてしています。勉強代や其の他資料代等は、かかります。ただし、格付け協会の正会員あるいは特別個人会員でないと、勉強はさせません。それだけ希少性あり、存在価値あるということですね。

低所得者層の皆さんの中でも、これを勉強したいと言う人も、お待ちしております。
価値ある保険に契約してこそ、上の社会にもつなげられるはずです。始は、みなここの視点思考からだと思います。
保険評論家  野中幸市

イメージ 1
スポンサーサイト



36歳女性。契約するならこの5%利率の貯蓄性高い米ドル建て終身保険です!

契約されている皆さんから、報告続々です。

特別な申し込み方をする、ある生保の米ドル建て終身保険です。み●ば●保険とか、ほ●●の窓口などの来店型保険代理店では、無論販売されていませんということです。来店型保険代理店で販売されている米ドル建て終身保険の契約の利率は、現在3%以下の終身保険です。

実質3%の米ドル建て終身保険の契約する価値は、将来の貨幣価値、インフレ考えても、価値ありませんことはいうまでもありませんが、契約する保険の無知さんが、ほとんどで、FPさんという肩書を持つ全国各地の保険代理店に、丸めこまれて契約している環境下です。

良い貯蓄性米ドル建て保険に契約したものと思い込んでいるのでしょう。、下記の価値ある5%以上の米ドル建て終身保険との価値性は、保険料支払総額や途中の解約返戻金、運用金含み、およそ2倍ちかく違うことになります。そこに、気がつかず、男女の保険外交員や保険代理店のFP、ファイナンシャルプランナーさんたちの保険屋さんたちに、丸めこまれたセールスで契約していることに、何故気がつかないのでしょう。



そのすごい5%以上の米ドル建て終身保険です。


36歳女性

米ドル建て終身保険   *1ドル換算100円でわかりやすく計算しています。

基本死亡保障、10万ドル≒1000万円
保険料年払い、およそ2600ドル≒26万円
保険料支払い期間、10年の10回払い
*保険料を5年払いにすると、10年払いよりも保険料総額3000ドル前後安くなります
10年間の保険料支払総額、およそ2万6000ドル≒260万円

30年後の66歳時の解約返戻金予定額、およそ10万3000ドル≒1030万円
契約して7年目の解約返戻金、すごい額です。
9年目の解約返戻金、すごい額です。
10年目の解約返戻金、すごい額です。格付け協会では公開しません。オフ連絡会の会員情報ということです。
働くのを辞めた第二の人生70歳時の解約返戻金、13万ドル≒1300万円・・・・・元金保険料の何倍?凄いです。
70歳時の死亡保険金予定額、18万6000ドル
80歳時の死亡保険金、26万6000ドル
90歳時の死亡保険金、41万2000ドル≒4120万円

契約、運用利率ともに、5%以上です。
だから、保険料格安なんですね。
しかも、解約返戻金、運用がすごいです。

信頼できる保険会社ならではです。


以上、
オフ連絡会からの抜粋です
以上の保険商、大型の保険代理店でも販売されていません。保険代理店に相談しても無駄、ネットで検索しても、この5%貯蓄保険商品、出てきません≒ここ以外ね公開されていません。時間の無駄です。だから、一般投資のほか、保険外交員、保険代理店、FPさんたちも、私に教えてもらいこの保険に契約しているわけです。



事務局http://www.seihokakuzuke.com/ 医療保険、がん保険、定期保険などの保険相談、格付け情報先です。会員制度となり、有料です。土日、夜の入会、相談も可能です。


5%以上の米ドル建て終身保険商品情報や問い合わせ先、また世界一の保険会社と評されるところの7%利率で継続されている米ドル建て終身保険情報の勉強は、別勉強先のオフ連絡会となります。 まず、オフ連絡会の勉強先は、格付け協会の正会員資格がなければ、勉強する機会は提供されていません。ここが重要です。つまり誰でもは、勉強指せてもらえないと言う一定の厳しい?規定を設けていると言うことです。


この保険に入ることのできる人は、頭いいですね。
保険の勉強代に関する新たな視点の考え方、また契約する価値ある保険商品の格安保険料にしても、お金の使い方も上手い。

イメージ 1


保険評論家
野中幸市


縁や機会(チャンス)は、自分から行動して掴め!

何もしないで、向こうからおいしい話し? 価値ある情報、相談回答なんて、あり得ません



縁やチャンスというのは、人生の中に置いて、幾度はありますが、そう何度もありません。

待っていては駄目。

自分から行動して、この人の話しだ! 信頼して勉強させてもらうこと。
そこから、縁やチャンスが、一つ、生まれてくる、その機会を提供してもらえると思います。

チャンスは、ずっとはありません。長く待ってもくれません。一ヶ月後では遅すぎます。
今なのです。

それが、絶好の機会なのです。

あとは、もうないと考えることです。自分に厳しく、心引き締めて行動です。

勉強、お待ちしております。
その人の、個人レベルに合わせた、分かりやすい保険の勉強からして行きます。



保険評論家
kakuzuke@v7.com   http://www.seihokakuzuke.com/  ←NPO組織としての勉強会です。保険の骨格、基本の勉強と情報と相談先、またトラブル相談先です。 まず、この骨格から格付け情報等入手の勉強強お待ちしております。
nonaka@v7.com      ←オフショア連絡会主宰(個人勉強会) 更に一歩も二歩も先を進む保険投資者の勉強先でありね、情報先です。また一般投資者(保険消費者)以外に保険業界人、FP、税理士、公認会計士等も入会する勉強先でもあります。

野中幸市

50歳からの保険見直しは、既に遅いのです。

50歳から、もっとよい保険に見直しするとか、更新時期になったのでというより、50歳超えて、保険切り替え、見直し、遅すぎます。手遅れです。

手遅れというのは、終身医療保険、がん終身保険、成人病保険、終身保険(利率変動型、変額終身、外貨建て型、通常の円建て)、個人年金保険、変額個人年金保険、利率変動型個人年金保険、外貨建て個人年金保険もです。

もし、50歳から見直しするなら、私が指定する先のある保険会社の外貨建て終身貯蓄保険と掛け捨ての定期死亡保険とがん保険を中心に考えることです。私の指定する先の保険会社の商品にです。

それ以外の保険会社の保険商品は、軒並み、どれも見直しや切れ買える価値は、全くないといってよいです。まったくないものに、お金をドブニ捨てるだけです。

しかし、50歳超えると、頭がなかなか働かず、はっきりいって、頭が固く、安全ということに頭がいってしまう、どうしようもない、70歳の老人と同じ考え方の保険契約者ということになります。

それだけ、50歳代から保険の見直しは、遅いのです。

遅くない?それなら、そこらにいる男女の保険外交員や、各地の保険代理店CFP、AFPさんたち、FP事務所の保険屋さんの話し聞いて、その人たちの勧める、提案する保険に、契約してみてください。

契約した後、豆腐を一丁、スーパーや豆腐やさんに行って買ってきてください。
そしてその豆腐をあなたの頭にぶつけてください。そして、病院行って、豆腐を頭にぶつけて病院診察に来ましたと、医師に話して下さい。

変なこというなーと思うでしょう。変なこと言ってません。それだけ、50歳からのあなたは、ろくでもない保険を保険屋さんたちに乗せられて、くだらない価値もない保険に契約し、保険料を支払い続け、そして死ぬまで、保険料を吸い取られ?あるいは屑保険で、満期迎えて、保険終了になり、泣くわけです。

それで、家族は喜ぶでしょうか。お父さんは、こんなに保険馬鹿だったのかと・・・・。

50歳代の保険、真剣に考えること。そして、しっかり勉強代を出すこと。出さないで、なにが、良い保険が見つかるでしょう。そんな社会は甘くないのです。

また、40歳代の皆さん、もう見直しの失敗は出来ないですよ。真剣に勉強代を私に出して、求めていくことです。

30歳代、20歳代の皆さん、皆さんは、ホケンで失敗しても、まだやり直せます。
20歳代、30歳代前半で、保険料と言う捨て金が数百万円となっても、まだ、人生長いですから、30歳代後半から、まだホケンでやり直せます。

しかし、私の話しを20歳代、30歳代前半から、謙虚に聞いて勉強し、相談した人は、お利口です。お金のこと、真剣に考えている人たちです。特に、保険は、何千万円という資産になり得る金融商品、しっかり考えています。

そういう賢い人に、みなさん、なって行って下さい。
相談、会員入会、お待ちしております。

そこらの保険外交員、保険代理店、CFPに相談しても、時間の無駄、良い保険なんて、見つかれません。都合のよい保険に契約させられるだけ。それが、上手く出来ている流れ社会なのです。保険広告も、FPという資格もそのむ保険販売の戦略なのです。


保険評論家
NPO生命保険格付協会顧問 http://www.seihokakuzuke.com/  骨格の保険の勉強会です。
オフショア連絡会  もう一つの勉強会です。
野中幸市

そこらで販売されている終身保険、個人年金保険は、契約しないこと

そこらで販売されている終身保険、個人年金保険、つまり貯蓄性保険は、絶対的に契約したらダメです。
また、この5年内にこれら契約した人たち、そこらの屑米ドル建て終身保険も、利率変動型終身保険、変額終身保険も、解約が賢いです。

解約する理由は、あまりにも低すぎる予定利率、契約利率、変動利率、最低保証利率であることです。これは、史上最低利率なのです。これらの保険に契約し続けても、利率は変動型であっても、ほとんど上がらないといっても過言ではありません。

ですすら、親友の保険外交員、親友の保険代理店経営者、FPたちの保険セールストーク、提案に騙されないことです。既に、そういう契約した人は、明日でも解約することで、その友人の保険屋とは、個人的にも付き合わないことです。親友には、お金の貸し借り、保険の契約を頼んだり、セールスしたりしないものです。そこから親友関係は崩壊して行くんです。

別の私が薦める終身保険、医療保険、がん保険等、契約して行くことです。
見直し、今してください。

くだらない保険に、今月も、来月も、また何年、何十年と支払い続けていはいけません。外交員、保険代理店のFP、保険会社だけが儲かるだけで、その保険の最後は、契約者が存するだけです。以上の貯蓄性保険、終身保険、そこらの米ドル建て、豪ドル建て、ユーロ建て保険、解約です。

掛け捨ての定期死亡保険は、別、論外です。


保険評論家
野中幸市

私の個人ブログもどうぞ。

個人ブログを後悔しておきます。



経済ジャーナリスト(保険評論家)
大学教授
野中幸市

27歳OLさん、この保険活用して、大きな貯蓄と大きな終身死亡保険金を構築しましょう。

20歳代、30歳代は、保険外交員や保険代理店、FPさんたちに、騙されやすいです。
また、若いと尚更、同級生が保険会社に勤めているということから、その同級生の販売ノルマにも手伝って義理人情のもと、くだらない保険を価値ある保険と言いくるめ、契約させられることも少なくありません。

本当の友人なら、友達を保険に契約させたりしません。これ、本当です。

友達から保険契約した人たちはねその契約している保険を疑うことです。その保険契約した中身、私に見せてください。それが分かると思います。酷い保険に契約ンさせられていることが、分かるかもしれません。


さて、本題です。

27歳女性で、こんなに安い米ドル建て終身保険なら、今の若いOLたちは、こぞって契約したいと思うでしょうね。
 
実際に、この終身保険、皆さんも申し込みできるわけです。ただし、勉強する努力をする人のみです。
 
27歳、女性
 
基本死亡保障、10万ドル=1000万円(現在の為替価格)、将来は、1ドル150円方向に向かうと見ています。
保険料払込期間、5年払い・・・・つまり31歳時の保険料払込完了するわけです。
 
年払い保険料、およそ3500ドル=35万円
保険料支払総額、3500×5年=およそ1万7500ドル=175万円  *保険料は、10年払いにして支払額を安くすることも可能です。
 
20年後(47歳時)の解約返戻金予定額、およそ4万2000ドル=420万円・・・支払った元金の2.4倍
30年後の解約返戻金、8万1000ドル
33年後(60歳時)の解約返戻金、9万6000ドル
65歳時の解約返戻金、12万7000ドル=1270万円
公的年金が満額もらえる?年齢70歳時の解約返戻金、16万7000ドル
 
60歳時の死亡保険金予定額、16万7000ドル
70歳時の死亡保険金、22万3000ドル
80歳時の死亡保険金、32万5000ドル=3250万円・・・支払った元金の18.5倍
90歳時の死亡保険金、51万3000ドル
 
 
以上、こんな貯蓄性死亡保険が現実、申込可能なんですね。
ただし、申し込み窓口は、一つに限定されていますから、不特定多数の外に漏れることはありません。ここに、価値があるわけです。これに皆、契約できてしまったら、価値商品とはいえくなります。
 
 
ちなみに、
簡保生命の円建て終身保険の基本死亡保障1000万円に、同27歳女性が保険料60歳払いで申し込みした場合ですが、以下の保険料等になります。
年払い保険料、20万8400円
保険料60歳までに支払う総額、20万8400円×33年=562万6000円
80歳時の死亡保険金予定額、1000万円だけ。←ここをよく考えてください。80歳といえば、今27歳ですから53年後です。53年後の1000万円の貨幣価値、物価はどうなっているでしょう。おそらく今の1000万円の貨幣価値は、53年後、よくて200万円の価値しかないでしょう。無論?その時の消費税?社会目的税?は、現在の8%が40%前後になっていると考えられます。
つまり、保険料元金は562万円支払っているにもかかわらず、それを下回る価値の数字上の1000万円しかもらえないのです。この考え方が、正当です。
 
こういう話は、保険屋さんたちは、絶対!!にしません。そんなこと話したら、客は終身保険や長期定期保険、低解約返戻金タイプの終身及び長期定期保険や通常の米ドル建て終身保険や、現在の利率変動型終身保険、円建て、外貨建ての個人年金保険にも契約してくれません。それでは、男女の保険外交員さん、全国各地の保険代理店FPさんたは、商売上がったりです。

 
 
消費者の皆さん、また保険業界のみなさんからも、ご相談、勉強、お待ちしております。
無料での相談ではありません。有料コンサルティング相談となります。


保険評論家
野中幸市