FC2ブログ

やはり、入院日額は、1万円必用。

やはり、入院日額は、1万円必用。

また、30日型の入院保険は、契約してはならない!しかし、馬鹿なFP.保険ファイナンシャルプランナーは、30日型の保険でよいと、馬鹿なこと提案する始末。だから、他人事の保険提案するFP保険ファイナンシャルプランナー、外交員、保険代理店の保険は、信用してはなりません。
NPO生命保険格付協会顧問
http://www.seihokakuzuke.com/


以下、参考に。



高額療養費制度で月25万円に/肺がん治療最前線


7/30(日) 8:31配信

 コメント<オプジーボだけじゃない(9)大江裕一郎> 肺がん治療30年のスペシャリスト、国立がん研究センター中央病院の大江裕一郎先生(57)が、最新の肺がん治療を教えてくれます。

【高騰する肺がん治療薬】 
2017年2月に、オプジーボの薬価が半分になりました。 オプジーボは患者さんの体重1キロあたり、3ミリグラムを2週間に1回投与します。

1年間で26回投与することになります。これまでは体重60キロの患者さんの1回の薬剤費が約130万円で、1年間では約3500万円になりました。半額になっても年間1800万円近い薬剤費がかかります。 

では、オプジーボだけが高額なのでしょうか? オプジーボと同じ免疫チェックポイント阻害薬であるキイトルーダも1年間使用すると約1400万円かかります。ALK阻害薬であるアレセンサーは1カプセル約6600円です。

1日に4カプセル服用するので、年間約960万円かかります。新しいEGFR阻害薬であるタグリッソは1錠約2万4000円で、年間約880万円かかります。 

このように近年発売された肺がん治療薬はいずれも非常に高額になっていることは事実です。これは薬の研究開発に莫大(ばくだい)な費用がかかるためともいわれています。しかし年間約1000万円も自己負担できる患者さんは少ないでしょう。 

これらの薬は肺がんに対しては、健康保険の枠内で使用されます。オプジーボを使用した場合の患者さんの自己負担が3割だとすると年間500万円以上もの自己負担が生じることになります。実際の患者さんの負担額は、年齢、収入により異なりますが、高額療養費制度により月に8000円から25万円程度の負担になります。

患者さんの自己負担は少なくなりますが、多額の公的資金が必要であることに変わりはありません。 

肺がんに対する有効な薬がたくさん開発されていますが、どれも高額な薬です。有効な薬があることは大変喜ばしいことですが、まずは受動喫煙を含めた喫煙対策をしっかりやって、肺がんそのものを減らすことがより重要です。


 ◆高額療養費制度 
医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1カ月で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する制度。上限額は、年齢や所得に応じて定められる。いくつかの条件を満たすことにより負担をさらに軽減する仕組みもある。 



◆大江裕一郎(おおえ・ゆういちろう)1959年(昭34)12月28日生まれ、東京都出身。57歳。東京慈恵会医科大学卒。89年から国立がんセンター病院に勤務。



////////
ただし、入院費用全額、保険会社の給付金でまかなわないと行けないわけではありません。貯金の取り崩し、加入する社会保険からの補助も考えられますが、理想は、全額、保険会社の医療保険で、まかなえれば嬉しいですね。保険評論家、野中
スポンサーサイト



終身医療保険契約するなら、2社商品のうち、いずれかです!

この2社商品のうち、いずれかです!

保険代理店は、数十の保険会社商品を比較して、客に提案しているというのは、大嘘と、気づきましょう!

保険代理店のファイナンシャルプランナーの都合のよい数社の医療保険に絞って、その数社の中から契約させているのです。

客側は、それに気づいていません。勉強不足です。


保険代理店のファイナンシャルプランナーは、お客様のご希望等鑑み、この5社?の医療保険がベストだと、思います。また、人気ですと、だまくらかすわです。


医療保険は、50種類以上あります。


保険ランキングの保険特集の金融雑誌も信用してはなりません。都合のよい保険評論者と雑誌社がランクイン上位保険会社から、広告名目の料金をもらってる、ランキング1位などしているわけです。


客側が、終身医療保険に契約するなら、ある2社の医療保険どちらかを選択することが、賢いでしょう!


それを格付け協会で、情報入手して参考にしてください!

NPO法人生命保険格付け協会
http://www.seihokakuzuke.com/ 有料会員制度です。無料の保険代理店ファイナンシャルプランナーの医療保険提案内容や雑誌ランキングなど、信用なりません。


医療保険と言えども、損得のある投資商品です。選択間違っては、なりません!

30歳代必読。 間違っている保険の選び方と学び方について

下記の機関が、ネット上で記事化している内容です。
私から見れば、間違った教え方ですね。
30歳代に必要な保険、その判断基準と言う前起きです。
この報道機関、素人的な考え方でありますが、しかし、それを参考にする人も少なくありません。

私の30歳代に向ける答えは、保険選び、求める保険、保障金額に、正解は無いと言うことです。一人ひとり職業も違えば、将来に対する考え方、個性、独身既婚、持ち家賃貸、生い立ちも違うわけです。一つにあてはめることは、絶対出来ません。

以下、間違った報道の一例です。


30代の生命保険選び「必要な保障・不必要な保障」の判断基準とは

7/29(土) 16:40配信
ZUU online


働き盛りである30代にとって、生命保険はどれ位必要なのだろうか。営業員から勧められた商品によくわからないまま加入しているという人も多いと思うので、生命保険に加入すべきかどうかの判断基準と保険会社が勧める保険の注意点について解説したい。

■生命保険に加入すべきかどうかの判断基準3つ

30代にとって「生命保険(死亡保険)に加入する必要があるか」という点については、その人の状況によって異なる。基本的には、「既婚」か「独身」かと「貯蓄が十分あるかどうか」によって判断が分かれる。

既婚の場合、配偶者や子どもに対する責任が発生するので、死亡保険に加入するニーズは高まる。一方、独身の場合には、基本的に死亡保険に加入する必要はない。もっとも、葬式代位は自分で準備しておきたいという人もいるだろうから、その場合には500万円位の保険に加入すれば十分だろう。

もう1つの基準である「貯蓄が十分であるかどうか」という点だが、保険は基本的に貯蓄が十分にない人が加入するものである。極端な話、何億円も貯蓄があるなら保険など加入する必要はない。保険というのは万が一の場合に、お金がない人が困らないように保険加入者間で相互に助け合うものだからだ。

ただ、お金がない人は保険に加入しなければならないからといって、高い保険料を支払い、生活が苦しいというのでは本末転倒なので、無理のない範囲で加入するのが絶対条件になる。

次に、医療保険に加入すべきかどうかだが、日本の社会保障制度は充実しており、医療費は3割負担で、仮に医療費が高額になった場合でも高額療養費制度があるので、毎月何十万も医療費を払うようなことはない。また、30代の場合、病気のリスクはそれほど高くはないので、加入するとしても高額の保障は必要ない。

結局、医療保険についても判断基準は貯金が十分にあるかどうかにかかってくる。何百万と貯蓄があるのであれば医療保険に加入する必要はない。逆に、貯蓄ができていない人や、病室が個室でないとダメな人、自営業の人については、医療保険を検討するのもよいだろう。

■保険会社が勧める保険の注意点

外資系の生命保険会社と日本の保険会社では勧める保険が違うので一概には言えないが、日本の生命保険会社が主に勧める保険は、「定期付終身保険」か「アカウント型保険」、あるいは「収入保障保険」だ。

定期付終身保険は、たとえば、30歳から64歳までの働き盛りの期間は高い保障額で、65歳以降は低い保障が一生続くという保険である。アカウント型保険は、一定のプール金を積立てて保障を自由に変更できるのが特徴の保険だ。収入保障保険は、年齢が上がるにつれて責任は減少することから保障も年齢と共に下がっていく保険だ。

■「特約」の注意点 生命保険はシンプルなのが一番良い

一時期はアカウント型保険が脚光を浴びたが、非常にわかりにくい商品で積立てもほとんど貯まらない仕組みになっており、最近では人気がなくってきている。通信販売を行っている生命保険会社では保険料が安いこともあって「定期保険」が人気となっている。したがって、現在の主流の保険は「定期付終身保険」、「定期保険」、「収入保障保険」となっている。

これらの主流の保険は「主契約」と呼ばれ、これに「特約」をつけることが一般的だ。特約には、「災害割増特約」、「傷害特約」、「入院特約」、「通院特約」などがある。これらにも当然保険料が発生し、積み重なると結構な金額となる。

ただでさえ難しい保険に特約もつけるとさらに複雑になるので、理解できない場合には加入しない方がよい。できるだけシンプルにするというのが保険に加入するときのポイントだからだ。保険料が高いと感じる場合、無駄な特約がついている可能性もあるのでよく確認するようにして欲しい。

特に、「災害割増特約」と「傷害特約」は不慮の事故により死亡または一定の障害を負った場合に一定の保険金が支払われるというものなので、死亡の原因によって必要保障額が変わらないことからすると、付加する必要はないと言える。

ただ、特約の良い点は、たとえば、別途「医療保険」に加入するよりも「入院特約」を付けた方が、保険料が割安になる。また、家族特約にすることで配偶者や子どもの保障も付加することができるので、配偶者や子どもの保障が十分でない場合には便利だ。

「災害割増特約」についても不要とは言ったが、100万円あたり数十円と保険料は極めて安い。考えようによっては、わずかな負担で何百万円から何千万円も保険金額違ってくるので、不慮の事故に遭う可能性が高い仕事をしているような場合には加入しておいても損はないだろう。

以上、生命保険に加入するかどうかの判断基準と特約に加入すべきかについて書いてきたが、基本的には保険はシンプルなのが一番よいので特約に加入する必要はない。ただ、特約も一概に悪いというものではないので、特約の内容を十分に理解できるのであれば、保険料の負担を見ながら付加するかどうかについて考えるのはよいだろう。(ZUU online 編集部)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000017-zuuonline-bus_all

格付け協会の入会のご案内

こんにちは。

本日、今でもメールにて、会員入申請が出来ます。

簡単に、費用面です。
入会金、年会費含め、一般個人会員13500
一般個人正会員33500
一般個人正会員B63500等があります。 

会員期間は、一年間です。途中退会も自由です。

会員詳細は、後述してあります。入会は、メール等にて、その日のうちに入会手続き申請及び相談や情報入手等が可能です。土日、夜の入会手続き、相談も、その日に入会可能です。

その他、ホームページ http://www.seihokakuzuke.com/

入会、お待ちしております。
大切な、資産となりえる保険、死亡保障や病気等の保障を、もっとも価値ある商品、また信頼できる保険会社に投資、防衛して行きましょう。



例、35歳で、これだけ安いドル建て終身保険は、これ以外ない!

目から鱗とは、こういう保険を言い、これをお宝保険と言います。現在、契約利率5%です。

一番的に、頭のいい金融資産の作り方です。
金融資産に大きくなることでしょう。


例、
米ドル建て終身保険、運用利率5%  *分かりやすいように1ドル100円換算しています。

35歳、男性
基本死亡保障、10万ドル≒1000万円
保険料支払い、年払い契約、
①保険料支払い期間5年、およそ5100×5年払い≒2万5500ドル≒255万円(保険料支払総額)
②保険料支払い期間10年、2870ドル×10年払い≒2万8700ドル
③この他に保険料支払い期間、選択できます。

55歳時の解約返戻金予定額、およそ5万8900ドル・・・・保険料元金の2倍前後予定
65歳時の解約返戻金予定額、11万3200ドル≒1132万円
70歳時の解約返戻金、15万1700ドル

65歳時の死亡保険金予定額、およそ17万1900ドル≒1719万円
80歳時の死亡保険金、29万7200ドル・・・・・・保険料元金の10倍前後予定
90歳時の死亡保険金、47万1100ドル



35歳女性
基本死亡保障、10万ドル≒1000万円
保険料支払い、年払い契約、
①保険料支払い期間5年、およそ4450ドル×5年払い≒2万2250ドル≒225万円(保険料支払総額)
②保険料支払い期間10年、2560ドル×10年払い≒2万5600ドル
③このほかに保険料支払い期間があり、選択できます。

55歳時の解約返戻金予定額、およそ5万1700ドル・・・・・保険料元金の2倍前後予定
65歳時の解約返戻金、9万9400ドル≒994万円
70歳時の解約返戻金、12万9900ドル

65歳時の死亡保険金予定額、およそ16万3300ドル≒1633万円
80歳時の死亡保険金、27万600ドル
90歳時の死亡保険金、42万400ドル・・・・・・保険料元金の16倍前後予定



以上の終身保険、そこらの屑米ドル建て終身保険商品ではありません。ほけんの窓口等含み、来店型等保険代理店では販売されていません。


今、申し込み出来ます。


30歳の保険料も、保険料支払総額で、もっと安いです。
40歳の保険料も、支払い総額で、他のドル建て保険と比べて、100万円以上の保険料支払格差ですし、死亡保険金や途中の解約返戻金も、1000万円以上の格差になるかと思います。それだけ、どこのドル建て保険でも良いわけではないのです。ここを私のところで、勉強することなのです。この相談は、面談が分かりやすいです。

女性は、もっと安くなりますね。
この保険活用で資産形成と、残された家族のためにこの終身保険です!



保険評論家
野中幸市
nonaka@v7.com

きょうは、東京目黒で保険見直し相談です

自宅最寄り駅の地下鉄六本木一丁目駅。都市開発終盤戦で、ここまで駅入り口が変わりました!
泉ガーデンの真下に駅があります。
ここから目黒な向かいます。

イメージ 1

これが、駅入り口とは、びっくりてす。変わりすぎ。でも好きですね。ごちゃごちゃしてない。

イメージ 2

イメージ 3




保険評論家
コンサルタント
http://www.seihokakuzuke.com/ 会員入会の上、見直し相談、お待ちしております。メールで、入会申請できます。有料会員入会となります。
どこにでもある面談やメールでの無料会員入会、無料相談とは、それなりの回答相談でしかありません。

今日は、東京の成城学園駅に来ています。

こんにちは、雨ですね。

今日は、成城学園駅前にあるSTARBUCKSコーヒー店内で、保険相談です。


成城学園駅周りの生活環境は、きれいな街並みで、人も落ち着いて、おしゃれ?気品が感じられます。

住みたい街並みですね。


イメージ 1

イメージ 2




全国各地から見直し相談メールにて、お待ちしております。


NPO法人生命保険格付協会顧問
保険評論家

埼玉県浦和に来ています。

こんにちは。

今日は、晴れのち曇りの、湿度はやはり高いですね。

今朝は、埼玉県北浦和に来ています。

イメージ 1


午後は、東京に戻り、全国各地から戴いた会員からの見直し相談、会員入会など、メールにて回答していきます。

全国各地より、お待ちしております。


追伸、
8月11日の祭日は、名古屋に相談に向かいます。
近辺の方、会員入会後にどうぞ。


保険評論家