FC2ブログ

今日は、1000人以上の皆さんからアクセス

全国各地から、ありがとうございます。
1000人を超えるということは、保険業界で、何かあったことを示します多いということになります。、、、。

また、会員入会もお待ちしております。
一般消費者、保険業界人問わず。

http://www.seihokakuzuke.com/
事務局
スポンサーサイト



40歳以上の人、子供一人につき、最低でも1000万円以上の残してあげるべきです!

一人につき、1000万円。子供二人なら2000万円。これに更に最適なのは妻分、或いは夫分1000万円合わせて3000万円。

家族が、自分が亡くなった後も、繁栄して行くためです。

以下、
これだけ格安な保険料支払総額の円建ての終身保険、またそこら保険会社の外貨建ての終身保険には、以下提供した者以外、現在ありません。そこらの保険会社の終身保険なんて、契約する価値、メリットは、ないに等しいです。理由は、保険料支払い総額からみても、将来に亡くなった時、年取って解約するとき、もらえる保険金は、利益率からして、得策ではありません!将来の貨幣価値、物価からみても、それは容易に推察出来ますね。

だから、以下のある生命保険会社の米ドル建て終身保険投資なのです。これだけ保険料支払い総額が安く、利率の高いものは、他社にありません!

保険例、
40歳、女性

保険料年払い、3010ドル=30万1000円 (月払いに換算して2万5000円)

保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、3万100ドル=301万円・・・・

・参考までに保険料5年払いは、保険料支払総額およそ2万6000ドル(260万円)あまりです。

260万円の保険料総額なんて、信じられませんよね!40歳で、この安さです。ジブラルタ生命、メットライフ生命、SONY生命、プルデンシャル生命の保険料とは、何百万円も支払い総額がちがいます。


10年払いより4000ドル、つまり40万円も安くなります。

50歳時の解約返戻金予定額、およそ2万8000ドル (払戻率* 92%)

20年後の60歳時の解約返戻金、6万100ドル・・・・保険料元金の2倍の予定

70歳時の解約返戻金、11万6000ドル・・・・・・・保険料元金の3倍位以上の予定

60歳時の死亡保険金予定額、およそ13万2000ドル=1320万円

70歳、およそ17万2000ドル

80歳、24万5000ドル90歳、37万6000ドル・・・・死亡保険金額が凄い。家族に遺せます。


全国各地にある来店型保険代理店には、販売されていません。来店型でない訪問型の保険代理店にも、販売されていません。あしからず。

相談、勉強、お待ちしております。
価値ある情報を掴むのです。


それを掴み取るかが、人生における分かれ目なんですね。その結果が、会社を定年したころの60歳以降、大きな保険価値の差が付いていると思います。

私たちの紹介で、保険会社支社長が、申し込み受け付けてくれます。これが、他の人(外交員、代理店、FP、IFAの人たち)には出来ない私の信用力です。

生命保険格付協会http://www.seihokakuzuke.com/顧問(重要な保険の骨格を決定するため、かつ保険格付け情報、トラブル等発信機関です)←まずここで一定の情報と相談するとよいと思います。基本は、重要です。
そして、前述の保険会社の魅力ある米ドル建て終身保険の勉強が出来るオフショア連絡会があります(ここが一段上の勉強会です) どちらの会も、勉強代はかかります。保険選択や保険申し込みの無料相談には、相談する価値ありません!無料相談というのは、必ず無料の理由があります。それは、売り手側の都合のよい終身保険や医療保険、がん保険、個人年金保険などに、誘導され契約するだけです!

生命保険選びは、努力して勉強することしか、ありません!

男女の外交員、保険代理店のFPさんの保険相談は、無料です。しかし、契約したい価値ある医療保険や終身保険なんて、見つかりませんものです。

書店の保険特集の保険ランキングも、嘘と同じ。人気のファイナンシャルプランナーや保険のプロが選んだ保険という保険雑誌に、騙されないことです。

よーく考えて下さい。
保険特集の雑誌、1000円くらいです。1000円出して、一番いい保険が見つかるなら、誰でもそうします。

雑誌や金融系雑誌の保険特集記事、ランキングは、嘘というべきか、調べ尽くしていないというべきか?どちらかです。

社会は、甘くありません。保険料は、一回だけの支払いではありません!
また、人の命がかかってくる大切な保険ということも、よーく考えて下さい。

メールや面談での有料相談先です。
地方の方には、メール相談でも相談出来ます!お待ちしております。
NPO法人生命保険格付協会
http://www.seihokakuzuke.com/

3%最低保証利率の米ドル建て終身保険には、騙されるな!

最低保証利率3%とは、よく聞こえますが、これに騙されないことです。

外交員、特に保険代理店のFPさんは、この手の米ドル建て終身保険に、契約させたがります。

3%最低保証利率の米ドル建て終身保険は、他の米ドル建て終身保険と比べて、保険料も安く感じ、しかも3%最低保証は魅力に思いますが、比較する終身保険が、悪すぎます。そこが、客には分かりませんものです!

将来に向かっても、3. 8%とか、4%なんて、なりません。また、3%最低保証利率でも、保険料の支払い総額は、とんでもなく高いです!3.8%最低保証利率の契約でも、契約する価値はないのです。

その利率でも、保険料支払い総額は、馬鹿高いのです!将来数十年後の受け取る解約返戻金、死亡保険金の貨幣価値からみても、損と同じです!

それだけの支払い総額を支払って、将来に受け取る解約返戻金、死亡保険金の額は、その時の貨幣価値、物価からみても、価値ある契約に値しないと、今判断できるのです。

3%最低保証利率の米ドル建て終身保険に、騙されるな!

保険料支払い総額は、馬鹿高い!
解約返戻金も、死亡保険金も、支払った保険料支払い総額からみても、うまみある受け取り金額ではありません。

保険外交員、保険代理店のFPさんの保険提案は、信用してはいけません!比較する終身保険提案そのもので、客を落としていくのが、保険屋さんの保険無料相談の手口です。

契約する価値は、4.5%以上の米ドル建て終身保険しか、契約する価値はありません!そういう保険は、他社に、一部ありますが、格付け協会では、お教えしません。

無料相談は、それだけの価値しかないのです。

NPO法人生命保険格付協会

45才、現在5%運用利率この米ドル建て貯蓄性終身保険しか、契約する価値ない!

このある保険会社以外の他の保険会社の米ドル建て終身保険には、契約する価値はないこと、始めに話しておきます。


40歳代も、目から鱗保険情報です。貯蓄性高く、運用利率5%設定ですから、すごいです。
他に、こういう保険、保険料にしても、ありません。

他の代理店、保険会社、ネットで探しても、見つかりません。見つかるようであれば、ここに情報出しません。私からの紹介がなければ、申し込みは出来ないわけです。そういう一部の人のみの限定保険、あるんです!  これこそ格差社会の象徴ともいえますが、こういう環境下の中で、保険は、こういう格上の保険に契約しておくことです。

格差社会とは、世間では言うものの、文句があるのは、私含めあらゆる場面で低い人たちが、これを主張してきますが、少なくとも、保険分野に関しては、私は大きくモノ言えます。こういう保険に契約しておかないと、馬鹿だと思います。

いつまでも、価値ある保険情報もつかめない、勉強する行動しない人たちは、駄目な保険契約の下、最後、大損して亡くなっていくのです。そのとき、残された家族、妻や子供たち、大人に成長した子供含み、父顔や母親自身が契約していた保険屋その他資産、やはり気にするわけです。保険含み、残してくれていると、遺された家族は、ありがたいものです。


 
この保険料、通常、終身保険で有り得ません。それを皆さんに公開していますが、この終身保険10万ドル=1000万円の貯蓄性高い商品、誰でも申し込み出来ます。だけど、私の気に入った消費者と一部の保険屋さんのみです。ここの価値に該当されるかは、皆さんの謙虚な勉強しだい、方法(過程)です。
 
今時、こんなのない! 素晴らしいと言って良い米ドル建て終身保険の繰り返し情報公開しています。
米ドル建ての終身保険です。申込者、消費者と保険屋さんたち続々・・・・です。
 
 
45歳、女性会社員の契約例です。 *分かりやすいように、1米ドル100円換算とします。
保険料支払い総額、凡そ(3万1000ドル)=円換算にして310万円で、
10万ドル=1000万円の終身保険が買えます!
 
年払い保険料は、日本円に換算62万円=6200ドルです。保険料支払い期間は、5年払いです
10年払いですと、保険料支払総額が、350万円=3万5000ドルです。これでも、とんでもなく安すぎます。年払い保険料3500ドル×10年払い=3万5000ドル支払い完了です。

そこらに売っている米ドル建ての終身保険の保険料と、大違いですね。

しかも、契約して20年後の65歳時の解約返戻金の予定額が、支払い保険料総額金+凡そ450万円が支払われます。#あくまで予定ですから保証ではありません。
契約して30年後の解約返戻金は、何と1310万円となります。

70歳時の死亡保険金は、1700万円を越えます。
85歳時の死亡保険金予定額は、28万ドル(2800万円の予定です。凄すぎます。
90歳死亡の時は、3500万円を越えます。

すごい運用利率です。

以上の外資系生保の米ドル建て終身保険と、わかりやすく比較するために、格安?と保険業界と保険広告の下われている格安通販販売生保会社のオリックス生命の円建て1000円終身保険と比べてみましょう。
 
 
以下、さほど、よくもない契約例です。
 
45歳、女性
オリックス生命
1000万円 終身保険(円建て)
毎月の保険料、5万7210円×12か月=68万6520円(年間保険料) とんでもなく高いですね。
68万6520円×保険料10年払い保険料支払総額686万円です。ふざけた保険料支払総額です!
契約して20年後の65歳時の解約返戻金は、保険料支払総額は少しだけ上回るものの、雀の涙くらいの微々たる金額です。45歳の人が、なくなる確率の高くなる平均寿命の85歳時に亡くなっても保険会社からもらえる死亡保険金予定額は、たった1000万円だけです
686万円の保険料を支払って1000万円だけなのです。おかしくないですか?45歳の人が40年後、1000万円の死亡保険金をもらったとして、40年後の1000万円のお金の価値はいくらになっているでしょう。貨幣価値は、300万円くらいと見てよいでしょう。

すると、支払っていく保険料総額686万円よりも、はるかに小さな価値となった死亡保険金や途中の解約返戻金は、価値ない金額ということがわかります。ここを皆さんは、頭にしっかり入れておかなくてはなりませんが、それを保険会社の外交員や保険代理店の殆どは言いません。そんなこと客に話したら、終身保険や個人年金保険に契約してくれず、商売上がったです。

格安の通販生保でさえ、686万円の保険料も支払うのです。であれば大手生保や簡保生命では、もっと保険料は高いということがわかります。それだけ、格安通販生保といわれるオリックス生命でさえ、まだまだ大儲けしている終身保険ということが、ここで分かるはずです。


ご相談、お待ちしております。
勉強代は、当然、かかります。
保険は、ひとつの損得のある金融商品ということを忘れてはいけません。

そう金融商品を無料で相談に乗るということは、有り得ません。当たり前、社会のの常識です。
無料保険相談くらい、価値のない終身保険を高く買わさるだけです。

なお、ここで情報公開したある外資系生保の米ドル建て終身保険は、どこにでも範囲されている通常の米ドル建て終身保険とは違います。また、どこにでも、容易には皆さん買えません。てすから全国展開するフランチャイズチェーンのテレビコマーシャルする保険代理店どでは、申し込みできません。

申し込み、ちょっと面倒で、勉強代はそれなりにかかりますか、それでも申し込みする価値大と言えます。だから、一時期、借金してでも入れる内にもし込するべきと話しています。


この5%の貯蓄性終身保険の勉強先は、NPO生命保険格付け協会ではありません。別に研究会が、あります。



全国各地から、相談、お待ちしております!オフ連絡会

35才、このドル建て終身貯蓄保険です。5%運用利率で動いてます!

申し込みは、必要書類が準備出来れば至って簡単です。主婦でも会社員でも、医師でも、金融機関勤務者でも。
33歳、男性、現、運用利率5%のこういう貯蓄性生命保険に契約して、老後の資産づくりを構築していく。
 
 
私たちが契約する、ある外資系生保の米ドル建て終身保険
33歳、男性
基本死亡保障、10万ドル(1000万円)
年払い保険料、およそ2750ドル(27万5000円)
保険料、10年払い
保険料支払総額、およそ2万7500ドル(275万円) 
*ちなみに5年払い契約の保険料支払総額は、2万4000ドルあまりです。安すぎます。

20年後の55歳時の解約返戻金予定額、およそ55000ドル(550万円)・・・・・保険料元金のおよそ2倍
65歳時の解約返戻金予定額、11万8327ドル(1183万円)・・・・・・保険料総額の4.3倍の予定です。
70歳時の解約返戻金、15万7561ドル・・・・・・保険料総額の5.8倍の予定です。・・・少しずつ、取り崩します。
80歳時の解約返戻金、27万2900㌦・・・・少しずつ、この解約返戻金を取り崩し生活資金に充当します。
85歳時の解約返戻金、36万8200㌦
80歳時の死亡保険金予定額、30万6074ドル(3060万円)・・・・保険料総額の11.3倍の予定です。
90歳時の死亡保険金、48万6450ドル




オフ連絡会事務局

赤坂ミッドタウン

帰り道です。

イメージ 1


イメージ 2