FC2ブログ

出張。資産運用としての保険相談

今朝は神奈川県青葉台に来ています。

契約利率5%以上の米ドル建て終身保険を活用しての資産づくり相談とがん含む成人病保険の相談です。

こういった30歳代、40歳代が、多くなっています。

イメージ 1



出張相談は、別途交通費などがかかります。全国各地から、お待ちしております。




/////////////////


午後17時30分、東京に戻ってきました。
熱心な保険相談者(会社員)でした。



スポンサーサイト



契約する価値大。5%利率の米ドル建て貯蓄性終身保険、これだ!

ある●●生保の終身保険(米ドル建て) 
現在、運用利率5パーセント

例、35歳、OL(会社員)  

分かりやすいように、1ドル100円換算しています。

基本死亡保障、10万ドル
保険料年払い、およそ4500ドル≒45万円保険料支払い期間、5年(5年ですから、39歳で保険料支払い完了です)
保険料支払総額、およそ2万2500ドル≒225万円

65歳時の解約返戻金予定額、およそ10万ドル
70歳時の解約金、13万3000ドル≒1330万円・・・・・・保険料元金の5.9倍
80の解約金、23万1000ドル

70歳時の死亡保険金予定額、およそ19万ドル
80歳時の解約返戻金、27万1000ドル・・保険料元金の12倍
90歳時の解約返戻金、42万ドル≒4200万円

この商品、保険代理店等では、販売されていません。

保険屋さんからの申し込みも出来ます。
保険業界人では、これまで男女の外交員、大手代理店や中小代理店の経営者含みCFP.AFPさん、税理士代理店さんたちも申し込みされています。


保険評論家

米ドル建て保険や利率変動型保険、変額保険は、各生保会社利率が違う!

こんばんは。

今日は、地方出張先からの投稿です。

さて、みなさんは米ドル建て終身保険、米ドル建て養老保険、米ドル建て個人年金保険、利率変動型終身保険、利率変動型個人年金保険、変額終身保険、変額個人年金保険に、契約=投資していますか?

これから、国内系、外資系ほか各社から、販売されています。

利率最低保証とうたう保険会社商品も中にはありますが、利率最低保証の外貨建て保険、利率変動型保険は、そもそも保険料説帝がそもそも高く設定販売されていますので、契約する価値はありませんが、保険外交員や保険代理店のファイナンシャルプランナーたちが、最低利率保証がありますからリスク回避てきますとして契約に導くことよくあります。

しかし、保険料設定が高いこれら保険契約は、保険外交員、保険代理店FPさんの保険会社からもらえる保険販売契約手数料=保険会社からの保険販売歩合の率が高くもらえるために、それらに客を契約させた借ります。客のためにでなく、売り手側の都合のために、実は勧めているんですね。

これが、中立公平な保険提案、販売するという保険代理店やFP事務所の経営実態ということは、投資する契約者側は知る由もありません。複数の保険会社の保険商品を取り扱っている保険代理店のファイナンシャルプランナーというのは、100パーセント中立的な立場での保険販売、提案はできません。絶対的にです。

なぜ、絶対と言い切れるのか?答えは明快です。保険代理店、FP(ファイナンシャルプランナー)さんは、一人ひとり個性も違えば、学歴も違えば、生い立ちも違います。これに、取引する保険会社の数も違います。今日、保険会社、共済団体は、100社前後まで存在します。この100社前後までの取り扱う中立公平な保険提案をうたう保険代理店は、損沿いしません。

その保険代理店が都合のよい保険会社せいぜい10社から40社前後と下請け契約しており、その中から客に選ばさせてるわけです。その数十社の保険商品、保険会社によって、保険代理店のFPさんに販売手数料=保険販売してくれた歩合給の率が大分違うわけです。

たとえば、利率変動型の終身保険に契約したとします。A生命保険会社は、3年間にわたり客が毎月支払う保険料の半分を契約の歩合給として保険代理店FPさんに支払います。キャンペーン上乗せ手数料や奨励金等含み。

たとえば、毎月支払う客の保険料が5万円とすれば、その半分の2万5000円が保険代理店の販売歩合給となります。その2万5000円が、契約した翌月から3年間=36カ月先まで毎月保険会社は保険代理店FPさんに支払います。

月の保険料、5万円
その保険契約を獲得した保険販売員の外交員、保険代理店のファイナンシャルプランナーのFPは、客の毎月支払う5万円のうち、2万5000円が、保険販売員の取り分となり、その2万5000円×36カ月分=90万円が歩合給としてもらえる。だから、保険契約者が契約して3年以内の保険解約した場合、とんでもなく低い解約返戻金しか戻ってこないわけです。 だから、兼販売員は、この仕事がなかなかやめられないわけです。契約さえとってしまえば、あとは何もしなくても、客は保険料を毎月銀行引き落としで支払ってくれるわけですから。


契約して4年め以降の保険歩合給は減りますが、客か途中解約しない限り何十年と保険会社は、保険代理店FP(ファイナンシャルプランナー)さんに、実質的名目の保険途中解約防止管理手数料として支払ってくれます。おいしい商売だということがわかると思います。という支払いシステムの保険会社もあれば、保険代理店に支払う保険販売手数料率を低くして支払う保険会社もあります。

こういう格差が裏にありますから、保険販売する保険外交員や保険代理店のFPさんは、保険会社からもらえる販売手数料が高い保険会社商品を客に、こちらのほうがよい保険だと思いますとして提案、勧めてくるわけです。こういう裏の背景は、客側はわかりませんし、保険会社からもらう保険販売手巣料の情報開示義務が、実質ありません。


みなさん、米ドル建て保険、利率変動型保険、変額保険という貯蓄性の保険ですが、各社保険料は数千円から契約内容にもよりますが何万円も違います。契約する利率も、1パーセントから2%、中には3%近く違いますから、保険各社の保険商品、調べつくす必要があります。

しかし、40社取り扱う保険代理店では、市はぺ尽くしてくれる保険代理店は、存在しません。都合のよい保険会社の保険会社、商品から、10社程度に絞って提案してくれるだけです。これ、テレビCMする大手保険代理店の現実、実態です。FP事務所さんは、裏では保険会社と取引する保険代理店の下請けをしていますから、経営実態は保険代理店と同じです。FPなら、中立提案してくれると勘違いしないことです。

事務局



蛭子能収のゆるゆる人生相談「生命保険はギャンブルです」

蛭子能収のゆるゆる人生相談「生命保険はギャンブルです」

1/22(月)    
女性自身
この秋、“世界一ゆるい70歳”となった蛭子能収(70)。大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)を刊行したばかりの蛭子が、読者からの相談に答える!

【Q】「わが家の生命保険料は夫婦で毎月7万円ほど。友人に話したら『払いすぎだ』と。保険会社の人に言ったら、今、解約すると損すると言われました。蛭子さん、どうすればいい?」(SHIHOっ子さん・51・主婦・福岡県)

【A】「生命保険はギャンブル。胴元が儲かるようにできている」(蛭子能収)

生命保険は、契約している間に、その人が死ぬか生きるかを賭けるもの。これはギャンブルですよね。オレも50年以上、競艇やパチンコ、海外ではカジノをしてきましたが、ギャンブルは、パチンコ店やカジノの胴元が絶対に儲かる仕組みになっているんですよね。生命保険も同じだと思っています。保険会社の人はいい給料もらったり、大きなビルを建てたりしていますからね。

オレも独身時代に、保険会社のヒョロヒョロしたオバさんに誘われて生命保険に契約していました。でも、あとから女房に怒られました。割りが悪い仕組みで、利息がつくどころか、貯蓄が減っていくみたいで、同じようなものに3つも入っていました。解約したらかなり損したみたい。ヒョロヒョロしたオバさんは侮れません。

生命保険料は、自分が出せる範囲で決めればいいんです。オレは、ギャンブルで使うのは給料の10%くらいと決めています。でも最近は女房に小遣いを減らされて……。どうすればいいか聞きたいのはオレのほうですよ。

高額な死亡生命保険金の相続税を支払わない方法も中にはある! 

保険には、表と裏があります。
例えば、一般的な家族構成では、2000万の生命保険金は、非課税になります。

しかし、一般的な家族構成や独身の場合、5000万円、1億円の死亡保険金には、相続税、他の税もかかります。それも低い税率ではありません。

しかし、たとえ、独身であっても、1億円の死亡保険金を受け取っても、税金一円足りとも支払わないで良い方法もあります。一部の該当する人はです。

しかし、その方法は、格付け協会では、情報開示しません。

保険の勉強を奥までしていくと、自ずとわかってきますが、その奥までの勉強?研究を誰に教わるか?そこらのFPさんや保険の外交員、代理店相談員のFPさんレベルでは、分からないです。

保険は、どういう目的を持って、保険に契約して行くか?勉強のレベルをどこまでされるかです。

事務局

終身医療保険、一番質のある良い保険会社はどこか?

こんばんは。
夜の投降です。

全国各地より、多くのアクセス、ありがとうございます。今日は、500人前後の方からでしょうか?

さて、各保険会社から販売されている終身医療保険。非営利をうたう全国的な共済団体が販売する終身医療共済や、一時的な医療保険といえる月掛け金1800円、2000円のものまで販売されています。

また、ネット通販で、子供が小さい家庭の保険を支えるネット系生保会社のものもあります。しかし、ネットやコマーシャルと違い、ネット系保険会社の医療保険、死亡保険が一番安いかといえば違います。つまり、ネット系生保は、誤解を招くというべきか、ごまかしの宣伝のもとの保険商品販売ともいえます。

また、経済系金融雑誌の東洋経済やダイヤモンド社の保険特集する雑誌もあります。その雑誌の見出し、タイトルがすごい。

保険会社に騙されるな?  とか、保険のプロが選んだ保険はこれだ! などです。
こういう厳しいタイトルをすれば、読者は、この雑誌を信用してくれるだろうと思わせます。しかし、信頼にはつながりません。なぜなら、中身の保険や騙される手口などを読むと、中身が薄いということが言えます。つまり、購入する価値はないという内容ですから、一番消費者側にとって、よい医療保険、死亡保険にはたどり着いてはいません。

また、雑誌の登場するFPさんたちは、保険会社の手先といえる保険代理店経営をしている存在です。しかし、保険代理店経営せず、単なるFP専門家としての保険に精通する人は、いませんといってもよいでしょう。

つまり、保険は簡単そうで、奥深い点があります。表面だけではわからない、保険の最終的な出口、本当にこの保険で保険金、給付金を支払ってくれるのか?また敏速に支払ってくれるのかということも、表面ではわかりません。

雑誌は、厳しいタイトルをつけて、保険特集する雑誌を販売していますが、金融系雑誌の裏側わ読み取ればわかります。ダイヤモンド社や東洋経済やムックなどの雑誌など、これだけ厳しいタイトルをつけないと、今雑誌が売れないので。
今では、出版社はつぶれるところも出てきました。こういった事情があり、厳しい見出しになっている背景があります。かつ中身の薄い記事、保険情報という結果です。今、出版社も経営が死活問題となっています。

保険は、数百円の雑誌を読めば、一番良い保険が見つかるなら、誰でもそうします。しかし、そんな簡単なものではないのです。

保険投資者自ら、もっと勉強代を出して保険を求めていくことです。努力さが足りないから、いつまでも医療保険や、がん保険、終身保険までも、見直しするわけです。

それではなりません。
保険は、貯蓄性、掛け捨て系ありますが、貯蓄性だからといって、どびつくのはよくありません。保険代理店FPの貯蓄性という宣伝に騙されてはいけません。また最低保証利率のある終身保険や個人年金保険も、すぐ決めてはいけません。FPファイナンシャルプランナー≒保険出す利点経営者=複数保険会社の下請けであることはいうまでもありません。

保険投資者自身が、しっかり勉強しましょう。勉強代をケチってはいけません。保険は人の命と家族、またお金の損得、資産にもつながる大切なものです。賢い投資者になりましょう。

勉強、お待ちしております。


下記は、ネットをうまく活用して、よりよい保険の見つけ方に参考になると思います。
賢い保険格付け情報と保険相談先です。
生命保険格付協会事務局 http://www.seihokakuzuke.com/

ネットでの保険情報入手や保険相談は、夜でも出来ます。
お待ちしております。


保険情報機関、全国各地から、多くのアクセス、ありがとうございます。

保険格付け情報、

一般のみなさん、業界のみなさん、
毎日、全国各地から、多くのアクセス、ありがとうございます。
 
保険ブログ部門、アクセス数第一のご支持、ありがとうございます。

また、各会員へのご入会、ありがとうございます。

明日は、かなり冷え込むようです。
風邪引かないように・・・・・。

生命保険格付け協会http://www.seihokakuzuke.com 事務局
オフ連絡会事務局


こういう米ドル建て貯蓄性高い終身保険もあります。

現在も、一部の人のみ、申し込み出来る終身保険情報です。

ある生命保険会社・・・・保険代理店では、販売されていません。
ここでは、保険会社名、情報公開しません。勉強し努力して手に入れてください。勉強とは、保険代理店やFPさんに相談してこれに入りたいとすることでは、勉強しているとは、値しません。もっとも、勉強する手法を変えていきましょう。それがわかれば、賢いOLといえましょう。

さて、
前回の投降した保険会社ではない、別の保険会社の同外貨建て終身保険商品です。
保険代理店FPさん、保険外交員さんたちも、メカラウロコ、保険屋さんたちも、すぐ入りたい保険商品でしょう。

参考

40歳
女性
特殊型米ドル建て終身保険

保険料一括払い・・・・3万7979ドル・・・・一ドル換算100円と仮定して379万円

45歳時の死亡保険金・・・・・24万5399ドル
50歳時の死亡保険金・・・・・26万6295ドル・・・・・契約して10年間は、契約特定があります。特殊型。11年目以降は、特殊型は提供されません。
61歳時の死亡保険金・・・・・23万3332ドル
71歳時の死亡保険金・・・・・37万7683ドル
81歳時の死亡保険金・・・・・52万0207ドル・・・・・・5202万円
91歳時の死亡保険金・・・・・87万7441ドル

56歳時の解約返戻金・・・・・8万2727ドル
66歳時の解約返戻金・・・・・16万5022ドル・・・・・1650万円・・・・元金の4倍・・・・・一部のみ保険契約を解約して受け取ることも可能です。
71歳時の解約返戻金・・・・・23万5589ドル
81歳時の解約返戻金・・・・・46万0065ドル・・・・・4600万円


以上、情報でした。


なお、この保険は、基本的に大学卒業程度の能力がある方が適していますので、高卒は、不向きとしたいと思います。

オフ連絡会より

40歳OLの賢い保険活用、この貯蓄性米ドル終身保険を手に入れよう。

オフ連絡会より、保険情報です。

なお、この保険の勉強と申し込み検討などは、基本的に大学卒業程度の能力がある方が適していると思います。したがって高卒の方は、不向きとしたいと思います。ただし、高卒でも、努力心と能力向上心にもより可といたします。

これだけ格安な保険料支払総額の円建て、外貨建ての終身保険は、以下提供した者以外、現在ありません。

保険例、
40歳、女性


保険料年払い、3010ドル=30万1000円 (月払いに換算して2万5000円)

保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、3万100ドル=301万円・・・・

・参考までに保険料5年払いは、保険料支払総額およそ2万6000ドル(260万円)あまりです。

260万円の保険料総額なんて、信じられませんよね!40歳で、この安さです。ジブラルタ生命、メットライフ生命、SONY生命、プルデンシャル生命の保険料とは、何百万円も支払い総額がちがいます。

10年払いより4000ドル、つまり40万円も安くなります。

50歳時の解約返戻金予定額、およそ2万8000ドル (払戻率* 92%)

20年後の60歳時の解約返戻金、6万100ドル・・・・保険料元金の2倍の予定

70歳時の解約返戻金、11万6000ドル・・・・・・・保険料元金の3倍位以上の予定

60歳時の死亡保険金予定額、およそ13万2000ドル=1320万円

70歳、およそ17万2000ドル

80歳、24万5000ドル90歳、37万6000ドル・・・・死亡保険金額が凄い。家族に遺せます。

全国各地にある来店型保険代理店には、販売されていません。来店型でない訪問型の保険代理店にも、販売されていません。

保険外交員、代理店経営FPさんたちからの勉強も受け入れます。


保険の選択先は、重要です。
人生における分かれ目。その結果が、会社を定年したころの60歳以降、
大きな保険価値の差が付いていると思います。


生命保険格付協会http://www.seihokakuzuke.com/
保険の骨格を決定するため、保険格付け情報の提供先です・・・・医療保険、死亡保険含む国内系、外資系保険と保険トラブル、保険見直し相談先です。

●オフショア連絡会主宰 ・・・・・外資系保険中心の勉強先です。

 どちらの会も、勉強代はかかります。