FC2ブログ

今日は、山梨県甲府市まで

今日は、会員に入会された山梨県甲府市の会員からの見直し相談です。

イメージ 1



全国各地から、会員募集しております。メール、面談等の見直し相談、保険会社格付け、保険商品格付け情報入手など、お待ちしております。


明日は、埼玉県での見直し相談(面談)です。


生命保険格付事務局
http://www.seihokakuzuke.com/
スポンサーサイト



保険料詐取容疑で元代理店員逮捕

保険料詐取容疑で元代理店員逮捕=被害1億円超か―大阪府警
2/21(水) 18:03
1

/保険代理店が、信用できない理由の一つ。格付け協会事務局

以下、報道

 保険契約を結んだように装い顧客から保険料をだまし取ったとして、大阪府警豊中署は21日、詐欺容疑で元保険代理店従業員、阪本靖隆容疑者(45)=同府吹田市南吹田=を逮捕した。

 容疑を認めているという。被害は総額1億1000万円に上るとみられ、同署が詳しく調べている。

 逮捕容疑は2016年8月、同府茨木市の60代男性を勧誘して虚偽の保険契約を結び、保険料約1000万円をだまし取った疑い。

 同署などによると、阪本容疑者は東京海上日動火災系の保険代理店に勤務していた。昨年の社内調査で、顧客16人から保険料などの名目で03~16年に計約1億1000万円を不正に集めていたことが発覚。同社は阪本容疑者との契約を解除した上、府警に告発していた

保険客といえども、他人の提案は、売り手側の都合よい保険比較提案ばかりである。

保険外交員や、中立をうたう保険代理店、また、独立系とうたうファイナンシャルプランナーFP、銀行内の保険担当者に、客側の一番利益や得になる保険提案や契約はさせません。

保険屋は、中立だの独立系だのよく言いますが、保険販売を代理店であってもされている以上、保険会社の手先には、かわりありません。

保険代理店や、FPファイナンシャルプランナーに、独立系だの、中立的立場だの、大嘘です。

言葉の裏を見抜く金融知識、金融情報を身につけて行きましょう。

保険消費者自身が勉強して、保険屋、代理店、ファイナンシャルプランナー以上に、賢い保険契約者にならなければなりません。

一緒に、勉強していきましょう。

勉強お待ちしております。
保険見直し相談や保険情報入手に、無料で得るなど、決して得なものありません。無料、ただほど、高いもの(あるいは安くても価値ない保険契約につながる)ありません。


NPO生命保険格付協会事務局有料会員制度です。
http://www.seihokakuzuke.com/

終身保険編。 40歳代、この貯蓄性終身保険しか、契約する価値はありません。


契約利率5%で、今も、申し込み出来ます。ここまで高い利率は、ほかにはありません。

終身保険編です。

この保険会社の終身保険商品以外、他社の終身保険(円建て、外貨建て含み)一つも魅力ありません。
この保険会社の米ドル建て終身保険を大いに活用すべきと思います。保険代理店の各種終身保険の比較見直し相談や提案は、信用しないことです。まるで、無価値な円建て終身保険、外貨建て終身保険、利率変動型終身保険、変額終身保険だけです。


保険例、
40歳、女性

保険料年払い、3010ドル=30万1000円 (月払いに換算して2万5000円)

保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、3万100ドル=301万円・・・・

・参考までに保険料5年払いは、保険料支払総額およそ2万6000ドル(260万円)あまりです。

260万円の保険料総額なんて、信じられませんよね!40歳で、この安さです。ジブラルタ生命、メットライフ生命、SONY生命、プルデンシャル生命の保険料とは、何百万円も支払い総額がちがいます。


10年払いより4000ドル、つまり40万円も安くなります。

50歳時の解約返戻金予定額、およそ2万8000ドル (払戻率* 92%)

20年後の60歳時の解約返戻金、6万100ドル・・・・保険料元金の2倍の予定

70歳時の解約返戻金、11万6000ドル・・・・・・・保険料元金の3倍位以上の予定

60歳時の死亡保険金予定額、およそ13万2000ドル=1320万円

70歳、およそ17万2000ドル

80歳、24万5000ドル90歳、37万6000ドル・・・・死亡保険金額が凄い。家族に遺せます。

以上、情報です。

この商品、ごく一部の保険外交員、保険代理店FP、保険代理店経営者、CFP事務所代表など、保険屋さんたちもが、契約しいます。保険屋さんもこの商品の勉強するのには、氏のもとで、メール・面談の上することになります。

勉強先は、格付け協会ではありません。
ただし、保険の基本的勉強を格付け協会http://www.seihokakuzuke.com/でされてから、オフ連絡会に入会して、勉強力を深めるか、考えてください。
 

この特殊な米ドル建て終身保険の勉強先ですが、オフ連絡会は、氏が、勉強会(勉強クラブ)をメールやその他面談にてしております。それ相当の資料代等は、かかります。





会員へのご入会、ありがとうございます。

こんばんは。

全国各地より、会員へのご入会、ありがとうございます。

20歳代後半から、50歳代までの皆さん、消費者側(保険に投資する側)に立った保険見直し相談、保険格付け情報依頼、保険トラブル含め、お待ちしております。

当会は、ファイナンシャルプランナー会社・FP事務所のように、保険を販売したり一切していませんから、消費者側の利益に立った提案等が出来ます。

よく聞く、また宣伝されている特定の保険会社に属さない中立の立場の保険代理店とか、FP事務所、ファイナンシャルプランナーとか、ごまかしの保険に契約してくれる相談者の取り込みトークが蔓延しています。

特定の保険会社に属際ないという意味は、一社の保険会社だけでない、複数の保険会社の保険販売する保険代理店、FP会社、FP事務所という、これが本当の意味ですが、これをFPさんたちは、消費者側に知らせません。

複数の保険会社の保険販売すれば、それは比較して保険選びが出来るように見えますが、現実は、その中立をうたう、セールストークする保険代理店やFP事務所は、一番ないし二番目の保険会社からもらう保険販売手数料率が高い保険商品を一番お得とか、お客様の意向にあう保険会社、保険商品が、これですと、比較した中で一押しに勧めてきます。

この手に引っ掛かる保険契約者が大半です。


保険は、保険代理店や保険外交員、FP事務所の、いわゆる保険販売する人たちの保険トークを信用してはなりません。複数の保険会社の保険販売するFPさんたちは、つまり売り手側の人間であり、決して中立の立場でもなく、また消費者側に立つ立場ではないことを、覚えておきましょう。

保険は、自ら勉強して行くことです。
努力して、勉強代を支払ってでも、真剣に探していきましょう。


土日の会員入会も可能ですし、土日、夜の保険相談、保険情報依頼も可能です。
メールにて、勉強お待ちしております。別途費用かかりますが、ご希望により、面談での相談もできます。

会員入会は、有料となります。*無料の会員入会先での相談や、会員制度はなく無料でのFPさんに相談というのは、まず消費者が世に立った保険提案は、出来ません。なぜならば、一社ないし複数の保険会社の保険商品を販売する人間たちだからです。

事務局