FC2ブログ

保険評論家の契約する終身医療保険を公開

あくまで、私が契約している保険内容の部です。
皆さんが契約している終身医療保険と、比較してください。 損得の格差、ものすごく大きいことが分かります。


 
終身医療保険、730日型・・・・・連続入院730日出来ます。皆さんのものは、60日型?
入院日額 2万円
手術給付金 入院日額の10倍、20倍、40倍
保険料払込期間、60歳払い済み
730日連続入院しても、入院給付金走は支払われます。(年取っての寝たきり状態の入院もできます)
毎月の保険料、1万6000円
保険料支払い総額 537万円
 
例、
契約した翌日に死亡した場合、200万円
68歳時の解約返戻金=死亡保険金 524万円
73歳時の解約返戻金等 572万円
80歳時の解約返戻金等 600万円以上となります。 *確定した解約返戻金となります。
 
 
 2つ目の終身医療保険

契約年齢 30歳 非喫煙者
保険料は年払い、2,450ドル
保険料払い込み期間、10年・・・保険料総額 2万4500ドル
死亡終身保障付き、45,000ドル
1日の入院保障額 105ドル(30歳から64歳まで)
重病1での入院の場合、1日入院保障額、210ドル1日の入院保障額 145ドル(65歳から84歳まで)
重病2での入院の場合、1日入院保障額、310ドル1日の入院保障額 200ドル(85歳から100歳まで)
重病3での入院の場合、1日入院保障額、400ドル手術給付金、
手術の内容により、
小型手術1,400ドル
中型手術、2,520ドル
大型手術、5,040ドル
複数大型手術、8,400ドル

65歳時の解約返戻金、58,555ドル(保険料総額の239%)
70歳時の解約返戻金、71,540ドル(保険料総額の292%)
84歳時の解約返戻金、124,950ドル保険料総額の510%)


以上、皆さん、参考になりましたか?私の保険契約の一部です。
まだ、ほかにあります。がん保険含み。


私の保険の勉強の結果が、この終身医療保険でした。 かなり、勉強、学習代出して、ここまで求められました。


勉強せず、保険屋さんのいいなり、提案された医療保険では、まずこういう価値ある医療保険には契約できないと言って過言ではありません。なぜなら、この終身医療保険、取り扱う保険代理店少なかったですし、保険会社直販の保険外交員は、取り扱いされていませんでした。

馬鹿な保険消費者になってはなりません。
保険外交員、保険代理店、FPさんのお勧めとか、提案された保険を真っ向から、信用してはいけません。
そんなことしていたら、保険の売り手側の都合のよい保険に契約させられるだけです。


賢い保険消費者になること。どうすればなれるか? 相談や勉強する先を変えることなんです。また、勉強代をケチることなく、勉強代こそ、大きくても使う、勉強のための、自分の成長の糧(かて)になるために投資するのです。

現在、販売されている入用保険の中で、どこの商品が一番、投資者側にとって、有益なのでしょう。

勉強です。無料の範囲内の勉強だけでは、よりよい保険は、見つかりません。保険代理店のFPファイナンシャルプランナーさんも、客側有利な医療保険は、勧めてきません。

売り手側の都合のよい医療保険をおおよそ5保険会社前後から選ばさせ、その中から契約に導いてくるのです。その提案された5社、いずれも客側でなく、売り手側の利益率高い保険なのです。そういう保険屋さんに対して疑問を持つことから、人は賢くなってきます。


相談、勉強、保険商品格付け情報先、
NPO法人生命保険格付協会コンサルタント



スポンサーサイト



FP、ファイナンシャルプランナーは、保険募集人であり、中立的立場ではない


独立系保険代理店とか、独立系FP事務所とか、よく聞かれるかもしれません。

しかし、いずれも、保険会社の厳しく? 普通に? 率直に申せば、手先なのです。保険会社の下請け従業員といってよいです。

FP事務所、ファイナンシャルプランナーさんちは、顧客の立場には立っていません。保険会社よりも、FP事務所寄りの利益を第一に考えた保険提案しているわけです。

FP、ファイナンシャルプランナーさんたちは、複数の保険会社の保険販売が可能のですが、これは、保険業界人専門用語で、保険募集人といいます。この保険募集人とは、保険会社直接雇用の保険外務員すなわち保険外交員と同じ保険募集人という販売資格を保有しています。

これは、一つの資格であり、この保険募集人の資格を得るには、いずれかの保険会社の保険募集人資格試験、ペーパーテストで、一定の点数をとって、保険募集人資格がもらえます。

たとえば、アフラックの保険を販売したい場合、アフラックの研究教育施設、武蔵野市?雀町だったか、試験を受けに行きます。そこで合格すれば、アフラックのがん保険などが、保険販売することが出来ます。

試験は、アフラックの施設で合格して、ライバル保険会社の保険は販売できないのかといえばね出来ます。保険代理店に勤務していたり、FP事務所を開業、あるいは自営業として営んでいる場合は、ライバル社の保険も販売したいと申請書を提出すれば出来ます。

この手で、FPさんたちは、保険募集人となるわけです。
もちろん、売り手側の立場ではなく、保険の売り手側の立場の保険募集人としての知識、販売方針のための試験内容です。保険募集人の難易度ですが、中学校卒業程度の試験内容です。

数学とかの試験は含まれず、すべて、保険募集人としての心得の選択肢問題です。だから、大手生保のパートで働く生保のおばちゃんも保険販売しているわけです。

FPさんは、中立的立場での保険提案は、決してしません。保険業界人側の人間ということは、明らかです。
広告や宣伝にある、保険の相談無料とか、保険の専門家とか、顧客の立場に立った保険提案など、うまい広告がネット内でたくさんありますが、保険会社から報酬をもらっている以上、複数の保険会社の手先であることは間違いありません。

よく新聞やテレビ、雑誌、単行本に登場するFP、有名なファイナンシャルプランナーさん、FP事務所さん99.99パーセントの人たちは、独立系と宣伝するも、保険会社の保険募集人であり、保険募集人ということをネット内や雑誌のプロフィール内でも、隠しています。保険募集人と記載すれば、読者や視聴者は信用しなくなりますから・・・。



事務局

県外交員、保険代理店、FPさんからの入会も歓迎いたします。


保険業界人の方も、入会されています。

大手生保、中小生保、餓死系生保の男女外交員、営業所長、全国各地の保険代理店経営者、全国各地のFP事務所や税理士事務所、公認会計事務所、大手銀行シンクタンク研究院、エコノミストなど、

これまでと変わらない保険販売の形、保険の知識など、一つ上の視点に立って、保険業という形変え行かないと、生き残っていけないと思いますし、この保険業という仕事が、面白くも、楽しくもないと思います。面白くないのに、楽しくないのに、保険を客に提案して契約してもらっては、客側も迷惑です。

未来に向かった保険のとらえ方、格付け協会にて、勉強して行きましょう。



ご入会、お待ちしております。


格付け事務局 代表

30歳代、40歳代は、この貯蓄性高い、かつ高死亡保障、安い保険料総額の米ドル建て終身保険に契約だ!


以下、情報です。
この情報は、保険外交員や保険代理店、FPファイナンシャルプランナーでは、得られません。ネット検索しても、どこの保険商品か? わかりません。

オフ連絡会のみの、米ドル建て終身保険情報です。
外交員、保険代理店、FPなどが販売する米ドル建て終身保険とは大違いです。
たとえば、一般的米ドル建て終身保険とは、保険料支払い総額の大格差、死亡保障額の大格差、途中解約返戻金の大格差です。

保険代理店で、この保険商品と米ドル建て終身保険を見比べれば、いかに一般で販売されている米ドル建て終身保険が、とんでもない保険商品かが、わかるはずです。特に、保険料支払い総額です。それだけね保険会社は、客の知らない中、保険料でもうけすぎです。かつ運用の配当分をあまりにも、低くしか契約者に還元していません。ここが保険会社の悪い点でもあります。


以下、参考情報、

30歳契約例
5%利率の米ドル建て終身保険、今、申し込み可能です。
貯蓄性高く?格安の保険料支払総額、しかも、その金融機関の信頼性高いところです。
今、会社員、契約者員、主婦、公務員、教員、医師、経営者など、申し込み続々です。


さて、本題です。
目から鱗とは、こういう保険商品を言います。凄い貯蓄性でもあります。

総額190万円の保険料というのは、普通の生保では考えられません。
 
 
米ドル建て貯蓄性終身保険です。現在、利率5%です。

会社員女性 30歳   
基本死亡保障額、10万ドル(1000万円)
保険料、年払い 3800ドル(38万円)
保険料支払い期間、5年払い、払込完了です。  5年払いで終えます。!!!!!!
保険料総支払額(元金)、およそ1万9000ドル(190万円) 前後。為替変動等ありのためその日によって掛け金総額は異なります。
 
50歳時の解約返戻金予定、4万4100ドル(441万円) 契約して20年後で元金の2倍以上の解約返戻金です。
65歳時の解約返戻金、11万3100ドル(1131万円)
70歳時の解約返戻金、15万ドル(1500万円)
 
50歳時の死亡保険金予定、12万6900ドル
80歳時の死亡保険金、29万6900ドル(2969万円)・・・・・・・保険料元金の10倍以上の死亡保険金
90歳時の死亡保険金、46万4500ドル(4645万円


*ちなみに、35歳、世界一高いニッセイの終身保険死亡保障1000万の契約で、総支払い保険料額は、680万円以上の保険料になります。 これら保険会社の契約で、契約50年後、85歳で亡くなっても契約した当初と同じ1000万円の保険金しか貰えません。これで、契約する価値ありますか?明治安田生命など、大手生保の保険料総額は、簡保より更に高いです。



40歳契約例、 よくない米ドル建て終身保険商品の契約例です。これに、皆さんが契約している、あるいは保険代理店、外交員から見積もってもらう保険設計書の内容でもあります。契約利率、現在3パーセント。

例、40歳、女性
保険料年払い、64万2840円(月払い5万4030円)保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、642万2840円
50歳時の解約返戻金予定額、6,479,600円 (払戻率* 100.7%)
70歳時の解約返戻金予定額、690万前後・・・・・保険料総額の1.1倍前後の予定しかない>あくまで予定。

60歳時の死亡保険金予定額、1000万円
70歳、1000万円
80歳、1000万円
90歳、1000万円・・・・契約して50年後の貨幣価値はどれくらい?シビアに現在の三分の一の300万円くらいの価値と見るべき。かなり冷静の見方ですね。支払った保険料総額は、642万円。90歳時の死亡保険金の実質価値は300万円とすると、マイナス342万円の大損ということになります。これでは、何のために一生の就寝死亡保険に契約していたか、わかりません。60歳時、70歳時の解約返戻金も同じです。20年、30年後の貨幣価値、その時の消費税、物価を考えれば分かるはずです。  

    
対抗比較生 
   ↓ 

私の評価するところのある外資X生命の終身保険  本日時点、契約利率5パーセント。今、申し込み出来ます。

例、
40歳、女性
保険料年払い、3010ドル=30万1000円 (月払いに換算して2万5000円)
保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、3万100ドル=301万円
50歳時の解約返戻金予定額、およそ2万8000ドル (払戻率* 92%)
60歳時の解約返戻金、6万100ドル
70歳時の解約返戻金、11万6000ドル・・・・保険料総額の3.9倍前後の予定
あくまで予定。

60歳時の死亡保険金予定額、およそ13万2000ドル=1320万円
70歳、およそ17万2000ドル
80歳、24万5000ドル
90歳、37万6000ドル・・・・契約して50年後の貨幣価値はどれくらい?シビアに現在の三分の一の1200万円くらいの価値と見るべき。かなり冷静な見方ですね。それでも、支払った保険料総額が、301万円ですから、その4倍の利益ということになるます。


以上、情報でした。



事務局
http://www.seihokakuzuke.com/  医療保険、がん保険、収入保険、年金保険などの相談は、格付け協会に、会員としてご入会の上、メールにて、ご相談ください。一部、面談にての相談も可能です 。土日、夜でも、メールにての入会も可能です。kakuzuke@v7.com


以上の商品の相談は、オフ連絡会のみです。
まず、格付け協会で、保険の基本を勉強、情報収集などされてから、オフ連絡会での勉強されることが、保険という位置づけ、賢い求め方などが、わかってくると思います。保険の基本を知らないと、よりよい保険は求められません。基本は、重要です。


保険ブログ、190万アクセスありがとうございます。

多くのアクセス、ありがとうございます。ヤフー保険ブログ部門、ダントツ アクセス数第一位を10年以上いただいております!190万アクセスを通過しました。
http://www.seihokakuzuke.com/
代表

保険見直し無料相談に、相談する価値なし。

時間の無駄。

来店型の保険代理店や、保険会社の外交員との保険見直し相談無料は、時間の無駄ですし、売り手側の都合よい保険商品と、特約、そして勧める保険料払い込み期間とされるだけで、よりよい保険には、契約出来ません。

どうして、保険会社の下請けなのに、保険代理店の一部は、テレビコマーシャル流すくらいのお金があるのでしょうか?

それだけ、売り手側の都合のよい粗利益率の高い保険に、他社比較したかに見せて、勧める保険に契約させるのです。

だから、テレビコマーシャル流すくらいのお金かけれるのです。

テレビコマーシャルだけではありません。ショッピングモールにしても、三越百貨店にしても、高島屋にしても、駅前商店街にしても、よく来店型保険代理店を見かけます。銀座のど真ん中にもあります。

テナント料、お店の家賃は、相当な金額です。これも裏付け出来ます。それだけ粗利益率学校高い保険商品と、保険会社からの報酬バックなのです。

それがわかっているなら、行かないことです。時間の無駄。しかし、一度や、ライバル関係の保険代理店にいき、社会勉強のために、無料相談してみるとよいです。三度目は、往かないことです。

地方の親子で営んでいる独立系と勝手にうたう保険代理店もFP事務所も同じです。

無料相談には、無料にする理由ガスあります。

保険の売り手側に、頼っては、ダメです。親しい友人だから、その友人の保険屋さんの勧める保険に契約するなんて、とんでもないことです。友人関係と保険投資は、切り離さないとなりません。

いうですか。
保険外交員さんの初任給は、どこで決まるか知っていますか?
例えば、アメリカから日本に進出した外資系生保の男性外交員の初任給は、その入社しようとする外交員は、何人親しい友人、仲間がいるか、コンタクト出来る人がいるかで、初任給の月給が決まります。500人いれば、月給は、50万+歩合給とボーナスです。

友人から、信用して勧める保険に、契約しては、なりません。会社にやってくる外交員も同じです。学校の場合も同じです。

自分が、しっかり勉強していかないとなりません。勉強代を出して、保険という資産の契約と契約後の防衛をして行きましょう!


格付け協会事務局
http://www.seihokakuzuke.com/

今、入っておくべき保険商品は、価値ある終身保険とがん含む成人病保険のみです。

医療保険は、必ずとは言いがたいです。しかし、30歳代、40歳代で医療保険に契約するなら、ある一社の医療保険なら、まだ、契約する価値はあります。と前の投稿で、50歳に向けて話しました。

さて、必ず入っておくべき保険としては、価値のある、あるk社の終身保険です。今でも契約利率5%ですから。今でも申し込み出来ます。特定の人のみですが。

あとは、がん、脳梗塞などのための成人病保険です。これも、どこの生保会社でも販売されているのですが、どこの生保会社でも良いというものではありません!

これも、ある一社が優良成人病保険です。

この成人病保険商品は、大手保険代理店は、比較提示商品に、出さないでしょう?

何故なら、他社の成人病保険や、がん保険販売した方が、利益率高いですから。

保険の売り手側の論理、買い手側の論理は、違います。反対です。中立を装って、保険商品比較提示するのが、複数保険会社商品を取り扱う本代理店の姿です。保険会社の下請け小企業なのです。だから、保険会社にはする逆らえません。逆らったなら、来月からその社の保険商品、卸してくれなくなります。

15年、20年25年先を考えれば、ある社の終身保険とある社の成人病保険です。これば、これからの必須となるでしょう。

この理想希望が叶う人は、全体保険契約者の0.001%にも過ぎないでしょう。

何故なら、保険商品という金融商品のこと、保険会社のこと、平成していません!

上手く社会にとって流されて、つまらない保険商品に何十年と、保険料、銀行口座から引き落としされているだけで、最後は、なにも得れません。最後少し得れても、それは、20年、25年、30年、40年後の物価、貨幣価値観からして、価値ない額の保険によって契約していたと、数十年後、気づくだけでしょう。

先が分かるなら、今、何摺るべきかです。

価値ある保険のみは、今から契約しておくことです。出来るかぎり年齢の若いうちにです!1才でも早くにです。

50才から契約する医療(入院)保険について論ずる

おはようございます。
無料範囲内の話とします。

何でも、無料で価値ある話、情報、相談が出来るとは、考えないことです。

無料相談や無料情報の話は、価値ないのが、結果です。しかし、その結果で決めた保険が、良くないと気づかない人が大半です、だから、保険会社の男女の外交員、保険代理店のファイナンシャルプランナーは、保険契約で儲かるのです。

保険商品は、食品と違い腐りません。薬屋さんの商品と同じです。だから、利益率が、高いのです。

さて、結論だけ。

50才から入る医療保険は、価値ある商品が、ありません。どうしても?医療保険に契約して安心感を生涯得たいというなら、ある生保会社の医療保険です。これしか契約する価値は、ありません。つまり、100の医療保険が、販売されている中で、99商品は、契約する価値はないのです!

それが、わからないまま、保険代理店のファイナンシャルプランナーに、各社の医療保険を比較提示されて、その中から決めて契約しているのです。

保険代理店が、比較提示する複数保険会社の医療保険は、全部価値ない、すなわち買い手側にとって価値ない、売り手側にとって、利益率高い医療保険提示商品ないのです。保険代理店は、比較提示する際、5社どまりの比較提示です。多くても、10社どまりです。保険代理店の中には、30社の保険を取り扱っていますと広告出してはいますが、実際はする30社の医療保険比較提示なんて、絶対してくれません、
実際、大手保険代理店に、来店して比較提示したひとは、分かっているはずです。

50才からの医療保険探し、無料相談で決めてはなりません!

勉強して下さい。
お待ちしております。

何十年と支払う保険料、トータル馬鹿になりません。それだけ出して価値ありますか?どうしても求めたい、契約するならば、ある一社の商品です。

事務局
http://www.seihokakuzuke.com/

保険評論家の入る終身保険

信じられない保険料支払総額です。
こんな保険料、絶対あり得ないと思うでしょう。

それが、あるんですね。世界一の生命保険会社に!
保険屋さん含め、視野の狭い皆さんは、知らないだけです。


過去、契約したものです。
今も継続中。

この終身保険で、貯蓄も出来ています。

生きて、働いている時に、頭を使い、限られたお金を運用して行くことですね。


30歳時契約、男性、米ドル建て終身保険、基本死亡保障10万ドル=1000万円(現在の為替換算)

保険料、一括払い1万541ドル105万円4100円
50歳時の解約返戻金、5万3920ドル=539万円
66歳時の解約返戻金、18万3747ドル1837万円・・・・保険料元金の17.4の解約返戻金です。
71歳時の解約返戻金、25万7881ドル=2578万円
81歳時の解約返戻金、44万1203ドル
81歳時の死亡保険金、48万3469ドル=4834万円
86歳時の死亡保険金、58万1172ドル=5811万円  

皆さん、
この保険欲しさに、明日駅前の来店型の保険代理店に行かれても、売っていませんよ。
そんな楽しては駄目です。

努力も勉強もしない人間、だから、価値ある保険なんて、契約出来ないんです。
そのとおり!


保険の勉強は、社会に出てからの社会勉強なんです。
これが、保険評論家の契約している終身保険の一部です。

保険評論家

だから、視点変えて勉強なのです!

http://www.seihokakuzuke.com/
FPや保険代理店、あちこちにある無料保険見直し相談して、何も変わらない!

未だに、アフラックは、山下さんについて触れず、広告だしたまま

http://www.aflac.co.jp/gan/yokuwakaru/article/page36.html

保険会社って、亡くなっても、利用するの!お悔やみの一言も記載ない。

非情

生命保険格付け協会会員の入会、ありがとうございます。

全国各地から、ありがとうございます。

代表
http://www.seihokakuzuke.com/