FC2ブログ

保険見直し相談、会員入会、お待ちしております。

全国各地から、お待ちしております。
メールにて、入会手続き出来ます。

本日、土曜日からも、メールにて相談可能です。
面談は、別諸規定のもと、面談での見直し相談可能です。

医療保険、がん保険、貯蓄保険などの相談、お待ちしております。



①代理店FPさんや②保険外交員のFPさん、③独立系FPさんのアドバイス、提案する保険回答とは、かなり違うと思います。というのは、この①から③までの人たち、なんだかんだと言っても、一社ないし複数の保険会社の下請け人です。つまり保険会社から保険契約の販売手数料を手にしてね保険会社の手先なのです。独立系などという言葉は、保険代理店やFP事務所は、決して使用して広告などしてはいけませんが、この独立系という言葉を客側は、わからないものとして、表現、広告、宣伝しているのが、独立系保険代理店やFPフアィナンシャルプランナー事務所などてす≒保険会社の手先なのです。また、一社ないし複数の保険会社商品を取り扱っている代理店やFP事務所では、特定の保険会社から、強制的、販売ノルマが課せられて、今月、これだけこの保険商品、あるいはこれだけの数字をあげられなければ、代理店委託契約を切ると保険会社は脅してきますから、代理店やFP事務所は、よくもない特定の保険会社商品をイチオシに、契約に導くことも、少なくありません。そういうことを知らずして、他社の保険会社商品比較して、一番お勧めととして、、まんまと保険代理店、FP事務所の都合のよい保険に契約に至っていることが少なくないということです。これ、現実、保険販売の裏側です。

一方、私たち格付け協会は、一切、保険会社、保険代理店、FP事務所から、保険販売手数料や紹介手数料をもらっていません。勉強代等、相談する側の保険の消費者から手にしているだけです。ここの違いは、大きく違います。保険会社からのノルマもあるはずがありません。逆に、厳しく保険会社を評価しています。

生命保険格付協会 

スポンサーサイト



50歳でも、これだけ安い終身死亡保険が、これだ!


情報です。
今、申し込みできるということです。ただし、申し込み審査等は、かなり厳しいらしいです。


これだけ安い米ドル建て終身保険、ほかにありません。
他社の米ドル建て終身保険は、保険料支払い総額、以下の商品よりも、200万円前後割高です。保険料だけではありません。運用契約の大差、解約返戻金の大差、受取死亡保険金の大差があります。この終身保険なら、ベストでしょう。50歳でも、目から鱗です。
 


例、
50歳、女性  現時点、運用利率およそ5パーセントです。

米ドル建て終身保険

保険料、年払い 現在7700ドルあまり≒77万円
保険料支払い期間、5年払い
保険料支払総額3万8000ドルあまり≒つまり日本円にして380万円の保険料総額
* 保険料は10年払いやその他長く支払う方法もあります。しかし、短期払いがより得です。効率的です。

60歳時の解約返戻金予定額、現在4万1000ドルあまり
65歳時の解約金、6万1000ドルあまり、つまり610万円
70歳時の解約金、8万8000ドル
80歳時の解約金、17万ドルあまり

70歳時の死亡保険金予定額、14万5000ドルあまり・・・・支払った保険料元金の3倍以上の予定、これだけの利益、他社にはあり得ません。
80歳時の死亡保険金、21万ドルあまり、2100万円の死亡保険金=保険料元金の5倍の予定!
90歳時の死亡保険金、32万6000ドルあまり


すごい、安い保険料です。こんな米ドル建て終身保険、他社にはありません。
保険料支払い期間は、10年払い、その他もあります。


また、50歳過ぎたら、途中の解約返戻金も期待しますが、しかし、解約返戻金は、私から見れば、二の次だと思います。それが最重要ではないということです。つまり、50歳過ぎて検討する終身保険商品というのは、いつ亡くなるか、いつ脳卒中になるか分からない年代に突入しているわけですから、自分が亡くなったりしたとき、遺された家族や兄弟に心配、迷惑、その後の生活に支障させたくないという念頭で、この一生涯の終身死亡保険を考えていくというのが、ほんとだと思います。50歳代は、保険で貯蓄というよりも、死亡保険の一生涯の保険目的性が高くなる年代です。





なお、オリックス生命の円建て終身保険1000万円の契約。保険料支払総額は、700万円以上、90歳で亡くなっても、支払われる死亡保険金は、50歳のときに契約した1000万円のままです。というべきか、それしか支払われません。全労済や簡保の終身保険の保険料総額は、900万円以上です。これでは、オリックス生命含み契約する価値はありません。

50歳で契約し、90歳で亡くなるとして、その間、40年間あります。40年後の貨幣価値、物価を考えてみてください。今の1000万円は、40年後の90歳時、300万円くらいの価値しかないと、冷静に見るべきです。それでも、オリックス生命やニッセイ、明治安田生命、大同生命、プルデンシャル、ジブラルタ、かんぽ生命の終身保険に契約しますか?



50歳過ぎると、人は、いつ亡くなってもおかしくない年代でしょう。脳卒中、心筋梗塞、がんなど、40歳代とは、体の変化が、やはり違います。


50歳で、この保険料、大変魅力です。
ただし、前述の終身保険、米ドル建てですが、保険代理店では、販売されていません。
プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、ソニー生命、ニッセイでは、販売されていません



こういう商品、勉強したいものですね。
また、ただしですが、誰でもは勉強できませんし、させません。

特定の人のみということです。面談にて勉強させてもらえるか、決められるということです。



社会で、ひとつちょっとだけ社会勉強、常識を知っていると、駅前の銀行やショッピングモールや商店街にある来店型の保険代理店や保険会社の保険外交員さんたちの、保険販売広告をよく目にします。つまり、よく目にする保険とは、貯蓄性をうたったり、がんになると・・・終身保険など、気を引く広告宣伝です。よく目にする広告商品、外交員、代理店のお勧め保険商品は、買い手の客側にとっては、決して入ってはならない金融商品だということが、わかってきます。これは、ちょっとだけ社会勉強している50歳でも、理解できると思います。50歳代、徐々に思考能力が低下してきます年代です。元気なうちに、価値ある勉強をしてこの先につなげていきましょう。


しかし、50歳代は、勉強しませんね。
社会を知ったかぶりして、自分で何とかよりよい保険を探し出せるとか、いう年代です。つまり、勉強代も賭けないで、探求するという、これこそ、もう思考能力は、死んでいるといえます。これが若い人との差です。若い人は、勉強代を出して、まだ勉強してきます。言葉帰れば、頭使い、時間がもったいないですから、時間を買って、価値ある勉強や相談をすぐしているということでしょうか。50歳代、勉強代を出す人は、ごくわずか、これでは、もう保険契約、無駄なことです。そういう人は、いくら保険契約中でも、ろくな死亡保険、医療保険、がん保険も、契約していないでしょう。まんまと、外交員や代理店の表向き都合のよい比較対抗得商品の提示、その意のままの保険に無価値な契約しているだけでしょう。50歳代、わかっていないのです。自分で考え、探求するという思考、死んだ思考です。謙虚に、勉強の姿勢を考えるのです。社会をわかっているふりしている、特に保険に関しては?ですかね。だから、だめなんです。20歳代、30歳代、50歳代、60歳でも、勉強する姿勢は、同じでないと、価値ある勉強には、たどり着けません。と思います。

40歳、これだけ安い終身保険、比較してみる。

賢い終身保険、賢くない終身保険の比較です。


例、


40歳契約例、 よくない米ドル建て終身保険商品の契約例です。これに、皆さんが契約している、あるいは保険代理店、外交員から見積もってもらう保険設計書の内容でもあります。契約利率、現在3パーセント。

例、40歳、女性
保険料年払い、64万2840円(月払い5万4030円)保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、642万2840円
50歳時の解約返戻金予定額、6,479,600円 (払戻率* 100.7%)
70歳時の解約返戻金予定額、690万前後・・・・・保険料総額の1.1倍前後の予定しかない>あくまで予定。

60歳時の死亡保険金予定額、1000万円
70歳、1000万円
80歳、1000万円
90歳、1000万円・・・・契約して50年後の貨幣価値はどれくらい?シビアに現在の三分の一の300万円くらいの価値と見るべき。かなり冷静の見方ですね。支払った保険料総額は、642万円。90歳時の死亡保険金の実質価値は300万円とすると、マイナス342万円の大損ということになります。これでは、何のために一生の就寝死亡保険に契約していたか、わかりません。60歳時、70歳時の解約返戻金も同じです。20年、30年後の貨幣価値、その時の消費税、物価を考えれば分かるはずです。  

    
対抗比較生 
   ↓ 

私の評価するところのある外資X生命の終身保険  本日時点、契約利率およそ5パーセントあまり。
今、申し込み出来ますということです。

例、
40歳、女性
保険料年払い、3010ドル=30万1000円 (月払いに換算して2万5000円)
保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、3万100ドル=301万円
50歳時の解約返戻金予定額、およそ2万8000ドル (払戻率* 92%)
60歳時の解約返戻金、6万100ドル
70歳時の解約返戻金、11万6000ドル・・・・保険料総額の3.9倍前後の予定
あくまで予定。

60歳時の死亡保険金予定額、およそ13万2000ドル=1320万円
70歳、およそ17万2000ドル
80歳、24万5000ドル
90歳、37万6000ドル・・・・契約して50年後の貨幣価値はどれくらい?シビアに現在の三分の一の1200万円くらいの価値と見るべき。かなり冷静な見方ですね。それでも、支払った保険料総額が、301万円ですから、その4倍の利益ということになるます。

ただし、安い終身保険販売されていますが、申し込み審査は、厳しいらしいです。
その反対に、高い保険料は、窓口広くして、誰でも申し込みでき、ただ保険料さえ支払えば、契約緩和されているという環境下というのが、保険会社の経営実態だと思います。つまり、保険に入る時の入り口の審査が厳しくなく、保険金支払い時の審査は、より厳しくということでしょうか?それでは、良くないですね。入り口で厳しく、出口の保険金出すときは、普通でないとなりません。




医療保険、がん保険、収入保険、保険トラブル等の見直しや勉強先です。
以上の商品の相談は、格付け協会ではできません。また申し込み代理店でもありません。あくまで情報です。


このほかに、高利率の貯蓄保険の勉強先
私主宰のオフ連絡会が別途あります。


評論家



「節税保険」実態解明へ 金融庁、商品設計を問題視

以下、節税保険を問題視している金融庁ということだが、今になって何を言うんだと、評論家の私は言いたい。それを金融庁は、20年以上許可して保険販売させてきたのである。この背景には、金融庁などから、保険会社への天下りを抑制してきた保険会社が背景にあると推察できる。つまり、金融庁は、生保はこのところ生意気な態度で許せない。この辺で懲らしめて、もっと金融庁などから退職する天下りを受け入れろということは、間違いないところであろう。
イメージ 1











以下、朝日新聞より

「節税保険」実態解明へ 金融庁、商品設計を問題視

生命保険各社が「節税」をアピールして中小企業経営者に売り込む保険について、金融庁が商品の設計などを問題視し、実態調査に乗り出した。保険料支払いで課税所得を減らし、将来解約すれば保険料の多くが戻って節税効果を上げる商品。最近は保険会社の営業が過熱しており、金融庁は保険の趣旨を逸脱するおそれがないかも調べる。

大手生保がメリットを競って売り込み…「節税保険」のしくみ
 問題になっているのは、「法人向け定期保険」。主に中小企業が契約し、経営者や役員の死亡の際に保険金が支払われる。いくつかの条件を満たせば、保険料は全額経費扱いになる。

  企業は保険料支払いで利益を圧縮し、法人税支払いを減らせる。加入後10年程度で解約すれば、支払った保険料の多くが「解約返戻金」として戻る。利益を上げて税金を払うより、保険に入って返戻金を受け取った方が手元にお金が残る。返戻金は課税されないように、役員退職金などの経費に充てる。

  日本生命保険が昨年4月に発売した「プラチナフェニックス」の場合、60歳で契約し、保険料を10年間支払った後解約すると、当時の基準で支払った保険料の約85%が手元に残る。
  これに対し、通常通りに法人税を払うと、利益のうち手元に残るのは約66%だ。保険に入った方が、手元に残るお金は3割近くも多くなる。

  生保各社は同様の商品を相次いで投入しており、第一生命保険が今年3月発売した商品では、手元に残るお金が、法人税を払った場合より4割超も多いケースがあった。

  ただ節税のために中途解約を推奨する商品は、死亡時の保障という本来の趣旨からは逸脱しかねない。営業現場では「節税PR」も横行。返戻金を引き上げるために不自然な設定をしている商品まで登場したことで、金融庁は脱法的な行為になりかねないと判断している模様だ。

  同庁は今月、生保各社に対し、法人向け定期保険の実態を問うアンケートを送った。今後個別に聞き取りをすすめ、年度内に必要な行政措置を判断する。

  生保業界では以前も同様の保険販売が過熱。2008年には国税庁が通達で、保険料の一部を経費に算入できなくするなど厳格化してきた。最近は商品内容を変え、通達の「抜け穴」を突いているとみられる。



大手生保の営業パンフレットには、保険商品の解約返戻金を「役員退職金の財源に活用」とする文言もあった。
「節税保険」実態解明へ 金融庁、商品設計を問題視    





30歳、終身医療保険契約するより、この米ドル建て終身保険を求めるべきである !


終身医療保険、若いうちの30歳で契約して、老後まで入院保険は、終身、安心?でしょうか?
そうは、思えないほど、それを遥かに勝る米ドル建て貯蓄性終身保険を活用するとよいと思います。
途中の解約返戻金もすごいですし、途中貸付もできますし、一部解約して現金を手にすることもできますし。

終身医療保険、入院することが、生涯少なかったら、大損です。たとえば、生涯150日以上入院しないと、大損です。それを考えると、

以下、終身医療保険商品契約より、この終身保険が、欲しいところですね。

今、申し込み出来ますということです。

以下、格付け協会からの仕入れ参考情報です。

30歳契約例
5%あまり利率の米ドル建て終身保険、今、申し込み可能です。
貯蓄性高く?格安の保険料支払総額、しかも、その金融機関の信頼性高いところです。
今、会社員、契約者員、主婦、公務員、教員、医師、経営者など、申し込み続々です。


さて、本題です。
目から鱗とは、こういう保険商品を言います。凄い貯蓄性でもあります。

総額190万円の保険料というのは、普通の生保では考えられません。
 
 
米ドル建て貯蓄性終身保険です。現在、利率5%です。

会社員女性 30歳   
基本死亡保障額、10万ドル(1000万円)
保険料、年払い 3800ドル(38万円)
保険料支払い期間、5年払い、払込完了です。  5年払いで終えます。!!!!!!
保険料総支払額(元金)、およそ1万9000ドル(190万円) 前後。為替変動等ありのためその日によって掛け金総額は異なります。
 
50歳時の解約返戻金予定、4万4100ドル(441万円) 契約して20年後で元金の2倍以上の解約返戻金です。
65歳時の解約返戻金、11万3100ドル(1131万円)
70歳時の解約返戻金、15万ドル(1500万円)
 
50歳時の死亡保険金予定、12万6900ドル
80歳時の死亡保険金、29万6900ドル(2969万円)・・・・・・・保険料元金の10倍以上の死亡保険金
90歳時の死亡保険金、46万4500ドル(4645万円


よくない米ドル建て終身保険商品の契約例です。これに、皆さんが契約している、あるいは保険代理店、外交員から見積もってもらう保険設計書の内容でもあります。契約利率、現在3パーセント。3%では、将来の貨幣価値からして、円建て外貨建てともに、長い年月の終身保険、個人年金保険、契約する価値ありません。



以上、

ソニー生命の米ドル建て終身保険が、いかに馬鹿高いか、理解できるはずです。

こんにちは。


私が評価しているある大手生保の米ドル建て終身保険があります。この保険料支払い総額がかなり安い!かつ解約返戻金がすごい、死亡保険金の額がすごいということが分かると思いますので、下記の典型的生保の米ドル建て終身保険と比較したいと思います。


今回は、ソニー生命の米ドル建て終身保険と比べたいと思います。ソニー生命との比較ではありますが、ジブラルタ生命、プルデンシャル生命や大手生保の米ドル建て終身保険も、同額に近いですから、大いに参考になると思います。


まず、馬鹿高い保険料のソニー生命の米ドル建て終身保険の中身です。
35歳、男性の契約、保険料年払いの、10年の10回払いとします。死亡保障額、10万ドル≒1000万円とします。

ソニー生命
年払い保険料、4095ドル
10年間の保険料支払い総額、4万950ドル(保険料元金)≒409万円
50歳時の解約返戻金予定額、43940ドル
60歳時の解約返戻金、55350ドル・・・・保険料元金の1.3倍
70歳時の解約返戻金、68100ドル・・・・1.6倍

70歳時の死亡保険金予定額、10万ドル≒1000万円・・・・・保険料元金2.4倍の死亡保険金受取確定です。
80歳時の死亡保険金、10万ドル≒1000万円・・・・・保険料元金2.4倍の死亡保険金受取確定です。
90歳時の死亡保険金、10万ドル≒1000万円・・・・・保険料元金2.4倍の死亡保険金受取確定です。


80歳時亡くなっても、保険料元金の2.4倍しか、遺族はもらえません。2.4倍では、契約者は損している米ドル建て終身保険の契約ということが分かるはずです。どこが損? 2.4倍なのに?  答えは、80歳-現在35歳≒45年後です。45年後の物価、貨幣価値は、少なくとも現在の貨幣価値の半分以下です。半分以下ということは、死亡保険金10万ドルの半分は、5万ドルです。保険料は、4万ドル支払っています。これは、よい利殖とはいえません。



一方、私が評価した先の大手生保の米ドル建て終身保険です。
どこの生保かは、ここでは教えません。面談での面接審査と所定手続きの上での、保険会社名ほか、情報公開いたします。


一番的に、頭のいい金融資産の作り方です。
金融資産に大きくなることでしょう。


例、
米ドル建て終身保険、運用利率5%  *分かりやすいように1ドル100円換算しています。

35歳、男性
基本死亡保障、10万ドル≒1000万円
保険料支払い、年払い契約、
①保険料支払い期間5年、およそ5100×5年払い≒2万5500ドル≒255万円(保険料支払総額)
②保険料支払い期間10年、2870ドル×10年払い≒2万8700ドル
③この他に保険料支払い期間、選択できます。

55歳時の解約返戻金予定額、およそ5万8900ドル・・・・保険料元金の2倍前後予定
65歳時の解約返戻金予定額、11万3200ドル≒1132万円
70歳時の解約返戻金、15万1700ドル

65歳時の死亡保険金予定額、およそ17万1900ドル≒1719万円
80歳時の死亡保険金、29万7200ドル・・・・・・保険料元金の10倍前後予定
90歳時の死亡保険金、47万1100ドル



35歳女性
基本死亡保障、10万ドル≒1000万円
保険料支払い、年払い契約、
①保険料支払い期間5年、およそ4450ドル×5年払い≒2万2250ドル≒225万円(保険料支払総額)
②保険料支払い期間10年、2560ドル×10年払い≒2万5600ドル
③このほかに保険料支払い期間があり、選択できます。

55歳時の解約返戻金予定額、およそ5万1700ドル・・・・・保険料元金の2倍前後予定
65歳時の解約返戻金、9万9400ドル≒994万円
70歳時の解約返戻金、12万9900ドル

65歳時の死亡保険金予定額、およそ16万3300ドル≒1633万円
80歳時の死亡保険金、27万600ドル
90歳時の死亡保険金、42万400ドル・・・・・・保険料元金の16倍前後予定



以上の終身保険、そこらの屑米ドル建て終身保険商品ではありません。ほけんの窓口等含み、来店型等保険代理店では販売されていません。



一般の皆さんのほか、保険販売している外交員、代理店FPの皆さんも、私の面談審査と諸手続きのもと、価値ある米ドル建て貯蓄性終身保険、考えますか? 全国各地から、相談、各会の入会、お待ちしております。

保険で、損してはなりません。







:価値ある?米ドル建て終身保険、6月末までで、売り止めだそうです。

6月末までだそうです。

私や私の仲間であるメンバーさんには、知ったことじゃありません。

ほんとに、人の命賭ける、価値ある先なの?  ないでしょ。無知は、そこに命の商品、賭けるのでしょうが。

その後も、相談、お待ちしております。 

もっともっと質の高い保険会社、商品のみ求めていきましょう。








確実的に、儲かる利殖終身保険、この米ドル建てです。


こんなおいしい利殖商品(途中解約した時の資金、遺される家族への資産づくり商品)、他の金融商品には、ないと思います。確実的に儲かるのですから。それが、この生保の高利率契約の終身保険です。申し込み先の金融機関生保会社は、かなりの信用力があります。


参考、
再投稿、
安すぎる終身保険、35歳男性の保険料例です。

皆さんも、今、申し込みできます。


ただし、私の紹介とフォローは、必須です。これがないと、申し込みできません!そういう保険もあるんですね。
他に知られていないから、価値あるんですね。猫も杓子もの米ドル建て私有新保険。個人年金保険は、そこら駅前やスーパー内にある保険代理店で買えますが、そんなものと違います。価値ある米ドル建て保険が、これです。

例、
35歳男性、職業サラリーマンとします。  *1ドル100円換算しています。

米ドル建て終身保険
基本死亡保障、10万ドル1000万円
保険料年払いとします。
保険料10年払い
年払い保険料、およそ2900ドル29万円    安すぎです。
保険料支払総額、およそ2万9000ドル、およそ290万円  安すぎ!!”
ちなみに、保険料5年払いにするとさらに格安、トータル保険料額は、2万6000ドル余りです。とんでもなく安すぎ!

女性は、さらに安いですよ。5年払いの保険料支払総額は、何と、およそ2万2000ドル≒220万円です。

契約して20年後の55歳時の解約返戻金予定額、5万9000ドルあまり、≒590万円、保険料元金の2倍以上!
30年後の65歳時、解約返戻金、およそ13万3000ドル、1330万円の予定

30年後の65歳時の死亡保険金予定額、およそ11万4000ドル≒1140万円
70歳時の解約返戻金、15万200ドル、1520万円・・・・皆さんが公的年金を貰う時期です。その時、公的年金は減額されているでしょう。あるいは破たん?かもしれません。

35年後、70歳時の死亡保険金、20万2000ドルの予定
90歳時の死亡保険金、47万1000ドル

35年後の貨幣価値が、今の半分に下がっているとします。
そのとき、仮に、この死亡保険金予定額が、20万1000ドルですから、その半分の貨幣価値になっていたとして、10万ドルになります。それでも、支払った保険料総額からみても、ぜんぜん得、損していないと分かります。


皆さんの契約している円建ての終身保険1000万円、米ドル建ての終身保険10万ドルの契約、低解約返戻金型の長期定期保険1000万円の保険料支払総額と、80歳時死亡した時の1000万円の損得比率を考えてみてください。皆さんが亡くなる85歳時の1000万円の貨幣価値は、400万円前後にしかないですよ。

現在の価値にして。400万円くらいの価値しかない死亡保険金を幾ら保険料総額支払ったのでしょう。500万以上、保険会社によっては600万円以上ですね。つまり、支払った保険料は先払いしているにもかかわらず、それ以下の価値しかない死亡保険金を遺族が受け取るわけです。

それって、どうみても、大損した終身保険契約、個人年金保険契約だと思いませんか?思わない保険契約者は、馬鹿です。豆腐の角に頭ぶつけて、病院直行してください。それだけ、皆さんたちは、保険会社男女の外交員、保険代理店FPたちから、そそのかされて価値もない円建てや外貨建てのバカ高い終身保険や個人年金保険の保険料を支払っているのですよ。

将来の解約金、将来の死亡保険金の貨幣価値の話なんて、保険屋さんたちは、決してしません。したならば、客は保険に契約してくれませんから禁句です。中には、巧妙に、円建てないし外貨建ての変額終身保険や変額個人年金保険、また積立利率変動型の終身保険・個人年金保険を勧めて、将来の物価対応の保険金が貰えますと嘘言います。嘘?そう。嘘です。

変額保険や利率変動型の保険は、欠陥商品です。運用利率期待できる内容ではありませんから、中期、長期でみても、上がりません。そういう現在の低利率商品には、引っかからないことです。猫も杓子も駅前の保険会社、スーパー内にある保険代理店で売られている米ドル建て、豪ドル建て保険もそうです。


保険をきちっと、勉強してください。
奥深いです。

深く、勉強して行くほど、よりよい保険が見つかるはずです。特に終身保険、貯蓄性保険はです。
ただし、勉強代を出して勉強することです。

無料範囲内とか、勉強代をケチってする勉強では、何の意味もありません。何もこれまでと変わりません。
勉強する方法、ノウハウというものがあるのです。

保険の勉強も効率よくです。保険選びも費用対効果で選ぶのです。


厳しく申せば、私以外で、保険を評論、コンサルタント、また保険外交員、保険代理店のCFPさんたちの保険提案商品は、クズ商品としかいえません。何故、クズ商品なのか?そこらへんに売っている保険商品だからです。


いいですか?
スーパー、ショッピングモール内にある、駅前にある来店型の保険代理店、各保険会社商品、比較できるように見せ掛けているだけです。30社の保険取扱いというのは、実際30社の保険設計書も作成してくれません。

せいぜい、5社どまりです。その言い訳が、お客様のお話しをお聞きし、この5社が一番意向に沿っている終身入用保険、がん保険、終身保険、収入保険だと思いますと、トークします。そこに、皆、引っかかって契約してしまうのです。比較して選んだのだからと、まんまと、引っかかったのです。

ショッピングモール、駅前の保険代理店、店舗料、人件費、毎月100万円以上です。その固定経費をどうするのでしょう。利益率高い特定の保険会社の商品を一番人気がありますとして、契約させないと、代理店は経営していけませんし、代理店が多くの保険会社商品を取り扱うということは、その取り扱う保険会社の商品卸しているエリア営業マンから、今月の販売ノルマを代理店に課せられるのです。

それも、利益率高い指定商品をです。それを皆さんは買っているのですよ。無料保険相談、そこに引っかかるから、駄目なんです。毎月、何十年と、価値もない掛け捨て保険、貯蓄性保険でも、実質捨て金であるということに、気付いてもらいたいです。

ここまで、本音で語ってくれる専門家は、私以外に居ません。
どこにも属さず、代理店も経営しておらず、完全な消費者側の視点、つまり客の利益第一、費用対効果、かつ信用できる保険会社を見抜いているのです。


相談、お待ちしております。


保険屋さんたち、ごめんなさい。保険業界、改革して行かなくてはなりません!!賛同する保険屋さん、会員入会されてきてください。


保険評論家
NPO法人生命保険格付協会コンサルタントhttp://www.seihokakuzuke.com/ 医療保険、がん保険などの勉強先です。

このほか、オフ連絡会主宰があります。  さらなる保険の奥深くまで追求したいという人のための勉強先です。  前述商品の情報、相談は、格付け協会ではなく、このオフ連絡会のみです。 

格付け協会では、前述商品は、特定の会員のみに、一定の範囲内で、情報提供のみいたします。この保険の申し込みは格付け協会通してできません。








賢い人は、365日毎日情報収集し、動向を調べています。

参考情報


貧乏になる人は、時期を決めて定期的にお金の見直しをします。あるいは年末年始で1年間のパフォーマンスを検証し、次はどうしようかと考えます。いわゆる「リバランス」ですが、これは資産を減らすリスクの高い人の行動です。

貧乏になる人は、時期を決めて定期的にお金の見直しをします。あるいは年末年始で1年間のパフォーマンスを検証し、次はどうしようかと考えます。いわゆる「リバランス」ですが、これは資産を減らすリスクの高い人の行動です。


◆金持ちは1年に365日、貧乏な人は定期的にお金のことを考える


本当のお金持ちは、お抱えのフィナンシャル・アドバイザーがいますので、「売りましょう」「買いましょう」という連絡がそのつどきます。

また、いわゆる富裕層と呼ばれる人たちは、つねに利益の出そうなセクターを探しているので、厳密な資産計画は立てていない人がほとんどです。

つまり、見直しもつねに行っていると言えます。お金を持っている人は、凡人よりもお金儲けに目ざといので、365日情報収集をしています。

反対に、貧乏になる人は、時期を決めて定期的に見直しをします。あるいは年末年始で1年間のパフォーマンスを検証し、次はどうしようかと考えます。いわゆる「リバランス」ですね。

これは資産を減らすリスクの高い人の行動です。なぜかというと、見直すタイミングが相場上昇時なのか下落時なのか、まったく読めないからです。

40歳OL、この格安米ドル建て貯蓄性終身保険活用です。しかも、高利率運用5%あまり

ここまで格安な米ドル建て終身保険は、ありません!  

この生命保険会社も、信頼力、抜群です。

また、いつまでも、申し込み出来るわけではありません。


あとで、やはり申し込みしようと決めたときには、もうその高利率の貯蓄性生命保険、売り止めになっています。
考えるなら、先はないものと考え、今なんです。

それが出来ないなら、どこにでもいる保険契約者と同じで、保険料を無駄に捨てているのとし同じなのです。
限られた人生の中、限られた給料と貯金、湯水のように垂れ流すお金は無いはずです。

生きている中、働き盛りの中、今なんです。

60歳超えて保険なんて、時、もう遅し。50歳も、時遅しなんです。医療保険やがん保険、終身保険もです。

契約するなら、ある先の保険で、貯蓄兼死亡保険の商品です。
売り止めになる前に。


例、


40歳契約例、 よくない米ドル建て終身保険商品の契約例です。これに、皆さんが契約している、あるいは保険代理店、外交員から見積もってもらう保険設計書の内容でもあります。契約利率、現在3パーセント。

例、40歳、女性
保険料年払い、64万2840円(月払い5万4030円)保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、642万2840円
50歳時の解約返戻金予定額、6,479,600円 (払戻率* 100.7%)
70歳時の解約返戻金予定額、690万前後・・・・・保険料総額の1.1倍前後の予定しかない>あくまで予定。

60歳時の死亡保険金予定額、1000万円
70歳、1000万円
80歳、1000万円
90歳、1000万円・・・・契約して50年後の貨幣価値はどれくらい?シビアに現在の三分の一の300万円くらいの価値と見るべき。かなり冷静の見方ですね。支払った保険料総額は、642万円。90歳時の死亡保険金の実質価値は300万円とすると、マイナス342万円の大損ということになります。これでは、何のために一生の就寝死亡保険に契約していたか、わかりません。60歳時、70歳時の解約返戻金も同じです。20年、30年後の貨幣価値、その時の消費税、物価を考えれば分かるはずです。  

    
対抗比較生 
   ↓ 

私の評価するところのある外資X生命の終身保険  本日時点、契約利率5パーセント。今、申し込み出来ます。

例、
40歳、女性
保険料年払い、3010ドル=30万1000円 (月払いに換算して2万5000円)
保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、3万100ドル=301万円
50歳時の解約返戻金予定額、およそ2万8000ドル (払戻率* 92%)
60歳時の解約返戻金、6万100ドル
70歳時の解約返戻金、11万6000ドル・・・・保険料総額の3.9倍前後の予定
あくまで予定。

60歳時の死亡保険金予定額、およそ13万2000ドル=1320万円
70歳、およそ17万2000ドル
80歳、24万5000ドル
90歳、37万6000ドル・・・・契約して50年後の貨幣価値はどれくらい?シビアに現在の三分の一の1200万円くらいの価値と見るべき。かなり冷静な見方ですね。それでも、支払った保険料総額が、301万円ですから、その4倍の利益ということになるます。



医療保険、がん保険、収入保険、保険トラブル等の見直しや勉強先です。

このほかに、高利率の貯蓄保険の勉強先
私主宰のオフ連絡会が別途あります。


評論家
ファイナンシャルアドバイザー

30歳必見 ! これだけ格安な米ドル建て貯蓄性終身保険は、他にない! しかも、高利率5%あまりとは!


申し込み出来ます!

以下、格付け協会からの仕入れ参考情報です。

30歳契約例
5%利率の米ドル建て終身保険、今、申し込み可能です。
貯蓄性高く?格安の保険料支払総額、しかも、その金融機関の信頼性高いところです。
今、会社員、契約者員、主婦、公務員、教員、医師、経営者など、申し込み続々です。


さて、本題です。
目から鱗とは、こういう保険商品を言います。凄い貯蓄性でもあります。

総額190万円の保険料というのは、普通の生保では考えられません。
 
 
米ドル建て貯蓄性終身保険です。現在、利率5%です。

会社員女性 30歳   
基本死亡保障額、10万ドル(1000万円)
保険料、年払い 3800ドル(38万円)
保険料支払い期間、5年払い、払込完了です。  5年払いで終えます。!!!!!!
保険料総支払額(元金)、およそ1万9000ドル(190万円) 前後。為替変動等ありのためその日によって掛け金総額は異なります。
 
50歳時の解約返戻金予定、4万4100ドル(441万円) 契約して20年後で元金の2倍以上の解約返戻金です。
65歳時の解約返戻金、11万3100ドル(1131万円)
70歳時の解約返戻金、15万ドル(1500万円)
 
50歳時の死亡保険金予定、12万6900ドル
80歳時の死亡保険金、29万6900ドル(2969万円)・・・・・・・保険料元金の10倍以上の死亡保険金
90歳時の死亡保険金、46万4500ドル(4645万円


よくない米ドル建て終身保険商品の契約例です。これに、皆さんが契約している、あるいは保険代理店、外交員から見積もってもらう保険設計書の内容でもあります。契約利率、現在3パーセント。3%では、将来の貨幣価値からして、円建て外貨建てともに、長い年月の終身保険、個人年金保険、契約する価値ありません。



以上、


情報でした。なお、この商品について、ネット上で検索されても、情報は得れません。
価値ある金融商品というのは、広く告知されないものです。つまり幅広く告知されている金融商品というのは不特定多数向けの金融商品ですから、契約する価値性は低いわけです。つまり売り手側の金融機関にとっては、利益率の高い商品であり、反対に投資する側にとっては、利益率低いということになるでしょう。これが、金融商品取引上の現実です。



皆さんお近くの保険代理店では、販売されていません。大手来店型保険代理店でも、情報は得られません。時間の無駄です! 


私のところで、メールと面談にて、情報と勉強、相談させてもらうことです。

全国各地から、お待ちしております。
保険業界人、FPさんからも、お待ちしています。ライバル保険会社に勤務する保険外交員さんも、申し込みできます!