FC2ブログ

貯蓄性保険を活用して、不労所得する

こんにちは。

今、契約申し込み出来るのは、契約利率5%の米ドル建て貯蓄終身保険です。

そこらで販売している3%保証の米ドル建て貯蓄終身保険ではありません。5%の終身保険に保険に申し込みできます!一部の限られた人のみですが。

この米ドル建て貯蓄終身保険5%商品で、不労所得得るのは、頭良いでしょう!

不動産もそう。買った時よりも、売るときに利益出れば、不労所得ですが、不動産商品は、今バブル期の価格ですから、かなりリスクが高いと思います。

もちろん、私は保険商品でも、不動産商品でも、不労所得、高く達成しました。

追記、
5%の米ドル建て貯蓄終身保険は、保険代理店に相談しても、販売していません。一般契約者向けの代理店で販売されている米ドル建て貯蓄終身保険は、契約利率3%保証商品で、契約する価値は、全くありません。3%保証利率の米ドル建て利率変動型終身保険も価値ありません!


保険の参考情報
http://www.seihokakuzuke.com/
スポンサーサイト



中・大手生命保険会社の退職金、高すぎ。その金、保険料から。

こんばんは。

中堅生保と、大手生保と、損保会社の退職金、とんでもなく、高いですね。
万年平の社員でも、60歳定年時には、3000万円以上、各職者での退職者になると、5000万円以上。
これに、その会社独自の企業年金があるわけです。

今、小・中堅生保でも、退職金は無くなっていたり、あっても、1000万円どまりです。

大手生保や大手損保の退職金や企業年金は、それそも私たちが支払い続ける保険料から出て成り立っていることは、当たり前、皆さんわかっていることです。

この保険料、皆さん、疑問に思わないのでしょうか?
高いのは、大手という老舗の信用力があるから仕方ないと、決めつけてよいものでしょうか?

これって、違うと思います。
例えば、外国の世界一信頼性ある世界一の生命保険会社の終身保険に私は契約していますが、保険料は、ニッセイや住友生命明治安田生命の保険料の半分くらいです。しかも、運用利率も、倍以上、良いです。

つまり、半分以下の運用利率で、かつ保険料は二倍くらい高いという、ニッセイや明治安田生命など、高額過ぎる社員の退職金、企業年金額、見過ごしてよいものでしょうか?

保険料が高い過ぎるのに、私たちの将来もらう解約返戻金や個人年金などの金額、また死亡保険金額にしても、保険料支払い総額から、損得率を計算し、物価、将来の貨幣価値を鑑みたら、とんでもなく、損している保険契約していることがわかってきます。貯蓄性の終身保険や個人年金保険契約していても、そうです。

このまま、太らせてよいものでしょうか?


よく考えてください。
契約する生命保険、大切です。


このセイメイホケンでもうける


皆さん、こんばんは。

今日も、多くのアクセス、消費者、保険業界人等の皆さん、ありがとうございます。

さて、日本生保のドン、日本生命保険会社、そして住友生命、明治生命、また外資系生保の大手プルデンシャル生命やメットライフ生命、中堅生保のソニー生命など、どうやって利ざやを儲けているかわかっていますよね。もちろん、保険契約者からの割高設定の世界一高い保険料からです。また企業融資や外国金融商品の投資で、儲けているのです。

特に、金利の高い海外金融商品の利益率は高いですよね。それが理解できるならば、なせ、皆さん円建ての終身保険や長期定期保険、変額終身保険、変額個人年金保険、利率変動型の円建てと契約利率3%台と低い米ドル建て保険で、契約し続けているのでしょう。高い金利、利率の保険契約で、契約して行くことです。私たちは、少なくとも保険について、賢いです。それ以上に賢すぎる保険投資者たちで、まとまりあっています。

以下の米ドル建て終身保険は、契約利率5%あまりです。こういう保険で、儲けるのです。ニッセイや住友生命、アメリカのプルデンシャル生命、ソニー生命、メットライフ生命の主力生保は、外国金融機関の提供する商品投資で、大きく儲けているのです。皆さんも、5%あまりという保険契約ができるのです。今も申し込みできます。契約するが勝ちです。価値です。入った者勝ち!!です。


この年齢で、この保険料です。すごく安すぎますね。参考までに、格安といわれる一つ、通販のオリックス生命の円建て終身保険1000万円契約して、保険料支払総額は、600万円前後にもなります。

価値ある米ドル建て貯蓄保険とは、こういう保険ほ言うのです。そこらで売られている低契約利率3%の米ドル建て終身保険ではありません。5%あまりの貯蓄保険が、以下です!!!


北海道から、沖縄までの皆さん、一般消費者のほか、保険業界の皆さんからも、相談、お待ちしております。各会の会員に入会してでの、相談です。


例、
契約年齢
39歳  女性

ある先の外資系米ドル建て貯蓄終身保険
基本死亡保障、10万ドル
保険料、年払い、2900ドルあまり≒29万円
保険料支払い期間、10年
保険料支払い総額、2万9000ドルあまり≒290万円
保険料を5年払いにすると、10年払いの保険料総額よりも3000ドル前後も、割安になります。

59歳時の解約返戻金予定額、およそ5万9000ドル≒590万円・・・・保険料元金の2倍
690歳時の解約返戻金、11万3000ドル
70歳時の死亡保険金予定額、17万5000ドル
80歳時の死亡保険金、24万5000ドル
90歳時の死亡保険金、38万4000ドル≒3840万円・・・・・保険料元金の10倍以上です。


OLの皆さん、この米ドル建て保険を5年払いないし、10年払いで支払い終えてしまいますが、この保険を2本から3本契約します。つまり、基本死亡保障、20万ドル、30万ドル契約します。

20歳代OLから50歳代OL、主婦までもです。


賢い契約目的例、アイデァです。
65歳時から段階的に保険を一部解約して行きます。全部解約しないのは、お金が増えていくのですから、一年ごとに一部ずつ解約するのです。そして半分くらい遺して、愛する遺された子供たちに死亡保険金をあげるわけでかす。そのころ、子供たちは、社会人となり結婚しこともがいることでしょう。そのときの教育費や住宅資金の頭金としても、活用できると思います。


この保険、大手代理店でも、販売されていません。


保険評論家

外貨FXで儲けている人、この米ドル建て終身保険、最適投資の貯蓄生命保険です。


5パーセントの高利率、保険契約で申し込みできます。

 生命保険商品で、いまどき、これだけの高利率で契約できるのは、この社の保険商品しかありません。他社は、軒並み、米ドル建てで3パーや2.5%以下です。円建て保険に至っては、2%以下の契約です。
 4%以下商品では、米ドル建て終身保険、契約する価値ありません。20年、30年先の将来の物価、貨幣価値を想定して、4%以下の保険契約は、実質、損な契約です。

以下、魅力ある米ドル建ての高利率終身保険です。
25歳、OLの契約例です。

米ドル建て終身保険
基本死亡保障、10万ドル   *1ドル、100円計算しています。 

保険料、年払い、およそ3400ドル・・・・34万円  月払いに換算して、2万8400円
保険料支払い期間、5年払い
保険料支払い総額、およそ1万7000ドル≒170万円

又は、

保険料、年払い、およそ2000ドル≒20万円   月払いに換算して、1万6700円  下記オリックス生命と比較してみてください。オリックス生命のほうは、25年払いです。

保険料支払い期間、10年払い
保険料支払い総額、2万ドル≒200万円

55歳時の解約返戻金予定額、およそ7万7500ドル≒750万円・・・・5年払い保険料元金の4.4倍
65歳時の解約返戻金、13万7000ドル≒1370万円・・・・・・保険料元金の8倍
70歳時の解約返戻金、17万9000ドル

55歳時の死亡保険金予定額、およそ15万5000
80歳時の死亡保険金、34万6000ドル≒3460万円・・・・・5年払い保険料元金の20倍
90歳時の死亡保険金、54万8000ドル




以下、
よくもない終身保険の一例



ちなみに、
通販オリックス生命の円建て終身保険1000万円同年齢契約例、

保険料年払い、22万980円 ・・・・・月払いに換算して1万8500円
保険料支払い期間25年間の50歳歳払い
保険料支払総額、552万円
50歳時の解約返戻金予定額、648万円・・・・保険料元金の(1,17倍)
80歳時の死亡保険金予定額、1000万円・・・・保険料元金の1.8倍


これが、現実です。

前者の米ドル建て終身保険、保険代理店では販売されていません。
私の面談の後、申し込み規定に該当する方のみ、申し込み出来ます。


保険評論家

5%利率商品。30歳、40歳、この米ドル建て貯蓄終身保険で、老後のお金貯めなさい。

全国各地から、相談、入会、ありがとうございます。
一般会社員や医師、公務員、自営業のほか、保険外交員、保険代理店経営者、CFPさん、税理士さんたちからも、申し込みされています。


以下の商品、今も、申し込み出来ます。
ただし、私が認めた人のみです。
それ以外、申し込み出来ません。


1ドル、100円換算としています。
契約額は、死亡保障5万ドルからでも契約出来ます。

総額190万円の保険料というのは、普通の生保では考えられません。
 
 
米ドル建て貯蓄性終身保険です。現在、利率5%です。

会社員女性 30歳   
基本死亡保障額、10万ドル(1000万円)
保険料、年払い 3800ドル(38万円)   年払いで、この価格 、ほかにあり得ません
保険料支払い期間、5年払い、払込完了です。  5年払いで終えます。!!!!!!
保険料総支払額(元金)、およそ1万9000ドル(190万円) 前後。為替変動等ありのためその日によって掛け金総額は異なります。 190万円の保険料支払い総額で、確実に5倍以上の死亡保険金を確保することが、この時点でできたわけです。構築完了ですね。 賢い!



  頭いい!
 
50歳時の解約返戻金予定、4万4100ドル(441万円) 契約して20年後で元金の2倍以上の解約返戻金です。
65歳時の解約返戻金、11万3100ドル(1131万円)
70歳時の解約返戻金、15万ドル(1500万円)
 
50歳時の死亡保険金予定、12万6900ドル
80歳時の死亡保険金、29万6900ドル(2969万円)・・・・・・・保険料元金の10倍以上の死亡保険金
90歳時の死亡保険金、46万4500ドル(4645万円


*ちなみに、30歳、世界一高い大手生保ニ●●イの終身保険死亡保障1000万の契約で、総支払い保険料額は、680万円以上の保険料になります。




以下、40歳契約例、 

よくない米ドル建て終身保険商品の契約例です。これに、皆さんが契約している、あるいは保険代理店、外交員から見積もってもらう保険設計書の内容でもあります。契約利率、現在3パーセント。

例、40歳、女性
保険料年払い、64万2840円(月払い5万4030円)保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、642万2840円・・・・大手生保の円建て終身保険
50歳時の解約返戻金予定額、6,479,600円 (払戻率* 100.7%)
70歳時の解約返戻金予定額、690万前後・・・・・保険料総額の1.1倍前後の予定しかない>あくまで予定。

60歳時の死亡保険金予定額、1000万円
70歳、1000万円
80歳、1000万円
90歳、1000万円・・・・契約して50年後の貨幣価値はどれくらい?シビアに現在の三分の一の300万円くらいの価値と見るべき。かなり冷静の見方です。
    
対抗比較生 
   ↓ 

私の評価するところのある外資X生命の終身保険  本日時点、契約利率5パーセント。今、申し込み出来ます。

例、
40歳、女性
保険料年払い、3010ドル=30万1000円 (月払いに換算して2万5000円)
保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、3万100ドル=301万円
50歳時の解約返戻金予定額、およそ2万8000ドル (払戻率* 92%)
60歳時の解約返戻金、6万100ドル
70歳時の解約返戻金、11万6000ドル・・・・保険料総額の3.9倍前後の予定
あくまで予定。

60歳時の死亡保険金予定額、およそ13万2000ドル=1320万円
70歳、およそ17万2000ドル
80歳、24万5000ドル
90歳、37万6000ドル・・・・契約して50年後の貨幣価値はどれくらい?シビアに現在の三分の一の1200万円くらいの価値と見るべき。かなり冷静な見方ですね。それでも、支払った保険料総額が、301万円ですから、その4倍の利益ということになるます。


こんな、格安の終身保険、プルデンシャル生命、メットライフ生命などには、ありません。 


 以上、この生保は外資系生保ですが、高利率の終身保険、私も契約している一社でもあります。 申し込み先や保険会社名は、公開いたしません。申し込みできるうちに、入っておくべくきです。あとからは、申し込みできませんと思います。

 全国各地にある大手保険代理店含み、この米ドル建て終身保険は、販売されていません。実質、私の紹介がありませんと、申し込みできません。これが、特別な保険の入り方なんですね。そこに価値アリです。誰でも容易に入れたら、価値ありません。  ご相談、お待ちしております。  申込者、続々・・・・・・・・・です。   

駅前、ショッピングモール内にある、ほけんの窓口などの保険代理店では、当然販売されていません。
る保険代理店で申し込み出来る保険商品というのは、それなりの価値しかない終身保険、個人年金、貯蓄性保険なのです。契約する価値、ありませんとはっきり言ってよいです。



以上、価値ある情報でした。

保険評論家
http://www.seihokakuzuke.com/ 一般保険の勉強先です。有料の会員制度としています。
オフ連絡会主宰 特別な保険の勉強先です。
 

保険会社や代理店との保険トラブル相談と解決

保険会社の外交員や、保険代理店、またファイナンシャルプランナーの絶対出来ないこと。

保険のトラブル相談です。また、交渉、仲介、解決までの契約者からの相談です。

ファイナンシャルプランナーさんも、保険会社の保険販売していますから、保険会社には、楯突くわけにいきませ。楯突くと、保険会社全社、そのファイナンシャルプランナー事務所には、保険会社商品卸してくれませんから、生活出来なくなります。

そういう、保険契約者が困っているときこそ、保険やさんは必要あるのですが、できませんし、やりません。自分の生活や営業を守るためです。

一般契約者からの保険トラブル、また、保険会社に勤務する外交員さん、営業所長さんから、また、代理店さん、ファイナンシャルプランナーさんからも、お待ちしております。

以前は、スミス生命九州支社の営業所長さんから、解雇の相談や不正計約の相談がありました。また、ニッセイの保険外交員さんの夫の2億3000万円の死亡保険金が支払ってくれないという相談が解決されてきました。



相談、お待ちしております。
NPO法人生命保険格付協会 代表
http://www.seihokakuzuke.com/

イメージ 1

7%契約利率の米ドル建て終身保険で、高い貯蓄率達成しています!

今、契約して15年経過しますが、既に支払った保険料の4倍以上の解約返戻金が貯まっています。

凄い貯蓄になってます!

運用利率7%です。しかも、複利運用です。

一部の人とのみこの世界一の保険会社の米ドル建て終身保険に申し込み出来ます!
一部の該当者になる人だけです。利率は、以下の保険内容より、下がる契約になりますが、複利運用すごいです。


私たちの契約した7%複利運用での契約例、


こんばんは。
そこら辺の米ドル建て終身保険、米ドル建て個人年金保険ではありませんよ。



保険外交員さん、保険代理店FPさんたちも、唾を飲み込んでしまうでしょう、これが本当に貯蓄性終身保険と言えますね。

イメージ 1

この保険会社の米ドル建て終身保険、一部の人は、今でも申し込み出来ます。利率少し下がりますが、申し込み出来出来るんです!


これで、老後の生活資金は、かなり万全ですね。


私と、私たちの仲間が契約した価値ある米ドル建て終身保険です。世界一の生保です。


公開です。

 
運用利率、7%以上、しかも複利運用!


まず、私が契約した終身保険の一つから。  *分かりやすいように、1ドル100円換算しています。


① 30歳時契約、男性、米ドル建て終身保険、基本死亡保障10万ドル=1000万円(現在の為替換算)

保険料、一括払い、1万541ドル=105万円4100円
50歳時の解約返戻金、5万3920ドル=539万円・・・・今、契約して15年経過しますが、既に支払った保険料の4倍以上の解約返戻金が貯まっています。
66歳時の解約返戻金、18万3747ドル=1837万円・・・・保険料元金の17.4倍の解約返戻金です。
71歳時の解約返戻金、25万7881ドル=2578万円
81歳時の解約返戻金、44万1203ドル
81歳時の死亡保険金、48万3469ドル=4834万円86歳時の死亡保険金、58万1172ドル=5811万円  
次に、女性会員が契約した終身保険です。
 
② 28歳、女性
保険料、一括払い、8775ドル87万7500円
56歳時の解約返戻金、8万8052ドル=880万円
66歳時の解約返戻金、18万7940ドル1879万円
71歳時の解約返戻金、26万1275ドル
81歳時の解約返戻金、45万6100ドル
81歳時の死亡保険金、52万422ドル≒5242万円
86歳時の死亡保険金、62万5589ドル
 
 
③ 34歳 女性
保険料、一括払い、1万938ドル100万9380円
56歳時の解約返戻金、6万5530ドル=655万円
66歳時の解約返戻金、14万1331ドル
71歳時の解約返戻金、20万1538ドル
81歳時の解約返戻金、36万4662ドル
81歳時の死亡保険金、41万7265ドル=4172万円  
86歳時の死亡保険金、50万1593ドル  
 
男性会員が契約した終身保険です。
    
39歳 男性
保険料、一括払い、1万4661ドル146万6100円
56歳時の解約返戻金、5万4448ドル=544万円
66歳時の解約返戻金、11万9232ドル1192万円
71歳時の解約返戻金、23万4582ドル
81歳時の解約返戻金、31万5244ドル≒3152万円・・・・・保険料元金の20倍!
86歳時の死亡保険金、41万7266ドル  
 
44歳 女性
保険料、一括払い、1万5745ドル157万4500円
66歳時の解約返戻金、8万6706ドル=867万円
71歳時の解約返戻金、12万4739ドル
81歳時の解約返戻金、24万2223ドル
81歳時の死亡保険金、27万9135ドル=2791万円  
86歳時の死亡保険金、34万7119ドル  
 
45歳 男性
保険料、一括払い、1万8092ドル180万円4100円
66歳時の解約返戻金、8万8621ドル=886万円
71歳時の解約返戻金、12万6351ドル
81歳時の解約返戻金、24万787ドル
81歳時の死亡保険金、26万6520ドル=2665万円  
86歳時の死亡保険金、33万4575ドル  
 
以上、皆さん、基本死亡保障20万ドルから70万ドルの申し込みをされました。
20万ドルという契約は、一括払いの保険料の2倍の保険料ということになります。
70万ドルの申し込みした人は、7倍の保険料ということになります。
 
それだけ、安い保険料なんですね。
中には、20万ドル分は、保険料一括払いして、10万ドル分を保険料5年払いや10年払いも契約しました。
そうしたい気持ちは、よくわかります。

いつまでも申し込み出来る保険とは、皆さん思っていなかったですから。
これに契約できた人は、ラッキーですね。
 
この保険会社、この商品、新商品になって、今でも販売しています。ただし、一部の人のみ、今も申し込み出来ますということになります。誰でもは申し込みできません。もちろん、私も、追加して明日申し込みすることも出来ます。 また、現在は契約利率7%より、いくらか低くなっていますが、そこらで販売されている低利率3%とか、3.5%の契約利率ではありません。そんな低い3%台では、契約する価値は低すぎます。
 

相談、お待ちしております。
保険屋さん自身の、勉強や高利率の米ドル建て終身保険申し込み相談もお待ちしております。無料相談ではありませんが。当然、無料ではないのが、保険とは一つの流動金融商品であり、どこの保険に投資≒契約するかの損得商品です。


まずは、高利率米ドル建て保険の目的前に、生命格付け協会にて、保険の損得の基本、格付け情報の位置づけの把握と勉強をされるとよいと思います。


保険評論家
イメージ 1

高利率で貯蓄。7パーセントの米ドル建て終身保険契約中です。

はじめに、
全国各地から、会員申し込みありがとうございます 。

今、契約して15年経過しますが、既に支払った保険料の4倍以上の解約返戻金が貯まっています。



一緒に、仲間同士として、価値ある保険を獲得し、かつ保険の資産防衛して行きましょう。

運用利率7%です。しかも、複利運用です。

一部の人とのみこの世界一の保険会社の米ドル建て終身保険に申し込み出来ます!
一部の該当者になる人だけです。利率は、以下の保険内容より、下がる契約になりますが、複利運用すごいです。


私たちの契約した7%複利運用での契約例、


こんばんは。
そこら辺の米ドル建て終身保険、米ドル建て個人年金保険ではありませんよ。



保険外交員さん、保険代理店FPさんたちも、唾を飲み込んでしまうでしょう、これが本当に貯蓄性終身保険と言えますね。

イメージ 1

この保険会社の米ドル建て終身保険、一部の人は、今でも申し込み出来ます。利率少し下がりますが、申し込み出来出来るんです!


これで、老後の生活資金は、かなり万全ですね。


私と、私たちの仲間が契約した価値ある米ドル建て終身保険です。世界一の生保です。


公開です。

 
運用利率、7%以上、しかも複利運用!


まず、私が契約した終身保険の一つから。  *分かりやすいように、1ドル100円換算しています。


① 30歳時契約、男性、米ドル建て終身保険、基本死亡保障10万ドル=1000万円(現在の為替換算)

保険料、一括払い、1万541ドル=105万円4100円
50歳時の解約返戻金、5万3920ドル=539万円・・・・今、契約して15年経過しますが、既に支払った保険料の4倍以上の解約返戻金が貯まっています。
66歳時の解約返戻金、18万3747ドル=1837万円・・・・保険料元金の17.4倍の解約返戻金です。
71歳時の解約返戻金、25万7881ドル=2578万円
81歳時の解約返戻金、44万1203ドル
81歳時の死亡保険金、48万3469ドル=4834万円86歳時の死亡保険金、58万1172ドル=5811万円  
次に、女性会員が契約した終身保険です。
 
② 28歳、女性
保険料、一括払い、8775ドル87万7500円
56歳時の解約返戻金、8万8052ドル=880万円
66歳時の解約返戻金、18万7940ドル1879万円
71歳時の解約返戻金、26万1275ドル
81歳時の解約返戻金、45万6100ドル
81歳時の死亡保険金、52万422ドル≒5242万円
86歳時の死亡保険金、62万5589ドル
 
 
③ 34歳 女性
保険料、一括払い、1万938ドル100万9380円
56歳時の解約返戻金、6万5530ドル=655万円
66歳時の解約返戻金、14万1331ドル
71歳時の解約返戻金、20万1538ドル
81歳時の解約返戻金、36万4662ドル
81歳時の死亡保険金、41万7265ドル=4172万円  
86歳時の死亡保険金、50万1593ドル  
 
男性会員が契約した終身保険です。
    
39歳 男性
保険料、一括払い、1万4661ドル146万6100円
56歳時の解約返戻金、5万4448ドル=544万円
66歳時の解約返戻金、11万9232ドル1192万円
71歳時の解約返戻金、23万4582ドル
81歳時の解約返戻金、31万5244ドル≒3152万円・・・・・保険料元金の20倍!
86歳時の死亡保険金、41万7266ドル  
 
44歳 女性
保険料、一括払い、1万5745ドル157万4500円
66歳時の解約返戻金、8万6706ドル=867万円
71歳時の解約返戻金、12万4739ドル
81歳時の解約返戻金、24万2223ドル
81歳時の死亡保険金、27万9135ドル=2791万円  
86歳時の死亡保険金、34万7119ドル  
 
45歳 男性
保険料、一括払い、1万8092ドル180万円4100円
66歳時の解約返戻金、8万8621ドル=886万円
71歳時の解約返戻金、12万6351ドル
81歳時の解約返戻金、24万787ドル
81歳時の死亡保険金、26万6520ドル=2665万円  
86歳時の死亡保険金、33万4575ドル  
 
以上、皆さん、基本死亡保障20万ドルから70万ドルの申し込みをされました。
20万ドルという契約は、一括払いの保険料の2倍の保険料ということになります。
70万ドルの申し込みした人は、7倍の保険料ということになります。
 
それだけ、安い保険料なんですね。
中には、20万ドル分は、保険料一括払いして、10万ドル分を保険料5年払いや10年払いも契約しました。
そうしたい気持ちは、よくわかります。

いつまでも申し込み出来る保険とは、皆さん思っていなかったですから。
これに契約できた人は、ラッキーですね。
 
この保険会社、この商品、新商品になって、今でも販売しています。ただし、一部の人のみ、今も申し込み出来ますということになります。誰でもは申し込みできません。もちろん、私も、追加して明日申し込みすることも出来ます。 また、現在は契約利率7%より、いくらか低くなっていますが、そこらで販売されている低利率3%とか、3.5%の契約利率ではありません。そんな低い3%台では、契約する価値は低すぎます。
 

相談、お待ちしております。
保険屋さん自身の、勉強や高利率の米ドル建て終身保険申し込み相談もお待ちしております。無料相談ではありませんが。当然、無料ではないのが、保険とは一つの流動金融商品であり、どこの保険に投資≒契約するかの損得商品です。


まずは、
高利率米ドル建て保険の目的前に、生命格付け協会にて、保険の損得の基本、格付け情報の位置づけの把握と勉強をされるとよいと思います。



保険評論家