FC2ブログ

今日は、高崎市で、保険見直し相談

こんにちは。

きょうは、群馬県高崎市に行きます。
5%利率の貯蓄終身保険が欲しいという相談です。

イメージ 1



http://www.seihokakuzuke.com/
代表


夕方、世界登録遺産の富岡製糸場にも寄り道してきました。

イメージ 2

今日の帰宅は、深夜24時過ぎになります。
スポンサーサイト



今日は、福山雅治の歌にある桜坂に

仕事帰り道、桜坂を歩きました。
今日は、暑かったですね。

イメージ 1

イメージ 2


全国各地より、メールにて、または面談にて、保険相談、お待ちしております。
会員入会は、メール介して、その日に入会可能です。

私たち仲間は、こういう7%利率(複利運用)の米ドル建て終身保険に入っています。

こういう契約者が賢いといいます。7.5パーセント利率の米ドル建て終身保険です。


イメージ 1


また、5パーセント以上の米ドル建て終身保険契約なら、賢い契約者ですね。高い貯蓄兼高い死亡保険を確保できます。5パーセントあまりの米ドル建て終身保険、一部の人のみ、まだ、今も申し込みできます。
保険外交員さんや代理店さんに5パーセントの米ドル建て終身保険ありますかと相談しても、取り扱っていません。取り扱っていてないのには、私との金融能力の違いからです。そこにも、大きな違いがあり、損得の格差が何百万、1000万円以上の差となるわけです。



私たちのところで、勉強です。
無料ではありません。悪しからず。

私たちの仲間とは、私のところで勉強した全国各地の会社員、医師、経営者、公務員、教員、保険会社内勤社員、外交員、会計士、FPさんたちです。
格付協会では、相談及び勉強はできません。


オフ連絡会主宰者より

今日も、宇都宮に来ています。

全国各地から、面談にての保険見直し、お待ちしております。

代表
http://www.seihokakuzuke.com/   

イメージ 1

保険選び、自分の能力を過信過ぎないこと

どんな頭良くても、今契約出来る中で、最も価値ある生命保険選びは、出来ません。不可能です。

そんな簡単なことではありません。
また、保険外交員、保険代理店のファイナンシャルプランナーさんが、最も価値ある生命保険選び出来ているかといえば、出来ていません。

どうしてか?
理由は、簡単。高い情報収集能力、契約出来る能力がないからです。保険販売人の人、FPの人が出来るのは、自分が取り扱っている保険商品やネット、通販で求められる商品内からが、限界なのです。

その中には、価値ある生命保険商品は、ないに等しいです。あっても、成人病保険や一部の掛け捨て定期死亡保険商品のみです。

それ以外から、価値ある生命保険を求めていかないと、価値ある保険には、契約出来ません。

働いたお金を保険に回して行く以上、最も価値ある保険に契約して、将来構築設計していくことです。

自分の能力を過信してはなりません。


私たちに、相談していくか、あるいは一参考として格付け評価の情報を得て、勉強のスタートをしてみて下さい。

価値ある保険構築のために。保険外交員、代理店のファイナンシャルプランナーさん達も、会員入会をお待ちしております。


事務局
http://www.seihokakuzuke.com/

今5パーセントの貯蓄終身保険があるわけです。買うべきです。

今、5パーセントあまりの米ドル建て終身保険が販売されているわけです。

ただし、そこらへんの外交員、保険代理店、銀行等では、5パーセントあまりの米ドル建て終身保険はね半は税されていません。3パーセント以下の米ドル建て終身保険しか販売されていません。

3パーセントの米ドル建て終身保険は、買い時でもありませんし、買って≒契約してはいけません。
しかし、保険代理店のFPさんは、最低契約保証利率3パーセントですから、これ以上下がりません。上がるのみですと話し契約させてきます。

しかし、そこが騙しなのです。3パーの最低保証利率とはいっても、3.5パーセントになるのは、契約して10年後以降でしょうし。最高でも3.6パーセントは、契約して20年経過しても、なりません。保険会社は、馬鹿じゃないのです。

と゜ういうことかといえば、3パーセントの最低保証で契約した客というのは、馬鹿な客たちですから、そんな派かな客たちに儲けさせることなんて、あり得ないのです。うまく営業マンにも、代理店FPにでも、うまくセールストークして、平均して3パーセントから3.3パーセントの間で、その終身保険期間、30年間から50年間でしょうか?低い利率のまま維持させるのです。

いいですか?皆さん、保険会社の契約利率、予定利率ともに、銀行の定期預金3パーセントとは、違うのです。もちろん、同じ3パーセントなら、銀行のほうが利息、運用は高く貯まるわけです。

なぜ、そうなるのか?
銀行定期預金というのは、その契約した投資資金全額が、その利率で運用されるのです。
しかし、保険会社の円建て、外貨建て終身保険や個人年金保険、利率変動型保険というのは、投資した保険料全額が運用に回るわけではありません。

たとえば、1000万円のお金をその最低保証利率3パーセントの貯蓄性米ドル建て終身保険に契約したとしましょう。その1000万円のうち、保険会社の利益と契約した時の外交員ないし保険代理店ないし銀行の販売手数料の取り分、そして契約の維持管理費は、

一括で支払った1000万円のうち、300万円は、少なくとも保険会社側の取り分として差し引かれてしまっているわけです。簡単に言うと、残りの700万円が、運用に回るわけです。これが銀行定期預金との大きな違いです。また保険は、貯蓄というよりも、セイメイホケンという商品であることをわきまえないといけません。

話は、ずれてしまいましたが、5パーセントあまりの米ドル建て貯蓄性終身保険が、特別な特定の人向けに販売されているわけです。それに申し込みできる人は、申し込みして、安い保険料で、つか高い運用利率で投資するべきです。

その勉強、するかしないかで、これから皆さんの保険契約で、得する生命保険契約できているか、できていないか、勝ち組になるかが、はっきり、わかれることでしょう。

働いたお金、かしこく、保険契約して行くことなのです。

保険会社、保険代理店、ファイナンシャルプランナー、銀行の、無料相談などに、引っかからないことです。
無料相談とい言うことは、なぜ、無料なのか?当然、無料分は、価値もない保険を価値ある保険と思わせて、契約させ、無料分も、そこから自動的に徴収しているわけです。


5パーセントあまりの終身保険、これは、今、買いということは、間違いありません。


評論家
http://www.seihokakuzuke.com/  一部参考情報、記載されています。

不動産投資やマイホームは、今、買い時ではないことは、確か

不動産は、現在まで上昇し続けているが、既に一部では値下げに踏み切っている傾向でもある。

どちらにしても、今は、新築や中古物件も、高価格。買い時ではないし、不動産買って資産運用は、まったく期待出来ない時期である。これは、後2年間は、買い時ではないと思われます。

今、新築や中古のマンションや一戸建て買って、買ってから5年後には、間違いなく、買っときより大幅に値差がていることでしょう。買って10年後も、同じです。たとえば、中古マンション、新築マンションともに、4000万円としましょう
。その買った金額は、翌日売却のために販売して、買う人は3500万円以下で買うことはいうまでもありません。

3年後に売った場合は、1000万円前後は、資産価値下がっていることでしょう。今、住宅ローン金利が安いからと営業マンに誘導されて、勢いと縁で買ってしまい、後悔しないように。

今、買う人は馬鹿ですし、この三年内に既に買った人も同じく、馬鹿な消費者でしょう。
こんな高い時期というよりも、異常ともいえる高騰で、まだまだ上がると営業マンに釣られた、あなたが馬鹿だったのです。

せっかく毎月貯めてきたお金が、こういうところから、出ていくことになるのです。


今、不動産を買う人は、馬鹿なのです。

逆に考えれば、5年以上前に買った人は、今が最高の売り時なのです。大きく儲けられます。

ただし、売って、今すぐ買いかえると、高い買い物になってしまうわけです。そこが頭の使いどころなのです。
ここの頭の使いどころのノウハウは、無料で教える必要はありません。何千万円もするマイホーム、不動産投資、真剣に様々な角度から勉強、収集しなければなりません。今皆さんが持っていないノウハウをどう掴みとり、それを計画に移していくか、そこなのです。賢い投資者、消費者になりましょう。
エコノミスト