FC2ブログ

通販の保険会社商品も、良くない商品

インターネット広告や新聞広告にある保険会社。

外交員を雇わない分安い保険料ですと広告もあります。

しかさ、外交員を雇わなくとも、馬鹿高いテレビCMや新聞広告料金、これは従業員雇う分に匹敵します。

通販の安い保険料に騙されないこと。表向き、安く見せかけているだけであり、長く契約すると、しっぺ返しとなるでしょう。

また、保険金支払い審査も、厳しくなるのが、通販、インターネット広告する保険会社の特徴です。

契約はあるしないことです。我が家の基本となる保険契約は、特に契約はしないことです。


評論家
http://www.seihokakuzuke.com/
スポンサーサイト



テレビCMする保険代理店は、特に要注意

イメージ 1


イメージ 2


ここでは、保険代理店の従業員が被害者になっているが、しかし、その代理店で働くと決意して、客に保険提案して契約させた保険は、会社からの販売ノルマ商品でしょうから、契約者にとっては、一番よい保険に契約出来たとは言えないでしょう。

つまり、その代理店で働くと選択した従業員のファイナンシャルプランナーは、そこまでの金融能力しかない人間ということも言えないでしょう。そうした低い金融能力提案者から方に入ってしまった客は、本末転倒です。

勤める先の見極める目がない代理店の従業員のFPファイナンシャルプランナー、よく来店する客に、この保険がよいですとよくお勧め出来ること自体、ダメな証拠です。



保険評論家
http://www.seihokakuzuke.com/

契約する価値あ貯蓄性終身保険とは、こういう商品を言います。

以下の商品、今も、申し込み出来ます。
ただし、私が認めた人のみです。
それ以外、申し込み出来ません。


1ドル、100円換算としています。
契約額は、死亡保障5万ドルからでも契約出来ます。

総額190万円の保険料というのは、普通の生保では考えられません。
 
 
米ドル建て貯蓄性終身保険です。現在、利率5%です。

会社員女性 30歳   
基本死亡保障額、10万ドル(1000万円)
保険料、年払い 3800ドル(38万円)   年払いで、この価格 、ほかにあり得ません
保険料支払い期間、5年払い、払込完了です。  5年払いで終えます。!!!!!!
保険料総支払額(元金)、およそ1万9000ドル(190万円) 前後。為替変動等ありのためその日によって掛け金総額は異なります。 190万円の保険料支払い総額で、確実に5倍以上の死亡保険金を確保することが、この時点でできたわけです。構築完了ですね。 賢い!



  頭いい!
 
50歳時の解約返戻金予定、4万4100ドル(441万円) 契約して20年後で元金の2倍以上の解約返戻金です。
65歳時の解約返戻金、11万3100ドル(1131万円)
70歳時の解約返戻金、15万ドル(1500万円)
 
50歳時の死亡保険金予定、12万6900ドル
80歳時の死亡保険金、29万6900ドル(2969万円)・・・・・・・保険料元金の10倍以上の死亡保険金
90歳時の死亡保険金、46万4500ドル(4645万円


*ちなみに、30歳、世界一高い大手生保ニ●●イの終身保険死亡保障1000万の契約で、総支払い保険料額は、680万円以上の保険料になります。




以下、40歳契約例、 

よくない米ドル建て終身保険商品の契約例です。これに、皆さんが契約している、あるいは保険代理店、外交員から見積もってもらう保険設計書の内容でもあります。契約利率、現在3パーセント。

例、40歳、女性
保険料年払い、64万2840円(月払い5万4030円)保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、642万2840円・・・・大手生保の円建て終身保険
50歳時の解約返戻金予定額、6,479,600円 (払戻率* 100.7%)
70歳時の解約返戻金予定額、690万前後・・・・・保険料総額の1.1倍前後の予定しかない>あくまで予定。

60歳時の死亡保険金予定額、1000万円
70歳、1000万円
80歳、1000万円
90歳、1000万円・・・・契約して50年後の貨幣価値はどれくらい?シビアに現在の三分の一の300万円くらいの価値と見るべき。かなり冷静の見方です。
    
対抗比較生 
   ↓ 

私の評価するところのある外資X生命の終身保険  本日時点、契約利率5パーセント。今、申し込み出来ます。

例、
40歳、女性
保険料年払い、3010ドル=30万1000円 (月払いに換算して2万5000円)
保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、3万100ドル=301万円
50歳時の解約返戻金予定額、およそ2万8000ドル (払戻率* 92%)
60歳時の解約返戻金、6万100ドル
70歳時の解約返戻金、11万6000ドル・・・・保険料総額の3.9倍前後の予定
あくまで予定。

60歳時の死亡保険金予定額、およそ13万2000ドル=1320万円
70歳、およそ17万2000ドル
80歳、24万5000ドル
90歳、37万6000ドル・・・・契約して50年後の貨幣価値はどれくらい?シビアに現在の三分の一の1200万円くらいの価値と見るべき。かなり冷静な見方ですね。それでも、支払った保険料総額が、301万円ですから、その4倍の利益ということになるます。


こんな、格安の終身保険、プルデンシャル生命、メットライフ生命などには、ありません。 


 以上、この生保は外資系生保ですが、高利率の終身保険、私も契約している一社でもあります。 申し込み先や保険会社名は、公開いたしません。申し込みできるうちに、入っておくべくきです。あとからは、申し込みできませんと思います。

 全国各地にある大手保険代理店含み、この米ドル建て終身保険は、販売されていません。実質、私の紹介がありませんと、申し込みできません。これが、特別な保険の入り方なんですね。そこに価値アリです。誰でも容易に入れたら、価値ありません。  ご相談、お待ちしております。  申込者、続々・・・・・・・・・です。   

駅前、ショッピングモール内にある、ほけんの窓口などの保険代理店では、当然販売されていません。
る保険代理店で申し込み出来る保険商品というのは、それなりの価値しかない終身保険、個人年金、貯蓄性保険なのです。契約する価値、ありませんとはっきり言ってよいです。



以上、価値ある情報でした。

以上の貯蓄性高い、保険料支払い総額が超安い、高い契約利率の米ドル建て終身保険は、そこらの低利率、高い保険料支払い総額の商品とは違います。代理店やFPさんに無料や有料相談しても、これら情報も、申し込み先さえも、知りません。それが、私との格差です。保険業界人でさえもが、私に相談し、申し込みしているのが実情です。いかにして、周りの保険契約者たちと、格差をつけた良質保険会社、良質保険商品をたどり着けるか、それを情報として、私から求めて勉強することです。




勉強しなければ、ここには、たどり着けません。



保険評論家
 

業界人も必見。問題性の大いにある保険金支払い。ソニー生命の保険金支払いの事例


保険屋さんか、やってはいけない保険契約の一つです。
10年前の話ですが、公開しましょう。

西日本で保険代理店を自営業で営んでいるCFPさんからの保険相談が私のところにありました。

代理店経営者のFPさんは、私の保険見込み客の相談に乗ってください。助けてくださいということです。

家は、銀行から最終通告の住宅ローン解除、つまり借金を一括して返せということです。その他、借金があります。父親や息子ともに、事実上の失業状態。

この相談に乗って、東京からその地域まで向かいました。私が銀行支店長のところに伺い、住宅ローン復活してもらうお願いをし、渋々、ローン復活させることが、出来ました。家族は、しっかりローン支払っていきますと、約束。感謝に就きませんというお礼です。

それがもし出来なかったら、一家心中も十分可能いはあったと、私は察しました。それだけ体力的、精神的にも困っていたわけですから、良かったです。

そして、その代理店は、家族収入保険、掛け捨ての定期保険、医療保険に5000万円で契約させることができたわけです。

そして、保険契約させた保険代理店には、高い保険歩合給がソニー生命から支払われ続けるわけです。
しかし、契約する時、保険会社には、この客の個人情報には、借金で首も回らない、もしかしたら、一家心中してしまう可能性もありなど、報告書を上げることは当然していなかったと思います。ここ、かなり問題です。

そして、保険契約して一年と一日後、5000万円の死亡保険、家族収入保険の契約者である息子さんは、夜中、道路の真ん中に寝ていたところを車にひかれて死亡しました。酔っていて道路の真ん中で寝ていたようです。ひいた車はその場から逃走してひき逃げとなりました。その後運転者は逮捕。

問題の死亡保険金は、ソニー生命から5000万円支払われました。
支払いたくなかったでしょうが、支払ったわけです。

契約して一年と一日後? 私は察しますが、計画的な保険金搾取の可能性大だと思います。
しっかり住宅ローン、他の借金支払っていくと約束したのに、しかし、出来なかったのでしょう。

その息子は、その家では義理の息子です。小さな幼児が居て妻がいます。その妻子の将来も案じて、保険金多額に入るだろうからと、ここで保険金目的の自殺をしたのだと思います。一年間と一日、つらかった日々だと思います。娘の家に一緒に住む義理の息子(妻ともに大学卒)です。

しかし、私には、これ以上、耐えられない、解放されたいとか、もう一度相談に乗ってもらいたいということはありませんでした。裏切られたと思いました。

私なら、家を失ってもよいじゃないか!一からやり直せばよいのだと、アドバイスも出来たと思います。自己破産してでも、やり直しして、立派に住宅ローンもでき、幸せに暮らす家庭も、たくさん私は見てきました。そういう一からのやり直しの苦労は、まだ30歳代前半でしたので、やってもらいたかったです。

この保険金支払い事例、
その後、ソニー生命のホームページ上にも、保険金支払われない事例として掲載しています。
契約して一年と一日後でも、道路の真ん中に酔って寝ていたところ車にひかれてしまった死亡でも、保険金は支払いませんと、掲載しています。

こういう問題の発端は、やはり保険契約者には、ふさわしくないと、その保険代理店経営者のFPさんは、ソニー生命の保険契約申し込み書とともに?知りえる個人情報の報告書をソニー本社に上げるべきでした。しかし、代理店は、人間性にも、家庭的にも、経済的にもけ問題ないと、保険契約がしっかり成立するように、報告書をソニーに上げたのでしょう。

代理店には、ソニー生命から事情報告のインタビューがありましたが、そんな借金を抱えて、家庭も崩壊寸前ということは、知らなかったと回答していたでしまょう。


本来ならば、この保険代理店は、ソニーからの保険委託販売契約解除されてもおかしくない事案だったでしよう。



保険評論家

保険代理店や外交員の契約の取り分を公開

一般保険契約者には、その保険契約で、いったい、いくらの報酬額が、保険会社から支払われるのかということが、公開されていません。

これって、不透明すぎる点です。さすが保険業界村なのです。保険は、いまだに保護主義で、保護貿易の一つとなっています。これには、政府、民間、政治の癒着構造があります。つまり金や天下り先が提供されているからこそ、保護政策のもと、世界一高い貯蓄性保険、掛け捨て保険ともになっているのです。

ここも、保険契約者は怒るべきです。

さて、いったい、保険外交員や保険代理店の人間には、いくらその保険契約で、報酬額、歩合、ボーナスなどが支払われているのか?

歩合、ボーナス≒報酬金≒ノルマの商品契約獲得達成費含め、年間報酬額ですが、基本給を除いて、皆さんが支払う年間保険料の5割は、保険会社から外交員、代理店にしはられています。

貯蓄性の終身保険では、およそ5割、掛け捨て保険やがん保険では、7割は歩合給として、初年度分支払われています。契約して2年目から3年目までは、2割から3割程度下がって、客の支払う年間保険料の3割から4割となります。契約して4年目以降は、年間保険料の1割くらいに減少して、その保険客が、その保険を途中解約しない限り、その年間保険料の1割は、永遠に支払われ続けます。

こういうシステムだからこそ、一度保険外交員や保険代理店FPないし、保険代理店自営でも経営してしまえば、やめられないのです。あまりにもおいしい商売ですね。

貯蓄性でも高額の報奨金ということがわかると思います。しかし、初年度とか2年目に保険契約が解約されると、保険会社からペナルティが外交員、代理店のFPさんらに課され、つまり報奨金一部返金されられるわけです。マルチみたいな商売システムなのです。

例えば、貯蓄性保険の個人年金保険、終身保険、掛け捨ての医療保険、がん保険に、月掛け金5万円(年間60万円)支払っていたとしましょう。保険料は60歳まで支払います。保障は終身保険期間です。
この場合、外交員や代理店の営業マンのFPさんらには、契約させた翌月から、毎月2万5000円→年間30年万円が保険会社から支払われます。報奨金含み。

それだけ、保険会社にとっては利益率の高い、かつ外交員ね代理店にとって見もおいしい商売ということが、保険料からも見えてきます。

だからこそ、テナント料の高いショッピングモールや駅前の家賃支払って営業出来るわけです。
起き前には保険会社の本社や支社、営業所のビルが一等地に立ち並びます。これも、私たちの世界一高い保険料の中からです。

世界に目を向ければ、駅前の一等地には、本社、支社、営業所の自社ビルなど、ほとんどありません。

外資系生保含めて、男女の保険外交員、保険代理店含めて、保険提案の中身を疑い、そこから勉強しましょ2う。保険外交員や保険代理店のファイナンシャルプランナー資格保有者の人間達は、消費者寄りの保険提案なんて、決してしません。FPなんて、保険業界が作った売り手側の都合のよい資格で、一般客をだまかす営業資格なのです。中立な保険提案とか、消費者第一の利益、保障に沿っての保険提案は、決してしまん。しかし、目の前の保険屋の第一印象に騙されるわけです。

お人よしだと、そこで引っかかって、何十年間と、そのほけんを契約して行くわけです。そんな価値もない貯蓄性保険、掛け捨て保険にです。


だから、無料相談には、しっかり裏があります。
保険会社外交員、保険代理店、FP会社も、保険販売の企業戦士なのです。消費者第一の利益に基づいた保険提案はしません。

自分でしっかり、学習代を出して勉強して保険を求めていくしかないのです。
それが、賢い、正しい保険の求め方です。

保険は、一つの金融商品、掛け捨て保険も含み。金融商品に何十年と契約し続けていくわけですから、お金の勉強、ここでいう保険に使うお金の勉強をしていくことです。無料の範囲内の勉強だけではいけません。無料の中で、金融商品、より良いものなど、たどり着けません。


効率よく、時間かけず、保険を求めていきましょう。


相談、お待ちしております。


評論家
http://www.seihokakuzuke.com/  NPO生命保険格付け協会
その他、オフショア連絡会があります。

通販の保険資料取り寄せは、するべきでない!

新聞広告やチラシ、インターネット広告でも、各社の保険が一括して、資料もらうるとか、商品券5000円差し上げますとか、目にする琴があると思います。

これは、いかに保険に入りたいという客を見つけ出すかの手段になっています。

個人情報が、保険会社、保険代理店、保険外交員間、保険代理店間の間で、取引されています。

これも、無料保険見直し相談の恐いところです。ショッピングモールなどにある来店型の保険代理店などでは、保険の相談は、考え直すべきです。ショッピングモールに店舗を構えているから、信用できる代理店という考え方は、間違えですし、郵便局や大手生保にしても、地元にもえいぎょうしょがあるから信用できるということではありませんし、そこで販売されている保険会社良質とは限りません。保険会社の営業戦略のひとつは、友人、元会社の同僚、親戚という外交員を介して、保険加入してもらうという、そうした間違った信頼性をもたらして、よくもないお勧め商品を、人気ですとして、販売しているのが、実態でもあります。
気をつけて下さい。


評論家
http://www.seihokakuzuke.com/

元外交員「搾取許せぬ」顧客情報600万円自腹も 保険代理店経費天引き問題

12/31(月) 9:15配信 毎日新聞の第一面

イメージ 1


広島市の保険代理店で働いていた男性が広島地裁から示された労働審判の文書=同市で2018年12月13日、樋口岳大撮影
 労働者に多額の経費を負担させる保険代理店の働かせ方を巡り、元外交員が相次ぎ会社側を訴えていることが判明した。広島地裁に労働審判を申し立てた元外交員の60代男性は「会社が社員から金を吸い上げる搾取は許せない」と訴える。

 男性や弁護士によると、男性は2014年夏から3年3カ月、広島市の保険代理店に勤務。働き始めてから数カ月が過ぎると、入社時に約束されていた月12万円の「基本給」がなくなり、事実上の完全歩合給になった。保険契約が成立すれば手数料が給料として得られるシステムだったが、給料からはさまざまな名目で多額の経費が差し引かれた。

 最も負担が大きかったのは、会社側から一方的に配信される「契約の見込みがある顧客」の情報料で月数十万円、総額で約600万円に上った。ただ見込み客は「外交員と面談するだけで商品券がもらえる」といったインターネット広告などで集められており、実際には数時間かけて会いに行っても契約に結びつかないことも多かった。自分で見込み客を選ぶこともできなかった。

 他にも「事務所維持管理費」名目で年30万~60万円、「PCリース代・システム利用料」名目で月5000~1万円などが天引きされた。保険契約が成立すれば得られる手数料と経費との収支が赤字になった月には会社から赤字の穴埋めを求められ、貯金などを取り崩して払い続けた。

 男性は退職後の今年6月、支払われなかった基本給や天引きされた経費など約1170万円を会社に請求する労働審判を広島地裁に申し立て、地裁からは10月、会社が約120万円の解決金を支払う内容の審判を受けた。

 請求額の一部しか認められず、弁護士からは「本格的に訴訟で争った方がいい」と言われた。だが、がんの手術を受けたばかりで「数年かかる訴訟に体が耐えられない」と思い、やむなく審判を受け入れた。各地で提訴した原告には「泣き寝入りせず、納得できるまで闘ってほしい」とエールを送る。

 全国被害者弁護団の結成前でも長崎訴訟の中川拓弁護士が通常の労働相談ホットライン(0120・41・6105)で相談を受け付ける。【樋口岳大】

 ◇「乗り合い」代理店が急成長

 被告3社を含む乗り合い代理店は、店頭や訪問販売などで複数の保険会社の保険を販売し、積極的にテレビでCMを流すなどして近年急成長した業態だ。大手生保系から独立系まで大小の代理店が乱立し競争も激しい。

 3社のうち最大の1社は、東京都に本社を置く、業界でも比較的大規模な代理店で全国に支店がある。東京商工リサーチによると、従業員数約1200人、年間売上高約85億円。1社はほぼ全国に支店網がある千葉県の代理店で従業員約300人、残る1社は東京都の小規模代理店。

 ◇実態は個人事業主

 元外交員からの訴えが相次ぐ背景には、金融庁が2014年に「保険会社向けの総合的な監督指針」を改正し、保険代理店と外交員が雇用関係を結ぶよう、ルールを厳格化したことがある。

 改正前は外交員を個人事業主と位置付け、業務委託契約を結ぶケースが業界の慣行として広がっていた。この場合、代理店は外交員の社会保険料負担など雇用主の責任を負わずに済むが、管理が行き届かず不適切な販売が行われる恐れがあった。このため、金融庁は保険業法で禁止される「再委託」に当たると指針に明記し、代理店側に外交員を正社員や契約社員など何らかの形で雇用するよう求めた。

 東京都内に本社を置くある大規模代理店は指針改正後、委託契約だった外交員を正社員に切り替えた。外交員の数は約1600人から約900人に減ったが、65歳以上の嘱託を除き全て正社員化した。歩合制だが社会保険料はもちろん、電話代やコピー代などの経費も会社が負担しているという。

 だが、原告らは被告の代理店では「事務所維持管理費」やパソコンのリース料まで徴収されていたと主張しており、東京の代理店幹部は「他の代理店ではいろいろ問題が起きていると聞く。業界全体としてはまだ過渡期にある」と話す。外交員を雇用しながら実態は個人事業主のような働かせ方を続ける代理店が一部に残っていることが問題の根幹にある。【畠山哲郎】

イメージ 2

毎日新聞保険代理店が経費天引き 元外交員、全国で相次ぎ提訴

これが、代理店経営の実態。いかに小さい保険検討者を探し出すか?探し出したなら、その保険加入検討者一件につき、情報料として、数万円で取引されている。だから、保険無料相談の勧誘、広告は、信用出来ないし、外交員、保険代理店は、信用できない、また保険提案の中身が、比較提案したというが、一番よいとされる保険商品、保険会社ではないと、疑ってよいだろう。保険評論家、NPO生命保険格付協会

以下、本日朝刊、毎日新聞報道

保険代理店に雇用された元外交員(保険募集人)が、給料から多額の経費が天引きされるなどして不当に低賃金で働かされたと主張し、会社側を訴えるケースが相次いでいる。

毎日新聞の取材では、全国の少なくとも6地裁・支部に11人が提訴し、1人が労働審判を申し立てた。12人は3社に対し未払い賃金など計約6300万円の支払いを求め、他に複数の提訴予定がある。

労働問題に取り組む弁護士らは「業界の一部で搾取的な働かせ方が横行している」と警鐘を鳴らし、近く「全国被害者弁護団」を結成して救済に乗り出す。

 訴訟や労働審判は、札幌▽東京▽大阪▽広島▽長崎――の各地裁と福岡地裁小倉支部に起こされた。

12人は契約社員などとして9カ月から3年3カ月働き、約70万~2000万円を請求。他に札幌、東京、広島の各地裁などで新たな提訴予定があり、同種の訴えは今後も増えそうだ。

 訴状などによると、原告らは毎月十数万円の「基本給」があるとの条件で入社したが、実際は一部しか支払われなかった。

また、契約を検討している顧客を会社側が紹介した際の情報料として、契約が取れたかどうかに関係なく1件当たり数万円、1カ月では数十万円を徴収されるなど、多額の経費負担を強いられた。

 原告らの月給は、契約成立時に保険会社から代理店に支払われる手数料などから経費を差し引く形で計算される。

月給がほとんどない月があるだけでなく、経費が手数料収入を上回った場合は個人で赤字分を補填(ほてん)しなければならなかった。社会保険料の会社負担分を徴収されていた人もいた。

 長崎訴訟の原告代理人で、全国弁護団にも参加予定の中川拓弁護士は「会社として負担すべき経費や赤字のリスクを労働者に押し付けている」と批判する。

 被告3社は、いずれも複数の生保などを販売する乗り合い代理店で、うち1社は1000人規模の外交員を抱えて全国展開する。

取材に3社は「コメントは差し控えたい」などと回答した。業界を所管する金融庁は「労働問題なので我々は判断できない。

しかし顧客との保険契約に問題が生じれば対応する」とし、厚生労働省は「労働基準監督署に相談があれば適切に対応したい」としている。【樋口岳大、畠山哲郎、杉本修作】

 ◇国は指導・監督を

 脇田滋・龍谷大名誉教授(労働法)の話 最低賃金を下回る賃金や多額の天引きといった、労働法を逸脱する働かせ方が保険代理店業界に広がっている可能性があり、厚生労働省はきちんと調査して指導すべきだ。無理な働かせ方が不正な保険契約につながる恐れもあり、金融庁も監督する必要がある。

イメージ 1

来店型の保険代理店の保険比較には、トリックがある。騙されるな!

ショッピングモールや駅前の保険代理店、個人経営や家族で自営の保険代理店も含めて、複数ないし数十の保険会社の保険商品を販売していますが、各社の保険商品を比較して、最も良い保険を選べるというのに、引っかかってはいけません。

各社比較出来て選べるというのが、見せかけということに、気づきましょう。気付かないように仕向けるのが保険屋でもあります。
テレビコマーシャルしている大手保険代理店も、自営の保険代理店も同じです。

代理店は、利益率の高い保険商品のみしか、保険比較提案商品しか、机上には提示しません。
当然です、利益率の低い(保険料の高い、安いとは違います。その保険商品の利益率、つまり保険会社が代理店に支払う歩合給。率といいます)保険商品比較提案の中に組み込んで、それを客が選択したなら、経営に響きますからです。

なぜ、無料相談なのか? その理由がそこにあります。


NPO法人
生命保険格付協会http://www.seihokakuzuke.com/



今年も、ありがとうございます。

こんばんは。
今日のアクセス数は、最終的に500人くらいでしょうか?
多くのアクセスねありがとうございます。ヤフーの保険ブログ部門、一日アクセス数も、累計アクセス数も、ダントツ、第一のブログとなっています。


さて、
新年も、引き続き、本音で保険について語って行きたいと思います。

勉強は、私の語らいを、この場で読むとかだけでは、成長も吸収も得れません。
すなわち、皆さんの契約している保険も、実のある保険にはつながらないということです。

しっかり、勉強代を出して、勉強して行くことです。

私でさえ、様々な学習代、保険に投資するという実習代、これまで何百万円使ったことか<
500万円ではききません。

そこまで、保険の勉強に費やしたからこそ、日本一、世界一?の保険探求者になったと思います。

来年も、私も勉強し続けます。

よろしくお願いいたします。

オフショア連絡会の会員入会もお待ちしております。

保険介して、大儲けして行きましょう。
効率よく、保険契約して行きましょう。

それには、男女の外交員さん、保険代理店のFPさん、FP会社の人たちの保険知識では得られない、私からの相談の回答をメールにても、面談からも、得て、大儲け、効率よい保険契約していくことだと思います。

効率よい保険に契約するという意味の中には、時間も効率よく使うということです。つまり消費者自身や保険屋さんの知識、情報、選択の方法は劣っているわけですから、それら補える最高峰の知識、情報、決断力などの対策を、私からすぐ得て求めていくことです。

すぐ求めていくという、それこそが最も賢い、効率よい保険の選び方になるでしょう。

学習代を出してください。
ただ、無料で得れる保険の相談なんて、何も良いものは得られません。それが社会とわかっているのに、

馬鹿な保険契約者、客たちは、国内系、外資系保険会社の男女の外交員や保険代理店、FP事務所、銀行員などから、無料相談のもと、保険比較、保険選びし続けているからこそ、だめな保険のままなのです。

生命保険、医療保険などは、自動車保険のように、一年間で、更新する商品ではありません。
一度契約したなら、何十年という保障期間、保険料何十年と、あるいは保険料一括払いして行くわけです。

その掛け金総額は、何百万円以上となります。
それだけ支払う保険料なのですから、もっと真剣に保険を求めてください。

勉強代を出してです。
無料の保険相談は、この時代、絶対的に禁物です。



評論家



保険契約者の99%は、馬鹿だから、保険でトータル損する!

99%は、保険で大損して、人生終わってます。
つまり、バカ者たちなのです。馬鹿は、死んでもまだ、わかっていません。

保険の馬鹿でないのは、学歴や職歴が高い人というのは、違います。

この人たちもわかっていない馬鹿なのです。特に、公務員は、大馬鹿です。

馬鹿ほど、来店型の保険代理店に、夫婦で行きます。

代理店のファイナンシャルプランナーの営業に丸めこまれて、ろくな保険しか契約出来ないままとも、気づいていません!

保険会社の男女の外交員、代理店、ファイナンシャルプランナー事務所の保険会社の手先に、丸めこまれて、一番よいと、表向きの都合のよい商品だらけの中から、商品比較されて、そこから、馬鹿な客は、選んで契約していると、何故気づかないのか!

比較に騙されているのです。保険代理店は、都合のよくない商品は、その場の机には、並べないものなのです!

保険会社外交員、保険代理店、ファイナンシャルプランナー事務所、銀行の保険販売人行員の保険会社の手先は、上司や保険会社から、指定された商品を一番に得だとして売れとノルマ化されているか、あるいは利益率の高い順に保険提案しているのです。

だからこそ、テナント料金が高いショッピングモールでも、保険代理店経営が成り立っているのです。

しかし、馬鹿な客たちも、少しずつ
わかってきたのか?それとも無関心?馬鹿なままなのか?来店型の保険代理店には、閑古鳥が鳴いていました。

今日のショッピングモール人間おいて。ららぽーと。

イメージ 1



ここまで、言葉厳しく話してもあります馬鹿な客は、分かりません。これが農耕民族の姿です。

保険は、命と財産を形成していくもの。自分の子供たちの資産にもかかわるもの。保険屋の中立とか、比較提案とかに、丸め込まれずには、勉強代を出して、自ら勉強するしかありません。それができているのは、保険契約者の数パーセントなのです。

残りの90%以上の契約者は、死ぬまで馬鹿なままで、人生終わっています。

自分の保険、資産は、自分で価値あるものを、勉強代を出して、真剣に探究するのです。


評論家

5%契約利率の米ドル建て貯蓄型終身保険、申し込み可能です

今も、5%利率の米ドル建て貯蓄終身保険、申し込み可能です。

そこらの低利率の米ドル建て貯蓄終身保険とは、大違いです。低利率とは、3%台の利率の米ドル建て貯蓄型終身保険のことを言います。3%利率は、高利率にみえますが、それは売り手側の外交員、代理店、フャイナンシャルプランナー事務所の騙しです!保険の3%というのは、銀行定期預金利率3%と同じ運用ではありません。保険屋の米ドル建てや豪ドル建ての保険は、個人年金保険、利率変動型保険、変額保険含め、契約してはなりません。儲かるのは、売り手側の外交員、代理店、フャイナンシャルプランナー事務所だけです!

価値ある商品というのは、どこでもは販売されてません。

また、無料相談では、その情報、申し込み方も、分かりません。社会は、甘くありません。賢く、効率よく保険を勉強することです。勉強代は、出して勉強です。

評論家

保険契約で、大儲けする?相談お待ちしております。

会員入会の上、相談、全国各地からお待ちしております。

来週前半は、海外出張です。

日本は、将来的に、円高に進み、ハイパーインフレ方向に向かうでしょう。それに賛同されるなら、私の言うところの、5%契約利率の米ドル建て貯蓄型終身死亡保険契約です。5%利率の米ドル建て貯蓄型終身保険は、私の言うところの保険会社しかありません。他の生保の低い米ドル建て保険とは、大違いです。保険代理店では、販売されていません。

今、申し込みです。


代表

生命保険契約で、確実に大金を手に入れる賢い策です。

評論家で、コンサルタントでもある私が教授です。


こんにちは。
久しぶりに、投稿します。

今日は、雨ですね。

さて、私も経験してわかりますが、
先々、何千万円という大金を確実に手を入れるのには、いくつかの方法があります。
一、不動産売却
二、生命保険金  です。

このほかに、相続がありますが、これは誰でもではありません。
したがって、一と二となります。

不動産契約は、簡単なものではありません。住宅ローン融資の審査もあります。
生命保険契約は、これは不動産投資と違い、比較的安い投資金で、先々、何千万円を手に入れることが出来ます。あるいは本人が亡くなった時、家族に残せて、安心です。
今、安い掛け金で、一生涯の終身死亡保険兼貯蓄性高い、ある生保A社の米ドル建て終身保険があります。

これで、確実的に先々、何千万円と手に入れられるわけです。


申し込み可能なうちにです。
確実に、大金が手に入る、手段です。
ここを強調したいと思います。


なお、ここで情報提供した下記の米ドル建て終身保険、皆さんがショッピングモールや駅前の大型来店型の保険代理店に相談とか、商品申し込みは、出来ません。代理店で取り扱っている米ドル建て終身保険は、契約する価値はない各社の商品となっていますので、契約するほうが馬鹿です

代理店というのは、保険会社から相当の契約の歩合報酬がもらえる各保険会社の米ドル建て終身保険しか、取り扱っていません。

私が情報提供している5パーセント前後の高利率、かつ高い貯蓄性、高い解約返戻金の米ドル建て終身保険は、保険会社から代理店や外交員等にマージンが一切ない分、保険料が安く、かつ高利率終身保険なわけです。


自己責任のもと、この米ドル建て終身保険、全国各地の一般会社員、公務員、主婦、自営業、会社経営者、保険外交員、保険代理店経営、FP事務所経営さんたちが、こぞって、ひそかに申し込み、契約し続けています。


この保険相談は、私個人と面談して、申し込みできる人か、判断させていただきます。なお、謙虚な人のみしか、相談は受け付けません。また私自身が、保険販売するわけではありません。情報提供と相談のみです

これ以上、価値ある終身貯蓄保険、他にはありません。
大金を手に入れる確実性高い米ドル建て終身保険です。
そこらの米ドル建て保険ではありません。

まずは、私の面談申し込み前に、保険の基本ともいえる保険についての勉強を
http://www.seihokakuzuke.com/ ここで、されてから、私に面談申し込みされてください。面談料等は、別途かかります。無料の相談というのは、それなりの価値しかありません。無料保険相談は、やめましょうというより、代理店や外交員は、うまく活用して行きましょう。すなわち、その無料相談の保険会社の外交員、保険代理店、FP事務所から、契約する必要はないのです。うまく利用し、使い捨てだけでよいのです。

以下の商品、今も、申し込み出来ます。
ただし、私が認めた人のみです。
それ以外、申し込み出来ません。


1ドル、100円換算としています。
契約額は、死亡保障5万ドルからでも契約出来ます。

総額190万円の保険料というのは、普通の生保では考えられません。
 
 
米ドル建て貯蓄性終身保険です。現在、利率5%です。

会社員女性 30歳   
基本死亡保障額、10万ドル(1000万円)
保険料、年払い 3800ドル(38万円)   年払いで、この価格 、ほかにあり得ません
保険料支払い期間、5年払い、払込完了です。  5年払いで終えます。!!!!!!
保険料総支払額(元金)、およそ1万9000ドル(190万円) 前後。為替変動等ありのためその日によって掛け金総額は異なります。 190万円の保険料支払い総額で、確実に5倍以上の死亡保険金を確保することが、この時点でできたわけです。構築完了ですね。 賢い!



  頭いい!
 
50歳時の解約返戻金予定、4万4100ドル(441万円) 契約して20年後で元金の2倍以上の解約返戻金です。
65歳時の解約返戻金、11万3100ドル(1131万円)
70歳時の解約返戻金、15万ドル(1500万円)
 
50歳時の死亡保険金予定、12万6900ドル
80歳時の死亡保険金、29万6900ドル(2969万円)・・・・・・・保険料元金の10倍以上の死亡保険金
90歳時の死亡保険金、46万4500ドル(4645万円


*ちなみに、30歳、世界一高い大手生保ニ●●イの終身保険死亡保障1000万の契約で、総支払い保険料額は、680万円以上の保険料になります。




以下、40歳契約例、 

よくない米ドル建て終身保険商品の契約例です。これに、皆さんが契約している、あるいは保険代理店、外交員から見積もってもらう保険設計書の内容でもあります。契約利率、現在3パーセント。

例、40歳、女性
保険料年払い、64万2840円(月払い5万4030円)保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、642万2840円・・・・大手生保の円建て終身保険
50歳時の解約返戻金予定額、6,479,600円 (払戻率* 100.7%)
70歳時の解約返戻金予定額、690万前後・・・・・保険料総額の1.1倍前後の予定しかない>あくまで予定。

60歳時の死亡保険金予定額、1000万円
70歳、1000万円
80歳、1000万円
90歳、1000万円・・・・契約して50年後の貨幣価値はどれくらい?シビアに現在の三分の一の300万円くらいの価値と見るべき。かなり冷静の見方です。
    
対抗比較生 
   ↓ 

私の評価するところのある外資X生命の終身保険  本日時点、契約利率5パーセント。今、申し込み出来ます。

例、
40歳、女性
保険料年払い、3010ドル=30万1000円 (月払いに換算して2万5000円)
保険料払込期間、50歳払いの10年払いとします。
保険料支払総額、3万100ドル=301万円
50歳時の解約返戻金予定額、およそ2万8000ドル (払戻率* 92%)
60歳時の解約返戻金、6万100ドル
70歳時の解約返戻金、11万6000ドル・・・・保険料総額の3.9倍前後の予定
あくまで予定。

60歳時の死亡保険金予定額、およそ13万2000ドル=1320万円
70歳、およそ17万2000ドル
80歳、24万5000ドル
90歳、37万6000ドル・・・・契約して50年後の貨幣価値はどれくらい?シビアに現在の三分の一の1200万円くらいの価値と見るべき。かなり冷静な見方ですね。それでも、支払った保険料総額が、301万円ですから、その4倍の利益ということになるます。


こんな、格安の終身保険、プルデンシャル生命、メットライフ生命、ジブラルタ生命などには、ありません。 保険代理店に相談しても、価値ある米ドル建て終身保険は、販売していません。販売しているのは、契約する価値のないプルデンシャル生命、メットライフ生命、ジブラルタ生命などの低利率契約、低利率運用の米ドル建て終身保険です。


評論家