FC2ブログ

働いたお金の使い方、保険中心にお話。

こんにちは。

今日も、夕方より、会員からの保険相談をスターバックス店内でします。
いつも面談させていただくときは、人にも、また相談内容の深さにもよりますが、最低でも2時間くらいの面談から、その人がもっともっと話したいということになれば、8時間を超えてしまうこともあります。その場合、店を移動することになります。

さて、面談前の投稿です。

スターバックスコーヒー店で、600円出して美味しそうなクリーム入りジュースを私は飲みません。600円という価値が本当にあるのかが、私は疑問だからです。

そういう豪華な?高い飲み物をスターバックスで飲むときは、スターバックスの会員のポイントの優待で、一杯の価格で、もう一杯は無料にいたしますいう案内や、150ポイント達成しました!一杯どんなサイズでも、無料にしまうという案内の時、ぜいたくにオーダーするときがあります。

それ以外、普段は、一番安いノーマルなアイスコーヒーSサイズないしMの注文です。飲み物はシンプルが一番と考えるのは、年取ったせいなのかもしれません。

もう少し、余談です。
毎日のように、スーパーへ食料品買いに行きます。

車で、これまでは、イトーヨーカドーやイオン、西友、やまやなど大型スーパーで買っていましたが、今では進んで、それらスーパーでは買わなくなりました。小さな八百屋さん、肉屋さんでもです。なぜなら、品質よく信頼があって、かつ安いと思っていたこれら大型スーパーの商品価格は、高いということに、気づかされました。

というより、新進の大型スーパーが別に出来たこともあり、今ではそこだけになりました。しかし、基本、そのスーパーは、現金払い、クレジットカードが使えません。カードのポイントも貯まりません。それでも、現金で支払うそのスーパーに決めました。

南関東中心に、少しずつ店舗増やしてきているラブラブ、ロピア というスーパーマーケットです。食料品しか販売していません。フライパンや薬、トイレットペーパーは売っていませんお店です。

現金で買うと、イトーヨーカドーなどより、はるかに安いということがわかります。三割は安いのではないでしょうか?それも、イトーヨーカドー、イオンよりも、生鮮食料品、お刺身、肉もより新鮮で、安い! 例えば、イトーヨーカドーやヨークマートで販売している一リットルのヨーグルト飲料は、550円前後ですが、ロピアでは、399円です。ここまで値段交渉しての価格だと表示しています。

こういうこと、イトーヨーカドーやイオンなどでは、出来ないことですね。何故、出来ないんだろう? 企業風土なのでしょう。

今、ロピアでは、現金のほかに、試験的にペイペイが使えて、11時から14時までの間は、表示している価格より2割り安くなります。2割分、一か月後にペイペイ残高に還元しますということです。現金でより安く、かつ新鮮、更にペイペイで2割安いとなると、イトーゆーかどーやイオンより、4割前後は安いということにもなります。

やはり、あちこち、あたって行動することが、この結果に至っていると思います。

それと同じで、生命保険も考えるべきだと思います。
掛け捨ての死亡保険や一定期間の医療保険は、全国各地にいる外交員、代理店から契約するのは良し?として、別の貯蓄性の保険とか終身保険などは、これは、しっかり考えるべき、すなわちもっと行動して求めていくべきだと思います。

その結果、私や私たち仲間は、貯蓄性の終身保険でも、普通のひとたちが、そこらで契約する終身保険商品よりも、保険料支払い総額が3割りから4割り前後安いものを契約できています。しかも、品質性高く、保険会社も信頼性高い大手金融機関でもあり、かつ保険料支払い総額3割り以上安いだけでなく、途中の解約返戻金額や死亡保険金の受取額が、最終的に、皆さんがそこらで契約している終身保険額より、2倍以上高く得られる契約が出来ているということなのです。

これって、馬鹿にできませんね。
というのは、スーパーで今日は、何百円得したというレベルでなく、保険契約ですから、支払い総額100万円以上も違ってきますし、死亡保険金も1000万円以上プラスして受け取れるわけですから、馬鹿にできません。

保険は、金融商品、金融商品である以上、どこに契約するかにより、損得があるのはわかるはずです。

そこをよーく考えてもらいたいですね。


それを、考えていくのにというべきか、相談というべきか、駅前、ショッピングモールにある大型チェーンの来店型保険代理店のFPさんに、保険の見直し相談したり、知り合いとかの保険会社外交員さんに相談したりしては、これまでと変わらない保険の話で終わってしまうと思います。99.999パーセントそうでしょう。

相談先、これを改革していくことから、皆さんの向上があるというものです。

日本国を健全に経営していくとしたならば、行政改革を断行していかないと、この日本は、公務員天国で、消費税もきりなく上がって私たちの生活レベルは、上向きません。日本は、あまりにも、公務員の数が多すぎます。これを改革していかないといけません。しかし、立憲民主党や国民民主党や共産党、公明党には、この行政改革は出来ないです。公務員を守る立場の政党ですから。

そこを変えて改革していかないと、野党は政権を奪取できないと思います。

いろいろな人の考えがあり、有権者の能力も違いがあり、かつレベルが低いです。
保険選びにも、よく似ています。


ここを変えて行かないと。自分と家族の成長や、利益のために。


保険の無料相談、無料が当たり前という考え方、これ変えないと、成長もできないでしょう。文化、文明が日本国より発展する世界のひとたちは、ここの考え方違いますよ。保険という金融商品、農耕民族の日本で開発されたのではなく、英国から生まれたのです。考え方を成長させていきましょう。でないと、保険で賢くなんて、なれません。


評論家
スポンサーサイト



かんぽ保険、10月から営業再開=70歳以上への積極勧誘禁止-日本郵便

 日本郵政傘下の日本郵便とかんぽ生命保険は30日、自粛しているかんぽ生命保険の保険商品の販売について、10月1日から通常通りの営業を段階的に再開すると発表した。従来は80歳以上の高齢者への積極的な勧誘を禁止してきたが、その対象を「70歳以上」に拡大する。

 日本郵便とかんぽ生命保険は7月中旬、郵便局で、保険契約を乗り換える際に顧客に二重契約を強いるなどの不適切販売が相次いだ問題を受け、訪問や電話による営業を8月末まで自粛すると発表した。営業自粛は9月末まで継続した上で、70歳以上について、家族の同意がある場合のみ販売するなど再発防止策を講じて10月から再開する。

皆さん、こんにちは。

Yahoo!のブログから、こちらに引っ越ししてきました。

Yahoo!のブログが、閉鎖されるということで驚きましたが、儲からないから閉鎖したのは確かでしょう。ブログには、かなり広告も多く入れ込んでいたので、そんなことないと思っていました。

でも、孫さんのソフトバンクとの提携とか、異業種の強引な買収劇など、Yahoo!も上から目線になってきたなと思います。
過去、Yahoo!は、メールの停止状態が続き、なんの謝罪もありませんでした。責任も取らないと思いました。まぁ、無料で提供されていたので仕方ないのでしょうという気持ちはありました。

所詮、無料は無料の価値しかないのですね。しかし、その無料も、思いっきり、活用させていただきました。使えるところは、利用することですね。

さて、FC2のブログは、Yahoo!のブログの機能と違い、かなりレベルが高いです。ということもあり、まだブログも、中途半端なものでの発信になっています。

しかし、気飾らず、シンプル、質素のほうが、良いと思っています。

また、私の投稿する文章ですが、誤字脱字は、転換のミスからですので、まだ良しとして、文章のほうで、日本語になっていないところ、文法がおかしいところも、たくさんあるかと思います。

でも、日本語がおかしい、文法がおかしいということではありません。あえて、そうしているのです。というのは、私がYahoo!のブログで、202万人のひとたちに訪れていただいた支持には、語る中身に興味を持っていただいたからであり、日本語の文章表現、文法の指摘ではありません。

私のブログでの投稿は、文法とか誤字脱字を間違えないように努めてはいません。つまり、ただしい文章ではない、あえてそうしているのです。

つまり、私の投稿の内容、もっと砕いて申せば、私の投稿の話し方は、文章を書いているのではありません
何を書いているのかといえば、書くという表現より、皆さんに語りかけているとか、独り言で話しているとか、会話しているのと同じ表現をしているのです。

私も皆さんもそうですが、会話するときの話し方は、文法としてはおかしなものですよね。作文や論文を書く表現と違うのです。

これからも、皆さんに語りかけるように話していきますから、文法的にはおかしいです。∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…
その点、了解していただき、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

また、私たちが設立したNPO法人の生命保険格付協会、もう10年以上経営しています。会員入会もお待ちしております。

そして、可能ならば、私に直接会って話すると、もっと良いと思います。何時間でもお付き合いします。
全国各地、どこでも出張します。

直接話が出来、メールに残せない価値ある保険情報も、かなり修得できると思いますから、それらは、他のひとたちに教えることなく、大いに活用して、自分と家族の利益になるよう、穂毛化活用していかれると、良いと思います。

面談には、別途、出張交通費と面談料はかかりますが、かかったその金額の10倍どころか、100倍以上の利益につながる保険情報や人生についての考え方など、つかめると思います。

一般消費者、保険業界人取らず、コンタクト、お待ちしております。(。>ω<。)ノ
http://www.seihokakuzuke.com/


img_011.jpg

辛口保険評論家




賢い保険契約の相談は、メールや面談でどうぞ。

全国各地、出張旅費、相談料はかかってしまいますが、それを出しても、そういう手があったのかと、大いに参考になる相談の回答が出来ると思います。

北海道から、沖縄、そして海外からも、出張相談の依頼が絶えません。
保険系くは、損するために契約するのではありません。ただ単に、その時の期間だけ、安心を買えばよろしいというものでも、ありません。普通の人は、その安心の終了、満了期間が終わって、保険契約も亡くなります。

私や私たち仲間は、それで終わりとはしません。多くの複数契約は、大儲けして契約終了させるための保険契約だとして、保険を探求し、望んでいるわけです。

表では出ない、保険の裏話、これを上手く活用してこそ、保険の勝ち組でしょう。
だから勉強なのです。

全国各地から、お待ちしております。


評論家
http://www.seihokakuzuke.com/



10年から20年内想定で、1000万から3000万円の生命保険金を手に入れる策

これを私は、実践しました。
そして、実現となりました。

10年ないし、長くて20年内に、高額の生命保険金を手に入れる策があるわけです。
それも、堂々と、正式な大手生保の保険契約でです。

頭を使いましょう。
生きているうちに、かつ頭がしっかり元気に活動しているうちにです。

ノウハウです。
生命保険金くらい、誰もが、やりやすいものは、ほかにないといえます。

勉強です。
ただし、このノウハウの相談は、メールでの相談の回答としては致しません。
面談にてのみとします。真剣に相談どうぞ。


評論家、コンサルタント


http://www.seihokakuzuke.com/

死亡保険金3000万円以上、受け取ったことありますか?

数百万、1000万円は、すぐなくなるからともかく、3000万とか、5000万、1億円以上、受け取ったことありますか?

受け取った人は分かると思います。

その後の人生の行方が変わってきます。
家購入する資金にしたり、趣味含む生活レベルが変わったり、

今までとは、違ってきます。

確実的に死亡保険金、何歳で亡くなっても、家族がもらえる構築をしておくと、家族は喜びます。

また、5000万、1億円以上受け取った人から、これからの保険のかけ方など、全国各地から、たくさん保険相談ありました。
余裕の話になりますね。

なるべく、若いうちから、78際、86歳、92歳になっても、必ずもらえる死亡保険、すなわち終身保険を構築していきましょう。今、健康なうちにです。

そうなると、医療保険と比べて、そのどちらの保険が重要か、わかってきます。むろん、死亡保険のほうが、何十倍も重要です。


終身保険の本当の求め方は、途中の解約返戻金ではなく、いくら保険料として支払うかのその総額の掛け金と確実に受け取る死亡保険金の額との、得する差額がペイントになります。一番多くもらえる効率性高い終身保険、私の評価する先の・・・・生命保険の米ドル建て終身保険です。そこらのソニーやプルデンシャル、メットライフ生命などの米ドル建て終身保険ではダメです。得する率が低いですから。

過去投稿した、評価した米ドル建て終身保険を参考にしてください。どこでもは、申し込みできません。また特定の人に限定されています。手間や努力はかかりますが、かかる分、儲かるわけです。

格付け情報先、参考として
http://www.seihokakuzuke.com/
保険評論家


これが、裏ルート的に契約した7.5パーセン利率の米ドル建て貯蓄終身保険

裏ルート的ですので、完全な裏とはいえないわけです。堂々と、申し込みします。あとは、申し込み方法なわけです。


参考です。
過去契約した終身保険です。


この終身保険7パーセントで契約し、現在も7%以上の運用で、契約中です。


運用利率7%以上。貯蓄性が高いことがわかると思います。
複利運用保険でもあります。


これが、35歳の時契約した私の米ドル建て終身保険です。

分かりやすいように、100円換算します。


基本死亡保険金、10万ドル≒1000万円

保険料一括払い、1万2676ドル≒126万円 私も仲間も契約済み



56歳時の解約返戻金予定額、6万8186ドル

61歳時の解約返戻金、10万355ドル

66歳時の解約返戻金、14万4742ドル≒1447万円・・・・・保険料元金の11倍以上!

71歳時の解約返戻金、20万4489ドル≒2044万円



71歳時の死亡保険金予定額、26万6520ドル

76歳時の死亡保険金、33万4575ドル

81歳時の死亡保険金、40万2197ドル≒4021万円・・・・・・保険料元金の31倍の死亡保険金! 家族にお金を遺せます。

86歳時の死亡保険金、48万3469ドル


この生命保険会社は、世界一の大手保険会社です。

これが、私の契約する保険の一部です。

公開しました。


参考
http://www.seihokakuzuke.com/
評論家

大いに利用すべき、どこにも、裏ルートの道がある!

有名な私立中学、偏差値の高い大学入学にも、別名裏ルートとも呼ぶこともありますが、堂々とした過程での入学でもあります。
例えば、偏差値の高い有名大学にに入学するのに、スポーツ推薦もありますし、親族の出身大学でもあり紹介もありますし、教職員からの斡旋もあるでしょう。私立では、ごく当たり前のところですから、不正でもありません。

私たちが、一生のうち、一回ないし二回買う?マイホーム=資産を求めるのにも、不動産会社のインターネット広告やチラシ、不動産屋さんのガラス窓に張ってある物件広告。これらを投資者は見て、家を買うのが一般的です。価格交渉も値引きできるでしょうが、非常識な高額値引きはありません。

しかし、例えば、5000万円のマンションを購入するとき、高額値引き1000万円値引きすることも中にはあるでしょう。また広告に載らない希少価値の物件も、一般の私たちの知らないところで、売買されているのも、少なくないでしょう。それは、普通のひとたちは、ただ知らないだけ、つまりそういった情報や耳にもしていないだけのことなのです。

マイホームは、何千万円もの物件ですから、これは、どういう過程で求めていくかを勉強しないとなりません。むろん、学習代がかかったとしても、住む資産価値のものですから、それも仕方ありません。

それと、保険契約=投資も同じなのです。どこにでもある大多数の普通の投資者は、簡単に終身保障の医療保険やがん保険、死亡保険、成人病保険、個人年金保険など、表面的な保険学習と保険無料相談のもと、保険代理店?で各社の保険を表面的に比較して、契約する商品、保険会社決め、その保険に、何十年と託し、総額何百万円という保険料を支払って=投資しているのですが、これも考え直すべきです。

一般の保険外交員、保険代理店、FPさんたちがイチ押しで勧める保険商品、これは契約してはなりません。各社比較して、どう見ても、保険屋さんがイチ押しする保険が一番効率的で、一番得するという風に見えて、それで契約してしまいます。ここが、売り手である保険代理店のFPさんの、営業戦略なわけです。

売り手側の都合の良い複数各社の保険商品をテーブルに並べて、求めさせます。その時点で、客が選択する前に、客はこの保険会社の保険商品を選ぶことは、既に保険屋さんは、分かっているのです。それをイチ押しにするわけです。人気ですとか話して。

この手の販売戦略は、不動産会社の複数のマイホーム候補を順番に見に行くのと同じです。

マイホームも不動産も、同じ、金融商品なのです。金融商品は、必ず、損得があるのです。
そこを表面的でなく、その先まで、なぜ学習しない?そこを学習しないから、よくもない保険を良いと信じ込んで、何十年も、その保険で死と、生きているための病気保険、貯蓄兼ねた保険として、契約し続けて行っているのです。

保険を探求する角度、視点を見直して、学習しなおすことをしてみることにより、人は賢くなっていくのです。
つまり、変化とか、リスクとか、勉強するのにお金がかかるとか、そこの考え方を払拭していかないと、人は賢い投資者、消費者にはなれないのです。

皆さんは、クレジットカードのポイントとか、スーパーのペイペイ払いで還元率20パーセントしているし、賢い消費者と思っていることでしょう。それは、小さな賢さであり、大きな生活の行方が変わるほどではないのです。

都会に生活していようが、地方に生活していようが、関係ありません。今では、地方にいても、インターネットでも、相談も情報も入るようになりました。

保険に、義理人情は禁物です。大親友だから、一番良い保険を提案、契約させてくれると信じてしまいますが、逆です。美味しカモなのです。保険会社というのは、まず保険販売員の外交員、代理店、FPさんに、販売教育するとき、一番初めに保険契約してもらうのは、まず身内、親戚、友人、元同僚、そして妻の友人という準が販売教育の中にあります。

そのとおり、皆さんは、義理人情、信じ切って契約しているのかもしれません。

あるいは、ショッピングモールにある来店型の保険代理店で、比較して保険契約しているのかもしれません。

それで、何十年という保険金の保険、決めてよいものなのでしょうか。
考え直してみることです。

人と違う方法で、保険探求、学習してみること、そうしていくと、その過程の中で、普通の人では申し込みできない価値性高い保険を求めることも出来るかもしれませんし、保険屋さんが勧めた保険よりも、上の医療保険提案してくれるかもしれません。

どこにも、表に出にくい=保険提案してこない保険も、あるかもしれません。
それが、裏ルートの保険でも、立派な保険会社の保険商品なら、信用してよいと思います。

勉強です。勉強するしかありません。今までと違う方法で。


余談
裏ルートとは、いやましいように見えますが、堂々と、申し込みできるわけです。あとは、申し込み方法ですね。これが、なかなか勉強出来ません。深く勉強する人とのこれが、賢いさなのです。深く勉強している人というのは、保険外交員、代理店、FPさんも含まれているというと、これは違います。保険販売する外交員、代理店、FPさんというのは、保険を深く勉強=探求までの勉強はしておらず、いかに売り上げ、契約を勝ち取るかの販売戦略を求めているひとたちですから、ここでいう目的の勉強はしていませんので、一般保険契約者と同じ能力といえます。こういう視点も、勉強してこそ、賢くなっていくわけです。



http://www.seihokakuzuke.com/
評論家

Yahoo!のブログから、こちらに、引っ越し完了しました。

もう、Yahoo!のブログには、新規の投稿が8月24日をもって、出来なくなりました。
これからは、このFC2ブログと、もう一つはてなのブログhttps://a1631jp.hateblo.jp/でも、同時進行で皆さんと一緒に、保険の探求をしていきたいと思います。ただし、こちらのFC2ブログのほうが使い切ってがよさそうですので、こちら中心になろうかと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。