FC2ブログ

5%契約利率の米ドル建て貯蓄性終身保険の相談、できます

特別期間中に限りですが、NPO生命保険格付け協会の正会員入会で、
5%契約利率の米ドル建て貯蓄性終身保険の相談、格付け協会の正会員の属性だけで、できます


申し込みのご案内は出来ませんが、一定の範囲内で情報提供ができます。
5%利率の米ドル建て保険に関しては、ご相談は、面談のみとなります。遠方の会員の場合は、出張相談となり、交通費が別途かかります。
5パーセントの米ドル建て保険以外の低利率の米ドル建て保険やその他の医療・がん、一般終身保険、定期保険などの商品の見直し相談は、全国各地メールにて相談と格付け情報発信ができます。
5%利率契約例、
米ドル建て終身保険(非喫煙者割引型)
32歳、女性   
保険料年払い、およそ4000ドル(40万円)   保険料は、端数を省略しています。
保険料支払期間、5年。5年で保険料支払完了です!!
4000ドル×5年=2万ドル
保険料支払い総額、およそ4000ドル×5年間=およそ2万ドル(200万円)

ちなみに、保険料10年払いにすると、保険料支払い総額は2万3000ドル買いあまりになります!
30年後、62歳時の解約返戻金予定額、およそ9万1000ドル
65歳時の解約返戻金、10万8000ドル
70歳時の解約返戻金、14万4000ドル
80歳時の解約返戻金、24万7000ドル

33歳時、死亡保険金、10万ドル
70歳時の死亡保険金予定額、およそ20万ドル(2000万円)
80歳時の死亡保険金、28万7000ドル(2870万円)
90歳時の死亡保険金、44万7000ドル

個人正会員の入会、お待ちしております。

NPO生命保険格付協会事務局 代表
a1631jp@yahoo.co.jp
kakuzuke@v7.com
スポンサーサイト



生命保険協会が販売実態調査 かんぽ生命問題など受け


 かんぽ生命保険の不正販売問題などを受け、生命保険協会は4日、加盟42社に対し、商品の販売体制や顧客対応について近くアンケート調査を実施する方針を伝えた。顧客本位の業務運営ができているかなどを確認する。

 アンケートでは、販売代理店や営業職員らへの教育体制や、苦情の分析、対応などについて、各社の取り組み状況を調査する。不正販売問題で明らかになった保険料の二重払いや無保険状態を防ぐ仕組みの有無について確認するほか、内部通報制度や社外の意見を取り入れる体制があるかどうかなども尋ねる。

 業界では為替変動によって損をするリスクもある外貨建て保険や節税効果をうたった法人向け定期保険の販売でも、顧客への説明や意向確認の不足が問題となっていた。アンケートでは契約時に商品について十分に説明しているかなどを確認。業界として保険販売の現状を把握し、今後の改善策につなげたい考えだ