FC2ブログ

最も信用できる世界一の生命保険会社の高利率終身保険の申し込み方

最も信頼できる世界一の生命保険会社とは、どういう定義なのか?
人によって違います。

保有資産規模、従業員の数、契約保有高・・・・・いろいろ。

ただし、世界一の保険会社といえる頭に浮かぶところは、皆さん、数社に絞られると思います。
その数社がわかる人は、保険会社や外交員として、長年勤務している人の中で、保険の研究をしている人は、わかるでしょう。

保険外交員や保険代理店経営してCFPのファイナンシャルプランナー資格もっていても、国際金融を勉強していない人は、わかるはずもありません。外交員、代理店経営者、FPさんの中で、1パーセント分かれば、よいほうではないでしょうか?

それが、現実の皆さんの周りにいる男女外交員、代理店、FPさんの金融知識なのです。保険の販売と商品の把握、どうやって売り続けていくかの戦略を練る毎日で、国際金融の知識は、まったくないといっても過言ではありません。

しかし、国際金融を学ばないと、保険なんて、保険販売するべきではありません。保険含み金融商品、金融機関は、世界とちながっているのです。

さて、世界一信頼できる生命保険会社の高利率の米ドル建て終身保険の申し込み方を、面談する人会員限定で、お教えしましょう。

申し込みできる人、申し込みできない人、それも面談時にお教えしましょう。
そして、申し込み方、つまり保険料の他の提示する必要書類、これらが整えば、申し込みできるわけです。
あとは、申し込み出来る自分なのか?それとも、私は申込できない方なのか?のどちらかです。

私は、申し込み出来ます。今も、明日でも、新規で申し込みできます
あとは、ノウハウなんですね。そのノウハウをどう整えるかなんです。


世界一の生命保険会社は、リスク分散のためにも、申し込みする判断も、出しいでしょう。
申し込み出来る人にとってはですが。

何しろ、世界一の生保の高利率の米ドル建て終身保険に申し込みできるということは、誇りにも思いますし、愛すると思いますね。
そういう愛するというべきか、大きく支持するという生命保険会社の契約、そう感じる人は、契約していない人は、理解できないと思います。

普通の人は、保険外交員、代理店FPさんと一緒に選んで決めた●●生保の定期死亡保険、終身保険、個人年金保険、養老保険、外貨建て保険で、愛するというところまでの支持は出来ないが、まぁ、潰れないだろう?というそのくらいの知識だけで、契約し続けていると思います。

それでは、ほんとはダメなんですね。付け加え、どれだけその保険契約で、得するのかということを考えての契約でないといけません。大きな視点のポイントです。

保険とは、大きく分けて、損しても、万が一のときのための一定期間の保障を得るための保険と、得して終わるという保険との、二つに分けられます。

私は、その二つの保険に契約してますし、多くの皆さんもそうかと思います。
中には、掛け捨てしか契約していないということで、最終的には、大損して保険契約が終わるわけです。

私や私の仲間たちは違います。
保険料も掛け捨て保険料まではいかなくても、とんでもなく安く、その保険料支払い総額で、これだけの利益が確定してもらえるのかというその得の利益部分、これを求めていくべきだと思います。

皆さんは、3000万円以上、5000万、1音という保険金を受け取ったときありますか?
あるならは、こんな形で何千万円というお金を構築できるなんて、不動産投資や株投資では考えられない安定した資産構築方法だったんだなと、わかると思います。

世界一信頼できる生保会社(世界トップクラスといっておきましょう)で、かつ高利率の貯蓄性の高い終身保険の米ドル建てで、契約できたなら、自己満足感もそうでしょうし、人もうらやむ保険契約ということも、わかると思います。
契約できた人の思いですが。

その世界一の、トップクラス、老舗生保の高利率米ドル建て貯蓄終身保険の申し込み方を面談される格付け協会の正会員のみに、教えしましょう。たたし、あなたが、申し込みできる人なのか、出来ない人なのかは、その申し込み規定など面談したときにします。それが、情報という勉強の一つなのです。

ようは、ノウハウと行動力なのかもしれません。
そのノウハウをどう、吸収できるか、吸収するその知恵を先人に教えてもらうことから、今契約している円建てや米ドル建ての終身保険、円建ての長期定期保険商品よりも、より品質高い終身保険な、その他貯蓄性保険が確保できるのかもしれません。


相談、全国各地から、お待ちしております。既に契約している先人の専門家に相談して聞いてみるという勉強です
http://www.seihokakuzuke.com/
評論家


スポンサーサイト