FC2ブログ

47歳OL、子供の必ず残してあげたい生命保険金の資産、終身保険

一定期間保障の死亡保険では、必ず保険金はもらえませんが、終身保険は、いつ亡くなってももらえますよね。

そこで、
この終身保険、今でも申し込みできます。行動次第です。

男性の保険料は、相談されてください。とにかく、こんな安い終身死亡保険ありません。この年齢で!

無料相談はしません。


ある●●生保の終身保険(米ドル建て) 現在、運用利率5パーセント以上

例、
47歳、主婦(および会社員)  分かりやすいように、1ドル100円換算しています。

基本死亡保障、10万ドル

保険料年払い、およそ6800ドル≒68万円

保険料支払い期間、5年(5年ですから、45歳で保険料支払い完了です。)

保険料支払総額、およそ3万4000ドル(元金)≒340万円

*このほか、保険料支払いは、10年払いなどもあります。その場合、保険料は5年払いの二倍くらいになります。

67歳時の解約返戻金予定額、およそ7万7000ドル≒770万円

77歳時の解約金、14万5000ドル・・・・・・保険料元金の4.2倍

67歳時の死亡保険金予定額、およそ13万8000ドル

77歳時の解約返戻金、19万4000ドル・・・・・・・・・保険料元金の5.7倍

90歳時の解約返戻金、33万5000ドル・・・・・・・9.8倍≒3350万円


この47歳という年齢で、これだけ格安の米ドル建て終身保険、凄すぎます。

何だかんだ言っても、入った者、契約した者、勝ちです。

保険代理店では、売っていませんよー。

価値ある商品というのは、駅前に売っているはずもありません。駅前の保険会社(皆さんの馬鹿高い≒世界一高い保険料支払いの下、その保険料で大きな駅前生保ビルが建てられています≒保険会社本社支社内勤職員35歳福利厚生費含め年収1000万円らくらく超えてます)や来店型の保険代理店に売っている保険商品というのは、クズ保険ばかりです。これ現実です。終身医療保険、がん保険、終身保険、個人年金保険、変額保険など。


よーく保険のこと、考えましょう。皆さんの一生懸命働いた給料、保険会社に何十年と吸い取られ続けて良いのでしょうか!?あるいは高い一括払い保険料、どこが得なのでしょう。そんな馬鹿な保険投資者にならないでください。保険会社≒胴元→大儲け企業なのです。(マルチ商法大企業といってもよいです)


この終身死亡保険商品、保険屋さんたちも、どうぞ。

面談の後、申し込みが適当か、判断いたします。

勉強代、相談料等、かかります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント